出産前後の痔にはご注意!

トルクスネジを使う利点って何があるんですか?

素人が分解出来ないようにしてるのだとしたら、素人は分解しないし、分解する素人はトルクスドライバーを買うだろうし、トルクスネジを使う利点って何もないのでは?

A 回答 (4件)

一応「一般的でない特殊ねじ」なので


「普通の人は分解しないでね」という意思表示の意味があります

普通のネジ使ったら普通の人が大抵の家にあるドライバでまわしちゃいますから
「開けないでねって取説に書いてあるよね」は弱いところ

トルクスドライバを買ってでも分解したい人にはどう警告したって分解するので
「絶対分解させないため」ではありません

もっと重要なものにはもっと特殊なネジを使うこともありますコストかかりますけどしょうがなく
    • good
    • 0

プラスねじよりもネジ穴が舐めにくい、というのが元々の理由です。

(プラスねじの溝は斜めになっているのでドライバーをきちんと押し付けていないと浮きあがってきてしまいます→カムアウト現象)
新しい規格、変わった規格ということでいじり止め対策に使われている、というのもありますが・・・これはあくまでもおまけです。

同様のものに6角穴がありますがトルクスはこれよりも大きな力が掛けられる、というのが特徴です。
    • good
    • 1

ドライバーの刃先がねじの頭から外れるカムアウト現象が防げるのが利点です。


(ねじの頭を痛めることがないのが利点です)
日本では一般に普及してなかったので、いたずら防止を主点に使用されてきましたが
最近はその意味は薄れてきてます。
    • good
    • 0

拾った人が興味本位で開けちゃったら困るから。

自分のは自分で開けても自己責任だけど他人のものをわざわざ買ってまで開けようとはしないでしょう。
まぁ、時間稼ぎみたいなもんだね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q200Nmの締め付けトルクで締めたボルトを150Nmのトルクで緩めることができるのは何故?

お世話になります。
http://oshiete.homes.jp/qa2521193.html
で質問したものです。

結局、リョービ製のAC100V電動インパクトレンチ(\20000)とトルクレンチ(\2500)の両方を購入しました。
実際に使ってみた感想は確かに、早い!楽チン!でした。
今までどうして購入することを考えなかったんだろうと思いました。

ただ一つ外せなかったボルトもあったのですがクロスレンチであっさりと緩めることができました。
今までよっぽど強い力で締め付けていたんですね。(苦笑)

さて今回の質問ですが、ホームセンターに販売応援に来ていたリョービのメーカの人と話していた中で、大きなトルクで締め付けられたボルトであっても小さなトルクで緩めることができるという話が出たのですが、これはどういう理屈なんだろうかということです。

実際、目の前で最大200Nmのエアインパクトレンチで3秒ほど締め付けを行った後、リョービの最大150Nmの電動インパクトレンチを使ってボルトを外すところを見せてもらいました。

メーカの人の説明では、手でぐいっぐいっと行うところを機械で行っているだけでトルクの大小とは関係ないということでしたが、今ひとつ理解できません。

文語的表現になりますが200Nmのトルクで”きつく”締められているのですからこれ以上のトルクでないとゆるめることはできないと思うのですが。。

ここらへんの理屈がわかる方がいらっしゃいましたらどなたか教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

お世話になります。
http://oshiete.homes.jp/qa2521193.html
で質問したものです。

結局、リョービ製のAC100V電動インパクトレンチ(\20000)とトルクレンチ(\2500)の両方を購入しました。
実際に使ってみた感想は確かに、早い!楽チン!でした。
今までどうして購入することを考えなかったんだろうと思いました。

ただ一つ外せなかったボルトもあったのですがクロスレンチであっさりと緩めることができました。
今までよっぽど強い力で締め付けていたんですね。(苦笑)

さて今回の質問ですが、ホー...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

補足させて下さい。

インパクトであっても、そうでなくても(普通のレンチを使って手で緩めた場合でも)、締めた時の力よりも軽い力でネジは緩みます。例外は締めたあとにサビ付いた時や、緩み防止の形状を持つ場合くらいです。


私の先の例え(巨大なサイコロをクサビで持ち上げる)には大きな表現モレがありました。下記の条件を追加してお読み下さい。

「巨大なサイコロはクサビで持ち上がるとすぐに天井にぶち当たるような状態です」


さらに補足させて頂くと、ネジはクサビを細く長く伸ばして釘の周りに巻いた状態そのものです。それを打ち込む=回す事で、ネジのアタマをナットに押し付ける=サイコロが天井に押し当てられる、という状態だと考えて下さい。これが、#4で言った「ネジを締める/緩める時も基本的には同じことが起きていると思って下さい。」という事の説明です。

Q新型ジムニーのステリング機構がボールナット式の理由は?

現在多くの乗用車のステアリングギア機構にラック&ピニオンが使われている状況でジムニーがボールナット式を採用する理由は何でしょうか?
ラック&ピニオンよりボールナット式のメリットがオフロード車には適しているのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは凄まじくヨイ御質問、といいますか『よくぞ気が付いた』って感じです。

 ジムニーの操舵装置がラッピニ(ラック&ピニオン式の略称)に移行せず、リサーキュ(リサーキュレーティング・ボール=ボールナットの略称)を使っているのは、色々な理由がありますが…最大の理由は、『フロントがリジッドアクスルだから』です。

※操舵機構を設計する時の問題の一つはバンプステアですが、リジッドアクスルではラッピニよりもリサーキュの方が、容易にバンプステアを小さく出来ます。
 何故そうなるか?は機構学上の説明を加えなければならず、長くなるので省略します。実際に操舵系を設計してみると一目瞭然で、リジッドにはラッピニはカンタンには使えないな、っということがすぐに判ります。
 まぁ難しい事は抜きにして、要するに『機構学的な理由により、リジッドアクスルにはラッピニよりもリサーキュの方が向いている』っということです。
 これは純粋に幾何学の話なので、ジムニーに限らずフロントがリジッドアクスルのクルマ全般に当てはまります。
 1896年には特許が出願されているラッピニが何故1950年代後半になるまで量産車に使われかったかと言うと、ラッピニはリジッドアクスルとは相性がイマイチだったということですね。

※勿論、ラッピニ自体はリサーキュよりも軽量で製造し易く低コストなのは間違いなく、実際、リジッドアクスルでラッピニ化されたクルマ(小型トラックなど)も現代では存在します。
しかし上述した様に、リジッドにラッピニではバンプステアを小さくする為に乗用車とは全く違う専用設計を必要とし、今後ラッピニユニットを作り続けるなら量産効果で安くなりますが、既に減価償却仕切ったキロいくらで作れるリサーキュよりも現状で安いか?というと、なんとも言えません。(ジムニーは売れている様で実は生産数そのものは一般的な乗用車のレベルになく、新設計の部品を作っても減価償却して古いリサーキュよりも安くなるのはずっと未来のことです。)
目先のコストを考えると、ラッピニ化には踏み切れないでしょう。

これは凄まじくヨイ御質問、といいますか『よくぞ気が付いた』って感じです。

 ジムニーの操舵装置がラッピニ(ラック&ピニオン式の略称)に移行せず、リサーキュ(リサーキュレーティング・ボール=ボールナットの略称)を使っているのは、色々な理由がありますが…最大の理由は、『フロントがリジッドアクスルだから』です。

※操舵機構を設計する時の問題の一つはバンプステアですが、リジッドアクスルではラッピニよりもリサーキュの方が、容易にバンプステアを小さく出来ます。
 何故そうなるか?は機構学...続きを読む

QなぜRX-8は馬鹿にされるのですか? 自分は8乗りですが、この前車好きの友達に見せたら「8はパワーが

なぜRX-8は馬鹿にされるのですか?

自分は8乗りですが、この前車好きの友達に見せたら「8はパワーがない」だの
「ダサい」だの言ってました…
実際乗せたら意外といいねとは言ってくれましが、なぜか7と比較されたり(悪い所だけ)

もし8の魅力を伝えるとしたら皆さんだったら何がありますか?

自分の場合
・デザインが好き
・フィーリングが良い

Aベストアンサー

ロータリーエンジン車が大好きでRX7は歴代を所有していますが
RX8にはなぜか食指が動きませんでした。
その理由は、2ドア車に見せた4ドアという部分だけです。
何度も試乗をしてクルマそのものの良さは評価できましたが
どうしてもあの4ドアコンプレックスだけは理解できませんでした。

「パワーが足りない」ことはないと思います。
数値ではRX7に劣りますが、通常のRX7がパワー一杯を使い切れるものでなかったのに対して
RX8はパワーぎりぎりまでアクセルを踏むことができました。
そうした意味では「使えるパワー」はRX7よりRX8のほうがありました。
サスペンションもフルアクセルに耐えられる作りだと感じました。
普段走っているサーキットでの試乗でしたから
公道走行よりずっと高いレベルでの体感をしたと思います。

きっとそのご友人は雑誌の受け売りを話しているだけで
実際にパワーを使い切るような乗り方をしたことはないんじゃないでしょうか。

>実際乗せたら意外といいねとは言ってくれましが、

このあたりがそれを物語っているみたいです。
RX8はポルシェ911と同じで「速度を上げるだけ楽しさが増してくる」クルマだと思います。
言い換えれば公道を走っているだけではその魅力が伝わらないクルマなのかもしれませんが。

---

「ダサい」は個々の主観的なことですから否定も肯定もしませんが
私自身はあの後ドア周りのデザインは受け入れられませんでした。
今度のスイフトが同じような処理をしていますが
あのへんの割り切り方と言うか往生際の悪さは疑問に思うだけです。
一時期は後ドアを溶接で塞いで2ドアにてしまおうかとも思いましたが
さすがに現実味がなくてやめました。

なので、自分が所有するクルマとしては評価しませんが
他人には薦められますし、それについて批判するつもりもありません。
いいクルマだと思います。
これからも長く大切に乗ってやってください。

ロータリーエンジン車が大好きでRX7は歴代を所有していますが
RX8にはなぜか食指が動きませんでした。
その理由は、2ドア車に見せた4ドアという部分だけです。
何度も試乗をしてクルマそのものの良さは評価できましたが
どうしてもあの4ドアコンプレックスだけは理解できませんでした。

「パワーが足りない」ことはないと思います。
数値ではRX7に劣りますが、通常のRX7がパワー一杯を使い切れるものでなかったのに対して
RX8はパワーぎりぎりまでアクセルを踏むことができました。
そうした意味では「使えるパワ...続きを読む


人気Q&Aランキング