これからの季節に親子でハイキング! >>

NOVAの講師と生徒の交際(学校外での交流)禁止のルールは,現在もあるのですか?

半年間ほど週1回固定のワンツーマンレッスンでお世話になり仲良くなったアメリカ人男性講師A先生とのフリートーク中に外で会おう!ということになりました(たまたま私の予定があわず,その時はデート日は決まらずじまいでした).しかし翌週のレッスンから急に,担当講師が複数担任制のもうひとりの講師B先生(A先生の先輩のアメリカ人男性)に変更されました.担当が急にかわった理由については説明されませんでした.
私としては,A先生の教え方が好きで英会話もメキメキ上達したし,フリートークも盛り上がるようになったので,B先生の雑で的を得ないレッスンが苦痛で,時間やお金のムダにも感じます.しかもB先生は口に出して誘っては来ないものの,誕生日は?ボーイフレンドの名前は?などの質問を織り交ぜてきて,私に興味を持っている(好意を寄せている)様子がレッスン中の視線でありありと伝わってきます.そして次週からのワンツーマンも自分が担当だと言っていました.

これって,NOVAルール順守のための先輩の指導なのか,男同士の対抗心(B先生がA先生から私を横取りしたい)なのか,分からなくなってきました.新しくきた受付のお姉さんは営業色が強く,追加クーポンを買ってA先生のグループレッスン受けてレベルアップ目指しましょう!とすすめてくるし,なんなんだ,このホストクラブのような雰囲気は,と唖然としました.もちろん仲良くなったA先生のVISAが危うくなるのは私も望みませんが,,趣味としてやっている習い事で,好きな講師も選べないなんて,,一気にNOVAのやる気が幻滅しています.
最近はWEBであまり書き込みをみかけませんが,NOVAの講師と生徒のデート禁止のルールは現在も健在なのでしょうか?

A 回答 (1件)

こんにちは、妻が英語ネイティヴです。

また英語講師をしています。

その前提で話します。
わたしが記述することは、あなたの考えからまるで外れているかもしれません。 でも、ここに書いたことが「よくわからなければ」おそらく、あなたは典型的な日本人かもしれませんし、また「まったく面白くない回答」かもしれません。 

英会話講師というのは「仕事」です。 話術が上手なのも、それは英語を教えるのが仕事だからです。 あなたに話を合わせているのも、仕事では嫌いな話題でも、ムリに合わせます。 それは顧客だからです。

日本での英会話スクールの講師の環境は大変厳しく、それは「英会話スクールの競争が激しいこと」「かなり安価なオンラインスクールがあり、そちらに顧客をとられること」これらから、英会話スクールの経営はもうからないような状態です。 ですから、講師には、業務以外に掃除やあとかたずけ、資料作成など、たくさんの仕事がきます。 そしてまた、残業代も出ないボランティアな状態となります。 英会話スクール側としても、講師を英語圏から呼ぶのに、多額の費用を支払っています。 まず、彼らのビザを取らないといけませんんが、10万以上かかります。 日本にきてもらうにも航空券代金が必要だし、毎日の生活環境として、宿舎や電気代、水道代、インターネット料金から、かなり支払わないといけません。 ですから、たいてい、長くいてもせいぜい3年です。 ビザも更新しないといけないし、仕事が過酷なので、値を上げる人もいます。 また、特に男性はある程度年収がないと、将来結婚もできないことから、おそらく日本にいて英語講師をしているのは「こしかけ」で、やがては帰国する運命にあります。 これは女性のネイティヴ講師にも言えます。

日本人はかなり錯覚をしていて、(それは、日本しか知らないので当然ですが)、西洋は、日本とは考え方も価値観も、まったく異質な国です。 たとえば、労働にしたところで、講師という仕事は、西洋では「講師」しかしません。 残業が強制されたり、また、ボランティア残業などもしないです。 他の仕事もしません。だから日本という国は、西洋人にはかなりのストレス社会の国でもあります。

ですから、あなたも恋愛感情は置いておいて、まずは英語を学ぶところですから、そういう気分で楽しく英語を学んでください。

ここに一例をあげますが、たぶん、これは日本で働く英会話講師を代表していると思います。 あなたの英語力ではひょっとしたら何をはなしているかわからないかもしれませんが、「良い話は一言もしていません」、日本では絶対に英語講師になるべきではないという理由が、いろいろ不満のように述べられています。

まずは、このことを考えられて、なんなら、このリンクを、その男性英語講師に、送られて意見を聞かれるのもよいかもしれません。 おそらく、ここで述べられていることは「ある程度は」彼にも当てはまっているような印象がします。 これは一例ですが、このような意見が山のように載っています。 また、仮に彼があなたに関して、生徒の一人としての感情しかないなら、今までの彼と同じような態度しかしないと思います。

なぜなら、仕事としてあなたと接しているだけなら、この人が述べていることは、講師として気まずいからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お時間を割いてくださり,どうもありがとうございました.このようなWEBサイトもあるのですね.初耳でした.japaneseenglish先生に感謝です!

実は私も自分のオフィスで顧客の話を聞く『相談業』をしておりまして,その必要性から英会話を習い始めたのです.自分もオフィスではリップサービスや顧客を頼らせる話術を駆使しますし(残念ながら日本語ですが).勘違いして口説いてくる顧客には波風立たないようにお断りをさせていただいております.英会話講師さんと同様に,日本の『相談業』スタッフも雑用が満載です.日本の悪しき文化,慣習,あるいは美徳でしょうか.

大手英会話スクールの講師さんとお話してみると,質はピンキリで,日本人であったなら相手にされないような性格,思想,知性,バッググラウンド,コミュニケーション能力の方もいることも気づきました.今はNOVA教材の例文,発音,スピードに,ネイティヴならでは新規性をまだ感じるので,継続しています.

講師さんのなかには,情報収集をまちがったか,現実逃避で衝動的に入社したとしか思えないような,とても良い先生もいて,まだお若く素直でやる気と将来性がありそうなら,お話をきいて御自身で方向性を修正できるようにしてあげたいなと思ってしまいます.なかなかそんなお話は教室では難しいですから「外で会いましょう」になります.もちろん彼(講師A)からのチャンスボール「機会があれば(ご出身は米国有名リゾート地)へ来てください.家に泊まったら安いよ.家族で歓迎するよ」があり,その流れでの提案でした.

しかし,急に講師Bが出てきたところをみると,講師Aは自分に非がないような報告(自分にその気がないのに私に口説かれた,等)をしたか,世間知らずで同僚に一部始終ぺらぺらしゃべってしまったか,私が予定をあわせられなかったのを断ったと解釈して自尊心を刺激したか,なのかな,,という気がしてきました.
まれに見る良い方だとは感じたのですが,やはりどこか足りないところがある問題ボ〜イだったのでしょう.助けてくれる人を見分けられなかったようです.
もし「次の機会」があれば,処世術のヒントを提示してあげようと思います.

お礼日時:2018/08/27 20:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング