グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

基本情報技術者試験(FE)と日商簿記検定2級では、どちらがより難しいと思いますか?

A 回答 (2件)

情報科で選択で簿記も勉強してました。


簿記の方が簡単です。
勉強してりゃまず受かる。
基本情報はその年の難易度もあるかな。
やっぱり午前午後別れてるのがきつい。
    • good
    • 1

たまたま両方とも合格しました。


FEは事前に資格学校を利用したので、合格できました。
2級は3級合格の勢いで独学で合格しました。あとで1級の資格学校に通いましたが、まぐれで受かった2級の内容をすべて勉強し直す必要がありました。
試験の難易度ではFEが難しいです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日商簿記1級にするか基本情報にするか

私は今基本情報を取ろうか日商簿記1級を取ろうか迷っています。
今現在日商簿記1級を勉強していて、来年の6月に受けようと思っています。(大学に入学してから)
ですが、もし大学に落ちてしまったら専門学校に行かなければいけません。横浜国立大学の専門高校卒業生選抜は3月で落ちてしまうと大学にはいけないです。
ですが専門学校に行くにしてもお金がなく、少しでも授業料を免除したいんです。
現在シスアドには合格しておりますが、私は商業高校の英語科なのでプログラミングは一度もやったことがありません。
シスアドは午前が苦手で、午後は得意でした。実際午後は高得点で合格することができました。
基本情報はシスアドに合格していれば結構簡単に合格することができるとも聞きますが実際どうなんでしょうか?
それから勉強するとしたらいつから勉強を始めればいいでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

この間、知人の会計士と優秀な商業高校の学生について世間話をしましたが、優秀な学生とはttt0742さんのような方だと思います。

昨今、経理業務においてもe-文書、SOX法などからシステムの知識を要求されるケースがあります。日商簿記1級の受験勉強の側ら基本情報を勉強してシステムに強くなられるのもありかと思います。(合格しなくても勉強すれば役に立ちます)

基本情報のプログラム言語はJavaがお勧めです。
理由は、学習環境の構築が容易、情報量が豊富及び実務業務にもしかしたら活かせるからです。

QITパスポート 基本情報 難易度

先日日商簿記2級を取りました。(多分受かりました^^;)
今度はIT系の試験を受けようと思うのですが
難易度的に
・ITパスポート=日商簿記3級
・基本情報技術者試験=日商簿記2級
と言ったところでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、パソコンの扱いや取扱経験によって感じ方は違うと思います。
ITパスポートは、普段、パソコンを使いこなしているレベルならば
少し専門的な取扱や知識を覚えるだけで合格レベルになりますので、
簿記3級より易しいと思います。逆に、基本情報技術者はプログラミン
グの知識や数理的な事も訊かれるので、数学や理論的な事象が苦手な
方には、かなりハードルが高い面も多々ありますので、ある意味、基礎
が出来ていれば何とかなる簿記2級より困難な場合も考えられます。
(といっても、過去問やテキストをシッカリ学習すれば合格できる最低
レベルの知識や技能は身に付けられるようですが・・)

Q簿記3級は本当に誰でも取れるのですか?

簿記全くの素人で、簿記3級を取得したものです。

受ける前は、「勉強すれば誰でも受かるよ」「簡単」と言われていました。実際、学校にも通い、試験が近づくと必死で勉強し、なんとか83点で合格できましたが・・・私は少なくとも「簡単」とは思えませんでした。また、先日受けた試験の合格率は50%くらいだったと思います。

私としては、「誰でも受かるほど簡単」とは思えません。皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです。
そんな私が仕事のためとはいえ、簿記を勉強することには、周囲から『無謀だ』と猛反発を受けました。
しかし、職業柄、どうしても受からねばならない事情があったのです。
私にとっては、初めて独学で、本格的に目指す資格試験。
大学受験以来のプレッシャーでした。
手の使い過ぎで腱鞘炎になるし、
本試験日までは、寝不足や食欲不振に悩まされる日々が続きました。
試験会場には、商業高校生らしき若者が大勢詰め掛けていて、
教師らしき人々の励ましを受けていました。
制服姿の学生に混じっての孤独な社会人受検。気後れしたものです。

そして無事、簿記3級に合格したものの、
父親からは『なんだ、まだ3級か』
『うちの会社の経理のコは、みんな持ってるよ』と云われて
何となく、カチンときたのを憶えています。
会社の同僚からも、『あら、なぁに?2級じゃなかったの?』との声。
不思議だったのは、簿記を勉強した経験のある人からは
『頑張ったね。大変だったでしょう?』と、労いの言葉を戴いたことです。

質問者さまの、簿記3級に合格したものの、
3級って、大したコトないの?自分は3級でも、けっこう大変だったんだけどな…。
という今の心境は、何となく、お察しいたします。
当時の自分を見ているようです。

今思えば、周りからの"簿記3級は簡単!”という批評は、
簿記3級なんか…と軽視する意図などは、一切なしに、
また、簿記3級だから云々…という理屈も抜きにして(簿記って何?という輩も少なくない)、
俗に言う"検定試験を履歴書に活かせるのは、何でも2級レベルから”という認識の強さが、
無責任に、口にさせた台詞だったのかもしれません。
(会社によっては、何級からでも、ひとつの資格として認識されますが。)

他のかたが仰るように、周りの言葉に、変に過敏にならず、
努力した自分を一番よく知っている自分が、今までの努力を褒め称えてあげればよいのです。
お仕事されながらの受検は、大変だったことでしょう。
苦境を乗り越え、合格を勝ち取ったことは、自分の中で、ひとつの自信になったはずです。

しかしながら、国家試験を目指す人などが、これから簿記にチャレンジする初心者相手に、
訳知り顔で『日商簿記くらい簡単に取れないとね。』と、
あからさまに、上から物を見た言い方をするのを、巷で耳にするたび、
『たかが簿記で、そこまで偉くなれるのか?人間が小さい奴だな…』
と、(失礼ながら)私は、醒めた目で見ることにしています。
たまに、『自分には簿記のセンスがない。向かない。』と悲観的になる人もいますが、
センスの有無とは、個々の五感に係わる問題です。
誰しも、電卓片手に、生まれてきたわけではありません。
簿記で扱う数字は、算数とは違って、公式だけの感覚で解くものではないし、
簿記の根底に在る理論は、国語のように、日常生活に当たり前に転がっているものではないため、
わざわざ勉強時間を作って、一歩ずつ知識を身に付けてゆくしか、方法はないのです。
3級でも、2級でも、1級でも、センスなどに頼らず、こつこつ努力しないといけないのは、みんな同じです。

ただ、補足するとしたら、
簿記1級の資格試験や、税理士・会計士等の国家試験は、
簿記の知識を問うものでも、2級までの資格試験とは、採点方式等が異なるため、
合格のためには、個人の努力だけでなく、試験戦略・運の要素も絡んでくることになります。
簿記3級は、過去問題を制限時間内で70点取れる練習を、何度も積んでいれば、
本番での過度の緊張やケアレスミスに襲われない限り、充分に合格圏内を目指せるかと思います。

簿記2級となると、試験員が、ごくたまに、範囲外のようなイジワル出題をすることがあったり、
さらに、簿記1級では、周りの受験生の出来具合により、採点箇所が変化するらしいため、
死ぬほど努力していても、時として、その実力が充分に発揮できない状況が、足を引っ張ります。
人格が変わるぐらい勉強し、恋人を捨て、人生をかけて挑戦してさえも、
合格の実現が厳しい難関試験の前に、打ちひしがれる人を、私は、目の当たりにしています。
そのような『勉強しても受からせてもらえない、リスクの大きい試験』から比べれば、
簿記3級は、努力すれば受からせてもらえる良心的な試験だと言えるのかも知れないな…とは思います。

『簿記3級なら、がんばれば、誰だって合格できる』という言葉の裏には、
簿記3級は、ひとりひとりが実行可能な労力を惜しみさえしなければ、
誰にとっても、その努力が充分に報われる要素のある試験なんですよ。って気持ちが込められています。
私が友人に、受検を励ます意味で、その言葉をかけるとしたら、そうした意味を込めて用います。

簿記を好きになれると、自信を失くす時があっても、また立ち直って頑張れます。
華やかな勉強ではないし、あまり理解を得られない面もありますが、
私自身は、簿記学習を通じて、『算数キライ』の苦手意識を克服でき、根気や忍耐力もついて、よかったかな?と思います。

身の上話が長くなり(苦笑)、申し訳なかったですが、
あなたに簿記の勉強を続けてみようというお気持ちがあるのならば、
何とか、自信を持って、ご自分の道を歩んで頂きたく、この回答を書きました。

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです...続きを読む

QITパスポートと日商簿記3級どちらの方が難しいですか?

ITパスポートと日商簿記3級どちらの方が難しいですか?

ITパスポートに興味があります。
簿記3級は持っているのですが、どちらの方が難しいでしょうか?
全く違う分野の資格なので比べるのは難しいかもしれませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一概には言えませんが、簿記は技術的側面があるので、暗記だけ
では絶対、受かりません。実際に手を動かして問題を解くことに
よって、次第に体得されます。ですから、個人差が大きく、1回
で簡単に受かる人もあれば、何回も受からない人もいます。一方、
ITパスポートはパソコンの基礎知識があり、日常的に使ってい
れば答えられる問題もあれば、用語のように暗記が必要な問題、
更には数理系の計算や理論問題が出ますので、やはり訓練が必要
ですが、簿記より技術的側面は薄く、暗記問題でも点が結構稼げ
る(テクノロジ分野は特に)ので、相対的に言えば簡単な気はし
ます。ただ、どちらも、各回の出題の難易度のバラつきが大きい
試験なので、断定的なことは言いにくいですね。

Q簿記2級になかなか合格しません。

簿記2級に5連敗しました。成績は下記の通りです。

第122回 商業・・・40点 工業・・・20点  計60点
第123回 商業・・・22点 工業・・・30点  計52点
第125回 商業・・・40点 工業・・・20点  計60点
第126回 商業・・・24点 工業・・・28点  計52点
第127回 商業・・・36点 工業・・・28点  計64点

 勉強方法はごくオーソドックスで、過去問を何度もやり、あとはラストスパート模試を3回ぐらい繰り返して、本番に臨んでいます。過去問はもう問題も答えも覚えてしまうぐらいやっており、これ以上対策があるのかというぐらいです。ただし、本番では必ずこれは少し難しいなと思う問題が出題され、いつも失敗しています。さらに点をとらないといけない1番の仕訳問題で実は16点以上とったのは122回だけで、126回に至っては0点でした。万全の体制で臨んだ127回も仕訳12点でした。弱点は実は仕訳なのかと思いましたが、それ以外の問題で得点できないことも多いです。(3番でミスをすることが多いかも。)

 今度こそといい続けて次で6回目の挑戦となります。次回の受検(第128回)で初めて受けてから2年が経過します。普通半年で受かると言われているので、客観的にみても2年はかかりすぎです。妻からは「簿記2級って司法試験みたいに難しいの」と馬鹿にされております。私は39才で2年前まで、リースの営業をしていました。そのときは簿記3級もいらないような職場だったのですが、今の会社(財務部)に転職してからは、社員8名のうち簿記2級を持っていないのは私だけになってしまい、非常に肩身が狭いです。周りは腫れものに触るような扱いになってきました。 
 
 なお、私の部署は非常に多忙で、平日学校に通うことは不可能です。また土日も子供が生まれたばかりということもあり、なかなか時間がとれません。その中で、昼休みや、深夜2時間以上弱の勉強で合格できる勉強方法があれば教えて頂けないでしょうか。それともこれは単なる要領の悪さなのでしょうか。

簿記2級に5連敗しました。成績は下記の通りです。

第122回 商業・・・40点 工業・・・20点  計60点
第123回 商業・・・22点 工業・・・30点  計52点
第125回 商業・・・40点 工業・・・20点  計60点
第126回 商業・・・24点 工業・・・28点  計52点
第127回 商業・・・36点 工業・・・28点  計64点

 勉強方法はごくオーソドックスで、過去問を何度もやり、あとはラストスパート模試を3回ぐらい繰り返して、本番に臨んでいます。過去問はもう問題も答えも覚えてしまうぐらいやっており、...続きを読む

Aベストアンサー

仕訳が0点の回があるというのは、おそらく意味を理解して仕訳を切っていないのでしょう。
「なぜこの仕訳を切る必要があるのか」というのを理解していますか?
確かに簿記は演習が一番重要ですが、意味を理解していないと全く同じような問題が出た時しか対応できなくなってしまいますよ。
暗記に走り過ぎているのが一番の原因だと思います。

工業簿記においても同じです。
「部門別での製造間接費の配賦などはなぜやるのか」
「標準原価計算とはなんなのか?」
と意味を説明できるでしょうか。
工業簿記は無限に問題を作れますので、やり方の丸暗記をしていると少しでも問題文を読み取れないとグダグダになってしまいます。

ここは今まで勉強してきたというプライドを捨てて、一から参考書を読み直すのが根本的な解決です。
LECの「光速マスター」やネットスクールの「サクッとうかるシリーズ」
など読みやすいテキストが1冊1000円くらいで書店で売っているので通勤途中にでも読むといいと思います。
その上でもう一度演習をしてみましょう。

Q基本情報技術者が受からない

社会人二年目のものです。
大学では、情報科学を勉強していました。
ですが、基本情報技術者の午後問題の選択問題と言語が全く解けません。
毎回、選択問題は割りと取れると噂のストラテジー・マネジメント系の問題ですが、
読んでみても結局間違っていることが多く、自信がもてません。
だからといって他の問題もピンキリです。
言語もC言語を大学時代にやっていたくせに、読み込むのに時間がかかり過ぎて、
いつも適当にマークしてしまいます。
※必須問題は安定して取れていますし、午前は八割とれます。
大学で真面目にやってきたはずなのに、どうしてこんな悲惨な状況になるのでしょうか?
親に学費を払ってもらっただけに、恥ずかしすぎてしんどいです。
これで、二回目なんですが以前ほど悔しいと思う気持ちが薄れており、
最初落ちたときは、辞表をだすまでいったのに
いまは諦める気持ちが大きいせいか、あっけらかんとしています。
あっけらかんとしていることに、腹がたっている自分もいます。
心の中がめちゃくちゃです

Aベストアンサー

 あなたは真面目すぎます。
 情報処理の資格試験は合格しなくても仕事ができます。合格しないとできない医師などとは違います。

 ちなみに私が働いていたソフト会社は千人規模でしたが有資格者は1割もいませんでした。何回受けても合格しない人はザラで、資格を取るための勉強をする暇があるなら少しでも仕事をしろという会社でしたから当然です。
 さすがにこの状況がまずいと思ったのか現状を打破するために社内教育をいろいろする事になりましたが、私はリストラされましたので成果は不明です。
 私が働いていたのはダメ会社ですから参考にならないかもしれませんが、取得率が高い会社ばかりではないと思います。
 精神的に自分を追い詰める必要は無いでしょう。

 私は第二種情報処理技術者を2回目で合格しましたが、1回目の失敗を冷静に分析し対策を万全にしました。大切なのは同じ失敗を繰り返さない事です。自信を持って解答できない現状では難しいと思います。なぜこうなるのかを理解しましょう。

Q卒論でかなり文字数をオーバーしそうです

今大学4年で、卒論をやっている最中です。
ちなみに文系で、必修なのです。

大学の規定では「卒業論文の分量は、原則として、20000字以上とする」となっているのですが、こうゆう場合どの位書けばいいんですかね??
20000字以上なら構わないってことだとは思うんですが、かなり文字数をオーバーしそうなんです・・・・。2万字の3倍くらいになってしまうかもしれません↓
それって、ただ長いだけで読む方に失礼ですかね?
もっと削って2万字程度にした方がいいのでしょうか?

指導教諭の先生は「提出すれば何でも構わない」というだけで、詳しく教えてくれないのです。
けれど、せっかく卒論を書くのだから良いものを書きたいと思っています。
アドバイス・ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、『何文字くらい書けばよいか』という間違った考えを捨ててください。
卒論として意味のある内容ならば、何文字でもよいのです。有名なDNAの螺旋構造の論文は2ページしかありません。

質問者様の学校では、卒論が「あまりにも薄いのはみっともない」というので最低文字数が決まっているのだと思います。というのも、「2万字以下だが内容の充実した論文」を大学4年生が書くことはほぼありえないからです。

ワープロ打ちだと1ページ1000文字くらいですから、2万文字だと20ページ。20ページというのははっきり言って、「薄い」卒論です。
50~100ページの卒論はそこらにごろごろしていますから、2万字の制限を3倍くらい越えたからといって気にすることはありません。

ただし、本当に意味のある6万文字かどうかはよく考えてください。
他人の著作の転載で文字数が増えているだけだったりして?

Q基本情報(午後)、こんな戦略はどうですか?

初めて受験するものです。
午後の意味不明さに多少戸惑っています。
必須のアルゴリズム問題は、わけわかりません。


【自分の戦略案】

・5問選択のうち、2問はマネジメントやストラテジが出るので、それを選択する。
・5問選択のうち、多少得意なDBも選択する。
・↑上記で3問、残り2問は、解けそうな問題を選択する。
・言語は表計算を選択する。
・必須アルゴリズムは捨てる&余った時間を他に回す。


必須アルゴリズムを完全に捨てて時間を稼ぐのと、マネジメントやストラテジ・表計算を選択するのがポイントだと思っています。
外道かもしれませんが、いかがでしょうか?

これで合格できると思いますか?

Aベストアンサー

問13の表計算を完全正解で20点,問6プロマネ完全正解で16点,問7ストラテジ完全正解で16点,で計52点。あとは適当にマークして残り48点中から確率17%で正答が当たったなら8点ゲットして,計60点で合格だ,とIPAが決めているのだからそれでいいんです。
どの問題を捨てようが文句を言われる筋合いはないですよね。60点をとれば合格です。

----------------
ちなみに。

情報処理推進機構(IPA)は,フィリピン,タイ,ベトナム,ミャンマー,マレーシア,モンゴルで「アジア共通統一試験」を推進しています。

日本の基本情報技術者試験相当だという触れ込みですが,

アジア共通統一試験の午後問題(150分間)は,
必須問題5問と,
  ・ハードウェア,ソフトウェア
  ・データベース
  ・ネットワーク
  ・ソフトウェア設計
  ・データ構造及びアルゴリズム
2問中1問選択のソフトウェア開発問題で構成されています。
  ・C言語
  ・Java

Q簿記3級は落ちたら恥ずかしい?

会社の上司からの命令で
日商簿記検定を取得するように言われ
とりあえず3級から挑戦することにしました。

高校では商業科で1年半ほど簿記を習いましたが
在学中には全商の簿記を一つも合格することが
できませんでした。
他のワープロや情報処理などは1級を取得できたのですが、簿記だけはチンプンカンプンでした

簿記をかじっているにもかかわらず
日商の3級を2回連続で落ちました。
もちろん、勉強はしました。
ただどんなにやっても70点台がやっとのレベルでした。

損益や振替などの意味もわかりません。
法則性でいつも埋めるだけで
意味は理解していません。
(これのときは右、左といった感じで)

前置きが長くなってしまいましたが、
この6月にあったのを自己採点したら
落ちていました。
以前も受けて落ちたので2回連続で
日商3級に落ちてしまい
会社の上司に報告するのが億劫です

今回はしっかり勉強して合格レベルまで
いったと思っていたのですが…

大体のことは少し勉強すれば
理解できるほうだったのでショックが大きいです

これでクビにされるという訳ではないのですが
上司や周りの社員に頭が悪いとバカにされるのが嫌で吐き気や頭痛がします。

ちなみに、わたしは事務員ですが
他の社員は簿記とは無縁の職種で
簿記の検定を持っている人は居ません。


もし、自分の会社に2回連続で
簿記の3級に落ちている同僚あるいは部下が居たら、頭がよくないんだとやはり思いますかね?
というか、事務に向いていないのでしょうか、、

会社の上司からの命令で
日商簿記検定を取得するように言われ
とりあえず3級から挑戦することにしました。

高校では商業科で1年半ほど簿記を習いましたが
在学中には全商の簿記を一つも合格することが
できませんでした。
他のワープロや情報処理などは1級を取得できたのですが、簿記だけはチンプンカンプンでした

簿記をかじっているにもかかわらず
日商の3級を2回連続で落ちました。
もちろん、勉強はしました。
ただどんなにやっても70点台がやっとのレベルでした。

損益や振替などの意味もわかりません。
...続きを読む

Aベストアンサー

正直、簿記は個々人の適性や適応力で、いとも簡単に数週間程度で合格する方もいれば、大卒でも
3級が何度も受からず受検するということもザラにあります。ですので発達障害がどうとか、頭の
良さがとうどかは、あまり関係ないと思います。ただ一つ言えるのは、学校の試験とか、マークシ
ートの択一試験と違い、基本全部記述式かつ機械的に仕訳したり、数値をはじき出したりという「
作業」の繰り返しなので、実際に手を動かし、頭だけではなくて、体というか感覚的に身について
こないと中々厳しいだろうということです。これは自分もそうだった(2級を3回目にして受かっ
た今でも、その点にイマイチ自信がありません・・・)ので、その思いが強いです。一方、情報処
理系は1級をお取りになっている訳ですので、その方面は人並み以上に優秀な事も間違いありませ
ん。情報処理系も簿記と同じく、かなり適性や適応力が能力や試験等の出来を左右します。この差
はやはり「興味の強さ」かな、とは思います。誰でも好きなことは熱心にやって、早く上達したい
ものですし、実際上達も早いですよね(習い事やスポーツ、ゲーム等でも)。ですので、何とか簿
記に前向きな興味を持てるキッカケを見つける必要がありそうです。出納帳を付けるとか、株式を
買って、その会社の損益や株価推移に一喜一憂するとか(決して、勧めている訳じゃないですけど)
、ちなみに最後の方で他の社員の目を気にしている記述がありますが、他の社員はそのチャレンジ
もしていないので、質問者さんをバカにしたり、批評する権利は元々有していません、質問者さん
は他の社員よりその点では既に優位に立っているのですから、少しくらい結果がでなくても卑下せ
ず、堂々と結果報告し(そこで少しでも前回より得点が向上していれば何とでも言えます)諦めず
のに頑張ってほしいです・・・諦めたら、そこで何とか、と言いますよね・・・

正直、簿記は個々人の適性や適応力で、いとも簡単に数週間程度で合格する方もいれば、大卒でも
3級が何度も受からず受検するということもザラにあります。ですので発達障害がどうとか、頭の
良さがとうどかは、あまり関係ないと思います。ただ一つ言えるのは、学校の試験とか、マークシ
ートの択一試験と違い、基本全部記述式かつ機械的に仕訳したり、数値をはじき出したりという「
作業」の繰り返しなので、実際に手を動かし、頭だけではなくて、体というか感覚的に身について
こないと中々厳しいだろうというこ...続きを読む

Q簿記2級、どれくらいで受かりましたか?

11月の試験に何がなんでも簿記2級に受かりたいと思っているものです。
インターネットを見ると、簿記2級なんて、1週間勉強して取れるくらい簡単な試験だよというのを見たりとか、1年しっかり勉強しないと、どんどん難しくなっているからというのを見たりとかしましたが、実際、教えて!gooを閲覧している方で、こんなに短期で受かったよ、もしくは真面目に勉強して1年くらいかかりましたなどの情報を頂けたら、幸いです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

私は8年ほど前に、参考書と問題集の独学で、期間3ヶ月ほどで合格しました。商業簿記と工業簿記が選択制だと試験四日前まで勘違いしており、商業簿記しか勉強していませんでしたが、四日間で工業簿記を勉強(通勤時間、昼休み、仕事後の時間全て勉強)し、合格しました。

人それぞれですが、必要なのは集中力でしょう。
応援しています。頑張って下さい。


人気Q&Aランキング