ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

先日、通貨ペソが急落しているアルゼンチンは、輸出税を増税をしました。
輸入税はよく聞きますが、輸出税は珍しいですね。
大統領の意向は、通貨安で恩恵を受けている輸出業者に、財政負担を増やしたい、ようです。
ところで、このような輸出税増税は、通貨の急落の回復には、効果はありますか?

A 回答 (3件)

通貨安により、輸出には有利に働く


見方をかえると、本来国内に供給されるべきものが、海外に流れてしまう事でもある

輸入が難しい中で、市民生活に必要なものまで海外に流出したら
さらにインフレ圧力が高まる
それは、支持率低下に直結する

通貨価値視点よりもインフレ率の抑制の一つでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<通貨価値視点よりもインフレ率の抑制>
なのですね。輸出に回る分が、国内に出回り、幾分なりと物価の上昇を和らげるのですね。

お礼日時:2018/09/09 18:50

自国通貨を強くするには中国のように中央銀行が通貨を作らず、デンソーウエブ社のQRコードを使い海外では銀輪カードで自国に金が入る仕組みの構築。

「銀輪の漢字が違うかなぁ?」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答あいがとうございました。
自国でほぼ独占している<銀輪カード>は、外国にもますます浸透してきましたね。中国は<銀輪カードで自国に金が入る仕組みの構築>しているのですね。「

お礼日時:2018/09/12 13:30

アルゼンチンはデホルトです。

輸出で企業が儲けるより国が儲ける事が大事、札束を印刷し過ぎたんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答ありがとうございました。
原因は<札束を印刷し過ぎた>ことですね。
輸出税増税分は、札束の回収に遮二無二に回せば、通貨安の抑制になるでしょが、政治の上では無理でしょうね。

お礼日時:2018/09/10 07:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公共投資を行うとGDPが増加し、為替レートが増価し、消費が増加し、そして金利が上昇して民間投資が減少

公共投資を行うとGDPが増加し、為替レートが増価し、消費が増加し、そして金利が上昇して民間投資が減少すると思いますが…でも為替レートの増価は純輸出の減少をもたらし総需要の減少をももたらす。具体的な経路はどう説明したらいいのかについて迷っています…

Aベストアンサー

公共投資が増加すると、乗数効果によってGDPが増加し、所得が増えるので消費支出は増える。GDPの増加は金利を上昇させ、民間投資を縮小させる(クラウディング効果)一方、金利の上昇は資本流入を招くので、為替レートを円高(為替レート増価)に導く。円高は輸出にマイナス、輸入にプラスの影響を与えるので、公共投資の増加によるGDP増加を緩和する方向に働く。

Qこの「看板」はどの「看板」ですか。

『それは或主張を立ててゐるとか、或使命を持つてゐるとか、看板はいろいろあるでせう。』

この「看板」は或作家の為に雑誌社がやっている広報活動の部分ですか。それについては、「主張」 と「使命」はどういう活動ですか。

『作家 冗談を云つては困ります。雑誌社が原稿を買ひに来るのは、商売に違ひないぢやありませんか?それは或主張を立ててゐるとか、或使命を持つてゐるとか、看板はいろいろあるでせう。が、損をしてまでも、その主張なり使命なりに忠ならんとする雑誌は少いでせう。売れる作家ならば原稿を買ふ、売れない作家ならば頼まれても買はない、――と云ふのが当り前です。して見れば作家も雑誌社には、作家自身の利益を中心に、断わるとか引き受けるとかする筈ぢやありませんか?』

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3758_27329.html

Aベストアンサー

この場合の「看板」は、「雑誌社の方針や目的などを端的に表現したもの」といった意味です。
たとえば、「日本文学を広く世に紹介することで万人の教養に貢献することを目的に我が社は設立された」など。
雑誌社が理想としていること、と言っても良いかもしれません。
しかし、どんなに素晴らしい理想を掲げていても、商売ですから、金銭的に損をしてまで、その理想を通そうとする雑誌社はほとん無いでしょう、と「作家」は言っているわけです。
雑誌社だって、このように損得で商売をしているのだから、作家だって、自分の損得で引き受けたり断ったりするのが当然です、と続けている。

Qミクロの問題で完全競争市場で50円の商品を50円以外の値段で売っても利潤が減るのはなぜでしょうか。

ミクロの問題で完全競争市場で50円の商品を50円以外の値段で売っても利潤が減るのはなぜでしょうか。
生産者余剰に触れて説明いてほしいです。

Aベストアンサー

ある財を完全競争市場に供給する典型的売り手(競争企業といいます)が直面する状況のグラフを描いてみましょう。縦軸にこの企業の限界費用と市場価格をとり、横軸にこの企業の生産量をとる。競争企業の限界費用は右上がりの曲線となる。縦軸に50(円)のところから水平に直線を引いてください、これがこの企業が直面する需要曲線だ。当該財を50円で販売するなら、いくらでも売れることを表わしている。ではいくらでも販売するのがよいのだろうか?違います。この50円の価格線と限界費用曲線が交わるところで、この企業の最適(つまり利潤最大化)生産量が定まる。水平な価格線と右上がりの限界費用曲線との間の三角形の面積は、この企業がこれだけの財を販売することから得られる生産者余剰を表している。別の言葉でいうと、生産者余剰とはこの量を販売することから得られる利潤と固定費用の合計を表している。この図からあきらかなように、価格が高くなるほど、「三角形」は大きくなり、その面積は増えるので、利潤と生産者余剰は大きくなる。では、価格が高ければ高いほど利潤・生産者余剰が大きくなるなら、この企業は50円より高い価格をつけ、市場で販売したらどうなるだろう。完全競争市場の買い手は誰もこの企業の製品を買う人はいなくなり、生産者余剰はゼロ、利潤は固定費用の分だけマイナスとなるでしょう。では50円より低い価格、たとえば40円に設定したらどうでしょう。この場合は、40円で買う人はいくらでもいます。しかし、この価格で最適な生産量=販売量はいくらになるか?40円の価格線と限界費用曲線との交点で定まる数量であたえられる。図をみてください。最適販売量は縮小し、得られる三角形=生産者余剰は50円で売った場合にくらべて小さくなっていることがわかるでしょう。販売価格は高ければ高いほど、利潤・生産者余剰は大きくなるという事実を思い出してください!このように、競争企業にとって与えられた市場価格で販売するのが最適なのです。

ある財を完全競争市場に供給する典型的売り手(競争企業といいます)が直面する状況のグラフを描いてみましょう。縦軸にこの企業の限界費用と市場価格をとり、横軸にこの企業の生産量をとる。競争企業の限界費用は右上がりの曲線となる。縦軸に50(円)のところから水平に直線を引いてください、これがこの企業が直面する需要曲線だ。当該財を50円で販売するなら、いくらでも売れることを表わしている。ではいくらでも販売するのがよいのだろうか?違います。この50円の価格線と限界費用曲線が交わるところで、こ...続きを読む

Qこの問題の説明をお願いしたいです。 ありがとうございます!

この問題の説明をお願いしたいです。
ありがとうございます!

Aベストアンサー

2、個人Bの問題も同様です。

max U = C1^aC2^(1-a)
s.t.
C1+C2/(1+(1-t)r) = Y2/(1+(1-t)r)

を解く。最大化1階の条件は
MRS=1+(1-t)r

予算制約(上の2s.t.のあとの式)
を満たす消費の組(C1,C2)を求める。よって、個人Aの最大化問題と同じように進めて   
C2 =( (1-a)/a)(1+(1-t)r)C1
を得るので、これを予算制約に代入すると
C1 = aY2/(1+(1-t)r)
を得る。
S=Y1-C1 = -aY2/(1+(1-t)r)
となる(負の値であることに注意)。tが上昇すると、C1は増加し、Sは減少する(絶対値が上昇する)。つまり、第1期の借りる額が増える。まず代替効果は個人Aと同じ、現在財の相対価格が低下するので、消費が将来財C2から現在財C2へシフトするので、C1が増える。一方、個人Bの貯蓄は負(借金をしてC1消費にあてている)ので、利子率の低下は支払いを減少させるので実質所得を増やしていることに注意するなら、所得効果はC1を増やすように働く。代替効果も所得効果もC1にプラスに働くので、貯蓄は減少するのです!

2、個人Bの問題も同様です。

max U = C1^aC2^(1-a)
s.t.
C1+C2/(1+(1-t)r) = Y2/(1+(1-t)r)

を解く。最大化1階の条件は
MRS=1+(1-t)r

予算制約(上の2s.t.のあとの式)
を満たす消費の組(C1,C2)を求める。よって、個人Aの最大化問題と同じように進めて   
C2 =( (1-a)/a)(1+(1-t)r)C1
を得るので、これを予算制約に代入すると
C1 = aY2/(1+(1-t)r)
を得る。
S=Y1-C1 = -aY2/(1+(1-t)r)
となる(負の値であることに注意)。tが上昇すると、C1は増加し、Sは減少する(絶対値が上昇する)。つまり、第1期...続きを読む

Q空いてるとこ解ける方いませんか? 答えを教えてください、、

空いてるとこ解ける方いませんか?
答えを教えてください、、

Aベストアンサー

画質悪くて読めません。
拡大しても文字がつぶれてわかりません。

Q日本の来年の干支は猪年でイノシシだが本来の干支は中国発祥で猪年は豚のことである。 韓国も来年の干支は

日本の来年の干支は猪年でイノシシだが本来の干支は中国発祥で猪年は豚のことである。

韓国も来年の干支はブタ年である。


なぜ日本はブタではなくイノシシになってしまったのですか?

どこで誰が間違えた?

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10885330.html
に書いてあるのにわからなかった?

Q赤穂城断絶

今、「赤穂城断絶」(監督 : 深作欣二)を観てます。
まだ途中までしか観てないないですが、幕府(?か当時の裁判所)は、喧嘩両成敗にしなかっのでしょうか?
吉良上野介は、御咎めなし。
浅野内匠頭は、お家断絶、切腹。
は、不公平ではないでしょうか?
背景とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

喧嘩ではなく浅野内匠頭の発狂と見たのでは?
そうなれば吉良上野介は被害者。
幕府は欲しかった赤穂を直轄にできて万々歳。
浪士の討ち入りは吉良への恨みではなく幕府への意趣返し。
実は本当の悪者は幕府という落ち。

Q勝海舟が江戸市中を焼こうと史実は真実か

勝海舟が江戸市中を焼こうと史実は真実か

Aベストアンサー

日本語、まちがっているぞ。

Qこの問題についてですが… 出た結果が誤ってるみたい、確かめられてほしい。お願いします

この問題についてですが…
出た結果が誤ってるみたい、確かめられてほしい。お願いします

Aベストアンサー

この問題よくわからない。問題に欠陥があるようにも思える。トライしてみましょう。(a)はあなたの答えの通りだと思います。(b)については
L=労働力人口、U=失業者数と書くと、失業率はU/Lなので、この全微分をとると
Δ(U/L) =(LΔU-UΔL)/L^2=ΔU/L - (U/L)(ΔL/L)
ここで、右辺のΔL/L=nとおくと、nは労働力の増加率で、さらに
ΔU/L= (25-24)×12/6600=0.0018                 (*)
定常状態とは失業率が時間を通じて一定となる状態なので、
0 = ΔU/L=0.0018 - n (U/L)

よって、定常状態における失業率は
U/L = 0.0018/n

となる。労働力の成長率nがわからないと、定常状態の失業率の数値は求まらない。例として、n=0.01(つまり1%)なら、U/L=0.018、つまり1.8%となる。労働人口が成長しないと、つまり、n=0のときは、この式は使えない(分母が0となる)。このときは、(*)から明らかなように、失業率は上昇し続け、失業率が一定になる定常状態は存在しない。

この問題よくわからない。問題に欠陥があるようにも思える。トライしてみましょう。(a)はあなたの答えの通りだと思います。(b)については
L=労働力人口、U=失業者数と書くと、失業率はU/Lなので、この全微分をとると
Δ(U/L) =(LΔU-UΔL)/L^2=ΔU/L - (U/L)(ΔL/L)
ここで、右辺のΔL/L=nとおくと、nは労働力の増加率で、さらに
ΔU/L= (25-24)×12/6600=0.0018                 (*)
定常状態とは失業率が時間を通じて一定となる状態なので、
0 = ΔU/L=0.0018 - n (U/L)

よって、定常状態におけ...続きを読む

Q新撰組の隊員は、(幹部を除いて)雑魚寝しつつ、男同士でいろんなことをやっていた。御典医の松本良順が、

新撰組の隊員は、(幹部を除いて)雑魚寝しつつ、男同士でいろんなことをやっていた。
御典医の松本良順が、注意をした、とか。
本当ですか?

Aベストアンサー

男同士でいろんなことを、ってのは今でこそ異端(さいきんは違うけど)とされてきたのですが、当時は衆道といって武士のたしなみの一つでもあったのです。有名な武士道の教本である「葉隠」にもその旨記述があります。やっててもおかしくはないかな、と。
 松本良順がたしなめたかどうかはしりませんが、彼は西洋医学の専門家で当時の西洋文化にも詳しいでしょうから「もう古い習慣はやめとけよ」くらいは言ったかもしれませんね。


人気Q&Aランキング