私は現在53歳ですが、10年自動更新型の定期付きの終身保険にはいています。
(定期部分が3000万円で終身保険が300万円。)

今年の10月が更新にあたるため、生命保険会社から更新をすすめられています。
同じ保険金を確保するための保険料は年間41万円と非常に高いです。その中には
医療保障 5000円/1日も含まれておりますが...。

一般論として、このような場合には、保険料が割高なので、終身保険300万円
のみを継続し、定期部分はやめて、別の掛け捨て保険医入ったほうが、割安で
あるとききます。

ほんとうでしょうか?

保険会社に問い合わせても、保険会社の都合のよいものばかりをすすめ、ほんとう
にその人の立場にたって、保険を勧めてくれるとはおもえません。

日本の保険会社は今は,全然針葉が

どなたか詳しい方、また過去に比較をされた方おられましたら、教えて下さい。

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんばんわ。


 回答としては、本当だと思いますよ。
 更新時にはその年齢で再計算された保険料になります。同じ年齢で同じ保障額でも会社により保険料は異なっており、4月にほぼ一斉に各社予定利率を引き下げたと思いきや、据え置いてる会社もあります。また、健康体(優良体)保険を扱う会社ではさらに保険料のメリットはあります。診査情報は保険会社間ではやりとりしませんから、どんどん診査受けて調べるのも手かと思います。(加入義務は当然ありません。)

 この分野で信用置けるのは、複数社取扱の代理店でMDRTのメンバーと考えます。複数社扱うには、法人化して2名以上の募集人がいることが条件です。MDRTとは、生保業界の優積者の集まりです。(メンバーになるバーは非常に高いです。)代理店は元々保険会社とは別の営業体であり、複数扱うところは1社の論理に左右されません。また、MDRTのメンバーになるには生半可な取扱い量ではなれませんから、さらに信用度は上がります。
この様な人間に相談すれば、必ずあなたにとって好結果になると思います。相談する相手に、会社複数扱ってますか?MDRTですか?と聞いてみて下さい。
    • good
    • 0

まず、今のあなたに3300万円の保障が必要ですか?


必要なら他社に変えずにそのまま継続されたほうが良いでしょう。
掛け捨てになぜ入るのか・・・そこの部分を自分自身で把握していないと、保険自体に意味がなくなります。
 一般的に、更新後の定期保険特約は、その年の予定利率で計算されますので、損とか得とかはないです。高いのも当たり前!年齢が10歳違うから。
 安く保険料を上げたいなら、前面見直しするしかありません。でも、今の保険の終身だけ残して下さい。入院も、定期もすべて取ってしまいましょう。
 あとは、お好きな保障だけ契約すると、安くなるかもしれません。
    • good
    • 0

あなたのご家族が必要な補償額はいくらでしょうか。


また、何歳まで保険料の負担ができるのでしょうか。
たとえば、終身部分ため残して掛捨ての医療保険に加入しても、保険料の支払いを取りやめた時点で保障はなくなります。
自営業者の方などは、何歳でも負担は可能でしょう。しかし、年金生活になった場合には、掛捨ての保険は保険料が安いといっても53歳の方の保険料は高いものです。

できれば、終身保障で保険料の負担が支払いできる年齢までの保険料70歳払込み終了終身保障のようなものに加入することを勧めます。ただし、月々の負担は高額です。
また、損害保険会社も医療保険を発売していきますから、その内容を確認し加入先を決めればどうでしょうか。単品や自動車保険に特約で加える保険も出てきそうです。

ちなみに ある会社のある医療保険120日型で日額5000円の入院保障で
 終身保障・払込み終身      保険料 月5,715円~
 終身保障・払込み70歳終了        8,035円~ 
 
    • good
    • 0

1.今も生命保険には入れる健康状態でしょうか.でなければ、別の生保も入れませんので、


2.定期部分はもともと掛捨てですから、他の生保に代わっても保険料がいくら下がるでしょうか.(1)で健康であれば.1500万に下げたらいかがですか. また最近損保の医療保険がでてきていますので、それも検討してください.生保社の保険料も今は横ならびではなくなっているようですので、生保などに聞かれたら、よいと思います. 定期部分は年齢が上がると高くなります.医療特約も定期と同じで更新でしたら、それも高くにります。
3.生保に聞くときはこの保険は1万円(別に1000円でもいい)に対していくらの保
険料ですか、また特約でしたら、この特約は1万円に対していくらの特約ですか、
と聞かれてたら、教えてくれます。 それに希望の保険金額の保険料が算出されます. 他社も同じように聞くと比較でき、どれが安いのかわかります.
4.ご自分のお金ですので、勉強のつもりでご自分で調べなったほうが.後々のためにもいいと思います..
5.府県民共済も考えてください.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険?終身(総合)保険?医療保険(終身?定期?)

はじめまして
現在なのも加入してなく新たに保険加入しようとしている 結婚している子供もそろそろと考えている29歳男です 相談にのってください
保険の種類は数知れず どれに入ればいいのか比較もしずらくわかりません 掛け捨てがいいよ医療保険は掛け捨て+年金保険で利回り良資金運用 総合に一本はいっておけばといろいろな考え方があるのでしょうが わたしはまずは入院特に長期の入院に備えたい、
次に残させる家族に備えたい、そして最後に資産形成
と考えます。考え方から商品等いいもの知っている方教えてください

Aベストアンサー

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼できるライフプランナー(保険外交員等)を備えることも同時進行ですすめていただきたいです。
さて前置きでおわっちゃうところでした(A^^;)
1:入院の備え・・・単体の終身医療保険がよろしいかとおもいます。日額1万円は必須でしょう。
2:家族への備え&資産形成・・・いい商品・・じつはこれが一番イイ!というのは、一番アナタに合っている!という事であります。おこさまはこれからですので、23年位はしっかりした保障が必要かと。
そして、敢えて資産形成はもう少しあとにスタートしてもいいかと。先の2本が先決と思いますので。
むしろ、奥様の医療保険が先かな、と。妊娠が解かる前に。ただしトラブルにならぬよう、告知はありのままにしてくださいね。
お子様がいらっしゃるようになると、逓減タイプの商品をご検討されるとよろしいかと思います。みなさまのご健康と安心ライフプランの早期獲得をお祈り致します。

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼でき...続きを読む

Q第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険の契約更新について

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体払い保険料 月額13,602円
(2)年払い保険料  年額159,032円(現在はこちらを選択している。)
(3)解約返還金額 166,800円(15年)365,600円(25年)

また、現在の保険料159,032円×3年-200,000円(生存給付金)-33,360円(3年分の解約返還金)=243,736円(3年分)=81,245(1年分)=6,770円
と考えておりますが、仮に更新したとするとかなり保険料が上がるのではないかと推測しおります。25000円前後でしょうか?もしかすると予定利率も違うのでもっとでしょうか?
今後、月々の支払いを1万円前後の負担に抑えたいと考えています。特約等の変更をして保険金額を下げるべきなのか、それとも主契約の終身保険のみをのこして、職場の会社割安?の保険に入るのがいいのか考えているところであります。
現在のまま、契約内容を変更せずに更新した方が得なのか判断付きかねるところであり、先日、現在の第一生命の担当者は、現在の保険を下取りにして新しい契約を勧めてきました。内容についてはよく覚えていませんが、こちらの希望する趣旨に反しており、とにかく契約をお願いしますというような、イメージしか残りませんでした。保険外交員は自分の利益にならないことは勧めないのはわかります。それではこちらにとってメリットもありません。ご教授下さい。

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料は月1万円ほど浮きました。)
浮いた分で「終身医療保険」+ 「個人年金」に加入しました。(私の場合「死ぬリスク」より「長生きのリスク」の方が大きいので)

で、本題ですが。
1万円前後の保険料で・・・ということであれば、主契約の終身は残し医療関係の特約ははずして別途「終身医療保険」への加入、生存給付金特約は解約、定期保険特約は解約または減額。
がよろしいかと・・・(死亡保障額に関してはその方の家庭の状況によって変わってきますのでなんとも言えませんが)

保険は損得ではないのでどちらが得?と言われると困りますが、予算内でどれだけ自分の希望する保障が付けられるか・・というパズルのようなものです。

まだ26歳(?ですか)とお若いのでパズルも色々自由がききますね。
女性でも誰かを扶養しているのであれば別ですが、1600万円の定期特約は多いと思います。

今、3人に1人はガンで亡くなり2人に1人はガンにかかり3人に2人は3大疾病で亡くなっています。
「終身医療保険」はぜひお若い健康なうちに確保してください。(できれば入院日額1万円。若ければ保険料も安いのでガン保険も考慮しましょう)

最後に「自分の利益しか考えない営業」も確かに多いようですが、本当にお客様にあった保険を・・・と考えている営業もいます。
そういう営業に出会えると良いですね。

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料...続きを読む

Q定期付き終身保険の更新型

この保険に'92に入っています。現在51歳。更新後の保険料負担増を少なくするため、次回の更新時は定期保険特約部分を減額したいと思います。

(1)そこで、定期保険部分が約半分になったとして、付加している更新タイプの疾病入院特約は減額?解約を迫られる?
(2)加入時期のよい終身(300万)は解約しないほうがよいと聞きますが、契約時の支払いが少なく、解約返戻金(契約時の約束ですよね)がよいからなのですか?配当金積立部分はここ四年“0”です。
(3)終身は80才満期ですから、と生保の方に言われてるんですが、生涯加入する?契約を解消する?どちらがお得なんでしょう?
(4)災害、疾病入院特約付加なので、(入院五日目から一日8,000円とりあえず充分)付加だと保険料負担が少ないと認識してます。あってますか?それとも他の医療保険に単独で入ったほうがいい?

見直し中です。要約しましたので、意味の汲み取れない部分もあるかと思いますが、ご教授ください。

Aベストアンサー

こんばんは、私なりに感じた事をアドバイスさせていただきます。

(1)主契約となる終身300万円がそのままなら、疾病入院特約の減額等はないと思います。
(2)終身保険を解約しないほうがいい理由は書かれている通りです。おっしゃる通り、配当金はなくても、解約返戻金がありますし、これは約束された金額です。こちらのほうが全然大きい金額ですよ。金額は保険証券で確認できますので引っ張り出して確認ください。
(3)『終身は80才満期ですから』の意味がよくわからなかったのですが、「保険料の払込み期間が80才まで」「疾病入院特約などの特約部分が80才まで」のどちらかだと思います(たぶん後者)。ここは保険証券で確認してきちんと把握されていたほうがいいと思います。
私は終身部分はそのまま残しておいたほうがいいと思います。13年も前に加入されているので保険料も安いでしょうし、今後新規に入ろうとすればかなり金額になるとおもいますので。
(4)ここでの質問は「医療保険に単独で加入するよりも、特約を付加したほうが保険料がお徳か?」という解釈でいいでしょうか? 解釈とおりとしたら、保険料はあまり変わりません。
ただ、今の年齢で新たに医療保険に加入するとしたら、同じ保障内容であっても保険料が高額になるので、医療保険に入りなおすメリットはあまりないと思います。

以上です。
質問者さんの「保険料の負担を少なくするために定期保険特約部分を減額」というのはもっともな手段だと思います。家族構成・年齢も考慮し、必要な保障額を考えて減額されたらいいと思います。

あと質問者さんの保険内容を私なりに考えて、
1.No.2の回答者さんもかかれていましたが、『保険料の払込み終了時期(60~65才)にそれ以降の入院特約保険料一括前納する必要がある』という保険ではないでしょうか? もしそうならその時期に100万程度の支払が発生します。保険証券を確認ください。

2.ガン・成人病に対しての保障はありますか? 入院特約で1日8,000円はありますが、ガン・成人病になった場合は治療費は高くつきますし、入院期間も長くなり患者の負担が大きくなります。ガン保険を一度検討されてはいかがでしょうか?

こんばんは、私なりに感じた事をアドバイスさせていただきます。

(1)主契約となる終身300万円がそのままなら、疾病入院特約の減額等はないと思います。
(2)終身保険を解約しないほうがいい理由は書かれている通りです。おっしゃる通り、配当金はなくても、解約返戻金がありますし、これは約束された金額です。こちらのほうが全然大きい金額ですよ。金額は保険証券で確認できますので引っ張り出して確認ください。
(3)『終身は80才満期ですから』の意味がよくわからなかったのですが、「保険料の払込み期間...続きを読む

Q終身付定期保険の更新時期

 明治安田生命の定期付終身保険に入っています。
加入から15年で定期部分の更新が来るタイプのものです。
 その更新時期までまだ1年4ヵ月あるタイミングで、営業が連絡をしてきて、
更新手続きの締め切りが迫っていて、それを過ぎると条件を変えることができない、
というようなことを言われました。

 なんとなく腑に落ちません。あと1年半近くあると思っていたのですが、
そんなに早く手続きをしなければならないというようなことがあるのでしょうか。
ないのだとしたら、どういう意図でそういうことを言ってきたのでしょうか。
 いまの保険を解約か何かすると何十万円かは戻るので、
それでライフアカウントというのにするように奨められています。
保険の仕組みがよくわからないので、そういう見直しが有利なのかどうなのか判断がつきません。

Aベストアンサー

こんにちは。お話伺いました。                 
更新手続きの締め切りが迫ってる なんてありえません。差し詰め今月か来月の営業さんのノルマが切羽詰ってるのでしょう。         

1年4ヶ月後が更新の時期ですと早くて半年前か3ヶ月前くらいで十分更新やら他商品への見直しができますから。            

13年8ヶ月も続けてるのに 解約すると何十万しかないようですと それほど終身部分の金額は大きくないようですね(おいくらになってます?教えてください)      

転換もできないそのような保険商品には内容的にも何の未練もございません。更新時より 1歳若い(1歳若い時の方が保険料が安いですので。)今に気付かせてくれた営業さんに感謝しつつ 他社さんで安心の保険商品を選びましょう。

Q定期付終身保険の更新について教えてください

主人(56歳)の保険の事で疑問があるので教えて下さい。

現在 住友の定期付終身保険「ニューベスト」に加入していますが、10月の更新で支払保険料が増額するので、更新時に定期保障部分の4700万円を2700万円に減額し、支払保険料を今と同じくらいにしたいと考えています。

この保険は利回りの良い「お宝保険」だと知ったので、担当者からは何度も転換を勧められましたが、拒否してきました。
今までは自動更新してきたので、保険内容の変更は今回が初めてです。
今度の更新時に保障の減額を希望している事は 何年も前から何度も(転換を勧められる度に)担当者には伝えてきました。

昨日 その担当者から連絡があり まもなく更新時期だが 6月の誕生日を過ぎると保険料が上がるので それまでに減額の手続きをした方が良い。近日中に計算書を作って持って行く。と言われました。

更新に誕生日が関係するのでしょうか?
転換ではないのに、誕生日の前と後で保険料が変わってくるのでしょうか?
ちなみに保険料は年払いです。

本当に今 手続きすれば保険料が安くなり、今回が最後の更新なので 今後 60歳まで安い保険料になると言うことでしょうか?

担当者に確認すればよい事なのかも知れませんが、
今までの事もあり ちょっと疑心暗鬼になってます。

「更新手続きの書類」と「新しい保険の契約書」は 素人の私たちが見ても スグに確認できる物でしょうか?
更新したつもりが 違う保険を契約してたなんて事にならないかと心配です。

よろしくお願いします。

主人(56歳)の保険の事で疑問があるので教えて下さい。

現在 住友の定期付終身保険「ニューベスト」に加入していますが、10月の更新で支払保険料が増額するので、更新時に定期保障部分の4700万円を2700万円に減額し、支払保険料を今と同じくらいにしたいと考えています。

この保険は利回りの良い「お宝保険」だと知ったので、担当者からは何度も転換を勧められましたが、拒否してきました。
今までは自動更新してきたので、保険内容の変更は今回が初めてです。
今度の更新時に保障の減額を希望している事...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)更新に誕生日が関係するのでしょうか?
転換ではないのに、誕生日の前と後で保険料が変わってくるのでしょうか?
(A)保険料は、更新時の年齢とそのときの保険料で決まります。
更新日が来る前に、更新する……ということはあり得ません。
保険料は、更新時の年齢とそのときの保険料で決まります。

(Q)本当に今 手続きすれば保険料が安くなり、今回が最後の更新なので
今後 60歳まで安い保険料になると言うことでしょうか?
(A)先に述べたように、期日が来る前に更新……ということはあり得ません。
百歩譲って、現在の特約の解約、新しい特約の中途付加が可能だとしても、
解約するのは、47歳の時の保険料です。
たとえ、半年でも安い保険料を捨てて、56歳の高い保険料を
払うことになります。
減額は、更新時ではなく、今、すぐにでも可能です。

(Q)「更新手続きの書類」と「新しい保険の契約書」は 
素人の私たちが見ても スグに確認できる物でしょうか?
(A)書類の頭に、必ずタイトルが付いています。
「減額申込書」ならば減額です。
「解約申請書」ならば解約。
「中途付加申込書」ならば、中途付加。
「契約申込書」ならば、新規の申込書です。
また、転換ならば、設計書に転換であることが書かれています。
希望とは違う名前の書類にはサインしなことです。

また、新規の契約では、必ず告知が必要です。
告知がなければOKと単純には言えませんが、
告知が必要ならば、それは100%新規契約です。

生命保険専門のFPです。

(Q)更新に誕生日が関係するのでしょうか?
転換ではないのに、誕生日の前と後で保険料が変わってくるのでしょうか?
(A)保険料は、更新時の年齢とそのときの保険料で決まります。
更新日が来る前に、更新する……ということはあり得ません。
保険料は、更新時の年齢とそのときの保険料で決まります。

(Q)本当に今 手続きすれば保険料が安くなり、今回が最後の更新なので
今後 60歳まで安い保険料になると言うことでしょうか?
(A)先に述べたように、期日が来る前に更新……...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報