ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

化学の計算問題についてです。
12%の食塩水800mlに含まれる食塩の量は何gか?

この計算問題が分かりません。簡単なやり方で教えてください(>_<)

A 回答 (4件)

食塩水800mlに含まれる食塩の割合が12%ってことです。


単純に
800×0.12=96g←答え
    • good
    • 1

これは解けません。

通常食塩水の密度を与件とします。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

食塩水の食塩%は、次で表されるのが一般的です。


食塩%=食塩の重さ÷食塩水全体の重さ×100[%]
なので、「12%の食塩水800ml」の重さが無いと、計算できません。
水800mlの重さは約800gですが、食塩水では食塩の重さを加えなければなりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの問題、解法を見ても分かりません わかりやすく解説お願いします

この問題、解法を見ても分かりません
わかりやすく解説お願いします

Aベストアンサー

”溶解度は100gの水に溶けている溶質の量” である、溶解度(g)分を溶かしている飽和水溶液の質量は、溶解度(g)+100(g)と考えなければいけない。
20℃で硝酸カリウムが100gの水に32g溶けて飽和水溶液を作るので、溶質と溶液の質量の比は、32/(100+32) ① となる。
100gの飽和水溶液が100gある場合、溶けている硝酸カリウム量をxgとすると、溶質と溶液の比は、x/100 ➁ となり、➁が①と等しい。
∴ 32/(100+32)=x/100
3200=132x → x=24.2424…≒24g

(1)の飽和水溶液にさらに硝酸カリウムを10g加え、飽和水溶液とする。
初期状態として 硝酸カリウム24g と 水76gが存在していた。硝酸カリウム+10g=34gとなる。
水は76gのままである事を考慮すると
34/76=y/100 ← 比率の計算は(1)と同じです。
y=44.736…≒45gの溶解度が必要となる。
グラフから温度30℃に水溶液の温度を上げることが必要になる

溶解度と質量パーセント濃度の違いが、この問題の引っ掛け部分の一つになっています。
溶解度は何に対するどういう条件での溶解度なのか、問題をよく読まないといけないです。

”溶解度は100gの水に溶けている溶質の量” である、溶解度(g)分を溶かしている飽和水溶液の質量は、溶解度(g)+100(g)と考えなければいけない。
20℃で硝酸カリウムが100gの水に32g溶けて飽和水溶液を作るので、溶質と溶液の質量の比は、32/(100+32) ① となる。
100gの飽和水溶液が100gある場合、溶けている硝酸カリウム量をxgとすると、溶質と溶液の比は、x/100 ➁ となり、➁が①と等しい。
∴ 32/(100+32)=x/100
3200=132x → x=24.2424…≒24g

(1)の飽和水溶液にさらに硝酸カリウムを10g加え、飽和水溶液とする...続きを読む

Q高校の化学についてです。 写真の問2についてで、補足の解答の②の式なのですが、水素イオン濃度が塩化水

高校の化学についてです。

写真の問2についてで、補足の解答の②の式なのですが、水素イオン濃度が塩化水素の電離による水素イオン濃度と水の電離による水素イオン濃度の和という単純な計算で出る意味がわかりません。また②の式にはどうして[OH-]があるのか教えてください。

Aベストアンサー

>塩化水素の電離による水素イオン濃度と水の電離による水素イオン濃度の和
これはただの事実です。ただし、問題は「塩化水素の電離による水素イオン濃度」と「水の電離による水素イオン濃度の和」を別々に求めて足しても答えにはなりません。
和の求め方は困難です、片方が増えれば他方が減るからです。

Q化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

Aベストアンサー

前半の文から炭素数3がわかって
後半の文から不飽和度2と分かります!

Q化学基礎で質問です。 画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

化学基礎で質問です。
画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

Aベストアンサー

どちらかといえば、分母の100の方が気になりますけどね。
存在比がA:Bのとき、Aの存在割合(存在比※)は
{A/(A+B)}×100%
となります。
例えば、「存在比20:30」のだった場合、20の方の存在割合は
{20/(20+30)}×100%=40%
ということです。
※ここでは「純粋な比○:×」と割合%を示す用語が同じ「存在比」と表現しているのでややこしいことになります。用語として間違いではないのですが、混同を避けるため割合(%)の方は存在割合とした方がよさそうです。
さて、本題
と言っても詳細は他の回答でくわしく説明されているので、省略します。

Qこの問題、納得いかないのですが、答え間違ってるとかありますかね? もし正しいのであれば、解説して頂き

この問題、納得いかないのですが、答え間違ってるとかありますかね? もし正しいのであれば、解説して頂きたいです!

Aベストアンサー

log1はゼロですから1以下は負の数、だから絶対数なので定積分をx=1で分割しただけ。

Q因数分解したいです。 できませんでした…

因数分解したいです。
できませんでした…

Aベストアンサー

因数分解では、一つの文字に注目して解くことが必要です。今回はaの2次式ということで捉えます。

(a+b)(b+c)(c+a)+abc
=(b+c)a^2+(b^2+3bc+c^2)a+bc(b+c)
={(b+c)a+bc}{a+(b+c)}
=(ab+bc+ca)(a+b+c)

Qよく水素エネルギーはクリーンだとか言いますけど 本当に水素精製に使う電気、ひいては石油燃料は 直接

よく水素エネルギーはクリーンだとか言いますけど
本当に水素精製に使う電気、ひいては石油燃料は
直接 石油燃料を使用する際よりエネルギー効率が良いのですか?
わかりにくい文で申し訳ありません。

石油燃料を直接使用するより、一度石油燃料で水素を精製してから水素を使用した方が効率は良いのか?
ということです。

Aベストアンサー

水素はメタンと水で、高熱で合成しています。CH₄+H₂O→CO+3H₂
この高熱は化石燃料の燃焼です。また、生成したCOは燃やしてCO₂になります。
水素エネルギーはクリーンですが、水素を作る過程はクリーンではありません。
何事も上手い話は無いのです。

Qこの問題がわかりません。 急ですが教えてください。

この問題がわかりません。

急ですが教えてください。

Aベストアンサー

(1)①5x10⁵Paの空気は4x10⁵Paの窒素と1x10⁵Paの酸素の混合物です。
窒素の溶解モル数は4x7.0X10⁻⁴mol、酸素の溶解モル数は4x1.4X10⁻³mol
窒素1モル=28よって、28x28x10⁻⁴g=7.8x10⁻²
酸素1モル=32よって、32x5.6x10⁻⁴g=1.8x10⁻²g
窒素:酸素の重量比=4.4:1.0
(2)①圧力が5倍なので水に5x49ml=245ml

Q高校の化学の問題です。本当にわからないので教えてください!!! 酢酸0.30molの質量は何グラムか

高校の化学の問題です。本当にわからないので教えてください!!!
酢酸0.30molの質量は何グラムか。
酸素0.50molに含まれる酸素分子は何個か。
鉄39.2グラムの物質量は何molか。
アルゴン0.30molの質量は何グラムか。
水素112mLの物質量は何molか。
二酸化炭素8.8グラムに含まれる酸素原子は何個か。
水素の密度を求めよ。上から2桁の概数で求めよ。

Aベストアンサー

原子でも分子でも、それを「アボガドロ定数」の個数だけ集めると、重量が「原子量、分子量にグラムをつけたもの」に等しくなります。
酸素 O2 の場合なら、O2 の分子量は 32 ですから
「酸素 O2 の分子を「アボガドロ定数」の個数だけ集めると、その重量は 32 g になる」
ということ。
そうなるように定めたのが「アボガドロ定数」(=6.02 * 10^23)ですから。

そして「「アボガドロ定数」(=6.02 * 10^23)個だけ集めた量」のことを「1mol」と呼びます。
どんな物質でも、「1mol」を構成する分子(あるいは原子)の個数は「「アボガドロ定数」(=6.02 * 10^23)個であり、「1mol」の重量は「分子量(あるいは原子量、式量)にグラムをつけたもの」になります。

従って、酸素 O2 (分子量 32)は
・「アボガドロ定数」(=6.02 * 10^23)個の重量が 32 g
・それが 1 mol
なので、
・酸素0.50molに含まれる酸素分子は、アボガドロ定数の半分の 3.01 * 10^23個
ということになります。そして
・酸素0.50molの重量は 16 g
ということです。

ほかも同じように考えればよいです。

原子でも分子でも、それを「アボガドロ定数」の個数だけ集めると、重量が「原子量、分子量にグラムをつけたもの」に等しくなります。
酸素 O2 の場合なら、O2 の分子量は 32 ですから
「酸素 O2 の分子を「アボガドロ定数」の個数だけ集めると、その重量は 32 g になる」
ということ。
そうなるように定めたのが「アボガドロ定数」(=6.02 * 10^23)ですから。

そして「「アボガドロ定数」(=6.02 * 10^23)個だけ集めた量」のことを「1mol」と呼びます。
どんな物質でも、「1mol」を構成する分子(あるいは原...続きを読む

Qこの問題の解き方と答えを教えてください。

この問題の解き方と答えを教えてください。

Aベストアンサー

Σ[k=1,n](3k-1)2^k
=Σ[k=1,n]{(4k-4)-(k-3)}2^k
=Σ[k=1,n]{(k-1)2^(k+2)}-{(k-3)2^k}
=(n-1)・2^(n+2)+(n-2)・2^(n+1)+4+4
=(3n-4)・2^(n+1)+8


人気Q&Aランキング