小説、マンガ、エッセイなんでもよいのですが、上の3つの街が舞台になっている本をご存じの方は教えていただけますか?

A 回答 (4件)

昔はやった黒柳徹子の「まどぎわのトットちゃん」の舞台は自由が丘だったような気がします・・・・・

    • good
    • 0

大島弓子大先生は多分15年以上吉祥寺にお住まいのため、


「綿の国星」にも「チキジョージ」として出てきます。
(中央線、井ノ頭公園も)
飼い猫(故)サバとの生活を描かれた、「サバの夏が来た」や「サバの秋の夜長」
(白泉社文庫)は、ばっちり吉祥寺です。

下北沢では、大岡昇平全集17巻に入っている、
「下北沢の思い出」というエッセイがあります。
(ちくま…って変換しない(^_^;)書房、1995年、図書館ならあるでしょう)
萩原朔太郎もあの辺りに住んでいたので、あるかもしれません。
(萩原葉子は梅ヶ丘あたり中心ですが、「いらくさ(これも変換しない!)の家」などは下北沢かな?)
森茉莉のエッセイ「贅沢貧乏」「薔薇くひ姫」(講談社文芸文庫)あたりも、
かなり下北沢です。

自由が丘はわからないなあ…bk1のサイトなどで、
地名をキーワードで探してみては?
    • good
    • 0

片山まさゆき、ギャンブラー自己中心派は下北沢


とりみきのマンガもとりあえず舞台はすべて下北沢
    • good
    • 0

GTOは吉祥寺が舞台です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗で100v1500wの舞台照明を使いたい

店舗で100v1500wの舞台照明を使いたいのですが、ヒューズを変えたりしなくても大丈夫ですか??

Aベストアンサー

舞台用の照明ということでハロゲンランプなどだと思いますが、調光器などを使い徐々に明る死してくのなら、コンセントの定格が15Aまでなので使えますが、その系統のブレーカーも15Aなので1つしか使えませんブレーカーの系統に他に電気を使うものがあれば落ちるので、電気工事で専用回線にした方が安全です、又調光器を使わず直接繋ぐ場合は、ランプ電流(電球の温度が低い時に大きな電流が流れフィラメント約2000度で15Aとなる)というものが物理的あるので、ブレーカーが落ちます。
この場合は専用の配線とブレーカーとなります。

Q京都を舞台にした小説、エッセイ等

春になったら京都散策をしようと思っています。
近現代小説や京都にゆかりのある人が書いたエッセイなど、京都を舞台にした小説やエッセイを読んでからいきたいと思っています。
オススメ本がありましたら、教えてください。
当方、「金閣寺」、「古都」、「檸檬」くらいしか思い浮かびません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

浅田次郎さんの「活動写真の女」はどうでしょうか。昭和40年代の京都が舞台の恋愛小説です。「進々堂」という実在の喫茶店(良い雰囲気のお店ですよ)が出てくるのですが、小説の中にお店の壁にかかっているワーズワースの詩のレリーフのエピソードがあるんです。進々堂に行ったら本当にそのレリーフがあってなんだか感動しました。

Q舞台照明論とはどんな学問ですか?

 舞台照明論という学問について、概略を教えて下さい。
 「舞台照明学 上下巻 遠山静雄」は探しましたが、
 絶版らしく、ありません。

 どういうことを考察している学問か、ということを
 できるだけでよいので、どなたかご教授下さい。
 お願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトに簡単ですが載っています。
お読みになると少しは理解できると思います。

参考URL:http://www1.linkclub.or.jp/~chara/Lighting.html,http://homepage2.nifty.com/ka-i-ka-n/index.htm

Q船上が舞台の小説やエッセイを探しています

船上が舞台の小説やエッセイを探しています

若竹七海さんの「名探偵は密航中」を読んで船上ミステリーにはまりました
ミステリーでなくてもいいので船の上が舞台の小説やエッセイを教えてください

今まで読んだ本は
若竹七海「名探偵は密航中」「海神の晩餐」 北杜夫「どくとるマンボウ航海記」小林多喜二「蟹工船」ダーウィン「ビーグル号航海記」アガサ・クリスティー「ナイルに死す」

などです

ぜひぜひお願いいたします

※他のサイトに同様の質問をしています

Aベストアンサー

アン・ハンプソン「最後の船旅」ハーレクインロマンス
リチャード・レビンソン「刑事コロンボ-歌声の消えた海-」
ピーター・ラブゼイ「偽のデュー警部」
ディクスン・カー「盲目の理髪師」
デイリー・キング「海のオベリスト」

海洋冒険小説を紹介しているサイト
「帆桁亭」
http://www.t3.rim.or.jp/~tomohide/index.shtml

Q舞台照明家の勝柴次朗さんについて

私は舞台照明の仕事に就きたくて、採用情報を集めています。宝塚歌劇や『エリザベート』・『SHOCK』などで活躍されている照明デザイナーの勝柴次朗さんを尊敬しています。勝柴さんと一緒に仕事ができたら・・・と思っているのですが、勝柴次朗さんの所属する勝柴オフィスについての情報が見つけられません。何か知っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

検索方法のみ
Googleでキーワード:勝柴オフィス
これで、ある団体のホームページ関係が出ますので、URLの後ろを短くして、
その団体のヘッドページからメールで用件を書いて問合せ。
または支部にメールで問合せ。

Q笑えるエッセイ、小説を教えてください。

こんにちは。よろしくお願い致します。

読んでいて思わず吹き出してしまうような笑えるエッセイや小説を教えて頂きたくて質問を致しました。
私は東海林さだおさんのエッセイがとても好きで、東海林さんの本はほとんど読みつくしてしまいました。東海林さんのほかには、落語を文章に起こしたもの(「柳家小三治の落語」など)を読んでいます。

他にも笑える文章、ユーモアを取り入れた文章を書く作家さんや、本をご存知の方がおられましたら、教えて頂けますでしょうか?よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

 こんにちは。私も東海林さんのエッセイ大好きです。丸かじりシリーズも良いですが、もう1つのシリーズ(あれは何でしょう)も立ち食いソバ屋さんに通いつめたり、浅草で食べ放題したりとかなり企画がユニークで面白いですね^m^。ここに出ていない作家さんでお勧めのエッセイを数点後紹介します。
●北杜夫さん「どくとるマンボウ」シリーズ
 東海林さんのエッセイで北杜夫さんに惹かれたと書いてありました(今調べたら「ショージ君のコラムで一杯」です。東海林さんの読書遍歴が載ってます)。北さんのエッセイはゲラゲラ笑いではありませんが、上質なユーモアと笑いがあります。「どくとるマンボウ航海記」はゆったりと笑える感じの本ですし、一番読みやすいと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18783356
●朱川湊人さん「超魔球スッポぬけ!」
 朱川さんは小説は全然違ってノスタルジックな感じやホラーをお得意とされる方ですが、エッセイはダメダメ感に満ち溢れています。ゲラゲラ笑ってスカッとできます。これ一冊しか出ていませんので、早く出て欲しいと願ってます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31883739
●奥田英朗さん「家日和」「伊良部医師」シリーズ
 短篇集「家日和」は家に関するユーモアあふれる短篇集です。オークションにハマってしまったり、妻に出て行かれて妙に謳歌し始めたり、ほのぼのとして笑えます。伊良部医師はこんな精神科医がいたら絶対嫌だなと思う超ハイテンションなお医者さんです(舞台化されて宮迫さんが演じます)。どれも面白いですが、道路標識の話はメチャクチャ笑えました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31870143
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31667444
●浅田次郎さんのエッセイ。
 泣きの浅田と言われるぐらい、小説は泣ける話が多いのに、エッセイは腹を抱えて笑えるぐらい面白いです。頭がでかくて苦悩したり、自衛隊でのニンニクの話、プリクラがやりたかった話、禿た話などなど、どれもこれもメチャクチャ笑えます。4冊ぐらい出ていますが、エッセイは小説と同じぐらいしんどいので、これからは小説にしぼってエッセイを書かないそうです。すごく残念です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30555433
●佐藤愛子さん「我が老後」シリーズ
 短気で怒りっぽくて(怒りの愛子さんです)、モノを大切にして、人の世話を焼いて・・・、毎日のエッセイですが、どうしてこんなに面白いのだろうと涙が出るぐらい笑いました。インコの話が絶品です。85歳ですがこの元気はすごいと思いました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19902158
●辛酸なめ子さん「ヨコモレ通信」「ほとばしる副作用」
 浮かれている人を覚めた目で観察するこの面白さ!色々な所に出かけていっての体験記や観察記なんですが、筆力がなかったらここまでおもしろく出来ないのではと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0332341
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583670
●宮田珠己さんの旅エッセイ。
 宮田さんの旅行エッセイは、「自分探し」とか「貧乏自慢」とか「我々が失った瞳を持つアジアの人々」などというちょっと鼻持ちならない感じでは全然なくて、ただ変なモノを見に行く為にアジアへと旅行します(好きなのは盆栽と迷路)。騙されまくったり、変なモノを押し付けられたり、爆笑の旅行エッセイで、椎名誠さんも以前エッセイで勧めていました。「東南アジア四次元旅行記」や「旅の理不尽」から読むと良いかもしれません。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B5%DC%C5%C4%BC%EE%B8%CA
●中場利一さん「岸和田少年愚連隊」シリーズとエッセイ
 映画化された「岸和田少年愚連隊」も小説で読むと、面白くてうっかり電車なんかでは読めません(^_^;)。パーマの話とか自分の高校と他所の高校の比較とか馬鹿馬鹿しくて愛すべき不良たちの話が満載です。エッセイもお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472959
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30893362

 ものすごく長くなってすみませんm(__)m。良かったら読んでみて下さいm(__)m。

 こんにちは。私も東海林さんのエッセイ大好きです。丸かじりシリーズも良いですが、もう1つのシリーズ(あれは何でしょう)も立ち食いソバ屋さんに通いつめたり、浅草で食べ放題したりとかなり企画がユニークで面白いですね^m^。ここに出ていない作家さんでお勧めのエッセイを数点後紹介します。
●北杜夫さん「どくとるマンボウ」シリーズ
 東海林さんのエッセイで北杜夫さんに惹かれたと書いてありました(今調べたら「ショージ君のコラムで一杯」です。東海林さんの読書遍歴が載ってます)。北さんのエッ...続きを読む

Q演劇舞台の照明装置について。

こんにちは、大学で演劇サークルに入っている者です。

先日、公演の準備中に舞台上の照明電球が割れるということがありました。
原因は、照明器具の老朽化でした。
予備があった為、なんとか公演はできたのですが、安全性の面も考えて、照明を一新することになりました。
うちのサークルは教室が会場で、照明はアルミパイプを組み立て、そこに電球を取り付けるタイプです。
今回、カバー付きの照明を探し、ネットを彷徨っているのですが、なかなか見つかりません。

そこで、演劇(特に照明関係)に詳しい、もしくは関わっている方に質問です。
オススメの電球や取り扱い店舗を教えていただけないでしょうか?
「私たちはこういうの使ってます」といった感じで構いません。
その他、照明に関するアドバイスでも何でもOKです。
冬にまた公演があり、それまでに見当をつけなければならないのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらではどうでしょうか?

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30BG%5E%5E
PAR30 75Wまで使用可能ですので、教室使用でまずますの光量かと。
平行コンセント。本体のみで1200円は安い!

ランプ別売りのようですので、
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30%2F75FL%5E%5E
1200円
値段はどうか分かりませんが、大抵のホームセンターでも入手出来ます。

ハンガー/ダボ(とりあえず安いほうで…)
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5ECCLAMP%5E%5E
500円!
バトンパイプ径は20~51ミリ対応とのことですが、大丈夫でしょうか?
(一般のバトンは、42ミリくらいです)

合計で、2900円@1灯+送料など。

75Wの場合、教室の最大電流量が15アンペアとした場合、
同時に点灯できる最大灯数は、16灯くらいまでいけます!
たいていの公演ではまあ十分かと。

ご予算によっては、
60Wに下げて本体980円という方法もありますね。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR16BG%5E%5E

私は当時こういう安いのが無かったので、
空き缶をくり抜いて中にランプを仕込んで自作しました。(笑)

ご参考まで。

こちらではどうでしょうか?

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30BG%5E%5E
PAR30 75Wまで使用可能ですので、教室使用でまずますの光量かと。
平行コンセント。本体のみで1200円は安い!

ランプ別売りのようですので、
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30%2F75FL%5E%5E
1200円
値段はどうか分かりませんが、大抵のホームセンターでも入手出来ます。

ハンガー/ダボ(とりあえず安いほうで…)
http://www.soundhouse.co.jp/sho...続きを読む

Q面白い小説、エッセイ

思わず笑ってしまったり、口がニヤリッ!となってしまうユーモアのある内容の本を探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全て東野圭吾さんの作品ですが、
「あの頃僕らはアホでした」(エッセイ)
    
以下、小説では
「怪笑小説」    
「毒笑小説」(ブラックユーモア)    

「名探偵の掟」
「超・殺人事件 推理作家の苦悩」(ミステリー好きなら最高に笑える)

好みは分かれるかもしれませんが、私は人前では読めません(笑)

Q【 新舞踊 】舞台照明に相応しい色温度は?

【 新舞踊 】舞台照明に相応しい色温度は?

母親が新舞踊の家元をしており、
今までダスキンでスポットライトを2灯借りて客席両サイドから舞台を照らしていたのですが、少し光量が足りないので「パーライト」を購入して全4灯にする話が出ています。舞台袖から当てる(演者に近い)のでミディアムかワイドをと思っていますが合ってますでしょうか?

あと、色温度を迷っています。
着物の色がきちんと出た方が良いと「白」5500kくらいを母は希望していますが、「演出」の意味?で「やや黄色」の方が良いのかなと私は思っています。
どうなのでしょう?

Aベストアンサー

パーライトという選択は、多分正しいはずです。
球は、ミディアムでいいと思います。
(ワイドはそれほど一般的ではない)
4台あるのなら、客席両サイド2台(舞台の斜め前)をメインに、舞台袖2台を補助にするべきです。
可能ならば、舞台袖の光量を落とします。
機械的に落とせないなら、NDフィルターというものがあります。
(ポリカラーの#925など)

色温度は気にするべきではありません。
パーの球は、どのメーカーも3,200Kくらいで、それで十分です。

Q奈良を題材にした小説、エッセイなどテンポよく読めるものを教えてください

奈良を題材にした小説、エッセイなどテンポよく読めるものを教えてください

できれば文庫本が良いです(単行本でも可)

推理、サスペンス、旅のエッセイ、恋愛小説・・・なんでも良いです

よろしくお願いいたします

40代、主婦です

Aベストアンサー

恩田陸『まひるの月を追いかけて』
谷崎潤一郎『吉野葛』(短編です)
永井路子『茜さす』
立原正秋『花のいのち』
三浦信行『我が身の中の奈良を求めて』

奈良が舞台でで思いついたのはこれくらいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報