外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

百人一首が好きな人、詳しい人、教えて下さい。
94番歌の技巧(掛詞、縁語、枕詞、折句)はなんです
か?
あと、その技巧が用いられている和歌を百人一首以外から一首ずつ教えて下さい!
調べても全然出てこなくて困っています。

A 回答 (2件)

94番の歌は「みよし野の山の秋風小夜更けて故郷寒く衣うつなり」(参議雅経)ですね。


この歌には掛詞、縁語、枕詞、折句などの技巧は用いられていません。
用いられているのは、本歌取りです。本歌取りとは、古い和歌の表現の一部を用いて、歌の世界に奥行きを持たせるものです。元の歌の季節を変えたり、季節の歌を恋の歌に変えたり、恋の歌を季節の歌に変えたりすることが多いです。『新古今和歌集』の時代に盛んに使われました。この94番の歌も、元々『新古今和歌集』に入っていました。
この歌の本歌は「み吉野の山の白雪つもるらし古里寒くなりまさるなり」(坂上是則の『古今和歌集』の歌。なお是則は百人一首の31番の歌の作者)です。
本歌の季節、冬を秋に変えて、衣を叩く砧(きぬた)の音を加えることで、より哀愁漂う歌になっています。
さて、本歌取りを用いた歌には、例えば次のような歌があります。いずれも『新古今和歌集』の歌です。
「うちしめりあやめぞかをるほととぎす鳴くやさつきの雨の夕暮」(藤原良経)
本歌は「ほととぎす鳴くやさつきのあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな」(『古今和歌集』読人(よみびと)知らず)。恋の歌を夏の歌に変えています。
「駒とめて袖うち払ふかげもなし佐野のわたりの雪の夕暮」(藤原定家)
本歌は「苦しくも降りくる雨か神(みわ)の崎佐野のわたりに家もあらなくに」(『万葉集』長奥麻呂)。無季の歌を冬の歌に変えています。
以上です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても役に立ちました。ありがとうございました!

お礼日時:2018/09/01 01:14

94番 参議 雅経 この歌は技巧の全く無い歌の筆頭です。


「吉野の山の秋風が吹き、夜もふけて、古都は寒く、衣を打つ音が聞こえてくる」ただそれだけしかありません。

http://www.manabu-oshieru.com/hyakunin/094.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2018/09/01 01:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「雨にもまけず 風にもまけず」ではなく、なぜ「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」なのでしょうか?

「雨にもまけず 風にもまけず」ではなく、
なぜ「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」なのでしょうか?

Aベストアンサー

「片仮名」で残されたのは「雨ニモマケズ」だけで、後の詩や童話は「平かな漢字混じり文」で印刷され、出版されています。青空文庫への収録はまだ全部出来ていないようですがやがて完成されるでしょう。賢治は「この詩(といえるかどうか異説あり)」は発表せず、手帳に書き付けたままでした。

Q実るほど頭を垂れる稲穂かなのように詠み人知らずの素晴らしい短歌などをたくさん教えてください。

実るほど頭を垂れる稲穂かなのように詠み人知らずの素晴らしい短歌などをたくさん教えてください。

Aベストアンサー

短歌の詠み人知らずで、季節が秋のものから。

木の間より もりくる月の 影見れば 心づくしの 秋は来にけり
白雲に 羽うちかはし 飛ぶ雁の 数さへ見ゆる 秋の夜の月

紫の ひともとゆゑに 武蔵野の くさは見ながら あはれとぞ見る
世の中は 何か常なる 飛鳥川 きのふの淵ぞ けふは瀬となる
わが君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで

最後の和歌は古今集にある「君が代」の基になったものです。
大意は、
私のお仕え申し上げるあなたさまは いついつまでも限りなくお栄えになりますように。
小石が成長して大きな岩となり それに苔が生えるようになるまでの長い年月を。

Q俳句の季語のことで質問致します。

「夏過ぎて」という言葉が秋を意味する季語になるのでしょうか。
状況は秋のことでしょうけど。

夏過ぎて風が身に沁む歳となり・・・という俳句を作った人がいまして質問されたものですから。

私は「秋風が身に沁み入る歳となり」と書いたほうがいいと思うのですが。

Aベストアンサー

季語というのは、原則的に名詞です。”夏過ぎて”、というのは、名詞+動詞連用形+接続詞
でしょうから、季語とは認められない物言いでしょう。お示しのように、夏が過ぎたらもう
秋なので、”秋風が身に沁みむ歳となりにけり”、というように、秋風とか、ないしは、秋の
風というような名詞=季語を使うのが俳句の作法に適っていると言えるでしょう。

Q源氏物語の現代語訳

源氏物語の現代語訳については与謝野晶子さんや瀬戸内寂聴さんが知られていますが、特に与謝野晶子さんは古文について特に教育をうけるような学歴もなく、単に本が好きな商家の文学少女でしかなかったと思われますが、彼女がどうやって膨大な源氏物語を読み込めたのか常々疑問に思っています。
 誰か説明できる方がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>本が好きな商家の文学少女

この認識が違うんじゃないでしょうか。
当時は、どんなに学力のある女性でも、女性というだけで、アカデミックな高等教育(大学教育)を受けることはできませんでした。
だから当時の女性の知性を、学歴だけで測ることはできません。
与謝野晶子は女学校で古典に親しみ、その後、自分でも創作活動を行い、歌人として評価されます。当時は、学校ではなく、歌人の結社(いまでいうサークル)に、その分野の名人が師匠役でいたりして、そういうところで学んだのです。
歌人とは、古文に精通していることが条件です。学校だけでなく、古典に対する教養と知識の積み重ねを行っていたのです。
また、当時の「文化人」の古典に対する知識と理解は、現代の大学の国文学科の学生以上のものがあったと考えるべきです。昔の女学校は、いまでは新制高等になっていますが、実質的には現代の高校相当とは思いません。特に古典などの文系分野に関しては、現代で言えば(女子にとっての)実質的に大学相当ではないかと思います。

現代の学歴主義の物差しで考えないことです。

Q教科書の万葉集 貧窮問答歌は、どの本からですか?

万葉集巻第五の貧窮問答歌について、今の教科書はどの本から引いて来ているのかお教え下さい。
日本古典文学体系とか、新日本古典文学体系とか、日本古典文学全集とか、国歌大観とかです。
佐竹祐吉本、契沖の万葉代匠記を読んでいて、訓が違ったので、最新のスタンダードが知りたいです。

Aベストアンサー

日本古典文学体系、新日本古典文学体系、日本古典文学全集、国歌大観。これらには皆底本というものがあり、それぞれに説明が付いているはずです。多くの古典の原本が存在しないので、伝本の系列などが研究されていますが、これは専門家の仕事です。教科書などには、そういうことは載っていませんが、発行する会社に問い合わせれば分かるでしょう。
参考
 https://www.manyou.gr.jp/SMAN_1/index.html

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q古文の大和物語について質問です。写真のⅱの文の4行目の女の言っていることがわけわかりません。理解力が

古文の大和物語について質問です。写真のⅱの文の4行目の女の言っていることがわけわかりません。理解力がなくも申し訳ないです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「主に消息~~~~言葉にて申せよ」の所と推定します。
女は、今は離れて訪れもしない男に、消息~自分の今の様子、近況、
さらには恋しい想いなど~を伝えたいのでしょう。しかし、手紙の
形で伝えようにも、男は手紙など見もしないだろうから、どうか、
私の今の様子をただただ言葉でもって伝えておくれ、ということで
納得がいかれるかと思いますが。

Q作者とタイトルを教えていただけませんか

いただいたものなのですが、だれのなんという作品かどなたか教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ポール・ギヤマン「バイオリンと三頭の騎馬」だそうです。
http://www.shibayama-co-ltd.co.jp/4795/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%B3/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%B8%89%E9%A0%AD%E3%81%AE%E9%A8%8E%E9%A6%AC

Q思い出したい和歌があります

内容というか直訳は嫌なことから逃げて山に行ったとしてその山で嫌なことがあったらどうするのだろうという感じだったと思います。
先日平安神宮でおみくじを引いた際に書かれていました。
正確な内容が知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これだけでわかるわけあんめい
吉凶? 番号は?
おみくじは毎年変わっていますから。何年前の話なのか

Q源氏物語の、手習の意味がわかりません 現代語訳を読んでも登場人物が多くて何が何だか… どうか、分かり

源氏物語の、手習の意味がわかりません
現代語訳を読んでも登場人物が多くて何が何だか…
どうか、分かりやすく説明していただけませんか?

一応リンク貼っておきます
http://www.genji-monogatari.net/html/Genji/combined53.3.html
これの、第一段から第二段(浮舟の思い)までをお願いします

Aベストアンサー

それほど登場人物は多くありません。重要な人物は「中将・薫」「尼君」(浮舟の姫君の母)「浮舟の姫君」です。お示しの「渋谷栄一」の現代語訳をつなぎ合わせて見ました。[ ]で示したのが主格などに当たる人物です。この話に登場する「亡き姫君」は、浮舟の姉に当たる「大君」のことです。

第一段 尼君の亡き娘の婿君、山荘を訪問

 尼君の亡き娘の婿の君で、今は中将におなりになっていたが、その弟の禅師の君は、僧都のお側にいらっしゃったが、その山籠もりなさっているのを尋ねるために、兄弟の公達がよく山に登るのであった。

 横川に通じる道のついでにかこつけて、[中将]がここにいらした。前駆が先払いして、身分高そうな男が入ってくるのを[浮舟の姫君は」見出して、ひっそりとしていらしたあの方のご様子が、くっきりと思い出される。

 ここもまことに心細い住まいの所在なさであるが、住み馴れた人びとは、どことなくこぎれいに興趣深くして、垣根に植えた撫子が美しく、女郎花や、桔梗などが咲き初めたところに、色とりどりの狩衣姿の男どもの若い人が大勢して、「中将の」君も同じ装束で、南面に迎えて座らせたので、あたりを眺めていた。年齢は二十七、八歳くらいで、すっかり立派になって、嗜みのなくはない態度が身についていた。
 [尼君]、襖障子口に几帳を立てて、お会いなさる。何より先に泣き出して、「何年にもなりますと、過ぎ去った当時がますます遠くなるばかりでございますが、山里の光栄としてやはりお待ち申し上げております気持ちが、忘れず続いておりますのが、一方では不思議に存じられます」 とおっしゃると、[中将も] 「心の中ではしみじみと、過ぎ去った当時のことが、思い出されないことはないが、ひたすら俗世を離れたご生活なので、ついご遠慮申し上げまして。山籠もり生活も羨ましく、よく出かけてきますので、同じことならなどと、同行したがる人びとに、邪魔されるような恰好でおりました。今日は、すっかり断って参りました」とおっしゃる。

[尼君も] 「山籠もり生活のご羨望は、かえって当世風の物真似のようです。故人をお忘れにならないお気持ちも、世間の風潮にお染まりにならなかったと、一方ならず厚く存じられます折がたびたびです」などと言う。



第二段 浮舟の思い

[尼君の家では] 供の人びとに水飯などのような物を食べさせ、君にも蓮の実などのような物を出したので、昵懇の所なので、[中将は]そのようなことにも遠慮のいらない気がして、村雨が降り出したのに引き止められて、お話をひっそりとなさる。

[尼君は] 「亡くなってしまった娘のことよりも、この婿君のお気持ちなどが、実に申し分なかったので、他人と思うのが、とても悲しい。どうして、せめて子供だけでもお残しにならなかったのだろう」と、恋い偲ぶ気持ちなので、たまたまこのようにお越しになったのにつけても、珍しくしみじみと思われるような問わず語りもしてしまいそうである。

[浮舟の姫君は]、わたしはわたしと、思い出されることが多くて、外を眺めていらっしゃる様子、とても美しい。白い単衣で、とても風情もなくさっぱりとしたものに、袴も桧皮色に見倣ったのか、色艶も見えない黒いのをお着せ申していたので、「このようなことなども、昔と違って不思議なことだ」と思いながらも、ごわごわとした肌触りのよくないのを何枚も着重ねていらっしゃるのが、実に風情ある姿なのである。

 [御前の女房たちも]、 「亡き姫君が生き返りなさった気ばかりがしますので、中将殿までを拝見すると、とても感慨無量です。同じことなら、昔のようにおいで願いたいものですね。とてもお似合いのご夫婦でしょう」と話し合っているのを、 [浮舟の姫君は]「まあ、大変な。生き残って、どのようなことがあっても、男性と結婚するようなことは。それにつけても昔のことが思い出されよう。そのようなことは、すっかり断ち切って忘れよう」と思う。

それほど登場人物は多くありません。重要な人物は「中将・薫」「尼君」(浮舟の姫君の母)「浮舟の姫君」です。お示しの「渋谷栄一」の現代語訳をつなぎ合わせて見ました。[ ]で示したのが主格などに当たる人物です。この話に登場する「亡き姫君」は、浮舟の姉に当たる「大君」のことです。

第一段 尼君の亡き娘の婿君、山荘を訪問

 尼君の亡き娘の婿の君で、今は中将におなりになっていたが、その弟の禅師の君は、僧都のお側にいらっしゃったが、その山籠もりなさっているのを尋ねるために、兄弟の公達がよ...続きを読む


人気Q&Aランキング