大津皇子の悲劇的事件をめぐる和歌は「万葉集」にまとまったかたちでたくさん残っていますが、それらを素材に叙事文学(物語)が書かれなかったのはなぜでしょうか??教えて下さい!よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大津皇子の母は持統天皇の姉でありまた父は持統天皇の夫です。


また、この事件後持統天皇、彼女は即位しました。
彼女は父の天智天皇に似た自己(夫、天武天皇も)肯定他者否定という
性格だったといわれています。誰も逆らえない・・
そんななか、反逆者として処刑した大津皇子のことを
何らかの物語で残す、これもまた皇族、豪族が自分の命を
ひいては一族の命を縮めることになりかねない・・さすがにそんなことはできなかったからだとおもいます。なぜならこのときは大津皇子以外にも
死罪ではないが刑罰を受けた人もいるからです。
大津皇子とのかかわりは生き抜く上で消したかったのが
(つまり出世のために)本当ではないでしょうか。
またこの大津の反逆の背景には天皇という
一国の王の座がかかっています。
しかし、万葉集は違います、収められている和歌に
身分や差別などありません。天皇から農民まで老若男女問わず
収められているそういった広い範囲での和歌集なんです。
ここがその後の貴族が選者である和歌集と違う部分です。
大津は好かれていたのか広い範囲の身分の人に慕われていたと思われます。
だからこそ残った、そうおもうんです。「好きだったな」という
農民すべてを罰するわけにも行かないでしょうし、またそれができたとして
単なる魔女に持統天皇は映るだけでメリットもない。
持統天皇にしてはたしかに大津皇子をたたえる歌を詠まれることは
気分のいいことではなかったでしょう。でもそれこそ人の意であることを
理解しようとしたのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいゴメンナサイ(><)
どうもありがとうございます!!
もっと多くの作品に触れてみたいと思いました。
どうもありがとうございました☆

お礼日時:2001/11/27 15:41

語りで伝えられていた時代には語りにふさわしい歌があったように、紙に書くようになって伊勢物語・竹取物語の登場になります。

これらも暗記して楽しんだようです。
叙事文学(物語)がどのような形式なのか理解できませんが、今から書かれてもよいのではないでしょうか。
ただ、物語は「物」の道理を「語る」ことで、「事」の「語りごと」とは別扱いであったという説があります。
万葉集はその点「事」を伝えていると感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!!詳しいんですネ★私ももっと勉強しようとおもいました。どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/07/21 12:28

当時の持統天皇は天智天皇と同じくらいの独裁者としておそれられ、大津皇子の死に関して、物語を書くというのははばかられたのでしょう。

和歌で、悲恋を歌い上げるのは
天武天皇と額田王の例もあり、意外と寛容な時代でもありましたが、物語となると、気持ちを歌うのとは違いますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!!!とても助かりました★ありがとうございましたm(^^)m

お礼日時:2001/07/20 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今和歌集か万葉集?

古今和歌集か万葉集?(もしくは他の和歌集)の中に
「亡くなったあの人の手紙の文字を見るとその人が偲ばれて悲しい」と言った意味の和歌があったと思うのですが思い出せません。何処かの本で読んだのですが....
御存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

情報が少なすぎますね。意味だけなら当てはまるものがいくつもあって、しかも「うろ覚え」という可能性まで考えるともう、絞りようのない質問です。

……ざっと見ました(T_T)。
万葉集→挽歌部分のみ。それらしきものはなし。
古今集→哀傷歌部分のみ。同上。
新古今→哀傷歌(巻第八)
手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見にになりにけるかな(805)
尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり(806)
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ(807)
誰か世にながらへて見む書きとめし跡は消えせぬ形見なれども(817)
書きとむる言の葉のみぞみづぐきの流れてとまる形見なりける(826)
※ただ、ざっと見なので、見落としの可能性は多分にあります。

次に死んだ人を偲ぶ歌を歌った、ということを考えました。思いつくのは三人でした。もちろんそういうシチュエーションの人はもっといます。

和泉式部→恋人が亡くなったあと、情熱的な偲ぶ歌を多く作っています。しかし手元に資料がありません。「和泉式部日記」などご確認下さい。
紫の上が亡くなった後の源氏→古手紙を処分しながら亡き人を偲ぶというシチュエーション。

死出の山越えにし人を慕うとて跡を見つつもなほまどうかな(御法)

建礼門院右京大夫→平家の公達であった恋人を亡くしています。
「建礼門院右京大夫集」より。
めぐりきてみるにたもとをぬらすかな 絵島にとめしみづぐきのあと(78)※父への哀傷歌
かなしさのいとどもよほす水ぐきのあとはなかなか消えねとぞ思ふ
         (田辺聖子「文車日記」より孫引き)

……本で読んだ、というのが和歌専門の解説書などではないとしたら、上記の新古今の歌は該当しないような気がします。というのは、付属する物語としてインパクトが弱い。
後者の系統の方が、物語性がありますのでエッセイなどになりやすく、該当するものがあるのではと思います。
こういう類の質問をするなら、出来ればもうちょっと情報がないと……。むきになって調べたので一応書きますが、当っているという予感がありません。こういうのってカナシイものです(T_T)。

ちなみに建礼門院右京大夫は、

水のあわときえにし人の名ばかりを さすがにとめてきくもかなしき(327)

という歌が一番?有名かと思いますが、これは恋人の公達の署名が昔の書類にあるのを見てor聞いて詠んだ歌だそうですので、シチュエーションには合っているかと思います。

情報が少なすぎますね。意味だけなら当てはまるものがいくつもあって、しかも「うろ覚え」という可能性まで考えるともう、絞りようのない質問です。

……ざっと見ました(T_T)。
万葉集→挽歌部分のみ。それらしきものはなし。
古今集→哀傷歌部分のみ。同上。
新古今→哀傷歌(巻第八)
手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見にになりにけるかな(805)
尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり(806)
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ(807)
誰か世にながら...続きを読む

Q万葉集の和歌「田子の浦ゆうちいでて見れば・・・」について

今国語の授業で和歌について勉強しています。そこで和歌について発表しなければなりません。

私が調べる和歌は
田子の浦ゆうちいでて見ればま白にぞ富士の高嶺に雪は降りける  山部赤人     
です。

この和歌についての解説(訳だけでなく句切れや心情など)と山部赤人について載っているHPを知っている方、または知っていることがある方は教えて下さい。

Aベストアンサー

ネットだけでなく、ご自分で本でちゃんと調べた方がいいですよ。

勝手に人の論文を、自分が調べたこととして発表するということは、厳密にいうと「盗用」ということになってきます。
そして、発表する際に文献の引用の場合は、本来「著者名 著名 頁(ページ) 出版社 年度 」が明らかにされる必要があります。
まぁ、「国語」の授業ってことなので、小中高でそこまで徹底してるかどうかわかりませんが。本来はいけないことなんですよ。

それを踏まえた上で、参考のために。
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/akahito2.html

http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/m317.htm

http://homepage2.nifty.com/hat-nif/tokaido/ichirizuka/column38.htm

Q万葉集のこの和歌について教えてください。

万葉集の第4巻 668の、
朝に日に 色づく山の白雲の 思い過ぐべき 君にあらなくに
の解釈〔意味〕を教えていただけませんでしょうか?
 どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>「日本古典文学大系版(校注?)」などというのは簡単に本屋さんで手に入るものなのでしょうか?・・・
岩波書店の「日本古典文学大系」は1955年刊なので、現在では古書店めぐりをしないと手に入らないと思います。
しかし、同じく岩波から「新日本古典文学大系」という新しいシリーズでも万葉集は出ています。
こちらは1999年刊なので、新刊書店で入手可です。4,500円と割高ですが…。

万葉集は他にも以下の全集に収められています。
買うと高いですが、ちゃんとした図書館になら少なくともどれかのシリーズは入ってるはずです。

小学館・日本古典文学全集
小学館・新編日本古典文学全集
新潮社・日本古典集成
講談社学術文庫

一番お値段が手頃なのは講談社学術文庫ですね。
でもこれ、品切れ・再版予定なしで、意外と入手は困難です。

参考URL:http://library.u-gakugei.ac.jp/lbhome/dok/dok1.html

Q万葉集と農民(庶民)の生活を詠った和歌

社内報を担当している友人と飲んだ時に和歌を勉強していると口を滑らしたら(飲んでいる時なので少し自慢げに…(^_^;A)今度の社内報で農民の生活と和歌といったテーマで書いてくれと依頼を受けてしまいました。
貴族文化が成熟してくると、農民とかの生活は、雅でないものですから、歌になっていないので、万葉集辺りで書こうかと思い立ちましたが、数少ない知っている万葉歌の中で貧窮問答しか思いつきません。
愚かにも飲んでいる勢いで安請け合いをしてしまった小生に、良い歌をお教え下さい。m(_ _)m

それ以外の和歌でもお教えいただければ幸いです。独学している新古今には1~2首しか無いので。

Aベストアンサー

>飲んでいる勢いで安請け合いをしてしまった
濁世の憂いを払うありがたい玉箒も、度が進むと陶酔の勢いから、まるで「鍋の鋳掛けが釣鐘を請け合ったよう」な成り行きに、「酔いて狂言醒めて後悔」とは誰しもよくある、また幾度も繰り返すこと日常でありますが、それにしても大変なテーマではありますね。

「日本書紀では「百姓」「民」「庶民」「兆民」「黎民」「黎元」「居人」などをオホミタカラ・オオムタカラと訓んでいる」(小学館「古語大辞典」)ということで、「万葉集 おほみたから」で検索したら、万葉集4516首から田や畑を抽出した一覧がありました。ご参考まで。
「水土の知 万葉集の田畠に見る」http://www.geocities.jp/no_tohoku/mizututi/manyou.html

ところで歌人たちにしても、ただ花鳥風月に縁った風流韻事を専らにするだけではなく、むしろオホミタカラの現実生活の諸相に寄せる形で己の喜怒哀楽の表現を活性化させていたのではないでしょうか。

「衣手に 水渋(みしぶ)付くまで 植ゑし田を 引板(ひきた)我が延(は)え 守れる苦し(巻8-1634)」
袖が水渋で色が変わってしまうほど懸命に植えた田─それほどまでに手塩にかけた娘─を荒らしにくる外敵を追い払うため鳴子を張り巡らして番をするなど、「守れる苦し」。

「娘子(をとめ)らが 続麻(うみを)のたたり 打ち麻(そ)掛け うむ時なしに 恋ひ渡るかも(巻12-2990)」
麻撒き・麻刈り干しと手間をかけた麻糸を績=続(うむ)作業が、これもまた倦む時なく続く、それほどまでに「恋ひ渡るかも」。

「然(しか)とあらぬ 五百代(いおしろ)小田を 刈り乱り 田蘆(たぶせ)に居(を)れば 都し思ほゆ(巻8-1592)」
大伴旅人の異母妹にあたるお姫様が農繁期に自家の荘園に手伝いにいって詠んだ歌には、鳥獣から田守する番小屋での寝泊まりなどといった庶民の暮らしにほとほと懲りてしまい、とにかく「都し思ほゆ」と。よくもまあ、こんなちっぽけな田圃のくせにとこぼす歌の中にも、大化以前の耕地面積の単位取りや、穂首刈りではなく根刈りして稲束を地面に扇状に広げて干した、そんな刈り取り風景が仄見えてきます。同じ大和の地の農夫が「稲機」を発明し、それ時の政府が奨励するには9世紀半ばまで待たなければならなかったとか。

>飲んでいる勢いで安請け合いをしてしまった
濁世の憂いを払うありがたい玉箒も、度が進むと陶酔の勢いから、まるで「鍋の鋳掛けが釣鐘を請け合ったよう」な成り行きに、「酔いて狂言醒めて後悔」とは誰しもよくある、また幾度も繰り返すこと日常でありますが、それにしても大変なテーマではありますね。

「日本書紀では「百姓」「民」「庶民」「兆民」「黎民」「黎元」「居人」などをオホミタカラ・オオムタカラと訓んでいる」(小学館「古語大辞典」)ということで、「万葉集 おほみたから」で検索したら、...続きを読む

Q外国文学で、もっとも多くの悲劇が書かれた国は?

タイトル通り、とりあえず、よくバッド・エンドで終わる小説の舞台になった国を教えて欲しいんですが…
時代などは問いませんが、できれば海が近く、キリスト教に関係があった国をお願いします。

Aベストアンサー

なんとなくですが、聖書やシェークスピアあたりにつながる作品が一番バッドエンドまたは悲しい結末に近くなるのではないかと、上の二つは歴史も古いし、今でも認知度の高い作品ですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報