『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

最近ダイエットと筋肉をつけることを目的にジムへ通い始めました。まだ一週間です。しかし毎日はいけないし、時間があまり取れない日もあります。そこで質問なのですが、時間がない場合、有酸素運動だけをやるか筋トレだけをやるか、どちらが効果的ですか?短時間なのでそんな効果はないと思いますが、なにもしないよりはマシだと思ってます。ちなみに女で、身長150センチ前半で54キロあります。

A 回答 (2件)

ジムで筋トレと有酸素運動をやる事はいい事ですね。


筋トレ→有酸素運動がダイエットには欠かせなくよく、脂肪を落としやすくしてくれます。

でも...
筋トレも有酸素運動も毎日はやらない方がいいですよ。
人間の身体は必ず疲れます。そして疲労として溜まります。

そうなりますと思ったような筋肉は付きません。
筋肉は糖質・脂質を分解の消費をしてくれます。
その割合は、基礎代謝の中でも60%を締めていると言われています。
ですのでダイエットには筋肉が欠かせなく必要ですが、やり過ぎると疲労で筋肉が小さくなってしまい消費率も低くなって不健康そのものです。

そして有酸素運動が、体脂肪を燃焼してくれます。
筋トレ→有酸素運動がダイエットには最適の順番です。

その有酸素運動は生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症...)を予防してくれる利点もあります。
でも無理してやり過ぎてしまうと活性酸素が溜まりに溜まり全身の老化が早まりますし、ある怖い病気にかかり易いというマイナス点があります。
ですから、筋トレも有酸素運動も...どちらにしても無理は禁物です。
トレーニング中に自然に笑顔がでる余裕が大切なんですよねぇ(^.^)/~~~


質問文で【時間がない場合は、有酸素運動か筋トレか...どちらが効果的か?】
     ↓
それは、その時によって違いますね。
色いろ前後をみて自分で臨機応変に決めるのも面白味がありますよ(^○^)

特に筋トレは、いつも限界近くまでやっているとするなら3日に1度か、もしくは2日に1度がベストです。
ですので2日前に筋トレをやったらというなら筋トレをやれば体も求めていて楽しくできますよ。
しかし、昨日やったばかりだという時は休んで下さい。その時は有酸素運動をやればいいと思います。

でも、その有酸素運動も持久性の筋肉ですので昨日がジョギングでしたら、今日もジョギングだとやりすぎで身体を悪くしますので、
ウォーキングとか、その場でヨガの体操とかピラティスの体操でも有酸素運動です。臨機応変にやってみるのも手ですよ(^_-)-☆
ヨガとかピラティスは、図書館にも本屋にも専用の本がありますので...見に行ってみると新しい発見がキッとありますよ。
有酸素運動は、サイクリング、なわとび、ステッパー(機器です)、水泳、踏み台昇降(機器です)、フラフープ、トランポリン...家でもできると思います。

でもみんな生身の人間です。
疲れてしまって...何となくやる気が起きない時は身体が「今日はやめて休んで...」と叫んでいる証拠です。
計画があっても休んで下さい。
またやる気が出始めたら楽しくまた始めて下さい(^。^)y-.。o○
(筋トレ→有酸素運動の前後のウォーミングアップ(運動前の体操とストレッチ)とクールダウン(運動後のストレッチ等)をやった方が身体の健康の為にいいですよ)
    • good
    • 0

ダイエット目的なんでしたら、アウトプットを増やすよりインプットを減らす方が圧倒的に効果的ですし、楽ですよ。

食べるから太るんですよ。とは言え、食べるものを選べば、空腹を我慢せずにダイエットできます。

●概要
糖質を減断してタンパク質と野菜、脂質をしっかり食べましょう。そして運動を、軽めでいいので毎日しましょう。無理をせず、長続きさせるのが重要です。

●詳細
体重の増減に大きく影響するのは、実はカロリーでなく、糖質です(糖質とは、いわゆる炭水化物と砂糖です)。ですので、痩せたいなら、糖質を減断するべきです。成人だったら、主食をゼロにしてもいいくらいです。その代わり、タンパク質と野菜はお腹いっぱい食べましょう。そういうバランスなら、いくら食べても太りません。空腹を我慢する必要はありません。

タンパク質は、太ると誤解している人が多いですが、逆です。タンパク質は、筋肉や体内分泌物の原料です。それらによって代謝が上がり、痩せやすい体質になります。また、野菜はタンパク質の働きを助けます。タンパク質と野菜を摂らないと、変に太ります。ちなみに、タンパク質は他にも皮膚、髪、血液、血管、内臓、骨、爪、歯、脳、神経などの原料です。タンパク質を摂ることで、心身が健康になる上に、美しくなります。逆にタンパク質が不足すると、筋肉が減りますし、心身が病みます。女性の場合、生理が止まります。
http://cp.glico.jp/powerpro/protein/entry09/

糖質は、精製されたもの(白米や砂糖、小麦粉製品)さえ避ければいいです。それ以外の食品は気にしなくていいです。例えば、ジャガイモは、野菜の中では糖質が多めですが、ご飯に比べれば半分くらいです。しかも、繊維が豊富です。繊維が糖質の吸収をゆっくりにするので太りにくいです。それに、繊維がお腹で膨れるので、それほど食べられないでしょう。また、牛乳も糖質が多めですが、その糖質のほとんどが乳糖です。乳糖はほとんどの日本人が消化できないので、太りません。ジャガイモも牛乳も常識的な量&食事バランスであれば、太りません。(要するにGL値の低い食品を摂りましょうということ)
https://hikage-no-michi.com/1709/

間食は、むしろ定期的に摂りましょう。空腹の時間が長いと、次の食事でインスリンが大量に出るので太りやすくなります。また、空腹のストレスでバカ食いしてしまいますので、その意味でも太ります。ですので、小腹が空いたら少し間食を摂りましょう。間食にはナッツ類がいいです。ナッツは意外と繊維が豊富なので腹持ちがいいです。ただし、食べ過ぎると便秘になるので、ほどほどにしましょう。

脂質(いわゆる油)は、避ける必要がありません。むしろ多めに摂りましょう。というのは、脂質は、糖質制限する場合、大事なエネルギー源だからです。エネルギーが不足すると筋肉が分解されるので、太りやすくなります。特に動物性油脂は体に悪影響がないので、しっかり摂りましょう。

それに、脂質は多く摂ろうと思っても摂れないものなので、過剰摂取になりません。なぜなら軽いからです。1g当たりのカロリーは、糖質が4kcalなのに対して、脂質は9kcalです。これを根拠に「油は太る!」と思いがちですが、これは同一重量を比較した場合です。例えば、お茶碗一杯分の白米は、糖質量が約55gです。55g分の油は約61ccです。これは大さじ4杯強(小さじ12杯強)です。しかし、それだけ大量の油を摂取することは難しいです。少なくとも一食では無理です。加熱調理で使われたり揚げ物の衣に含まれる油は、ごく少量です。全く太る量ではありません。むしろ注目すべきは、お茶碗一杯分の白米が61ccの油に匹敵することです。

以上のような食事内容にした上で、軽めの運動を毎日しましょう。毎日することで体が緊張を維持するので、じょじょに引き締まっていきます。運動は、筋肉や心肺に過度な負担をかけなくていいです。筋肉への刺激と曲げ伸ばしを数多くすることが重要です。そうすることで老廃物が排出され、脂肪が蓄積されるのを防ぎます。例えば、30分くらいの散歩と階段昇降がいいです。特に階段昇降は、全身をバランスよく鍛えられるので、姿勢がよくなります。胸が張り、お腹が凹みます。ちなみに、脚痩せやむくみ解消に関しては以下の記事を参考にしてください。
https://bikyaku-ashiyase.com/futomomo-katai1-756
https://rakuyase-diet.jp/hinami11/archives/4800
https://www.healthy-pass.co.jp/blog/?s=%E3%82%80 …

●糖質制限の注意点。
糖質は、急に大きく減らすと体調を悪くするので、じょじょに減らしましょう。糖質がなくても大丈夫な体質に変わるのに時間がかかります。また、糖質を減らすのに合わせてタンパク質と野菜、油脂を減らすのは厳禁です。今まで通りか、それ以上に食べましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング