小説、マンガ、エッセイなんでもよいのですが、上の3つの街が舞台になっている本をご存じの方は教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

昔はやった黒柳徹子の「まどぎわのトットちゃん」の舞台は自由が丘だったような気がします・・・・・

    • good
    • 0

大島弓子大先生は多分15年以上吉祥寺にお住まいのため、


「綿の国星」にも「チキジョージ」として出てきます。
(中央線、井ノ頭公園も)
飼い猫(故)サバとの生活を描かれた、「サバの夏が来た」や「サバの秋の夜長」
(白泉社文庫)は、ばっちり吉祥寺です。

下北沢では、大岡昇平全集17巻に入っている、
「下北沢の思い出」というエッセイがあります。
(ちくま…って変換しない(^_^;)書房、1995年、図書館ならあるでしょう)
萩原朔太郎もあの辺りに住んでいたので、あるかもしれません。
(萩原葉子は梅ヶ丘あたり中心ですが、「いらくさ(これも変換しない!)の家」などは下北沢かな?)
森茉莉のエッセイ「贅沢貧乏」「薔薇くひ姫」(講談社文芸文庫)あたりも、
かなり下北沢です。

自由が丘はわからないなあ…bk1のサイトなどで、
地名をキーワードで探してみては?
    • good
    • 0

片山まさゆき、ギャンブラー自己中心派は下北沢


とりみきのマンガもとりあえず舞台はすべて下北沢
    • good
    • 0

GTOは吉祥寺が舞台です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報