プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

日本の小説には大抵プロローグとエピローグというのがありますが、海外にはそういうような形式があるのでしょうか??
また、日本の小説と海外の小説の違いって描写や形式など、特徴的な違いがあったりしたら教えて頂きたいです。

A 回答 (4件)

日本の小説には大抵プロローグとエピローグというのがありますが、


海外にはそういうような形式があるのでしょうか??
  ↑
ありますよ。
欧米でも、中国でも、あります。




また、日本の小説と海外の小説の違いって描写や形式など、
特徴的な違いがあったりしたら教えて頂きたいです。
 ↑
欧米の小説は、人物紹介が詳細でくどいですね。
この人物の性格はドウタラコウタラ、と延々と
数ページで紹介したりしています。

そんなのは、筋の中で紹介していればよいだろうにと
思います。
    • good
    • 1

始まりはプロローグで終わりはエピローグですから


形式の問題ではありません

海外の小説には
基本的には
日本人には気がつかない宗教の問題があります

そう言った違いがなければ
海外の小説を読む意味がありません

反対に
日本の小説では
我々にはあたりまえのことでも
海外の人が読むと
理解できないことがあります

例でいうと
なぜ自殺をしたのか
日本人なら納得しても
海外の人には理解できないことがあります

日本には恋人同士で心中ということがありますが
これも
海外の人には理解できないということがあります

こういうことを考えて
海外の小説を読むとおもしろいですね
    • good
    • 1

プロローグやエピローグがある海外小説はありますよ、無いものもある



日本語で書いてあるのが日本の小説です(^_^)v

小説の書き方なんて、色々です、国別の差なんて無いです(中国などでは政府批判になるようなことは書けませんが)
    • good
    • 1

日本の小説も大抵はプロローグもエピローグもないし、海外の小説にも大抵はありません。


もちろんあるのもある。

村上春樹の小説が海外でも人気なのは英語文体だからというのがあるみたいです。
日本語版でも読んでみると多少感じるものがあるかもしれませんよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング