おかめとひょっとこの起源?を知りたいのです。
あのお面はどのようにして生まれたのか?
また、踊りがついたのは何故か?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

idaten1024さま

回答ありがとうございます。早速興味を持っていたアメリカ人に説明させて頂きます。
助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/30 14:23

おかめはふくよかな顔だちで目が細いですネ。


これこそ古代の美人像です。亀女という美女をかたどったものですネ。オードリヘップバーンやマリリン・モンローの面みたいなものと思えばよいでしょうネ。
ひょっとこは火男で、火吹き竹を加えて息を吹き込んでいる状態、或いは、年中休まず火男をし続けてきたことで、そのまま表情が固まった姿とも考えられていますネ。
しかし、これもブオトコというのではなく、特殊技能を持った素晴らしい顔を示しているものです。おそらくは製鉄技術を持つ渡来人の姿を模したものと考えられているようですネ。
踊りについては由来について聞いたことがあるのですが、残念ながら覚えていません。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさま

ご回答ありがとうございます。
先ほどの方のとあわせてアメリカから来た方に説明したいとおもいます。
助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/30 14:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q核家族の良い面悪い面

近年核家族が増加傾向にあります。
そんな中で質問があります。
核家族の良い面悪い面をそれぞれ教えてください。

Aベストアンサー

#2です。

 念のため、最新のデータを追加します。

 核家族の典型である「夫婦と未婚の子ども」世帯は減少し、単独世帯が増加していることが読み取れます。

 もちろん、これは世帯単位の調査で、たとえばスープの冷めない距離に近居、隣居する場合は含まれていないと思われます。


 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa10/1-1.html

 

Qくす玉の起源

おめでたい時に割る、「くす玉」のことで質問です。
1。いつ頃、どこで生まれたものなんでしょうか?
2。初めから、「おめでたい時に割る物」だったんでしょうか?
3。そもそも、「くす」って何でしょうか?

Aベストアンサー

3.「くす」とは「薬」で,「薬玉」と書きます.
源氏物語の中で,端午の節句に源氏が花散里に薬玉を贈る場面が描かれています.
様々な香料を入れた袋を丸く形作り,きれいな糸や造花を飾り,五色の糸飾りを長くつけたものだそうです.
こいのぼりの吹流しはこの糸飾りが変化したものとか.
くす玉も,割ると吹流しのようなものが出てくるようになってるものがありますね.
2.初めは身につけて邪気を払うものでした.現在のくす玉も開店や開通式など,「これから新しく始めます.悪いことが起こりませんように」という御祓いのような意味合いではないでしょうか.
1.薬玉は中国の後漢時代の風習が日本に伝わったもののようです.
江戸時代頃に一度廃れたようですが,その後現在の形で復活したようです.

参考URL:http://www2.saganet.ne.jp/sagayaku/kusuri100_9.htm

Qよろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。
近所のお寺の門から鐘のようなものがぶら下がっていたのですが(写真参照)、この名称を教えて下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

鰐口(わにぐち)ですね。

Qお手玉の起源

お手玉は、いつの時代くらいからやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

お詫びの印に…
お手玉の起源ですが、似たような遊びは古くはトルコ・ギリシャ・インドにもありますが、日本の場合は奈良時代には伝来していると考えられ、法隆寺の宝物に「石名取玉」という、六角形の水晶玉が伝わります。一説には聖徳太子の遊具であるともされます。
 平安期には「いしなご(石投ご)」という遊びが女児で行われていました。これは、地上に石をまいて、その中の一つを空中に投げ上げて、落ちない先に、ほかの石を拾っていっしょに手に受けて、早く拾い尽くすという遊びです。
 西行法師の歌にも

「石なごのたまの落ちくるほどなさに過ぐる月日はかはりやはする」『聞書集』

と詠まれます。
 このように石または貝殻・骨などで遊んでいたものが、江戸時代になってから小袋型の「お手玉」が考案されました。お手玉という名称も江戸のものでしたが、明治以降に全国的に広まり、それまでの石投ごは姿を消します。現在では兵庫県養父市大屋町に「石なんご」として現存しています。
 

Q相撲の起源を知りたい!

留学して日本の事を聞かれるのですが、一番困るのが相撲の歴史のことです。「なぜ日本人は一般的にやせてて背もそんなに高くないのに相撲力士はあんなに体格がいいのか?」とか「相撲の起源はなんなのか?なぜあれが始まったのか?」などです。日本語でわからないのに英語では答えようもなく。どうしたらいいのかわからずここに質問させてもらいました。だれか的確な答え、アドバイスをください!

Aベストアンサー

相撲に限らず日本古来の文化については一般の日本人は外国人に説明するほどの知識がありません。従って日本文化の基本知識の本を準備するか、インターネット検索の腕を磨くべきです。

相撲の起源についてはNo.1の通りですが(記録としては)、相撲で清めの塩を使うことからも想像できるように、元々は(記録より古くから)豊作祈願の儀式だったと言われています。古事記や日本書記は既に日本に存在したものを時の権力者の意図を込めて取捨選択し編集されているので、他民族との比較、考古学、文化人類学などによる解釈が必要となってきます。

現在の大相撲は江戸時代に発達した見せるスポーツが整備されてより興行的になっています。土俵の四隅に建っていた柱は取り払われ(戦後)より安全性も重視されるようになっています。力士の国籍も多岐にわたり、現在はアメリカ(ハワイ州)、モンゴルから上位力士が生まれ、アルゼンチン、韓国などからも中堅力士が
生まれています。

力士の独特の体格はチャンコ鍋という栄養価の高いスタミナ食と普段の体の鍛錬から生まれています。若い力士は伝統的な練習以外にジムに通って近代的な鍛錬を行っているものもいるようです。力士の身体はこうして5~10年かけて作られています。

相撲に限らず日本古来の文化については一般の日本人は外国人に説明するほどの知識がありません。従って日本文化の基本知識の本を準備するか、インターネット検索の腕を磨くべきです。

相撲の起源についてはNo.1の通りですが(記録としては)、相撲で清めの塩を使うことからも想像できるように、元々は(記録より古くから)豊作祈願の儀式だったと言われています。古事記や日本書記は既に日本に存在したものを時の権力者の意図を込めて取捨選択し編集されているので、他民族との比較、考古学、文化人類学などに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報