「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

最近「彩雲国物語」を読んで中華風ファンタジーにはまりました。
何か面白い本が有れば教えて下さい。

一応、「十二国記」は読みました☆(面白かったです!)
後は、先日「雄飛の花嫁」という本を読んで、中華風ファンタジーで恋愛物が凄く読みたくなりました。

ので、中華風で政治的な話を盛り込みつつ、ラブストーリーもしっかり書いてあるお勧め本を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 少し暗いかもしれませんが・・・・



 井上祐美子さんの「五王戦国志」はいかがですか?かなり骨太な架空戦記ものです。政治面が強くて、恋愛色はそれほど強くはないですが・・・・
 このかたは、他にも中国をモチーフにした作品を多数書かれていて、女性が主人公のものも多いです。どれも面白いので、一度読んで見てください。

 中華というよりも、上海や香港がモチーフのような感じですが、「四龍島(スーロン島)」のシリーズもお薦めです。本編(龍のつくシリーズ)は、アクションの要素が強いですが、外伝(花のつくシリーズ)は、結構恋愛色が強いです。作者は、真堂樹さんです。

 中華風とは言い切れないのですが、今野緒雪さんの「夢の宮」シリーズはいかがですか?後宮の中でも「夢の宮」と呼ばれる特別な建物のかかわる、作品集です。王の寵愛を受けた女性が住んだり、予言によって王が幽閉されたり、絵の好きな王がアトリエとして使ったりと、さまざまな話が展開されています。一話完結の作品ですので、どの作品からでも大丈夫です。(薔薇がタイトルに入っているものだけは、出版順に読まれることをお奨めしますが・・・・)

 かなり古い作品ですが、長谷川朋呼さんの「崔風華伝」も少し切ないですが、いい感じです。

 シリーズ物の中の一冊ですが、高殿円さんの「黎明に向かって翔べ」も、お探しの作品に近いと思います。シリーズのほかの作品は、ヨーロッパ風ですが・・・・

 現代の中国(主に香港)が舞台でもよければ、星野ケイさんの作品も、いいと思います。(ホンコン・シティ・キャット等)ただし、この方はBLの要素があるので、そういったものが苦手だと・・・・・

 とりあえず思いついたものを書き出してみました。お気に入りが見つかればうれしいです、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳有りません。
「五王戦国志」凄く凄く良かったです☆ハマリました!
1巻読んだら止まらなくなって、本屋梯子して全巻揃えました。
凄く面白くって、まだまだ、こんなに楽しい本が有るんだ~と実感です。
更に中国モノにはまりそうです(^^)/
ありがとう御座いました☆

お礼日時:2004/12/07 14:17

藤水名子さんのはいかがでしょう。


ファンタジーでないもの、普通の歴史小説も
ありますが、中華風アンド恋愛モノはたくさん
書いてらっしゃいますし、ライトノベルに近い
ような読みやすい小説が多いと思います。
確か、コバルトでも昔出てたような気がします。
私が印象に残っているのは、
「あなたの胸で眠りたい―長安遊侠傳―」です。
集英社のハードカバーです。図書館に行けばたぶん
あるのでは。
主人公は、ものすごく美人でしかも強いお姉さん。
登場人物はみな、とても魅力的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳有りませんでした。
早速、古本屋を回りましたが、未だに、お勧めの「あなたの胸で眠りたい―長安遊侠傳―」は見つかりませんでした。
その変わり、別の藤水名子さんのを注文中です。
今から楽しみです。
ありがとう御座いました☆

お礼日時:2004/12/07 14:03

田中芳樹の 「風よ、万里を翔けよ」



田中さんは ほかにも いくつか 中国を舞台としたものを書いていますが、この小説の元になった 木蘭の伝説は
ディズニーも アニメ化しています。

ディズニーのタイトルは 木蘭の中国語読みの「ムーラン」です。

http://www.wrightstaff.co.jp/sakka/tanaka-list/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

田中芳樹さんは銀英伝をむさぼるように読みましたが、その当時は中華風に全く興味が無く、避けてました(^^:)

読んでみます~。アリガトウ御座いました☆

お礼日時:2004/11/05 21:43

ライトノベルですが、富士見ファンタジア文庫の『封仙娘娘追宝録(ふうせんにゃんにゃんついほうろく)』がおすすめです。


宝貝(パオペエ)を人間界にバラまいてしまった「和穂」という仙人が主人公です。
恋愛…はどうかなって感じですが、一緒に宝貝を探してくれている「殷雷(刀)」(♂)という宝貝とは、(あ、宝貝は人間の姿になれるんです)それなりに親密になっていくというか…うーん…微妙ですね;
ごめんなさい;
中華風ファンタジーということだけで有れば、この本はビンゴだと思います。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_result_bo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事アリガトウ御座いました☆

富士見ファンタジア文庫は盲点でした!
と、いうか手に取ったことが有りませんでした(^^;)
ライトノベル大歓迎なので他にも面白いものが有りましたら教えて下さい!

兎に角、『封仙娘娘追宝録(ふうせんにゃんにゃんついほうろく)』探してみます。
アリガトウ御座いました☆

お礼日時:2004/11/05 21:47

#1のmshr1962です。


紗々亜璃須「水仙の清姫」から始まる連作があります。
http://www.tcp-ip.or.jp/~mt2knm/main/SasaArisu.h …

参考URL:http://www.tcp-ip.or.jp/~mt2knm/main/SasaArisu.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

紗々亜璃須さんですね。初めて聞く作家さんです(*^^*)
ちょっと楽しみです☆
本屋に行って探してみます☆
ありがとうございましたm(vv)m

お礼日時:2004/11/05 21:48

アニメになったものですが


「後宮小説」(作:酒見賢一、新潮社刊)
http://www3.nhk.or.jp/anime/03winter/program/kum …

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/anime/03winter/program/kum …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事アリガトウございました!

確か何か賞を取った作品ですよね?
タイトルだけ知ってます。
本屋に行って挑戦してみます~。

お礼日時:2004/11/05 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの中国系小説、教えて下さい

中国系の小説が大好きですが、最近「これ!」という小説が見つけられません。皆さんの「これ、お勧め!」「一度読んでみたら?」という本がありましたら教えて下さい。
外出中でも気軽に読みたいので文庫本が希望です。
ちなみに今まで読んだ本は下記のとおりですので、下記以外でお願いします。
●十二国記<小野不由美>
●三国志<北方謙三>
●曹操<陳舜臣>
●夏姫春秋<宮城谷昌光>
●黒竜潭異聞<田中芳樹>
●彩雲国物語<雪乃紗衣>
 以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ!
正統派のガチガチ中国小説をご希望なら的外れですが、一応参考URLNo2の下の方で私が書いております「封仙娘々追宝録」をオススメしておきます。リンク先をご参照下さい。
結構頭を使う展開が多いので、「策略」とかそれなりに本格な中国っぽいのでは?と思いますが・・・。「文庫」という条件はキッチリ満たしております。
まだ以下続刊の予定ですが、諸事情によりもう続刊が無くなって随分経つので、新刊屋では手に入らないかもしれませんので、お探しの時は、古本屋も範疇に入れてお探しください。

お好みの作品が見つかるようにお祈りしてます!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1498468

Q「十二国記」「彩雲国物語」好きな方、他におすすめ本ありますか?

こんにちは。「十二国記」にはまってしまい、似たような小説を読みたいと、こちらで検索し「彩雲国物語」を探し、ものの見事にはまってしまった一人です。
これらと同じような主従ものファンタジー、できれば
チョコっと恋愛が入っていれば、なお嬉しいんですが・・・。おすすめの小説があれば教えて下さい!

Aベストアンサー

茅田砂胡さんの「デルフィニア戦記」おすすめです。
十二国記はアジア(中国?)っぽい世界の話ですが、こちらはヨーロッパ風。

王座奪還を目指す男と、異世界から来ためっちゃ強い美少女が旅をする物語です。(←省略しすぎ)けっこう長いお話なので、読み応えありますよ。

Q良質なファンタジー小説のオススメ

上橋菜穂子さんの『獣の奏者』『守り人シリーズ』、荻原規子さんの『勾玉シリーズ』『RDG』、小野不由美さんの『十二国記シリーズ』など、大人でも楽しめる良質なファンタジー小説のオススメを探しています。

古い作品でも、新しくてハードカバーしか無くても構いません。
オススメあれば教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

古いものですが
田中芳樹「アルスラーン戦記」 

私が子供の頃大流行しました
最近、荒川弘さんによって漫画化が始まりました

藤川桂介「宇宙皇子」

飛鳥時代から始まる和風ファンタジーです。
一時期絶版でしたが、最近復刻しました。
これも子供時代に大流行しました。

酒見賢一「陋巷に在り」

非常におすすめですが、性的な内容もあるので、嫌いな人は嫌いかもしれません
性的なものもこの世界の重要なエネルギーとして扱われてはいますが…。
中国の伝奇ファンタジーです。
孔子の弟子、顔回が主人公で、礼や儒教の呪術的な側面をクローズアップしています。

「後宮小説」

ファンタジー文学大賞の第一回受賞作。陋巷に在りと同じ作者
アニメ映画化されました。
ファンタジーといえど、架空の国の話、という感じで
霊的なものや不思議な生物などが出てくるわけでも冒険ものでもありませんが
一人の少女の成長の物語です

皆川ゆか「ティーパーティシリーズ」

「ぱらどっくすティーパーティ」から始まる長編シリーズ
かつてのティーンズハートなので、一見するとティーンズ向け
軽いギャグたっちのノリなので大人向けっぽくはなく好みは別れるかもしれません
しかし大人が読んでも楽しめる部分もたくさんある作品でした

古いものですが
田中芳樹「アルスラーン戦記」 

私が子供の頃大流行しました
最近、荒川弘さんによって漫画化が始まりました

藤川桂介「宇宙皇子」

飛鳥時代から始まる和風ファンタジーです。
一時期絶版でしたが、最近復刻しました。
これも子供時代に大流行しました。

酒見賢一「陋巷に在り」

非常におすすめですが、性的な内容もあるので、嫌いな人は嫌いかもしれません
性的なものもこの世界の重要なエネルギーとして扱われてはいますが…。
中国の伝奇ファンタジーです。
孔子の弟子、顔回が主人公で、...続きを読む

Q小野不由美「十二国記」みたいな本でお勧めはありますか?

こんにちわ。
とても好みが限定されていて
わかりにくいかとは思いますが、紹介していただけたらと
思っています。

好みの傾向として
・現実とは違う世界観
・HAPPY END系

好きな本の傾向としては
・ハリーポッター
・小野不由美 十二国記
・茅田砂胡「デルフィニア戦記」
・ロードス島戦記

漫画で言えば
・BASARA
・7SEEDS

みたいなので何かお勧めな本はありますか?
変な質問で申し訳ないのですが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世界観を持つ世界を舞台に、魅力的なキャラクター達が活躍します。

 紗々亜璃須さんの「水仙の清姫」から始まる一連のシリーズも、とても面白かったです。登場人物は様々ですが、どの作品の主人公も生き生きと活躍しています。

 井上祐美子さんの「五王戦国志」は、少し暗めですが、架空戦記としてとても良くできています。イラストもとても綺麗ですし、ぜひ読んで欲しいと思う作品です。この方の作品も、当たりはずれがあまりないので、お薦めです。

 中華風以外ですと・・・

 津守時生さんの作品も一押しです。「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」が、特にお薦めです。
 「喪神の碑」は、故郷を失った王子が、新たなふるさとを再建していくお話ですが、主人公(王子ではないです)の新米乗組員の成長物語としても、とても面白いです。
 「カラワンギ・サーガラ」は、少女が、未開の熱帯雨林惑星で、バカンスを過ごすところから話がスタートします。この惑星には、様々な秘密が隠されていて・・・

 荻原規子さんの「勾玉」シリーズも、良いと思います。子供向けのシリーズとして出ていますが、大人が読んでもとても面白かったです。シリーズの順序は、「白鳥異伝」「空色勾玉」「薄紅天女」です。神から授けられた、勾玉を巡る壮大なシリーズです。日本神話がベースです。

 金蓮花さんの作品も好みにあうかもしれません。最近の作品ですと、「砂漠の花」「銀朱の花」がお薦めですし、少し古めの作品でもよければ「水の都の物語」が一押しです。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世...続きを読む

Q女性が主人公の時代小説を教えてください。

大河ドラマ『江』にはまってます。

女性が主人公の時代小説を教えてください。
時代は平安~幕末。
フィクション、ノンフィクション問いません。
できれば文庫本がよいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する女性の話ですと、お市の方やおねさんなどあります。戦国辺りの女性主人公は多いです)を主人公にして小説を書いています。

諸田玲子さんは、主に江戸時代の女性をよく書いていらっしゃいます。お江のお話ももちろんありますよ。
お江絡みですと、築山殿(徳川家康の奥さん)を主人公にした「月を吐く」というお話があります。
一般的は「悪女」として知られている築山殿が、また違った感じに描かれていて、おもしろかったですよ。
家康の最後の側室「お六」が主人公の「仇花」、もう少し時代が下って綱吉の側室だった女性の熱い恋の物語もかなり心に残るお話でした。

杉本苑子さんは、戦国より何百年の前の奈良~平安初期にかけての小説が多いのですが、短編集で、御台所となったお江と激しく対立する「春日局」を書いています。
ただ春日局に関する小説は、松本利昭さんの「春日局」が一番面白かったです。

他にもいくつか書いておきますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

◎永井路子さん
乱紋(浅井三姉妹、江)-文春文庫(上下巻)
流星-お市の方(お市の方)-文春文庫(上下巻)
王者の妻(おね)-PHP文庫(上下巻)

◎諸田玲子さん
美女いくさ(お江、小説内では小督)-中公文庫
月を吐く(築山殿)-集英社文庫
仇花(家康の側室お六)-光文社文庫
灼恋(綱吉の側室染子)-新潮文庫

◎杉本苑子さん
春日局(春日局、他4編)-集英社文庫

◎平岩弓枝さん
千姫様(お江の娘千姫)-角川文庫

◎宮尾登美子さん
東福門院和子の涙(お江の娘、後水尾天皇女御和子)-講談社文庫

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する...続きを読む

Q時代物で恋愛小説。オススメありませんか?

いつもいつも大変お世話になっています。

時代…というか歴史というか…。
そういう昔を舞台とした恋愛小説を読みたいんです。
舞台となっている時代は何時代でもかまいません。
けど日本人が主役の本がいいです。

今まで読んだ時代物の恋愛小説は、
・京極夏彦さん『嗤う伊右衛門』
・玉岡かおるさん『天涯の船』
・三浦綾子さん『氷点』
・北村薫さん『リセット』
      『スキップ』←けれどちょっと時代が新しすぎるかなぁ~と言う気も…
・恩田陸さん『ライオンハート』
あとはコバルト文庫が少々です。

こんな私に何か良い小説はないでしょうか?
あなたのオススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

私がオススメする本は、船山馨(かおる)の『お登勢』です。
時代は幕末~明治初期。舞台は徳島と淡路島から北海道へ。
主人公のお登勢は奉公人で、その奉公先は佐幕派。
お登勢が密かに心慕う男性は、討幕派の家。
さらに奉公先の娘とお登勢の好きな相手が恋仲になってしまう・・・
というお話です。
3人の人物を中心として、激動の幕末の時代の波に飲まれていきます。
また、史実にも忠実なので、幕末の徳島藩・稲田家及び、北海道開拓史の様子も、物語とともに楽しめますよ。
ちなみに数年前に、NHKの金曜時代劇で映像化され、人気となったドラマの原作です。
お登勢役は、沢口靖子さんでした~。
少し長いですが、物語に引き込まれていくので、どんどん読めると思います。
よろしかったら、お読みになってくださいね☆

Q男装女装ストーリーなどの漫画・小説を探しています。

こんにちは。
以前から漫画・小説を読んでいたのですが、まとまった現金が多少入ったので、学校が休みの期間に読もうと思っています。
そこで、今まで読んだことのないストーリーを読もうと思い、こちらで質問をさせていただきました。
私が求めているストーリーは、

・主人公(あるいはサブキャラクター)が男装、または女装など自分の正体を隠している。
・主人公が他人と体が入れ替わってしまった。

このような条件がひとつでも入っていれば、大丈夫です。
少年向け、少女向け、漫画、小説は問いません。
皆様の暖かいご回答、お待ちしております。

Aベストアンサー

 志麻友紀さんの作品がお勧めです。
 デビュー作の「ローゼンクロイツ」では、主人公の少年(変装の名人)が、暗殺された妹の身代わりとして、隣国の宰相の下へと嫁ぐところからスタートします。
 「マスケティア・ルージュ」では、出生の秘密を抱えた少女が、男装して銃士隊に志願するところから話がスタートしていきます。

 茅田砂胡さんの「デルフィニア戦記」は、男装の麗人や女装の美少年がたくさんでてきます。主人公は、「自分は男だ」と言い張る少女ですし、将軍の一人娘として男装して、従軍する女性もいます。第二部から登場する、主人公の侍女は、実は美少年ですし・・・・・

 榎木洋子さんの「月の人魚姫」「海賊と人魚姫」には、成人するまでは両性具有の種族の少年が主人公です。(周囲は女になることを期待しているが、本人は男になって、宇宙飛行士になりたがっている・・・)少し、外れるかもしれませんが、面白いですよ。

 麻城ゆうさんの「百万年分の一瞬 インナー・タイムトラベラー」も、面白いです。こちらは、特定の条件下でですが、他人の姿になることが出来る特殊な一族の物語です。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

 志麻友紀さんの作品がお勧めです。
 デビュー作の「ローゼンクロイツ」では、主人公の少年(変装の名人)が、暗殺された妹の身代わりとして、隣国の宰相の下へと嫁ぐところからスタートします。
 「マスケティア・ルージュ」では、出生の秘密を抱えた少女が、男装して銃士隊に志願するところから話がスタートしていきます。

 茅田砂胡さんの「デルフィニア戦記」は、男装の麗人や女装の美少年がたくさんでてきます。主人公は、「自分は男だ」と言い張る少女ですし、将軍の一人娘として男装して、従軍す...続きを読む

Q古代中国の礼?

蒼天航路を読んでいて思ったんですが、体の前でグーの右手を左手で包む(左右は逆かも?)ポーズにはどんなの意味があるんですか?
命令されたときに、「了解!」の意味で使っているときもあれば、気合を入れるために(?)のときもあるような…
臣下の礼にも見えるんですが、顔の高さで両手の指先を重ねたポーズを「臣下の礼」と言ってるシーンもあるから違うのかも
(長阪の時に劉備の後ろで孔明が手だけを前に出してこのポーズを取り、「顔を合わせないままの臣下の礼?」と書いてある)
このポーズは両方とも三国志の絵やマンガでよく見かけるのですが、いつ頃からいつ頃まで使われていたんでしょう?

他にも袖口を体の前で合わせた格好(中国人の絵でよくやっているポーズ)にも何か礼儀作法上の意味があるんでしょうか?

古代礼儀作法(ジェスチャー的なもの)で他に何かあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

拝揖、拝礼、拝拱、揖礼、揖譲、拱手、拱揖
など色々な言い方があるみたいです。どれも両手を胸の前で組み合わせ、
意味や動作がそれぞれ微妙に違っているらしいです。

『拝礼』
 両手を組んで頭をたれ、ついで両手を両脇に戻す。
 君主などの命令を拝受する際に使用される。

『揖礼』
 両手を組み頭を下げる。
 相手に敬意を表す際に使用される。

『拱手』
 吉事には男は左手、女は右手を上にして両手を組む敬礼。
 凶事には手が逆になる。

*間違ってるかも知れません。


両手を前に組む礼の作法は孟子や論語等、
いずれも春秋戦国の書物に書かれているため、
遅くともこの時代にはあったと思われます。
いつ頃までは使われたかは分かりません。


他に九拝という九種類の礼があります。
稽首、頓首、空首、吉拝、凶拝、奇拝、褒拝、粛拝、振動
と言うらしいですが、稽首と頓首が最も重い礼であるという以外は
詳しくは知りません。

Q中国人の名前一覧の掲載されたサイト(漢字名)

現代の中国人(大陸&香港)の、一般的な名前のリストの掲載されている、中国語or日本語(漢字で表記されている)サイトはありますでしょうか?
もしくは、検索方法がありましたらお教えいただけると幸いです。
中国語でそれらしい単語で色々と検索してみたものの、上手く引っかかりませんでした。

英語で書かれた、中国の赤ちゃんの命名のためのサイトは見付かりますが、こちらは漢字で書かれていないので、対応の漢字を探すのがとても大変です。
名字は日本語で解説された、とても解り易いサイトがあるのですが…。

小説等に中国人の登場人物を出そうと思っているため、色んな名前を知りたくおります。
何卒、よろしくお願い致します。
(中国少数民族とは別の質問になりますので、改めて質問させていただきました。
連続して質問してしまったこと、お詫びいたします)

Aベストアンサー

中国の名前はいろいろですね。
別の国は全然違うです。
例え 女(唐)詩雨    {今まで僕とて一番に美しい名まえ。}
   
  男(王)之誦 
   (淘)行之(現代作家) 
    ちょうど古代の意味あり、”之”があるから  
    
 男 (苗字)俊
   (苗字)杰
   (苗字)俊杰
       竜
       超亜 
       超
       良
       世杰
       
女      嬌
       嬌嬌
       恬
       雅
       佳
       佳佳
       婷
       婷婷
       雅恬
       雪
       曉
       曉雪

中国人とては難しいことじゃない。
  
      
 

Q少女・女性向け ライトノベルを教えてください

10数年ぶりに小説にハマり、いろいろと探しているのですが、
たくさんありすぎてどれを選んだらいいか困っています。
お薦めがありましたら教えてください。

□希望
コバルトやビーンズ文庫、B's-LOGなどのライトノベルやネット小説
ファンタジーや異世界
女の子主人公
恋愛要素あり(だけど恋愛だけじゃなく物語があるものが嬉しいです)

ここ数ヶ月はなろうサイトで読んでいました。
購入した文庫で気に入ったのは「神の眠る国の物語シリーズ」です。
好きなキーワード 姫、王子、騎士、男装、ドラゴン、猫など、RPGや王道のものも好きです。
絶対ではないですが、長くても10冊ほどが理想です。 

□ダメなもの
BL、GL、ハッピーEDではないもの。
読んだことはまだありませんが、学園物はなしでお願いします。

Aベストアンサー

角川ビーンズなら
1 彩雲国物語シリーズ:雪乃紗衣
2 身代わり伯爵シリーズ:清家未森
は外せません。

他に
マギの魔法使いシリーズ:瑞山いつき
アラバーナの海賊たちシリーズ:伊藤たつき
星宿姫伝シリーズ:菅沼理恵
瑠璃の風に花は流れるシリーズ:槇ありさ
などなど。

ビーンズ文庫は毎年夏~秋にかけて受賞作が刊行されるので、それを目当てに購入してみてはいかがでしょう。

2010年の受賞作品ですけど…
http://www.kadokawa.co.jp/beans/freshb/

それからビーンズ文庫は雑誌「The Beans」も刊行しています。受賞作の短編も掲載されていると思うので、気になる作品を探すにはこちらもチェックしてみてください。ビーンズ文庫サイト(http://www.kadokawa.co.jp/beans/index.php)の「オススメ作品」も一読してみる価値アリです。


コバルト文庫…は、最近BL化が加速している気もしますけど。
1 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険シリーズ:橘香いくの
2 サンク・ヴェリテの恋人たちシリーズ:橘香いくの
3 ちょーシリーズ:野梨原花南
4 流血女神伝シリーズ:須賀しのぶ
5 風の王国シリーズ:毛利志生子
6 龍と魔法使いシリーズ(他龍シリーズ):榎木洋子
などなど。ちょっと昔のすぎるかな…?

少女向けではないけれど…
茅田砂胡さん作品
スカーレット・ウィザード
暁の天使たち
クラッシュ・ブレイズ
規格外のデカい夫婦が暴れ回るお話です。なかなか…面白いです。



はじめて購入する本って、書き手の魅力がわからないので、あらすじと「表紙」が判断材料。気分は運試し。
そのなかで「彩雲国物語」と「身代わり伯爵」は当たりでした。

角川ビーンズなら
1 彩雲国物語シリーズ:雪乃紗衣
2 身代わり伯爵シリーズ:清家未森
は外せません。

他に
マギの魔法使いシリーズ:瑞山いつき
アラバーナの海賊たちシリーズ:伊藤たつき
星宿姫伝シリーズ:菅沼理恵
瑠璃の風に花は流れるシリーズ:槇ありさ
などなど。

ビーンズ文庫は毎年夏~秋にかけて受賞作が刊行されるので、それを目当てに購入してみてはいかがでしょう。

2010年の受賞作品ですけど…
http://www.kadokawa.co.jp/beans/freshb/

それからビーンズ文庫は雑誌「The Beans」も刊行し...続きを読む


人気Q&Aランキング