小松左京がお好きな方、詳しい方、いらっしゃいましたら教えてください。小学生の時に読んだ小説の出典が分からなくて、今になってとても気になっています。内容は覚えているのですが・・・

内容は、主人公が自分の体を食べていくというストーリーです。自動手術機で、自分の足や手や内臓を切断して様様な料理法で順順に食べていきます。食べた部分は義足や義手や、人工内臓で代替していきます。そして脳を残して他の部分を食べ尽くし、最後に脳にスプーンを刺した瞬間頭の中が真っ白になる、という描写で終わります。

ストーリーがこれだけなので、多分ショートショートだと思うのですが・・・(小学生が読むにはショートショートでも長く感じたかもしれないです)。
ご存知の方、どうか教えてください!
できれば、現在入手しやすいテキストも教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

1969年に発表された『兇暴な口』というタイトルの短編では…?



この作品でしたら、「石」(1993年 出版芸術社)に収録されています。
 http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=00012 …

また、「小松左京コレクション 第4巻」(1995年 ジャストシステム)にも…
 http://www.justsystem.co.jp/news/95l/news/j95112 …


小松左京さんの公式HPはこちらです。
 http://www.nacos.com/komatsu/

参考URL:http://castelj.soken.ac.jp/groups/komatsu/table_ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます! 早速探してみます。
今まで図書館とかで探していても見つからなかったもので、当時の本はもう絶版してしまって無理なのだと諦めかかってました。まだ入手可能なテキストがあったんですね。

お礼日時:2001/07/23 01:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感動するショートショート

こんにちは
タイトル通り、メッセージ性のあるショートショートを教えてください。
星新一さんの午後の恐竜好きなのですが、まだ短い方がいいです。
少し生きるのに疲れた方に読んであげたいのですが…。
出来れば台詞のあるお話がいいのですが、
詩でも、心に響くもの、短いながら思わず関心してしまうものなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

nico_o さん、こんにちは。

 ショートショート(超短編)ですね。

『オメラスから歩み去る人々』 アーシュラ・K・ル・グイン
 TVドラマにもなった「MOZU」の中でも使われたアンチユートピアものです。

『タイムマシン』 キット・リード
 時間旅行に成功した男の話ですが、オチがついています。

 少し長くなりますが

『溺れた巨人』 ジェームズ・G・バラード
 浜辺に巨人の死体が流れ着き・・・

『ゴーレム』 アヴラム・デイヴィッドスン
 人類抹殺を企てるゴーレムも老夫婦の前には・・・

「タイムマシン」と「ゴーレム」は『SFベストオブザベスト』(東京創元社)に収録。「溺れた巨人」は同名の短編集に「ゴーレム」はデイヴィッドスンの作品集(国書刊行会)にも収録。「オメラス」はル・グインの短編集のみならず各種アンソロジーに収録された名作です。

 一時ブームになった作品
『霧笛』  レイ・ブラッドベリ 
『アルジャーノンに花束を』 ダニエル・キイス の短編版(こっちがオリジナル)
 もおススメです。読んで差し上げるのなら、泣かない覚悟が要りそうですが・・・。

 詩

『思ひで』 アリンガム

 池には四羽(よわ)の鴨
 対岸には碧き草草
 春の空は青く
 白い雲は行き行く

 たったそれだけ それだけのこと
 思えば遠い昔
 想い出は涙ぐまし
 
 

nico_o さん、こんにちは。

 ショートショート(超短編)ですね。

『オメラスから歩み去る人々』 アーシュラ・K・ル・グイン
 TVドラマにもなった「MOZU」の中でも使われたアンチユートピアものです。

『タイムマシン』 キット・リード
 時間旅行に成功した男の話ですが、オチがついています。

 少し長くなりますが

『溺れた巨人』 ジェームズ・G・バラード
 浜辺に巨人の死体が流れ着き・・・

『ゴーレム』 アヴラム・デイヴィッドスン
 人類抹殺を企てるゴーレムも老夫婦の前には・・・

「タイ...続きを読む

Q星新一さんのショートショートを探しています。

星新一さんのショートショートを探しています。
あらすじは覚えているのですが、タイトルや、どの本に載っていたかを忘れてしまいました。
もしこの作品のタイトル、掲載されている書名をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
(以下内容に触れてしまいますのでご注意下さい。)


砂漠で迷ってしまい、食べ物も水もなく瀕死の状態の男が、ついに自分の足を切り取って食べようとする。
そこでたまたま触れた瓶から魔神が現れ、なんでも願い事を叶えてやろうと言うが、朦朧としている男は魔神に、では自分の足を痛くないように切って料理してくれ、と頼む。



よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

星新一さんの作品は、約15年掛けてすべて読みましたが、ご質問のあらすじは記憶にありません。
もちろん私もすべての作品を明確に覚えている訳ではありませんが…

他の方の作品と混同されていないでしょうか?

Q中国の小説家の小松はなぜ「しょうそん」と読むのか?

「小松」なら音読みで「しょうしょう」ではないのですか?
Wiktionaryを見ても「松」で「しょう」とは読まないようですが…
中国語だと「そん」になるようですが、それなら小も中国語で「しゃおそん」と読むべきでは?

Aベストアンサー

   「松」は下記の通り。中国では[soŋ] 書き様では song で終わりは [n]ではなく [ŋ]です。
    http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?characterInput=%E6%9D%BE

    日本には、この音が無かったので漢字を大量に輸入した8世紀前後では、「う」で書くことになりました。中国での原音が [ŋ] で終わるのが日本では、長い「オ」になる理由はそこにあり、松」を「しょう」と読むのもそのためです。

    例を挙げますと「王」も [ŋ]で終わったのですが、王監督は「オー監督」です。中国では  waŋ 監督です。
    http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?characterInput=%E7%8E%8B

    ところが [soŋ]が「しょう」に発達したのは昔のことで、いまは行われませんから、 [soŋ]を21世紀の日本語では「そん」(「そんぐ」でもいいでしょうが)が近いから「しゃおそんぐ」か「しゃおそん」になったものと思われます。

   「松」は下記の通り。中国では[soŋ] 書き様では song で終わりは [n]ではなく [ŋ]です。
    http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?characterInput=%E6%9D%BE

    日本には、この音が無かったので漢字を大量に輸入した8世紀前後では、「う」で書くことになりました。中国での原音が [ŋ] で終わるのが日本では、長い「オ」になる理由はそこにあり、松」を「しょう」と読むのもそのためです。

    例を挙げますと「王」も [ŋ]で終わったのですが、王監督は「オー監督...続きを読む

Q初物を食べるとき東を向いて笑って食べると福がある?という意味のことわざについて

他のカテゴリで質問しましたが良回答が得られないため再度お願いします。28日の某トーク番組でこのことわざの話題が出ていましたが、地方によって方角が異なるそうなのですが本当でしょうか?どうしてその方角なのかも知りたいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

日をおいて再度質問することは、失礼でもないと思います。読んでいる人も違いますから。

さて、このようなことわざは、ことわざ事典を調べてもありません。おそらく、参照URLにあるように、節分のときの巻きずしの丸かぶりから来たものと思われます。
なお、「はつものしちじゅうごにち初物七十五日」といって、初物を食べると長生きするということわざはあります。方角は、日本だと九星術や気学などの占いにより、吉方向というのがあるのです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~uw7y-nkmr/mamemaki/mamemaki07.html

Qネバーエンディングストーリー

ミヒャエル・エンデのネバーエンディングストーリーを映画では既に何度か見たのですが、小説とは完全に違うと聞きました。
実際に読まれた方、どんなところが(場面、セリフ、描写方などなんでも)違っているのか、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

第一作の映画を見たとき、
「ショック。なんだよー。なんでこれで終わりなの。これからが、いいとこなのに(怒)許せない」なんて思っていました。

「完全に違う」と言う言い方もしたくなりました。。。

でも、パート1にすぎなかったんですね!
ちゃんと続きを作るつもりだったのかなと考え直せば、それなりに許せます。(~_~;) 2作目、いまだに見ていないのですが、見たいです。
この2作目にあたるらしい、小説では「後編」のところは、本当に素晴らしいのです。。。
主人公が、「自分の本当の望み」がわかるまでの長い道のり。哲学的な表現でいっぱいですし、泣けます。

さて、パート1の映画で、小説と違うところ。
最後、虚無に負けないように、世界に名前を付けるシーン。小節では詩的な表現で名付けていますが、映画ではお母さんの名前を付けた、としていますね。
大胆な変更だと思いますが、これはこれで、良かったかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報