1、Aは夫Bの出張中に、不倫関係にあったXを、ベットをともにするつもりで、自宅に招いた。Xは、これに応じてB宅を訪れ、Aと一夜を過ごした。Xに住居侵入罪が成立するかどうかを検討しなさい。

2、Xは、Aから30万円を借り、その担保として年金証書を担保としてAに差し出した。しかし、Xは、借りたお金を期限までに返済することが出来なかったので、Aの家に侵入し、Aに断りなく年金証書を取り戻した。Xに窃盗罪が成立するかどうかを検討しなさい。

3、XはA社の冷凍倉庫に冷凍食品を搬入、搬出する仕事をしていた。倉庫に出入りする際、Xは、倉庫にプラスティック。カップに自分の購入したジュースを小分けして大量に持ち込み、それが凍ってから、それらを持ち出し、シャーベットとして食べたほか、友人たちに1カップ50円で販売した。Xの行為が、窃盗罪にあたるか検討しなさい。

(解答のポイント)
(1)論点を明らかにする。
 1は住居侵入罪の保護法益についてが問題。
 2は奪取罪の保護法益についての見解の違いが結論を分ける。
 3は冷たさが「財物」にあたるかが問題
(2)学説を整理する。学説をあげ、それぞれの主張を説明する。
(3)判例を示す。
(4)学説を検討し、自分の見解を展開する。
    自分の見解を、根拠を明らかにして、説得的に書くことが大切。
(5)事例について、結論を示す。
   自分の見解によれば、事例についてどういう結論になるかを示す。



大変ながい質問ですいません。刑法の勉強で夏にどうしても使わなくてはなりませんが、刑法初心者の自分には説くことが不可能です。どなたか、専門的にこの3題に答えてくださる方がいらっしゃるならば、私を助けてください。文章的にはかなり長くなると思いますが、お力を貸してください。これからの勉強に頑張りたいと思うので、どうかよろしくお願いします。では、失礼します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 hamanobancyouさんは事例問題の解き方にあまり慣れていらっしゃらないのかもしれませんね。

解き方としては質問にある「解答のポイント」通りに進めて行けば問題ありません。

 例えば、問1なら、

 (1)まず住居侵入罪の保護法益についての学説を挙げます。

 (2)刑法各論の教科書を参照すると、a)旧住居権説、b)平穏説、c)新住居権説という3つの学説が書いてあると思います。

 (3)判例や著者の見解も書いてあります。

 (4)それを検討してみて、自分が正しいと思う説を採用し、事例問題にあたります。

 (5)そうするとそれぞれの説によって結論が変わってくると思います。例えば、a説を採用すれば、Xについて住居侵入罪が成立する、という結論になるはずです。

 問2、問3も同様のやり方で解けると思います。がんばって下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/07/20 22:31

 3つの問題はどれも典型的な事例問題です。

あなたが独力で解けなくても、刑法各論の教科書の該当箇所を参照すれば1時間とかかりません。それでもわからない時にはじめて、ここで質問してはどうでしょうか。

この回答への補足

なんか、勘違いされてて嫌ですね。こっちも努力して解いたのに全く分からなかったんですよ。本当に頭がないから。頭がいい人はいいですよね。
こんな問題でも簡単に解けるんだから。5時間かかっても分からないです。

この問題が分からなければ後々困るので。

本当に本当にこの問題が分からないので、なんか参考になることでもいいので教えて下さい。

問題をそのまま投稿してしまいすいませんでした。

補足日時:2001/07/20 10:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犯罪被害の対処法を教えて下さい。いじめ・名誉毀損罪、侮辱罪、住居侵入罪

犯罪被害の対処法を教えて下さい。いじめ・名誉毀損罪、侮辱罪、住居侵入罪、脅迫罪などです。慰謝料まで払ってもらいたいです。

Aベストアンサー

警察は立件不可能との判断ですよね。ですから刑事は無理ですから、民事で何とかするしかないですね。
各被害の物的証拠はそろっていて、第三者的立場の人間に証明できることが最低条件です。

弁護士を雇い、まずは相手に内容証明を出すことをお勧めします。慰謝料を払わないと裁判を起こすという内容です。それに従わない場合、相手に異議がある場合は裁判で決着することになりますが、証拠が揃っているなら問題ないでしょう。

ただし、物的な損害や治療の事実がないなどの場合、精神的苦痛に対する慰謝料だけですと慰謝料は数万~10数万円程度が相場です。

Qマンションに侵入すると住居侵入罪?

共産党のビラ配り、住居侵入の疑いで逮捕
http://www.asahi.com/national/update/1226/001.html (削除済みでしたらごめんなさい)
マンションに侵入しただけで(家の中には入っていないと思うのですが)、住居侵入罪になってしまうのでしょうか?ビラ配り自体は違法ではないですよね?

Aベストアンサー

●刑法百三十条 『住居侵入罪』
理由なく、他人の住居または人が看守する邸宅、建造物に侵入し、または要求を受けてもその場所から退去しない者は三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

この文面で言う他人の「住居」が、どこまでを含むかです。

普通に読めば、「人の住んでいる建造物」となりますが、判例としては、「建物自体と、進入されないように囲まれた敷地」となっているようです。

しかし、今回のように「マンション」などの共同住宅の場合は、玄関ホールや廊下は、「建物自体」ではあるけれど、「共用部分」ですし、(侵入をされないようにオートロックなどを施していなければ)「開放されている」とも言えるので、法解釈の判断が微妙なケースです。
法文からは、どちらにも解釈できそうに見えますよね。

つまり、このように、「住居侵入罪」は、取締る側に恣意的に使われやすいので、十分な注意が必要です。
「公務執行妨害」とか、デモなどの抗議行動に対する「道路交通法違反」とかいった法もそうですが、法律というのは、諸刃の刃とも言え、「国家が法を悪用する」という恐れは常にあるわけです。

その点で、今回の判決は、「裁判所による制御機能」が働き、「法の本来の目的をいたずらに逸脱した使い方を認めない」という結果をもたらした、非常にいい例と言えるのではないでしょうか。

「ビラをまく」という行為も、使おうと思えばゴミを散らかしたとして「軽犯罪法」、或いは撒くのを止めるように警察が注意しても止めなかったら「公務執行妨害」での検挙もあり得るのです。

法律というのは、「形式」よりも「正しい使い方」が重要で、「恣意的な使い方」をしていないか、国民も常に「監視」しなくてはいけないということでしょう。

●刑法百三十条 『住居侵入罪』
理由なく、他人の住居または人が看守する邸宅、建造物に侵入し、または要求を受けてもその場所から退去しない者は三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

この文面で言う他人の「住居」が、どこまでを含むかです。

普通に読めば、「人の住んでいる建造物」となりますが、判例としては、「建物自体と、進入されないように囲まれた敷地」となっているようです。

しかし、今回のように「マンション」などの共同住宅の場合は、玄関ホールや廊下は、「建物自体」ではあ...続きを読む

Q侮辱罪の保護法益

掲示板で、ハンドルネームに対して、「まぬけ」といった場合、誰かも特定できないので、評価を落とすことにはならないと思いますが、言われた人以外の人が、侮辱罪にあたると発言しています。
本当でしょうか?

参考
石原都知事ばばあ事件

Aベストアンサー

侮辱罪の保護法益については、名誉毀損と同じく
社会的評価だとする説と、名誉感情だ、とする
説があります。

しかし、どちらにしても、侮辱罪の保護法益は
社会的法益ではなく、特定の人の利益
ですから、相手が特定できなければ、侮辱罪には
なりません。

ただ、甲を侮辱するつもりだったが、結果は乙を
侮辱したことになった、というのは錯誤の問題と
して処理されます。
そして、場合によっては、このときも侮辱罪が
成立します。

石原都知事ばばあ事件は、相手を特定していません
ので、侮辱罪は無理です。

Q空き巣は住居侵入罪と窃盗罪の罪状で罰せられると思うのですが

空き巣は住居侵入罪と窃盗罪の罪状で罰せられると思うのですが

何故 別々に裁判をしないのですか?

何故 窃盗罪のみの罪状なの?

Aベストアンサー

 まあ、窃盗行為を行ってから、全然別の場所において後日住居侵入行為を行えば併合罪にはなるでしょうが、誰かの家に無断で入って物を盗むという場合には、住居侵入罪と窃盗罪は手段目的の関係にあることから牽連犯となり、科刑上一罪として扱われます。質問の趣旨もこちらかと思います。

 別々に裁判をしない理由としては、他の方のいうように訴訟経済で、関連して一度の裁判で行う方が被告人の負担軽減につながることです。

 窃盗罪のみの罪状かについては、確かに住居侵入罪と窃盗罪を両方起訴し、結局窃盗罪の処断刑となるという場合もあるのかもしれませんが、現行刑事訴訟法上は起訴便宜主義を採用しており、判例上も立証の難易等諸般の事情を考慮して、検察官が犯罪の一部を不起訴とすることも原則として認められています。
 そして、牽連犯関係にある住居侵入窃盗の事案において、立証の手間等から住居侵入罪を起訴せずに窃盗罪のみを起訴することは認められています。実務ではこれを「呑む」と表現します。

Q猥褻物陳列罪の法益

刑法は人の生命,身体,財産,権利や公共の財産,権利や公益を守りますが、相手がたとえ外国からでも守ろうと努力しますが猥褻物陳列罪だけは相手が外国のサーバーだと何もしないの?法益は侵されて無い?
だとしたら、猥褻物陳列罪が守ろうとするものはなに?まさか時代と共に変化するの?法律が守るべきものはきっと時代と共に解釈が変わるのでしょうね。だとしたら無理矢理に憲法を変えずに時代と共に無理矢理に解釈を変えれば済みますね。

Aベストアンサー

法益は侵害されています。
おそらく治外法権の問題があって、法益侵害があっても捜査権限が及ばず、処罰ができないだけなのだと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報