ものすごくバカな質問で申し訳ないのですが、どなたかアドバイスをください。
私は今年の4月に新卒である企業に入社しました、23歳の女です。

あるとき会社から、生命保険加入のお知らせが来ました。先輩からも入ることを勧められたのですが、間抜けなことに申し込み期限を過ぎてしまいました。

生命保険には入っておきたいのですが、どんなところのものを選べばいいのか分かりません。また、どこで加入したらいいのか、加入の方法すら知りません。

まだ20代のうちは、掛け捨てタイプで、入院時に補償がでるくらいのもでいいのではないかと思いますが、皆さんはどう思われますか?

いい保険と、加入の方法について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 こんばんわ。


 生命保険の一番の機能は残された遺族への生活保障の意味合いです。恐らく現在あなたに万が一が遭っても路頭に迷う人はいませんよね、であればまず死亡保障を考える必要はありません。
 次に医療保障ですが、これは今からベースとなる医療保障を考えるべきと思います。ベースとしては終身型で、返戻率が高いもの、これをお勧めします。医療保障、単体で加入すると医療保険と言われる物になりますが、保険料は決して安くありません。例えば、月々5000円くらいの保険料の医療保険ってゴロゴロありますが、あなたが60歳まで支払うと220万近く支払うわけです。220万貰うには何日入院すれば元が取れるか、よほどの事ですよね。元を取るには、返戻率が高い医療保険を選ぶ事です。先んの220万が掛け捨てなら何も戻りがありませんが、解約すると220万そのまま戻るタイプなら、入院時に貰うだけ貰って解約すると元が取れます。多くの医療保険では元が取れないですから、元が取れそうなものをお勧めします。(実際に払込後に払込以上の返戻金がある医療保険は存在します。)
 死亡保障も考えようによっては加入してもいいかもしれません。主に損保系生保(東海系の生保子会社)が扱う終身保険に、T社のペットネームで長割り終身というのがあります。銀行の定期積み金では現在0.01~0.4%の積立利率です。長割り終身は1%相当にもなります。貯蓄目的には良いです。(T社よりも返戻率の高い損保系生保もあります。)
 貯蓄型の生命保険は若いメリット(保険料が安い)が活かせます。ちなみに、掛け捨て型は若いほうが安いわけではありません。
    • good
    • 0

これまでの回答で基礎的な保険の知識を得られたと思いますので、その次のステップをアドバイスします。


何社か適当にウェブサイトかメール経由で(今時電話でしか応対できない保険会社は無視してよい)、「現在生命保険に入ろうと検討中なのですが・・・」と連絡をすればよいのです。
そうすれば、営業からすぐに連絡がきて、いろいろ提案してくれます。
会社によって、結構内容が違うものなので、提案内容を検討して1社に絞ればよいと思います。
ポイントは、ソニー生命のようなコンサルティング営業を売りにしている会社に提案してもらうことです。
へえー、っていうような提案をしてくれますよ。
言われたそのままの保険に入る必要はなく、プランだけパクらせてもらって、商品はより条件のよい他社のものにするというのもありです。
僕はそうしました。
    • good
    • 0

 掛け捨ては安い保険料で多くの保障が買えるのがメリットです。



 それと保険は貯蓄と掛け捨ての2タイプあります。
 保険料は年齢が上がる毎に上がっていきます。
 貯蓄性のもは、大体が終身保障の商品です。
 掛け捨てのものは、保障される期間が決まっています。
 貯蓄性の商品に加入するなら若いうちでないと保険料が高いです。
 
 以上と点を踏まえてお話しますと・・・Puti52さんは20代でまだ、独身ですよね。

 入院保障はいつまで欲しいですか?
 今自分が万が一のことがあった場合、保障額はいくら必要ですか?

大体独身だったら、自分のお葬式代ぐらいで死亡保障は十分だと思います。
一番心配なのは、入院でしょう。だたし、入院は独身であろうと結婚していようと、20代であろうと40代であろうと、かかる医療費や自己負担はほぼ一緒です。

確かに掛け捨ては安いですが、保険は一生涯のお付き合いのものだと思います。
将来のこと考えて加入することをお勧めします。
目先の保険料の安さに惹かれてしまって、あ!10年後保険料が上がる!なんて、あとから後悔のないようにして下さい。

ただ、掛け捨てにもメリットはたくさんありますので・・・
掛け捨てが必要な時期がきたら、加入してください。

よい保険に加入できますように・・・ 
    • good
    • 0

1.共済に入れば安い.府県民共済、全労災.でも医療共済あります.やや掛捨ても、積立てあります


2.損害保険も医療保険しています。
3.生保、損保、共済、簡保など資料を集めてください. 
4. 基本になる保険について1万円に対した保険料を聞くこと.特約は特約での1万円に対していくらか聞くこと. その組合せで保険料を決めると良い.保険会社によって保険料が違っているはずです. 
    • good
    • 0

基本的に、死亡保障は必要ないと思いますから、万が一の病気の時の備えとして、医療保険に加入されたらよろしいと思います。


医療保険にも、特定の病気を保障するもと、色々な病気を保障するものなどいろいろあります。

下記のページが、保険選択の参考になりますから、ご覧ください。

賢い生命保険の入り方 http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/main. …

生命保険文化センター  
http://www.jili.or.jp/
    • good
    • 0

20代独身であれば、お子さんがいらっしゃるわけでもないので死亡補償は必要ないと思われます。

加入すべき保険は「終身医療保険」でしょう。これは60歳くらいまで掛金を支払って補償は一生涯という商品です。20代でしたら安い掛金でご加入できると思います。医療保険は10年更新型というものもあります。これは10年ごとに掛金がその年齢に応じて高くなっていくものです。加入時の掛金が終身医療保険より安いですが、総支払い額で考えると終身医療保険がお得です。ぜひ「終身医療保険」で検索してみてください。
    • good
    • 0

生命保険にもいろんな種類があります。

どんな種類があるのか知ってから加入されてはどうでしょうか。下のホームページ参考にしてみて下さい。生命保険の事良く解りますよ。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwje0442/index1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q医療保険について。現在、掛け捨ての医療保険に加入しています。その保険は

医療保険について。現在、掛け捨ての医療保険に加入しています。その保険は『成人病特約』とかで、指定された成人病の場合は入院1日当たり2万円が支払われます。ただし他の病気の場合は1万円です。この場合、例えば…糖尿病(指定の成人病です)と他の成人病意外の病気を併発しての入院では支払われる金額は幾らになるのでしょう?

Aベストアンサー

基本は約款に書いてありますが、
複数の傷病で同時に入院していた場合は最も高い入院給付金となる1件分だけ支払います。
本件では一般の給付金日額1万円と成人病給付金の日額2万円を比較し、2万円だけ出ます。
免責日数は一般と成人病でしょうか。
免責日数が違う場合、「日々の入院において」最も高いものを支払うため、一般が免責無し、成人病は免責5日の場合には最初の5日に一般で支払います。(これが重複入院の効果)

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q夫の生命保険保険等加入について(現在未加入、長文です)

結婚を機に今まで任意保険にまったく未加入だった
夫に保険に入ってもらおうかと考えましたが、現在
資産が5000万以上あるため、何かあったらこれで大
丈夫だろうといわれました。
ただ、このほとんどが株等なのと、現在持ち家がない事、
子供はいなく今後その予定がないので相続等を考えると
不安があります。

また、自分がパート勤めなので、夫が病気で働けな
くなったりしたときなど備え(入院や手術等は貯金で
十分カバーできるので健康保険の障害年金のような保険)
で、保険料が高額でなければ加入しても良いかなと夫は
言います。

一般的に考えてこれは何も保険に入らなくてもよい
状況なのでしょうか。また、もし入るとしたらどの
ような保険が適切でしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその分、生活保障原資としての資産は減少します。

相続については子供のあるなしに関係なく妻の場合、1億6000万までの夫の相続資産は非課税なので心配はないでしょうが、現状のような状況で保険を用意するとなれば、終身保険が良いと思われます。
掛け金は掛け捨て保険に比べて高いですが、これは将来の貯蓄的なものとして考えれば良いでしょう。介護に応用も可能です。
もし可能であれば、ガンなど高額な医療がかかる可能性があり資産を食い潰してしまいかねない病気に対する備えにもなる「特定疾病保障」型の終身保険のほうがより適合しているかと思います。
特定疾病保障(3大成人病保険)については各社とも扱っています。特約としての取り扱いや定期保険型しかなかったりと色々ですが、単品販売は外資系、損保系、通販系などで扱っています。商品については以下のURを参照して下さい。割高ではありますが、それだけの価値はあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/type/19.html
安いものなら加入してもよい、とご主人さんが言ってくれたのなら、損保の所得保障保険なども良いでしょう。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9620.htm
ご参考までに。

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその...続きを読む

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q息子が保険に加入 しました。 彼女は保険外交員です、、 日本生命にて勤務してます。 加入の際に、彼女

息子が保険に加入
しました。
彼女は保険外交員です、、
日本生命にて勤務してます。
加入の際に、彼女の職域である
???自動車に、、勝手に変更
どの様な罪になりますか?
彼女は、、
心配です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

息子さんが了解済みなら問題ありません。

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q生命保険 掛け捨て?積み立て?

こんばんは。
生命保険に入ろうと思うのですが掛け捨てか積み立てどちらにしようか迷っています。
初めは掛け捨ては勿体無いから積み立てにしようと思っていたのですが、
いざ郵便で話を聞くと20年満期で300万の保険を一括で払うと280万程の支払いで済むそうです。
しかし、その300万を銀行の10年2.2%の定期に入れると税金を引いても20年で100万円程度の利子が付きます。(10年後も今と同じ利率だった場合ですが。)

それなら300万を定期に入れて利子分で掛け捨ての保険に入った方が良いと思うのですが、保険は積み立ての方が良い理由とかあるのでしょうか?
郵便と同じ保障を掛け捨てで掛けた場合の保険料はまだ計算していないのですが保険料次第では掛け捨てにしようと思っています。
郵便のは途中で保障内容を変更する事が出来ないので、もし結婚を期に保障を厚くしようと思っても出来ない不便さとかもあるので。

月額2~3000円程度の掛け捨て保険の保障内容を知りたいのですが、
生命保険の場合は車の保険みたいにweb上で登録不要で保障内容を入力したら大雑把な保険料を知る事の出来るサイトは無いのでしょうか?

自分は26歳男で未婚です。
自分の考えでは未婚で借金無し、葬式代程度の貯金があれば死亡保険金は不要と思っているのですが実際の所どうなのでしょうか?

何かめちゃめちゃな質問になってしまいましたが宜しくお願い致します。

こんばんは。
生命保険に入ろうと思うのですが掛け捨てか積み立てどちらにしようか迷っています。
初めは掛け捨ては勿体無いから積み立てにしようと思っていたのですが、
いざ郵便で話を聞くと20年満期で300万の保険を一括で払うと280万程の支払いで済むそうです。
しかし、その300万を銀行の10年2.2%の定期に入れると税金を引いても20年で100万円程度の利子が付きます。(10年後も今と同じ利率だった場合ですが。)

それなら300万を定期に入れて利子分で掛け捨ての保険に入った方が良いと思うのですが、保...続きを読む

Aベストアンサー

26歳、未婚……
年収や貯蓄、職業、家庭環境などがわからないので、何とも言えないのですが……

一般的に、医療保険・がん保険は契約した方が良いと言われています。
医療保険には、色々な考え方がありますが、26歳という年齢を考えると、これからも見直しをする機会があると思います。
(1)当面は、共済などのコストパフォーマンスの良い保障でカバーする。
(2)見直しを考えて、解約払戻金のある終身医療保険に契約する。
(3)生涯続けることも考えて、掛け捨ての終身医療保険に契約する。
という3つの選択肢があります。
(2)と(3)を選んだ場合には、もう一つの選択をしなければなりません。
それは、気休めかリスクをカバーするか……ということです。
医療費を貯蓄でカバーすることをメインとして、医療保険は気休め程度で良いという考え方ならば、一回の入院限度日数60日型、入院給付金日額5000円で十分でしょう。
なにしろ、気休めなので。
一方、率は低いとは言っても長期入院のリスクをカバーしたいとお考えならば、一回の入院限度日数は120日、180日以上を選択するべきです。入院給付金日額も高額の方が良いに決まっています。
問題は、保障を厚くするとコスト(保険料)もアップするので、どこでバランスを取るかと言うことです。
どちらが正しいという問題ではなく、どちらがご自分の考えに近いかと言うことです。
つまり、考え方によって、選ぶ保険も変わってくるのです。

●現時点で、死亡保障は必要ないけれど、障害を負ったときのカバーをしておきたいとお考えならば、終身の介護保険という選択肢もあります。
また、死亡保険に付随する高度障害+傷害特約(ケガによる障害の保障)という選択肢もあります。

●貯蓄性についても、どうように考えます。
例えば、現時点で300万円の現金があるとして、その300万円を同じ物に使うという必要はありません。
まずは、使い道を考えることです。
10年間塩漬けにして忘れる……というのならば、10年定期預金という方法もありますが、終身保険の10年払いに使うという方法もあります。
いや、全額を塩漬けでは困る……ならば、200万円を塩漬けにして、100万円を一年定期にするという方法もあります。

商品を先に考えてしまうと、迷い道から抜け出せません。
目的や使い道を先に考えることです。
そうすれば、どのような商品を選ぶのが良いのか、自然に見えてきます。

ご参考になれば、幸いです。

26歳、未婚……
年収や貯蓄、職業、家庭環境などがわからないので、何とも言えないのですが……

一般的に、医療保険・がん保険は契約した方が良いと言われています。
医療保険には、色々な考え方がありますが、26歳という年齢を考えると、これからも見直しをする機会があると思います。
(1)当面は、共済などのコストパフォーマンスの良い保障でカバーする。
(2)見直しを考えて、解約払戻金のある終身医療保険に契約する。
(3)生涯続けることも考えて、掛け捨ての終身医療保険に契約する。
とい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報