最近、塗り薬の「ケシミン」を使い始めました。たしかビタミンC誘導体が入っていたと思うのですが(入っていなくても良いので、お聞きしたいのですが)、
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCも摂取していないとあまり効果はないのでしょうか?
もしそうなら、ビタミンCは内服するのと肌に塗るのと、どちらが良いのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「ビタミンC」は、そのままだと不安定で壊れやすく(酸化しやすい)、また肌に吸収されにくいものです。

そこで、壊れないようにコーティングして、肌の内部に吸収されてからビタミンCの成分が働くように加工したのが「ビタミンC誘導体」です。
http://www.vc-lab.com/vc.html
↑のサイトの<ビタミンC誘導体VSピュアビタミンC>がわかりやすいかと思います。

>ビタミンC誘導体とは、ビタミンCも摂取していないとあまり効果はないのでしょうか?
→どちらか一方で大丈夫です。
肌への吸収がいいのは「ビタミンC誘導体」です。
>ビタミンCは内服するのと肌に塗るのと、どちらが良いのでしょうか?
→内服すると、ビタミンCは肌以外の部分でも働くので、肌に直接届くまでにだいぶ減ってしまうそうです。(どこかのサイトに書いてありましたが、urlがわからなくなってしまいました。すみません。)なので、肌にダイレクトに作用させたければ、化粧品の方がいいようです。
 ただ、肌は体の中の健康を反映すると思うので、内服するのも大事だとは思いますが。

 専門家じゃないので、全て雑誌やコスメサイトの受け売りですが、ビタミンCに関してはこういった説明が多いようです。確実な根拠のある説明じゃなくてごめんなさいm(_ _)m

参考URL:http://www.vc-lab.com/vc.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

<ビタミンC誘導体VSピュアビタミンC>の記事拝見しましたー。ビタミンCは、肌よりも体内で足りないところから効くって聞いたことはありました。えーって思ってたんですが、それでも肌に作用させたいなら肌に直接付けた方が良いってことですよね、これは気付きませんでした。新たな発見です。ありがとうございました!

お礼日時:2004/11/05 00:19

こんにちは。


ビタミンC誘導体とは、体の中でビタミンCになる、もしくは同じように働く物質の事です。

働くのにビタミンC本体は必要ありません。
誘導体そのものがビタミンCとして働きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですねー。ありがとうございました!

お礼日時:2004/11/05 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアトピー用の塗り薬(アンテベート軟膏)の副作用で、

アトピー用の塗り薬(アンテベート軟膏)の副作用で、
ホルモンのバランスが崩れる事は、ありえますか?

Aベストアンサー

 tennchibi2さん こんばんは

 20代の薬剤師です。

 多くの方はステロイド軟膏(例えばアンテベート軟膏等)と聞くと怖がる様ですが、きちんとした使い方さえしていれば何も問題は起こりません。時々ステロイド軟膏は良く効くからもっと使えばもっと良く効いて症状の改善が早いだろうと勝手な解釈をして、過剰回数・過剰量を塗布する方がいます。こうなるとステロイドの欠点(副作用)しか出なくなってしまいます。

 ステロイドの副作用としては皮膚が薄くなって皮膚下の血管が浮き出て来る(つまり赤く見える)とムクム(顔の場合ムクんで丸っぽくなるので「ムーンフェース」と言われています)等が有名です。但しこうなるのは、多くはステロイドの内服薬の場合です。もしアンテベート軟膏でステロイドの副作用が出たとしたら、5g入りのチューブを1日で使い切る様な使い方を数ヶ月以上(例えば半年以上とか)し続けた場合だと思います。通常の1日数回1回適量(極力少ない量で)と言う使い方(つまり5g入りチューブを10日~2週間位で使い切る様な使い方)では、通常ステロイドの副作用は起きません。

 以上より質問の回答は、「アンテベート軟膏を使う事でステロイド(副腎皮質ホルモン)のバランスを崩す事は有りますが、通常の使い方をしていたら崩れる事はありません。」となります。
 アンテベート軟膏は処方医も強めの軟膏である事はご存知ですから、症状が良くなれば徐々に弱い軟膏に変更して頂けるハズです。そう言う意味では安心です。

 ここで軟膏の塗布の方法を1つアドバイスしますね。ステロイド系の炎症を抑える軟膏は擦り込んで塗布してはいけません。一般の方は擦り込んだ方が良く効くと勘違いしている様です。「擦り込む」とは皮膚と皮膚を擦り合わせる行為ですよね。何にも症状の無い手を擦っていたら手が赤くなるのを経験した事が有ると思います。赤くなった部分は若干でも炎症を起しているわけです。炎症を治療するお薬を塗布しているにも係らず、外部から炎症を増やす行為をするのはどう思われますか???ですから、擦り込んで塗布してはいけないんです。患部の上にのせる(カバーを付ける感覚)で塗布しても十分効果は示します。

 tennchibi2さん こんばんは

 20代の薬剤師です。

 多くの方はステロイド軟膏(例えばアンテベート軟膏等)と聞くと怖がる様ですが、きちんとした使い方さえしていれば何も問題は起こりません。時々ステロイド軟膏は良く効くからもっと使えばもっと良く効いて症状の改善が早いだろうと勝手な解釈をして、過剰回数・過剰量を塗布する方がいます。こうなるとステロイドの欠点(副作用)しか出なくなってしまいます。

 ステロイドの副作用としては皮膚が薄くなって皮膚下の血管が浮き出て来る(つま...続きを読む

QビタミンC誘導体とビタミンC配合の違い

身体のニキビ・ニキビ跡に効く化粧水、美容液などを探しています。
ビタミンC誘導体が効き目が良いと聞いたのですが、
こちらで別の質問の回答者さんから、
ビタミンC誘導体と配合と2種類があるから注意と聞きました。
VC配合量は5%が的確とも助言を頂きました。
そこでオバジCの5%の美容液を検討しているのですが、
サイトを見る限りではビタミンC配合です。誘導体の記述無し。
配合と誘導体、どちらが効果があるのでしょうか?同じ?
ちなみにオバジのサイトでは、ニキビ・ニキビ跡に、とありました。
最初は自分で作ろうかと思ったのですが、
キットが届くのに時間がかかるのと、ばい菌など心配ですし、
既製品で探す事にしました、がなかなか数あ多く見付からず。
オバジはコスパ高いですから悩むところなんですけどねー。
オルビスのクリアボディローションは胡散臭いしなー。
ニキビ、跡には効果無さそうだし、宣伝しすぎて嫌だし。
イプサのピンプルクリアEXはニキビ、跡用に開発された様ですが、
コスパが低い。1ヶ月もしない内に無くなるでしょう。
保湿⇒ビタミンC導入⇒馬油を塗る、と進められました。
何かいいのないかなー。やっぱオバジか。
何ヶ月も続けるとなるとキツイなあ。

身体のニキビ・ニキビ跡に効く化粧水、美容液などを探しています。
ビタミンC誘導体が効き目が良いと聞いたのですが、
こちらで別の質問の回答者さんから、
ビタミンC誘導体と配合と2種類があるから注意と聞きました。
VC配合量は5%が的確とも助言を頂きました。
そこでオバジCの5%の美容液を検討しているのですが、
サイトを見る限りではビタミンC配合です。誘導体の記述無し。
配合と誘導体、どちらが効果があるのでしょうか?同じ?
ちなみにオバジのサイトでは、ニキビ・ニキビ跡に、とあ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。前の質問にお答えさせていただきました、glifonです。
前回の質問に追加回答をしておきましたが、こちらにも。

●VC誘導体とは何か
VCは、皮脂を抑制したり、角栓を開いたり、メラニン色素を抑制するといった効果があります。しかし、とても酸化しやすい物質であり、皺やシミの原因物質を塗りたくることにもなりかねません。
そこで、酸化防止のため、不安定なビタミンCの活性部位(酸素が結合しやすい部位)に、リン酸や糖などを結合させて安定させたものを、VC誘導体といいます。コスメとして使うなら、VCとしての配合化粧品は、避けたほうがいいと言えるでしょう。

●また、VC誘導体としては、
1.リン酸アスコルビルナトリウム
2.リン酸アスコルビルマグネシウム
3.アスコルビルグルコシド
が主力ですね。また、より効果が高いものとして、最近開発された
4.テトライソパルミチン酸アスコルビル(新タイプ)
があります。
製品の成分表示を確認してくださいね。

●お勧めか・・と思うものを、前の質問場所に追加しておきました。
参考にしてください。

こんばんは。前の質問にお答えさせていただきました、glifonです。
前回の質問に追加回答をしておきましたが、こちらにも。

●VC誘導体とは何か
VCは、皮脂を抑制したり、角栓を開いたり、メラニン色素を抑制するといった効果があります。しかし、とても酸化しやすい物質であり、皺やシミの原因物質を塗りたくることにもなりかねません。
そこで、酸化防止のため、不安定なビタミンCの活性部位(酸素が結合しやすい部位)に、リン酸や糖などを結合させて安定させたものを、VC誘導体といいます。コスメ...続きを読む

Q皮膚科から貰った塗り薬について

中一の男子です。
今日皮膚科に行ってみました。
普通に診断を受けた後に、塗り薬をくれました。
薬の説明には、「患部を清潔にした後、適量を薄く塗ってください。」
と、書いています。
それは、化粧水や乳液をつけないで、塗り薬のみ付けるのですか?
今日は、塗り薬だけ付けています。
回答を待っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ものにもよると思います。
例えば顔に塗るとして、普段化粧水・乳液を使用しているのに、薬を塗るからといって基礎的なスキンケアが疎かになってしまうのは考えものです。無理に化粧水・乳液をつけることはありせん。普段のお手入れ+塗り薬という形で考えていけばよいと思います。(患部に刺激の強い化粧品を使用することはお勧めできませんが。)
私は手に薬(ステロイド)を塗るとき、皮膚科の先生にクリームを塗ってから薬をつけてくださいと言われました。
強い薬に耐性が無い場合は、クリームと軟膏を混ぜて使用することもあります。
不安でしたら次の診察の時にでも皮膚科の先生聞いてみることをお勧めします。薬だけを塗ることで患部が乾燥してしまうのが不安でしたら、皮膚科でローションやクリームも処方してもらえると思いますよ。

QビタミンC誘導体は薬局で手に入る?

肌のケアに使ってみようかと思ってネットで探してみたら結構見つかったんですが、普通の薬局でも手に入るものですか??
あと、実際使っておられる方がいらっしゃいましたら簡単な感想などお聞かせください。

お願いします。

Aベストアンサー

誘導体は一般の方が入手するのは難しいですね.
ビタミンC誘導体が高濃度ふくまれるローションかエッセンスを購入されたら如何でしょう.

  http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&f=A&g=100939&v=2&p=0&e=0&s=5&oid=000&k=0&sitem=%A5%D3%A5%BF%A5%DF%A5%F3C%CD%B6%C6%B3%C2%CE&x=0&c=1837

Q出来てしまったニキビを治す塗り薬でおすすめのものを教えてください。

出来てしまったニキビを治す塗り薬でおすすめのものを教えてください。
塗り薬でなくても、おすすめの治療方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

テラ・コートリル軟膏という塗り薬を、我が家ではよく使います。
薬局で、ふつうに売っています。

こちらは夜にだけ使用します。こんもりと塗って眠る…といった感じで使っています。
昼間(日に当たる)は使用すると、シミになるそうです。これは母から聞きました。

ひと晩でかなり落ちつきます。
個人差もあるかもしれませんが…よければ、参考にしてみてください。
(^-^)

QビタミンC誘導体について

今ビタミンC誘導体を使って手作り化粧水を作っています。

前にどこかのHPでアスコルビン酸?に合成界面活性剤を浸透剤の目的で添付した物がビタミンC誘導体だと書いてありました。

今使用して3ヶ月くらいで何も問題はありませんが長期では使用しない方がいいのでしょうか??

どなたかご存知の方教えてください!!

Aベストアンサー

ビタミンC(アスコルビン酸)は皮膚からは吸収されないので、経皮吸収を目的としたリン酸アスコルビル3ナトリウム、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、テトライソパルミチン酸アスコビル等の水溶性あるいは油溶性のビタミンC誘導体が、主として皮膚化粧用品用として使用されています。

ご使用の自家製の物は多分水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体の粉末を水で溶かして使用するタイプの物かと思います。

また油溶性の誘導体はすでにオイル状ですので、必要に応じてホホバ油、スクワラン等で薄めて使用するタイプの物かと思います。

アスコルビン酸に合成界面活性剤を浸透剤の目的で添付した物はビタミンCと合成界面活性剤を配合(混ぜ合わせた)ものであり、ビタミンC誘導体ではありません。

どのような種類の界面活性剤かわかりませんので一概には問題の有無はここでは言えません。経皮吸収湿布剤、シャンプー、口紅等にも使われている界面活性剤もあります。

しかし界面活性剤は、有害物質の皮膚浸透⇒血液⇒体内蓄積が問題で、長期使用により体が蝕まれることは事実と警鐘を鳴らしている人もいますが、種類と量、使用期間の兼ね合いで問題がある場合も考えられます。

この事はビタミンC誘導体についても言えることでしょうが、皮膚に塗る位の量では長期間の使用で問題が生じることは無いのではと思います。

結論:ビタミンC誘導体と、ビタミンC+合成界面活性剤
配合剤とは同じ物ではありません。

 

ビタミンC(アスコルビン酸)は皮膚からは吸収されないので、経皮吸収を目的としたリン酸アスコルビル3ナトリウム、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、テトライソパルミチン酸アスコビル等の水溶性あるいは油溶性のビタミンC誘導体が、主として皮膚化粧用品用として使用されています。

ご使用の自家製の物は多分水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体の粉末を水で溶かして使用するタイプの物かと思います。

また油溶性の誘導体はすでにオイル状ですので、必要に応じてホホバ油、スクワラン等で薄めて使用す...続きを読む

Q飲み薬と塗り薬はどちらが良い?

口内炎になった時につける、
塗り薬や飲み薬みたいなのって市販されてるのですか?
歯医者が口内炎患者にやってるのは、
やっぱり塗り薬を塗ってるのですか?
でも口の中に入るものだから、
人体に害があったり、
唾で薬がすぐ溶けてしまって効果が薄いなんて事もあるのですかね?
ちなみに、
塗り薬と飲み薬はどちらが良いのですか?

Aベストアンサー

塗り薬ですね。ステロイドです。

市販もありますが成分が違います。
どちらにしても対症療法でしかありません。

>人体に害があったり
副作用はあると思いますが少量なので大丈夫かな!?

>唾で薬がすぐ溶けてしまって効果が薄いなんて事もあるのですかね?
ネットリとして溶けにくいです。

>塗り薬と飲み薬はどちらが良いのですか?
塗り薬です。量が違うし、効かしたい所だけ作用させることができます。

QビタミンC誘導体 

ビタミンC誘導体のパウダーはどこで購入できますか??

Aベストアンサー

こんにちは。

私が知っているのは、ネットのオンラインショップだけです。

有名なのが、トゥヴェール。http://www.tvert.jp/
商品画面からは、プレミアムホワイトパウダー以外は1gずつの個包装のみに見えますが、
APパウダーは50g入りボトルタイプがあります。 
商品ページをご覧になってみてください。
http://www.tvert.jp/appowder.html

それから、Duty。http://www.duty-co.jp/
http://www.duty-co.jp/shop/sh004.html

ほかにも手作りコスメの材料を扱うお店でちらほら見かけますが、
この2つが有名だと思ったのでご紹介させて頂きました。
betseyさんのご希望に沿うといいんですけど。

Qトリコモナスと診断されて塗り薬だけくれました。

トリコモナスと診断されて塗り薬だけくれました。
今何日か洗浄しに通ってるんですけど、洗浄と塗り薬だけでトリコモナスは治るんですか?

Aベストアンサー

塗り薬ですか?膣錠ではないのですか?

QビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体が高濃度のスキンケア用品を探しています。
できれば通販では無く直接店舗で買えるもので。
ドラッグストア等で売られているものは2%前後が多い様で、
通販だと20%と高濃度の物もありましたが高額でした。
使用目的は上半身全体にできたニキビ・ニキビ跡のケアです。
理想としては高濃度かつ、それ1つ塗ればOKと云うものですが、
なかなかそう云う物も無いかと思いますので、
金額に関わらずお勧めの物があれば教えて欲しいです。
無ければ最終的に太陽のアロエ社の手作り化粧水を考えてます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
VC誘導体は、一般的に水溶性のものの方が効果が高いと言われていました。油溶性のものだと、効果が落ちたのですね。ですが、最近では油溶性で浸透力の大きいものが開発されていますので、効果面では逆転したと言ってもいいかもしれません。
ですが、「ニキビ」ということなら、やはり水溶性のものの方が良いのではないでしょうか。
参考になさってください。


人気Q&Aランキング