人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

学生相手に吠える若いサラリーマンを電車内で度々見かけるのですが、なぜ彼らは吠えるんですか?

A 回答 (7件)

○ 社会人になってみて学生さんがガキに見えるとか?


○ ただただイライラ
    • good
    • 0

単なる八つ当たりじゃわ!

    • good
    • 0

学生だったのが社会人になると、そのカルチャーギャップがあまりにも大きいことが身を以て分かるので、学生の甘さに(自分がそうであった反省を踏まえて)腹立たしいんですよ。

    • good
    • 0

質問者がそういう地域に住んでるからじゃね?


何十年も電車通勤してるが電車内で吠えてるのは韓国人以外見たことないわ
    • good
    • 0

今の学生が情け無い、と思っている


からじゃないですか。

草食系だ、ブラックだ、ジェンダーだと
権利ばかり主張していて、分数も出来ない。

大学をレジャーランドと勘違いしている。

このままじゃ、中国に負けてしまう。
    • good
    • 0

弱いものいじめが好きな奴が、ストレスを発散させている。


きっと会社では上司にペコペコ、女子社員に馬鹿にされているのでしょう。
    • good
    • 0

自由が羨ましいから、でしょうね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本以外の国には、なぜ日本のように重みののある伝統に裏打ちされた歴史、文化が乏しいのでしょうか?

まぁ、日本みたいな超一流の国と比べるのも申し訳ない気がしますが、諸外国には国名を言ってもすぐには一つくらいしか歴史的な伝統文化が思い浮かびません。日本の場合は5~6個出てくるのですが・・。やはり外国人というのは、薄っぺらな人間なんでしょうかね?

Aベストアンサー

当然です。日本は同一王朝の国としては世界最古の国です。初代天皇から数えて建国2000年を越えているのは日本だけです。2位は確かベルギーだったかな。でもそれでも建国1000年くらいじゃなかったかな。でもそんな事知らない人の方が多いでしょ?

Q再エネ比率、日本はなんと世界中でビリ? 中国・インドにも負けている? なぜ?

統計|国際エネルギー      
自然エネルギー電力の割合(自然エネルギー財団)
https://www.renewable-ei.org/statistics/international/
によると、

再エネ比率が、日本はなんと世界中でビリ? 中国・インドにも負けている、、。
日本は、世界でもの技術先進国で世界3位の金持ち国なのに、あまりにも情けないのでは?

<各国の再エネ比率 2017年>
1位:58%:スウェーデン
2位:46%:デンマーク
3位:44%:ポルトガル
4位:36%:ドイツ
5位:32%:イタリア
6位:31%:スペイン
7位:29%:イギリス
8位:26%:中国
9位:18%:フランス
10位:18%:アメリカ
11位:17%:インド
12位:16%:日本

10年前には世界でもの環境先進国だった日本は、今、環境後進国に成り下がってしまった。
このままでは、日本はますます世界から引き離されて行く。

福島原発事故から今までに、日本では、太陽光を中心に約4500万kW(ピーク時原発45基分)もの大量の再エネが、すでに新設・稼働開始した。
ところが、驚くべきことに、日本以外の世界中では、もっとはるかに多くの再エネが導入されているのだ。

日本以外の世界中のあらゆる諸国で、
・太陽光・陸上風力・洋上風力の発電コストが、劇的に下がった。
・それらの再エネが、急激に拡大を始めている。

なぜ、日本だけ、それができないのか?
それは、日本だけが、いまだに「原発」に固執しているからでは?

・日本では、「癒着・利権構造」の代表格の「原発」が、電力自由化・公正な自由競争環境の構築を阻害している。原発が優先されて、再エネに電力市場が開放されていない。
・出力調整のできない原発を維持すれば、出力変動の大きい再エネ(太陽光/風力)の大幅拡大はできない。
・原発の存在が、再エネの導入/拡大を邪魔しているのだ。

原発は、速やかに全て廃止宣言すべきでは?
そうすれば、日本でも再エネのコストが急激に下がり、世界のあらゆる国々と同様に、再エネの大幅な拡大が可能になるのでは?

統計|国際エネルギー      
自然エネルギー電力の割合(自然エネルギー財団)
https://www.renewable-ei.org/statistics/international/
によると、

再エネ比率が、日本はなんと世界中でビリ? 中国・インドにも負けている、、。
日本は、世界でもの技術先進国で世界3位の金持ち国なのに、あまりにも情けないのでは?

<各国の再エネ比率 2017年>
1位:58%:スウェーデン
2位:46%:デンマーク
3位:44%:ポルトガル
4位:36%:ドイツ
5位:32%:イタリア
6位:31%:スペイン
7...続きを読む

Aベストアンサー

今、原発の割合が少ないのは、それこそ福島のおかげで再稼働が見送られているからであって、2030年の原発比率は今でも20%程度が想定されている。それが問題なのだ。

私も、原発は安全性を考えたら絶対にペイしないと思います。福島で汚染された面積は800km2以上。ほぼ佐渡島の面積に匹敵する。なんで狭い日本で、こんなリスキーなことをやらねばならんのか、理解に苦しむ。

再エネは高くつくと主張する人がいるが、再エネは安くできる。元東大総長で、現三菱総研理事長の小宮山宏が言っているのだ。科学的には十分な成算がある。
http://ene-fro.com/article/ef60_a1/

それなのに「できない」と言ってる人がいると言うことは、結局は政治の問題なのだ。損得勘定が裏で働いているのだ。

Q元モー娘。 吉澤ひとみ 飲酒運転 ひき逃げ

元モー娘。 吉澤ひとみ 飲酒運転 ひき逃げ 逮捕されました。

2007年に事故で弟を亡くして、遺族として悲しみを経験しているのにも関わらず、飲酒運転して事故を起こして、しかもひき逃げ。
去年も事故を起こしているという事で、運転を控えるべきでは?
と思ってしまいました。

今回、被害者は軽症で済み、不幸中の幸いでしたが……

皆さんは、どう思いましたか?

Aベストアンサー

弟さんの事故、子供を持つ親として、社会人(特に芸能人)として、認識が甘いとしか言いようがないですね。

立派な犯罪で被害者もいますから、同じグループの矢口さんとは比べものになりません。

Q「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と日本国憲法にありますが、健康で文化

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と日本国憲法にありますが、健康で文化的な最低限度の生活とは、誰がどのように決めているのでしょうか?

そもそも、健康で文化的な最低限度の生活の基準で何ですか?

Aベストアンサー

生活保護の基準は、厚生労働大臣が定める基準で生活費が決めらます。

健康で文化的な生活を送るためには、日常生活に必要な費用(食費・被服費・水道光熱費など)、家賃がかかります。

それ以外にも、医療費や介護費、義務教育を受けるための必要な学用品費、出産費用、就労に必要な能力の修得にかかる費用、葬祭費用などもかかってきます。

世帯によって必要な費用は変わってくるにで、その世帯の状態に合わせて決められます。

Q体操問題…。 18歳の女の子が勇気を出して告発したから、一気にマスコミは彼女に同情論や彼女を讃えてる

体操問題…。
18歳の女の子が勇気を出して告発したから、一気にマスコミは彼女に同情論や彼女を讃えてるけど、現場関係者がコーチの行き過ぎた暴力は誰もが認めてることと、スポンサーが彼女とコーチが指導者と教え子の関係以上の仲だったと証言を聞くと、彼女は奪われた彼を取り戻したかった。奪った体操協会の女帝と旦那が許せなくてマスコミを利用して同情会見を行ったようにしか思えないのですが?
コーチはともかく彼女は間違いなく恋愛感情があったのは周囲の関係者の発言や行動をみていたら事実。
コーチが過剰な暴力を振るったのは事実なのに暴力でないとかばう彼女がかわいそう…。

Aベストアンサー

質問者さんがどの様に感じどの様に思おうがそれは質問者さんの自由ですので正解とか不正解とは言えません。
オリンピック経験もある第一線級の選手がそこまで追い込まれたと言う事だけは確かなのでしょう。
単なる同情会見ならばもっと有効な方法も有ったでしょうし。
ここに来て他のクラブのコーチや元選手も塚原夫妻の勧誘やパワハラを色々証言していますので、第三者委員会が正しく判断する
事を期待するしか無いでしょう。
女子レスリングの問題、日大アメフト部の問題、ボクシング協会の問題とほぼ休み無く次から次へと問題が出てきて居ますので、
体操以外にも問題が有るスポーツの協会もあるでしょうから、恐れず表に出して欲しいですね。
しかし何で黒い霧問題みたいな事をしたと思われる塚原光雄が協会の副会長なのかねぇ~。
具志堅副会長も塚原が先輩でもあるのでアタマ痛いでしょうね。

Q財務省が国家予算を家計に例えるのは間違っているのではないでしょうか?

昨年10月に財務省のホームページを見たら、日本国の財政を家計に例えて、いかに日本国の借金が多いかを解説していました。
だから増税しないといけないのだそうです。
永続的な存在の国家を、一定の寿命と一生涯の限ら

れた収入の家計に例える馬鹿さ加減に腹が立って、私は実名住所入りでメールで抗議しました。
そして1年弱経って、久しぶりに財務省のホームページを見たら、さすがに自分の馬鹿さぶりが恥ずかしくなったのか、大々的に国家財政を家計に例えるページは消失していましたが、やはり一部のページで国家財政を家計に例えています。
https://www.mof.go.jp/gallery/201809.html
国家は企業と同じで、未来に投資すれば10倍にでも100倍にでも一万倍にでも成長しうる存在です。
もし企業の場合、今、売上が減少気味で、ひたすら節約していたら、最終的には破産するしかないでしょう。売上が減っているなら、営業を頑張ったり、広告費を増やして未来に投資するのが生き残る道です。
いまこそ、日本国は未来に投資するべきです。今、どれだけ全国に古くなって通行禁止になった橋があるか知っていますか。このままいったら日本全国の橋は古くなって通行禁止になり、道路はでこぼこになると思います。
消費税を増やそうとする財務省は絶対間違っていると思いますが、皆さんはどのように思われますか?

昨年10月に財務省のホームページを見たら、日本国の財政を家計に例えて、いかに日本国の借金が多いかを解説していました。
だから増税しないといけないのだそうです。
永続的な存在の国家を、一定の寿命と一生涯の限ら

れた収入の家計に例える馬鹿さ加減に腹が立って、私は実名住所入りでメールで抗議しました。
そして1年弱経って、久しぶりに財務省のホームページを見たら、さすがに自分の馬鹿さぶりが恥ずかしくなったのか、大々的に国家財政を家計に例えるページは消失していましたが、やはり一部のペー...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税を増やそうとする財務省は絶対間違っていると思います

これは同感です。
所詮、財務省は、自分の権限を増やすことしか考えていないのです。
「自分の権限を増やす」とは、「財務省が分配できるお金を増やす」と言うことです。
だから、「減税」なんて言う話を出すと「減税しても国民は貯金するだけで使わないので、景気はよくなりません。むしろ増税して、国がどんどんお金を使ってあげた方が景気には良いのです。」と言う論理を展開してくる。しかしこの考え方が破綻していることはこれまでの歴史から明らかです。国が考えるべきことは、「企業や国民から金を奪い取ること」ではなく、「企業や国民が儲けることを支援すること」です。そうすれば自ずと税収は上がっていくでしょう。

>日本国は未来に投資するべきです

これは投資の中身による。民間投資への支援に国が回るのならOK。国による直接投資(典型的なのは公共事業)は、100%駄目とは言わないが、よほど厳選しないとまずい。

例えば、インフラの保全は、国が金をだして古い施設を建て替えるのではなく、「テクノロジーを使ったインフラ保全」そのものを新しい産業として育成する。いずれインフラが老朽化する新興国に技術が売れる筈です。

社会保障費もそうで、単に介護職の時給を増やすのではなく、どうすれば少ない人数で手厚い看護ができるのかに知恵と金を使うべきです。そこで出てきた技術も、日本に遅れて高齢化社会になる中国等に売れる産業となるでしょう。

こういうのが、国家百年の計と言うものではないでしょうか。

>消費税を増やそうとする財務省は絶対間違っていると思います

これは同感です。
所詮、財務省は、自分の権限を増やすことしか考えていないのです。
「自分の権限を増やす」とは、「財務省が分配できるお金を増やす」と言うことです。
だから、「減税」なんて言う話を出すと「減税しても国民は貯金するだけで使わないので、景気はよくなりません。むしろ増税して、国がどんどんお金を使ってあげた方が景気には良いのです。」と言う論理を展開してくる。しかしこの考え方が破綻していることはこれまでの歴史から明...続きを読む

Q日本だと学歴や見栄の為に大学に行くのは意味があるのか

最近大学関係のニュースを見ていて疑問視しています。

就活のルールを3年後に撤廃するかどうか、東京オリンピックのボランティアを単位込みにして半強制的に参加させようとする等、やはり他の諸外国と見ると違っているまたは遅れていると感じます。

ある番組で知ったのですが、日本やアジアだと就職=入って育てることが一般でアメリカなどでは大学を卒業してから蓄えた知識等を活かすという違いを紹介していました。
アメリカで学んでいた方が日本で就活する為に戻ろうとしたら、まだ卒業していない為戻ることを拒否された話もあるらしく経験や実績を積まなければならない実情があるとのことです。

個人的な見解ですが今の若い世代は日本ではなく海外で躍進しながら自ら成長したり、海外での経験を生かして日本で活躍する方が増えてきていると思っています。
もう国内だけで学ぶと言うことは限界があり、お金に余裕があれば外の世界を知ることで自らの価値観などを律する必要があるのかもしれません。

将来的には大学以外でのダブルスクールやネットを通じた通信教育によって、その学校に行かなければ学べないという概念が崩れる可能性は考えられます。
しかし、現状としては通年採用が浸透しない限り大卒者の需要は今後も上がり続けると思います。

研究機関ではなくただ就職するためにしか存在しない大学は必要なのでしょうか?
詳しい方がいましたら回答お願いします。

最近大学関係のニュースを見ていて疑問視しています。

就活のルールを3年後に撤廃するかどうか、東京オリンピックのボランティアを単位込みにして半強制的に参加させようとする等、やはり他の諸外国と見ると違っているまたは遅れていると感じます。

ある番組で知ったのですが、日本やアジアだと就職=入って育てることが一般でアメリカなどでは大学を卒業してから蓄えた知識等を活かすという違いを紹介していました。
アメリカで学んでいた方が日本で就活する為に戻ろうとしたら、まだ卒業していない為戻...続きを読む

Aベストアンサー

研究機関ではなくただ就職するためにしか存在しない
大学は必要なのでしょうか?
 ↑
必要です。

1,あの苦しい受験勉強をすることにより
 頭脳と根性が鍛えられます。

2,頭脳と根性が鍛えられた社員を包する
 企業なら、日本の国際競争力を強めることが
 出来ます。

3,日本の教育の基本には、教養主義があります。
 教養はすぐには役に立ちませんが、長く役に立ちます。
 教養は文化を創ります。
 科学技術だって、文化が基本になっているのです。

 少年よ大志を抱け、のクラーク博士も
 欧米に追い付く為には、技術だけを学んでもダメだ、
 文化も学ばなければ、と主張していました。

 教養中心ですから、企業に入っても役に立ちません。
 だから、企業で社員教育をするのです。
 これをやることにより、忠誠心が養われるのであり、 
 これが日本の強みでもあります。

 米国の真似をしても、二流の米国人に
 なるだけです。

Q北方領土:日本は人口が減ってしかも都会は

高層ビルが林立し、空き家が多く見られます。
つまり日本は北方領土なんかもらってもだれも移住せず意味がありません。
それだけでなくアメリカが、
「誰も移住したくないなら基地を置かせてくれ」
と言って来てロシアとの摩擦を起こすだろうし、意味がありません。
平和条約締結で良いと思います。
日本はロシアを味方につける。
プーチンさんの提案は名案だと思います。
皆様のご意見は如何でしょう?

Aベストアンサー

〔 (1) からの続き〕

(2) 本当に北方領土が還ってきたら困る

地下資源、漁業資源などの実利を言挙げする手合いがいますが、鉱物や動植物よりはるかに重要な、人間のことを考えているでしょうか? 北方領土には現在約一万六千人のロシア人が住んでいます(歯舞群島にはいないそうです)。彼らの権利を特に考えていないなら、それこそ無知でしょう。
領土の変更に伴う国籍の変更については、国際法上で確定した原則がなく、各場合に条約によって(明示的または黙示的に)定めるものとされています。そこで前述の一万六千人ですが、ロシア国籍のまま、あるいは日本国籍になる、その両様が考えられます。

ロシア国籍のままだったら、外国人だらけの島が日本領内に出現することになります。集団強制移住など命じようものなら、世界にとどろく人権問題となるでしょう。ネトウヨだったら、「これまで不法占拠してきたロシアが、責任をもってロシア人を退去させろ」と言いかねませんが、今日の人権思想もわきまえず、そんな言い分が国際社会で通用すると思ってるから、ネトウヨと呼ばれちゃうのです。
また、日本人の割合を高めようと内地から大量移住したら、「ソフトな民族浄化」と言われかねません。
日本では在日外国人に国政参政権も地方参政権も付与してないので、大多数のロシア人を少数の日本人行政官らが統治することになるでしょう。そんな状態は民主主義の原理に反するので、自治を認めるとなれば、次第に日本の支配が及ばなくなります。資源ナショナリズムというか、「地下資源、漁業資源は我々のもの」と現地ロシア人が主張するに違いないからです。

あるいは、日本国籍になった場合、憲法の規定により参政権を得ますから、あたり全体の市町村長も議員も日本語の分からないロシア人だらけになるでしょう。これまた日本の支配が及ばなくなります。及ぼそうと努めたら民族紛争を招くでしょう。
以上のような問題の処理とそれに伴う出費は、地下資源や漁業資源の儲けなど吹き飛ばしてしまうでしょう。それが実利の考察というものです。まあ大油田でもあれば話は別ですが。

〔 (1) からの続き〕

(2) 本当に北方領土が還ってきたら困る

地下資源、漁業資源などの実利を言挙げする手合いがいますが、鉱物や動植物よりはるかに重要な、人間のことを考えているでしょうか? 北方領土には現在約一万六千人のロシア人が住んでいます(歯舞群島にはいないそうです)。彼らの権利を特に考えていないなら、それこそ無知でしょう。
領土の変更に伴う国籍の変更については、国際法上で確定した原則がなく、各場合に条約によって(明示的または黙示的に)定めるものとされています。そこで前述の...続きを読む

Q難民を日本が受け入れると、日本は尊敬されると思うのですが?

難民を日本が受け入れると、日本は尊敬されると思うのですが?

Aベストアンサー

No.1です。彼等は日本に来れば助かります。群馬県館林市には既にロヒンギャのコミュニティーが出来ています。でも、日本に来るかどうかは彼等は次第です。 日本が迎えに行くわけにはいきません。

Q今の日本人って働かないよね?

生産性低いのが多い国ですが
最近は労働時間さえ短くなっている

日本が経済大国になれたのって、働きまくってたってのがあると思うけど


半分は怠け者だろう、外国人労働者の方がよほど価値があると思うわ。

今じゃ先進国だけでみても日本より、あのイタリアですら日本より長い
日本の労働者の一人当たりの労働時間は1722時間で

先進国だけでみても、アメリカ、イタリア、カナダ、ニュージーランド、韓国よりも短い。北欧は休みが多いといっても
フィンランドやスウェーデンの年間平均労働時間は約1700時間で日本と大差ない。

日本はサービス残業が多いというが、韓国とかだって多いしかりに一人当たりの年間サービス残業時間が100時間としたって
アメリカやイタリア、韓国よりも少ない。結局、怠け者が多いのなんてフランスやギリシャ、スペインあたりで

これらの国はたしかに年間労働時間は1500時間を切っているが、その他の先進38か国は1500時間は超えているので、
日本と大差ない。

Aベストアンサー

日本って、過去の遺産で、まだ豊かなんでしょうね。

そんなにガツガツ生きなくても、日本人として産まれた時点で、少なくとも餓死する心配など、ほとんど無い国で。
なまじ一流企業勤務で家庭などを築いた方が、むしろ負担や制約も多いから。
それなら人生設計など立てず、テキトーに稼いで、自分一人で「気楽で場当たり的に生きて行く方が良い」と考える人が多いのも、むしろ当然じゃないですかね?
一流企業に勤務している人でさえ、最近は「管理職になりたくない」とか、上司に叱られた程度で、心療内科に駆け込んで、あっさり会社を辞めちゃったりするそうだし。

言わば「アリとキリギリス」みたいな話ですが、それが「常夏の国」であれば、キリギリスの生き方も肯定されると言うか、そっちの方が、正しい生き方かも知れません。
現時点は冒頭の通り、過去の遺産であって、また財政的にもかなり切迫しているものの、経済大国の日本が、たちまち極寒の国になると言う訳でもありません。

ただ、「エリート層」に限定したら、今も昔も、あるいは世界を見渡しても、そんなに変わってないですよ。
確かに、契約社会の欧米で、ブルーカラーにサービス残業などさせたら、ちょっと大事になりますけど。
出世欲があったり野心家のホワイトカラーで、定時退社する様な人も、ちょっと珍しいし。
日本みたいに、自分の勤務先を「ブラック企業だ!」などと騒いだりもせず、もし本当にブラック企業であれば、キャリアアップなど自分の目的を果たし終えたら、つべこべ言わずに転職してますが。

日本でも、社会や会社を牽引したり自己実現を果たす人は、そんな感じで。
社会や風潮に流されず、高いレベルで「マイペース」じゃないですかね?

そう言う意味では、「働き方改革」も、ちょっと片手落ちの様な気がします。
怠け者で、キリギリス型の生き方を望む人には、「アリの様に、ガツガツ働かなくても良い」と言う政策があっても良いとは思うのですが。
一方では、「もっと稼ぎたい!/もっと働きたい!」「もっと自己研鑽したい!」と言う人にまで、「働くな!」って言うのは、ちょっと間違ってそうでしょ?

まあ、裁量労働も検討はされてますけど、いかにヤル気があって期待される労働者でも、新人などだと年収保証なんてことも出来ませんし。
そこら辺りは、年齢別,職種別などで、もっと細やかな年収制限などが欲しいところです。

日本って、過去の遺産で、まだ豊かなんでしょうね。

そんなにガツガツ生きなくても、日本人として産まれた時点で、少なくとも餓死する心配など、ほとんど無い国で。
なまじ一流企業勤務で家庭などを築いた方が、むしろ負担や制約も多いから。
それなら人生設計など立てず、テキトーに稼いで、自分一人で「気楽で場当たり的に生きて行く方が良い」と考える人が多いのも、むしろ当然じゃないですかね?
一流企業に勤務している人でさえ、最近は「管理職になりたくない」とか、上司に叱られた程度で、心療内科に駆け...続きを読む


人気Q&Aランキング