『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

月曜日に、レンタル店で洋画の「ザ・フライ」を観ました。
グロくて怖くて、でも最後まで観ました。
それ以来、異常な恐怖感・恐ろしさ・気持ち悪さに襲われています。
怖くて怖くて泣きそうで不安でガタガタ震えています。

しかし、水曜日、異常な恐怖感・恐ろしさ・気持ち悪さが有るというのに、また観てしまいました。
何故か、「観たい」「観たくない」という葛藤に襲われて、また観てしまうのです。
その後はまた、異常な恐怖感・恐ろしさ・気持ち悪さが更に襲います。

しかし‥‥何故かまた観たいのです。ガタガタ震えているのに‥‥その自分の考え自体が恐ろしくて泣きそうになります。
皆さんはそのような異常な葛藤に悩まされた経験はありませんか?

その場合、どうしてますか?
怖くて怖くてガタガタ震えています。
四六時中「ザ・フライ」が頭から離れず、泣きたくなります。

頭がおかしくなりそうです。異常なのかな?ホラー好きの人には理解できないのでしょうが‥‥

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんわ#7です。



どうですか?少しは気が楽になりましたか?
まだ回答が締め切られていないので、又ちょっと書き込ませてくださいませ。

他の方の回答やgkwrogurさんの補足も読まさせていただきました。
その中で、あんなに怖かったのに更にネットで検索して調べたりして・・・というのがあったのですが、実はこんな話があるのです。

多くの人がジェット・コースターに乗るのが好きですよね。何故なのでしょう?面白いから?スリルがあるから?
勿論その通りですよね。
でも他に、深層心理で「死」を疑似体験しているから、という説があるのです。
人間にとって最も恐怖を感じる問題の一つ「死」。
落下や事故による死に限りなく近い経験ができる、安全な乗り物ジェット・コースター。
人々はお手軽に「死」のスリルを味わうのです。

ホラー映画にも同じ事が言えませんか。
恐ろしい「死」を安全な映画館の席に座って疑似体験するわけです。

だから、

>>何故かまた観たいのです。ガタガタ震えているのに‥‥その自分の考え自体が恐ろしくて泣きそうになります。

て言うのは、何もおかしな事ではないかもしれませんね。「死」を相手にしているのですから。恐怖と好奇心がつきものです。

かくいう自分も「死」が一番怖いです。

前回書き込みをした時に、幼い頃から怖い話が大好きで・・・と書きましたが、実は自分が幼稚園児の時に大好きだった親戚のお婆さんが亡くなった事が関係しているのです。
今でもよく覚えています。
お棺に入っている花に囲まれた彼女といつもと違う大人達の様子に不安を感じていました。
そして焼き場での最後のお別れの時に、死の意味は分からなかったのにものすごい恐怖に襲われて、あそこに入ったらダメ!やめて!と泣き叫びながらお棺にしがみつきました。
しかし、所詮小さな子供ですからすぐにひきはがされてしまい、父親に抱きかかえられて建物から出たのですが、その間もずっと泣き叫んでいたそうです。
それから「死」がトラウマなのです。
(ていうか子供をそんな所に連れて行くなって感じですよ)

それで「死」の事が怖いのに知りたくて、死に関係するような物ばかり読んでいたのです。(暗い子供・・・)
それがいつのまにやらホラー好きに。

今でも相変わらず「死」は怖いです。

でも、だからこそホラー映画を安全な場所(=映画館・家の炬燵)で見て死を疑似体験して今普通に生きている自分に安心するのですよ。
なにしろ自分はジェット・コースターに乗れないですから、代謝行為でホラーを見なくちゃね。(これは乗れない言い訳ですね。(^-^) )

ところで、「ザ・フライ」は蝿と合体してしまった事で、ここまで人間グチャグチャになってしまうものかというほどの表現がなされていましたが、でもそれよりも最後に自分を撃てとピストル(ライフルだったかな?)を頭にあてた所が悲しかったですね。

長い書き込みで失礼しました。
あまり励ましにはならなかったですが、こんな考え方もあるということで。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほんの少しずつですが、楽になってきました。
でも、TVやニュースで、少しでも「血」や「不潔」気持ち悪い映像が流れると、すぐフラッシュバックしてきます。
疑似体験、そうですね。他のホラー映画では、何とも思わないのに、なぜこの「ザ・フライ」だけ異様に恐ろしいんだろう‥‥と思っていました。
あんなに恐ろしくてがたがた震えるほどだたったのに、またみたい!検索したい!は、恐怖心と好奇心が入り混じっていたのかもしれませんね。

回答を締め切らないのは、もしかしたら、締め切っちゃったら、もう回答が貰えないからです。
「自分もそうだよ」と言ってほしいのかもしれない。
早く締め切って、この質問したことすら忘れて楽になりたいのに‥‥どこかでまた好奇心がうずいているのかしら?
でも、zutuuyakuさんの回答は、まさしく私が一番ほしかった回答です。ありがとうございました。
「締め切れる!」という思いが生まれました。

お礼日時:2004/11/11 11:34

#10です。



>「締め切れる!」という思いが生まれました。
では、締め切られる前に急いで。

エロスという言葉と、タナトスという言葉を知っていますか?

◆生存の喜びを実感するために得る快楽を
 エロス、と呼び
◆生存に危険を及ぼす恐れのある毒を試してみたいとする本能を
 タナトス、と呼びます。

興味を持たれたら、こんなところが参考になると思います。
http://cvs.cacanet.org/WEB/members/yamasaki/arch …
http://www.tabiken.com/history/doc/A/A012C100.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとか落ち着いてきました。
ホラー映画は、しばらく見る気にはなれないでしょうが、基本的にはホラー好き。
「こんな事が有ってさ~まいっちゃった~ハハハ」と笑って話せる時がたら、またホラー映画を見ていこうと思います。
では皆様、ありがとうございました。
すごく心強い回答で、心身とも助けられたような気がします。

お礼日時:2004/11/12 11:31

ホラー映画大好き男です。



大概の恐怖シーンOKの私にとっても「ザ・フライ」は
数少ない「衝撃を受けてしまった恐怖映画」の1本です。

ほとんどのホラー映画は「つくりごと」として
クールに見ていられるのですが
私はフライに「病や老いのメタファー」を感じてしまいました。
映画の中の「怪物化していくセス・ブランドル」は大袈裟だとはいえ
頭髪や歯が抜けていく、という現象は
間違いなく自分にもいずれ起こることだと思ったので
必ずしも他人事だとは思えず
久々にシリアスに感情移入してしまいました。

実はフライを見た後、私はしばらく他のホラー映画を
見なくなりました。
でも、フライは何度も見直したんだ。
当時はその理由が分からなかったんだけど
きっと「病や老いの恐怖」に対して、見て見ぬ振りが
出来なかったんだと思う。
ある意味、克服したかったんだと思う。

今思うに、変質していく自分の姿を冷静に観察し
対処していこうとするセスの姿勢には
とても共感してしまう所があります。
自分が何に恐怖し、何を恐れるか?を、じっくり分析するコトも
私は決して無駄ではないと考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>「ザ・フライ」は数少ない「衝撃を受けてしまった恐怖映画」の1本
やはりそうなのですか。私も衝撃を受けてしまいました。
>シリアスに感情移入してしまいました。
私も感情移入したのです。多分凄く‥‥
>フライを見た後、私はしばらく他のホラー映画を
見なくなりました。
そうです。とても観る気にはなれません。
>でも、フライは何度も見直したんだ。
私もです。何故でしょう‥‥怖いのに、ネットで画像なんか探して観ちゃって‥‥何やってんだろ‥‥と凹んでいます。この気持ちは何だろう?理由はなんだろう?今も謎です。
自分が何に恐怖し、何を恐れるか?を、じっくり分析するコトも私は決して無駄ではないと考えます。
そうですね。何で怖いのにまた観たくなるのか、その心理を自分でも探してみようかと思います。

お礼日時:2004/11/08 19:06

こんにちは。

私の場合ホラー映画ではないですが、あるドラマで偶然見た光景が怖くて怖くて目に焼き付いて離れません。涙が出るほどに恐怖に襲われます。でも、そんな時は優しい歌を聴くんです。するとホッとするんです。あんな事する人なんてきっといないよね、と思えるんです。ホラーも、現実にそんな事あるわけないじゃん!と思いますよ^^元気出して明るく生きていきましょう!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>涙が出るほどに恐怖に襲われます。
私も似たような症状です。

>ホラーも、現実にそんな事あるわけないじゃん!と思えるんです
そうですね。製作者が『作って』いるんですものね。

少し楽になったような気がします。
愚痴を吐いてるだけでも、すっとする気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/07 16:49

 映画はそれないに色々観ますが、私も恐がりなので、ディープなホラーには手が出ません。

レンタルビデオ屋のホラーコーナーの前を通過するのも嫌っ!ジャケを横目でチラッと観ただけで、夢に出てきて、そりゃ~も~あーあた(T^T)かないません・・・。

 逆を言えば、観ていて気持ちの良い映画のワンシーンもフラッシュバックしますので、ちょっとグロい作品を観た後には、必ず「お口直し」を一本余分に観て、グロさを記憶から薄めます。

 「フラッシュバック」するのは、それだけ、作品を集中して観られる、主人公やその他の登場人物に深く「感情移入」してしまう。とゆう事なんだと思います。私は、こういった自分の映画を観るときの「クセ」を自覚したので、不得意分野には無理に手を出さないようにしています。

 「怖いもの観たさ」も映画の醍醐味なのでしょうが、映画は苦しむ為に観るものではないでしょう?自分が楽しめない(だろうと思われる)作品があってもいいと思います。

 取りあえず、至急、自分の好きな作品(コメディーでも恋愛ものでも)を鑑賞されて、早くその作品から受けたダメージを回復しましょう。好きなシーンを何度も思い出してみてっ!!

 私もあなたと同じです。心配しないで大丈夫ですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「フラッシュバック」するのは、それだけ、作品を集中して観られる、主人公やその他の登場人物に深く「感情移入」してしまう。とゆう事なんだと思います。
まさしくそうです。
感情移入しやすいんです。
私、たまたまジェフさんが好きで観ただけなのに‥‥あんなグロ映画なんて‥‥

>私もあなたと同じです。心配しないで大丈夫ですよ!
その言葉、とても励みになりました。
私だけじゃ無いんだなぁと思ってちょっと楽になりました。
でも、怖いのに、その映画の情報を検索したり画像検索して、よしゃ良いのに画像観ちゃって凹んで‥‥なんて、何やってんだ私!バカ!と落ち込んじゃったりもします。この気持ちって何だろう?マゾ!?

お礼日時:2004/11/07 16:44

こんばんわ~



大変な目にあわれましたね。

自分はホラーが大好きなので、より怖い物をより本物っぽい物をとヒートアップしていく方なのですが、
gkwrogurさんは製作者サイドからすれば見事にツボにはまってますね。

さて、そんな自分ですが、幼い頃は怖がり&怖い物見たさでgkwrogurさんと一緒でしたよ。

梅図先生の漫画を読み、うなされ、読み、を繰り返し、子供向けホラー小説も読みまくっては夢に出てきましたね。でもやめられませんでした。
多分それは、不思議な話やら現象について考えるのが幼い頃から大好きだったからでしょうね。

今でも悪夢なんてしょっちゅう見ますし、あまりに自分の夢が怖くてそんじょそこらのホラーじゃあ全然満足しません。

あの「エルム街の悪夢」のフレディも夢に出てきた事がありますが、なぜか手にしていたのはカッターナイフでしたので怖さは今ひとつでした。
勿論逃げ出しましたけど。 (^_^;A

ところで、そうやっていつも悪夢の中で逃げてばかりか、もしくは「これは夢なんだ~」と無理やり目を覚ましたり(これ、とても苦しいです)していたのですが、最近は逃げるのやめました。
戦ったりしてるんですよこれが。(ププ・・・(^ ^))

歳を取ったせいかもしれませんが、多分一番怖いのは、生きてる人間だと思うようになったからでしょう。
そう思えば、ホラー映画は所詮作り物ですから、楽しんで見れるようになりますよ。もうとことん怖い思いがしたい!ってね。(^o^)

でも、どうしても怖い時にはこんなのはどうでしょう。

たとえば、このドアを開けたら絶対なんかいるに決まってるよ~っていうシーンとかありますよね。
音楽もいよいよ盛り上がり、震える手が今まさにドアノブをひねる~っ

そんな時は、こんな風に思うのです。
待ってるのはピザ屋。ピザ持って立ってる。しかも、30分過ぎちゃったからお金もらえないんだよね。かわいそ。

これで、全然怖くないでしょ。
「ハリーポッター」に出てくる呪文「リディクラス!」ですよ。
是非ためしてくださいね。

(ただしこれは反則技。正しいホラーの見方では無いかもしれませんね。 ( ^_^ ) )

では。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>大変な目にあわれましたね。
そうです。大変です‥‥

>多分一番怖いのは、生きてる人間だと思うようになったからでしょう。
そうなのでしょうね。映画なんて所詮作り物なんだから‥‥‥‥うん。

頑張って楽しいこと考えよう。

お礼日時:2004/11/07 16:41

私は洋画のホラーは「良く出来てるね」としか思わないのですが、邦画のお化けが苦手です。


あの陰気な雰囲気と言い、水とか雨どうにも我慢できません。
途中で見るのを止めても寝つきが悪い、でも最後まで見てみたい。
gkwrogurさんの気持ち良く解ります。
私は結局最後まで見れませんけど・・・
洋画で一番怖かったのはシンドラーのリストでした。
それ以外は特に・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「良く出来てるね」
私もそう思えたらどれほど楽か‥‥
>寝つきが悪い、でも最後まで見てみたい。
そうなんですよ。
あの後も、IEとかで感想レビューとか画像とか検索しちゃって‥‥画像見てまたフラッシュバックして‥‥何やってんだ私‥‥って段々自己嫌悪です。

作り物
そう思うことにしています。

お礼日時:2004/11/07 16:39

No.1です。



ザ・フライは、怖いというより気持ち悪かったですね~。そして主人公がすごく哀れで、切なかったです。

白状しますが、例のグロいシーン、実は私はよく見てないんです。借りたビデオの品質が悪かったようで(古いもんね!)ああいう赤っぽい場面は画面がクリアでなかったのもあって、よく見えなかったんですよ。なんとか見えはしましたが、迫力には欠けますよね~。
耳がもげたり歯が抜けるシーンもけっこう無気味でしたね~。

怖い映画というのは、いきなり死体の一部が出てきてドキッとしたり(ジョーズとか)、優しい人が豹変する(ミザリーとか)、超能力がらみ(キャリーとか、シックスセンスとか)、天変地異(ボルケーノとか)といったものがお約束、じゃないでしょうか。
昔、エクソシストが封ぎられた時には、首がぎりぎりと回るのが怖い、と話題になったものでした。今思うと、可愛いもんですね~。

恐がりさんは、ホラーみたいな無気味なのは、見ない方がいいですよ!人格形成に悪影響かも。
最後のシーンは見るのやめて、美しい?ジェフのヌードを堪能して下さい(笑)。ジェフが出てた「ジュラシックパーク」は見た?ああいうのは健康的な怖さ、、、だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく観れなかったほうが正解かも。
私、鮮明に観ちゃったから‥‥
怖がり‥‥ってものではないのですが‥‥

お礼日時:2004/11/07 16:37

あー僕も一緒ですわ ホラーはあまり見たくないけど映画とかでどうしてもコレ見る!!とか言われると仕方ないなぁと言って見ますが正直怖くて夢に出そうです


でもパターンがあってエイリアンとかプレデターみたいな結構現実離れしてる物は怖く無いのですが,ジョーズとか地震とか隕石衝突とか現実的にありえそうなホラーはもう全然ダメダメです
やっぱりそんなの見た日は必ずと言っていいほど夢に出てきます まぁ1週間もすれば忘れてますけどネ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あー僕も一緒ですわ 
同じ感覚を持つのが私だけじゃなくてちょっと安心です。
1週間もすれば忘れる‥‥人間の記憶はそうかもしれませんね。
すこし安心しました。

お礼日時:2004/11/07 08:24

そんなに怖いのにまた見るんですか?十分ホラー好きだと思いますが?この際もっと見ればその位じゃあ怖くなくなるのでは?No.1の方の言ってたミザリーのほうが怖いとおもいます。

まぁ、怖いのが嫌ならそういうのは2度と見ないことですね。いずれ忘れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです‥‥ホラー映画自体は好きです。
でも、私が観てきたのはSFホラーだったので、グロホラー映画に出会ったのは初めてだったのでそう思ったらしいです。
ありがとうございました

お礼日時:2004/11/07 08:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q怖い映画を見た後、思い出してまた怖くなる・・・対策は?

こんばんは。

昨日、ホラー映画を見ました。
見たときはなんともなく、むしろつまらなく、「なんだ、ぜんぜん怖くない」と拍子抜けしたほどです。
けれど一人でお風呂に入ったときや、トイレに入った時など、唐突に怖いシーンを思い出し、とても怖くなってしまいます。

こんなとき、みなさんはどうやって乗り越えますか?
ホラー映画を見ないのが一番、ということではありません。
見てしまった後、どうしたら恐怖が消せるか、です。

アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

♂です。
私も子供の頃はとてもコワがりでしたので、以下の方法を試して克服してきました。

 ・家のいたるところの灯りをつける。
  つけっぱなしで電気代がもったいないときは、センサーで点灯するミニ照明(300-400円ぐらい)をあちこちの
  コンセントに挿しておく
 ・暗闇で見るとコワイ時があるので、人の写真やポスター、人物絵画などを飾らないようにする
 ・鏡を見ない、その前を通らない。または何か掛けて隠す
 ・その映画の制作裏話や撮影秘話などを読んで、作り物なんだ、と自分に認識させる
 ・部屋をシーンとさせない、何か曲を聴いたりする
  (脳天気な、元気なもの。例えばウルフルズの「ガッツだぜ」とか...(笑))
 ・同じく脳天気な顔を思い出す(ヨン様の笑顔とか...ファンの方スイマセン)
 ・部屋を赤(気分の高揚)または両極端ですがピンク(安らぎ)を基調とした色にする、それらの色のものを置く
 ・アロマオイル等を焚いて気分をやすらげる

Qホラー映画を怖がらない人

今学校でプロジェクトやっていて、人がなぜホラー映画を怖がるのかという分析をしています。そして別の視点からも見なくてはいけなくて、ホラー映画を怖がらない人のなぜ怖がらないのか、理由を調べなければならないのです。それで質問なんですけれど、なぜホラー映画を怖いと思わないのでしょうか??

Aベストアンサー

ホラー映画は、人のイマジネーションを掻きたたせられるかどうかで、恐怖の度合いは違ってくると思います。

斧を持って振り下ろし、血がドバっと出るシーンがある映画。

人が部屋にいて、それをドアの隙間から覗くようなカメラワークで、だんだん視点が近づいてって、「あぶない」と視聴者が思った時、見られている人は、ふと他の方に向いて、間一髪。
でも また 視点がだんだん近づいていく。

前者は、こちらも「痛い」と感じる。

(猿の実験で、アイスを与えていた猿の前でアイスを食べると、それを見た猿は「ちべた(冷たい)」という表情をしたそうです。
経験により、食べている相手の感覚と同じものを覚えるってわけですね。)


私にとって、恐怖の度合いは、後者の方が格段に怖い。
なぜかというと、犯人は映像に出てこないから。

映像では何も言葉で説明されていません。
カメラの視点が獲物を狙っているような映像を見て、視聴者はイマジネーションをかきたてられ、長引くので、どんどん恐怖心が増し、ハラハラする。
耐えられず「早く逃げて」と思うわけです。


ところが、これが犯人の視点からの映像だと理解しない人は、イマジネーションが沸かず、怖さを感じない。
ただのシーンになってしまう。

正体がわかれば、実体がつかめるが、正体が不明の場合、把握できないので、把握できないことがより恐怖を増徴させる。

実体がわかれば対処法はありますが、実体が把握できないと恐怖がわく。
だから日本の宗教は、災いが起こると、この目に見えないものを神の仕業として神を畏怖の対象として、怒りを納めくださいと祭ってきた。


だんだんカメラが迫ってきて、斧を振り上げる影が映し出された映像だけ見ても、その後どうなったか想像できて、「きゃーーー」と思ってしまう。
想像できないと、恐怖はわかない。


ゾンビとか出てくる映画は、、、
「ゴムっぽいな。重力と落下を考えてはりつけられていて、皮膚が剥がれ落ちるのを演出しているんだな」とか、「ゾンビの化粧をする人って、何時間メイクするのかな」とか、「ゾンビ役の人、 カクカク動いてゾンビらしく演技している。こっち専門の役者として登録しているのかな」とか、そっちの方面を想像してしまう。

だからつまらないです。
だって、ゾンビなど現実いないと知っているので。
多くの人は現実いないとわかっていても、怖いと感じるのは、カメラワークとかで、人の想像力を引き出す映像構成になっているからじゃないかと。


怪談話など、語り手がうまいと、人の恐怖心を煽って怖がらせることができる。
人の想像力をうまく操作するので、怪談を聞かされた人は、恐怖を感じるわけです。


これが怪談を聞くというシチュエーションではない場合。

「ラップ現象が起こる、赤ん坊の泣き声が聞こえる」とかいう相談を聞いた場合、私は恐怖心を操作されていないので、「幽霊じゃなく、家屋の傷みが原因。赤ん坊の泣き声は発情した猫の鳴き声」と答えるでしょう。
やはり想像力は使いますが、リアル問題として想像するので、一番リアルでありえそうな方を考える。
リアルでは、幽霊いないと知っているので、空想の世界でのみ可能は方は関連ずけない。



ある実験で、スプラッターものの恐怖映画を被験者に見てもらったら、5分もすれば、被験者たちはまゆをひそめだし、その後、口を押さえて席をどんどん立っていった。
でも、嫌な顔をするどころかゲラゲラ体をゆすらせ笑いだす人が少なからずいた。

細工がわかったので、怖い映画をコメディーとして見たからか?


恐らくですが。。。
人は恐怖に対面すると、自分を守るために、恐怖にたちむかわず、安全な場所に避難しようとする本能があると思えます。

大きな犬がいきなりほえてきたら、物理的に離れようとしますよね。
離れることで、噛み付かれて怪我をしないですむ。
古代や他の動物と接触する機会が多く、人間より強い動物に出会ったら、恐怖を感じ、身の安全を確保したんじゃないかと。

そういう恐怖心が沸かない種は、逃げ遅れて絶滅していたでしょうから、現在生存して種は、恐怖を感じる感覚を持っていることになる。


では、どうして、怖い映画をみて笑い出す人がいたか。

人の中には恐怖を感じると、それを打ち消すために、快楽物質を脳の中で出す人もいるようなんです。
人の生存本能の一つなのかもしれませんが、極度の恐怖を感じ、逃げられない状況においては、泣き叫ぶかわりに、笑い出す人いますよね。(というかそれは小説や映画の中で そう表現されており、恐怖のあまり発狂した人物として描かれていますが。)


上司に雷を落とされた人が、最初はへこんだ顔している人が、ニヤニヤしだして、「俺が怒っているのに なにニヤけているんだ。真面目に聞け」とかいう場面を見たことがある。

最初は真剣すぎる上司の怒りが度を越していると思った人が、滑稽と感じたからなのかと思ったのですが。。。

まあ それもあるかもしれませんが、もう一つは上司の雷が落ちている中 トンズラできない状況なので、我慢して恐怖に耐えているうち、脳が快楽物質を出したのではないかと思えます。

人間の脳はときには、恐怖を打ち消すために、快楽物質を出すらしいです。

ホラー映画を見ても、数人しか笑い出さなかったので、極度の恐怖心を感じたとき、快楽物質を出す脳を持つ人はマイノリティーですね。


自傷行為を繰り返す人も、快楽目的でリスカする人もいるのではないかと。
何症だったか忘れましたが、血を見ると性欲を感じる人がいるそうです。
性欲も一緒の快楽ですので、抑圧に耐えかねたときそれを消すために、何度も自分を刃物で切って血を出して、脳が快楽物質を出すようにしているのではないかと。

動物を切り刻んだりする行為をする人も、快楽殺人の人も、それが原因じゃないかと。

しかし、実際ホラー映画を見た人が、快楽殺人をやるかというとやらない。
ちゃんと分別があり、娯楽の部分ではやるが(つまりホラー映画を見るが)、命を奪ってまではやらないという理性があるからだと思えます。



一度、実験してみたらいいですよ。
血圧を測った後、恐怖映画を見てもらい、何分後に何人が不快な表情になりだし、何人が平然としているか。

耐えられず退室した人にすぐ血圧・心拍数を測定してみる。
ゲラゲラ笑い出した人も、血圧測定・心拍数ををしてみる。


あとは、特徴を分析するため、性格テストを受けてもらう。
それで、笑い出した人と気質(性格)に関係が無いか分析してみる。


最後まで無表情な人も、気質の調査で、何か特徴があるとわかるかもしれません。

ホラー映画は、人のイマジネーションを掻きたたせられるかどうかで、恐怖の度合いは違ってくると思います。

斧を持って振り下ろし、血がドバっと出るシーンがある映画。

人が部屋にいて、それをドアの隙間から覗くようなカメラワークで、だんだん視点が近づいてって、「あぶない」と視聴者が思った時、見られている人は、ふと他の方に向いて、間一髪。
でも また 視点がだんだん近づいていく。

前者は、こちらも「痛い」と感じる。

(猿の実験で、アイスを与えていた猿の前でアイスを食べると、そ...続きを読む

Q怖い夢・ホラー映画を見た時の対処法

こんにちは。最近たまに怖い夢を見て、真夜中に「ハッ!!」と目が覚めます。
目が覚めた後がとても怖くて、家の中に誰か潜んでいるような気がしてなかなか寝付けません(夢と現実がごっちゃに・・・)。

「カタッ」とか音がしようものならむちゃくちゃびっくりし、電気も点けられず、1時間くらいフトンの中で息を潜めています。その後勇気を振り絞って水を飲みに行ったりし、ようやく1時間半後くらいに眠れます。
翌朝になると「バカみたいだなぁ~~・・・」と思うのですがその時は至って真剣です。1時間半がもったいないので、何か対処法はないかなぁと考えています。

皆さんは、怖い夢やホラー映画などを見た後、こうするとちょっと怖くなくなる!!というようなことはありますか??
どんなことでも歓迎です!ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>皆さんは、怖い夢やホラー映画などを見た後、
>こうするとちょっと怖くなくなる!!
>というようなことはありますか??

この前とんでもない悪夢(←削除になるので内容は書けません^◇^;)
にうなされて、真夜中に飛び起きました

すぐに明かりを灯したものの、あまりにリアルな夢だったため
心臓のドキドキがおさまらず、頭がカッカとなったままです

その時ふと思い立ち、ここはひとつ
思いっきり現実的な感覚を取り戻そうと
たまたま録画してあった国会中継を眺め始めました

政治家の皆様のおかげで
私の脳は数分で見事悪夢の世界から
現実世界へとググッと引き戻して頂けました
めでたし、めでたし♪

……が、政治家の方々のご答弁を聞くうちに
別の意味で頭にカッカと血がのぼり
結局眠れなくなりましたorz

「悪夢より 怖いよ 社保庁 金返せ」

Q怖い映画を見た後に、そのことを忘れるには

カテゴリが違ったらスミマセン
さっそく質問なんですけど
怖い映画とか好きでたまに見るんですけど見た後に、
(特に寝るときとか)そのことを思いだし怖いんですが
そうゆうのを怖くなくなるようにすることはできますか?
またはやく恐怖を忘れるにはどうすればいいのでしょう?

Aベストアンサー

違うかもしれませんが
よる寝る前に読んだ本とか観たものは 頭の中に残るような話を聞いた気がします。うろ覚えですみません。

ですから、寝る前にマンガでも夢中になって読んだらいかがでしょう。
ようするに「恐怖より優先する何か」を見つければいいってことですよね。
mahha25さんのそれは、なんでしょうねー。(^^)

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q怖い映画が頭からはなれない

先日、友達と怖い映画(グロ系)をみたのですがその映画が頭から離れません。
もし自分が、この映画の登場人物みたいなグロテスクなことをされてしまうことを考えると怖くてたまりません。色々なグロいことを考えてしまったりして、夜も眠れません。
もしよければ、怖くなくなるようなお言葉をいただけないでしょうか?

カテ違いだったらすみません><

Aベストアンサー

どんな怖いこと、グロいことであっても、
それはすべてが誰かの頭の中で考えられ、
作り出されたものであるという事実について、しっかり自分に確認してください。
私もそういうことに動揺したことがありましたが、
「人が作り出した恐怖というものを見極めて、それを超越したい」との思いから
あえて恐怖心を引き起こすものを直視するようにしてからというもの、
生活全般においても怖いと思うことはありません。
ただ、恐怖というものはマイナスエネルギーを持ち、特にそのような映像は
私たちにもその恐怖のマイナスエネルギーを誘発するものなので、
出来るだけというか、このようなものは見ないほうがよいと思います。
私たちは誰もが同じ人間であり、私やあなたを超える人間はいないのです。
その同じ人間が
イマジネーションで作り出すものを怖れる必要は、まったくないのです。


人気Q&Aランキング