『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

「鉛直下向きに速さ10m/sで投げおろす」のと「鉛直下向きに速度10m/sで投げおろす」のって何が違うんですか?

A 回答 (14件中1~10件)

〜速度と速さの違い〜


これは小学校や中学校では特に区別して考える必要はありませんでしたが、
高校(大学)に入ってからは区別して考えなくてはいけない時があるようです。

(ここからは自分の考え)
小学校や中学校では
距離と道のりの違いを教えてもらったと思いますがまさにそんな感じです。
A点からB点の距離(A点とB点を最短で結ぶ道)なると向かうべき方向は1つに定まりますが、
道のりとなると、左に回るようにしていく道と右に回るようにしていく道とで向かう方向が違ってきます。
両者は動いた長さが違うのでもちろん計算結果も違ってくるわけです。
(終わり)

そのため、A点からB点に行く順は無数にもありそれらは高校(大学)物理でいう変位(x)です。

高校(大学)で物理を習うにあたって、
ベクトル量とスカラー量というのを習ったかと思います。
具体的に、
ベクトル量:大きさと方向を
合わせ持つ量。
例、変位(x),速度(v)
加速度(a)...
スカラー量:大きさしか持たない量。
例、質量(m),エネルギー(J)
...
この見分け方は物理量の上に→が付いているかついていないかです。

問題の2文ですが、どちらも間違ってはいません。
ですが、最初の方に「鉛直下向き」
という方向を表す言葉が記載されているので自然なのは前者になります。
私も前者の文を多く見てます。
後者は最初に方向を記載しているのにさらに速度という言葉で方向を持つ量ということを二重に1つの文に言い表しています。
鉛直下向き(鉛直上向きでもそうだが)
だから、重力加速度(g)が加わるため投げ下ろしてからの経過時間(s)によって速さ(速度)は変わってきますよね。

物理の問題を解くにあたって、問題作成者がなにを言いたいのかが、(問題文の意味がわかれば)特に気にすることはないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ああ!なんとなく分かってきました!
つまり「〜向きに速さv[m/s]」では向きと大きさ(v)を別々に与えているのに対し,「〜向きに速度v[m/s]」では向きと大きさを合わせもつ量としてvを与え,その量の向きを「〜向き」で指定していると見てとれますね。こう解釈すれば疑問だった重複の問題も解決できますね(てかこれだとそもそも向きの情報重複してなかったですね)

あとついでなんですけど,(そもそもこれがことを分かりにくくしているんだと思いますが)(直線上なら正負の符号で向きを表せるからなどの理由で)ベクトル量であっても物理量の上に矢印付いてないものもありますよね?

お礼日時:2018/09/11 20:41

速度がベクトルで、その方向が速さ・・・っていうのは、概念の話。



物理の問題を解くときに、その日本語のニュアンスを推測して、ベクトルと考えるか、スカラーと考えるかで、回答の方向が変わるなんてありえないし、あったとしたら、問題の欠陥。
なので、こういう考察そのものが、ただの言葉あそびであり、物理的には、無意味です。

文章の流れで、読み取ることになんの価値もない。条件や必要な解析がベクトルなら、そう対応すればいいし、スカラーならそう対応すればいい。それだけのことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね,人によって解釈が変わるようなものは問題としての欠陥であり学問的に致命的です。でも速度と速さは概念ではなくちゃんと定義として別であり,今回みたいなのは分かりにくいだけでちゃんと理解され決定することができると判断しました。
あと速さは向きじゃなくて速度の大きさですよ。

お礼日時:2018/09/11 22:02

ありますね。


直線運動なら、x軸の向きに動いているときはプラスで、x軸と逆向きに動いているときはマイナスを付けて表します。
速度というのは、速さという大きさと動く方向を持つ量(ベクトル量)
ですが、
速さというのは大きさしか持たない量(スカラー量)なので、
★速さは速度の絶対値で表すことができます。
速さにマイナスはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱりそうですよね!
あとさっきの補足なんですが,(問題文ではまず出ないでしょうが)ベクトルよろしく速度v<0も考えられるよう,「〜向き」が指定するのは速度の「向き」ではなく「正の向き」だと捉える方が良さそうですね(鉛直下向きに速度-10m/s→鉛直下向きを正として-10m/sみたいな)
ではご回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/09/11 21:43

どちらもベクトル量の表現になっています。


ただ速度10m/sで・・・・一般的には問題文としては使われません、初速10m/sで・・・・・と表現されます。
投げる・・・この言葉には加速度を加えるという意味を含みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

後者のベクトル量の表現には(速度がもうベクトルなので)向きに関する情報の重複がありそうなのですが,それが分からないのです。
ところで初速と初速度って違うんですね,今知りました。そうですね,〜向きに速さ(初速)…で,と問題で出てくることが多いですね。でも前回受けた物理のテストでは「斜面上向きに初速度v[m/s]を与える」と書いてあるものがありました。

お礼日時:2018/09/11 18:58

なに?「速さ」と「速度」が同じかどうかって質問なの?


とてもそうとは読めなかったけどなぁ。参加して損した
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんでさっきからそんな喧嘩腰なんですか?速度と速さは「ベクトル」と「スカラー」で違うって代表的に教えられるのに問題上で全く違いが見受けられなかったら問題じゃないですか。

お礼日時:2018/09/11 18:44

>上でも下でも同じになるなら,


何とも言えません。設問の内容(書いてないだろうこの先)によっては違ってきます。
方向に関わる内容は後になって登場し、数式上では単にプラスマイナスの違い、という
回答結果になる設問な可能性もあるし。
書いてない以上はわかりませんけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり具体例がないと考えにくいですね。回答ありがとうございます。

お礼日時:2018/09/11 18:43

それはもう、字が違うっていうレベルの違いしかないのでは?表記の揺れってやつです。

スピードって書いてあっても一緒。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんかそんな感じがします。速度と速さ,ベクトルとスカラーで違うと言っても,言葉で「速度」とだけ与えられても向きは分からないし,結局問題で出すとき向き書くことになって,そこで速さと違いもでないなら字が違うってだけになりますよね…。問題として与える以上は速さも速度も変わらないのかなあ…。

お礼日時:2018/09/11 18:26

>何キレてるんですか?


別にキレてないけど
>意味があるから訊いたに決まってるじゃないですか。
そう。なら続ければいい。
意味があるなら反応するかもね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは…ありがとうございます。3つ下の返答みていただけましたか?

お礼日時:2018/09/11 18:15

>すみません,鉛直方向ってふつうに鉛直上下のつもりで言いました


へ?そうならこれまでの質問補足は一体何だったのか
全部無意味じゃんいったい何を考えてるのやら
おまえ人からかってあぞぶ趣味?
つきあいきれないんでバイバイ勝手に悩め
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何キレてるんですか?意味があるから訊いたに決まってるじゃないですか。

お礼日時:2018/09/11 18:05

あー悪い悪い


「鉛直」ってのは下向きって意味もあるのね

私が誤解してたわ
>>じゃあ「鉛直方向に速さ10m/sで投げる」と「鉛直方向に速度10m/sで投げる」も同じですか?
>投げる方向を言ってないから同じとは限らない
言ってないけどデフォルトが「下向き」なので両者「下向き」、つまり同じと言っていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません,鉛直方向ってふつうに鉛直上下のつもりで言いました

お礼日時:2018/09/11 17:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルキメデスの原理の説明の謎

①よくネットでは、満杯にした浴槽に物体を沈めた時、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいと記載されているのですが、同じ体積でも物体によって比重はマチマチですから、例えばガラス球とウラン球なら重量(比重)は当然違うでしょうから、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいというのは間違いではないかと思うのですが、如何でしょうか?

②よくネットの船舶関係の記事(特に軍用艦関係)では、船を浮かべた時に排水した水と、当該船舶の重量が概ね等しいとの記載が有ります。
「喫水線下の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、「喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、どちらの意味なのでしょうか?
※「痩せ馬」現象などの細かい誤差は考えません。

Aベストアンサー

水に浮かぶものをいれないと、成り立たないね。

喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じという意味。

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Q砂漠の丘の最大角度は決まっていてそれを安息角と言うとブラタモリの鳥取砂丘編で言っていましたが、それだ

砂漠の丘の最大角度は決まっていてそれを安息角と言うとブラタモリの鳥取砂丘編で言っていましたが、それだとどこの丘も同じ高さになると思うのですが色んな大きさの丘が出来るのはなぜですか?

Aベストアンサー

角度は決まっていても高さは別の要素で決まりますよ。

砂の丘の底面積で決まります。

Q金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

Aベストアンサー

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。(さらに、半導体の自由電子の密度は、それに導入された不純物濃度に決定的に影響される特徴もあります)
第2に、金属の自由電子の運動速度は1,000km/s程度で、しかも温度依存性がありません(フェルミ速度と言われてます)。ところが、半導体の自由電子は熱エネルギーに相応する運動エネルギー(m v^2/2 = (3/2)kT)を有します(いわゆる熱速度: v≈ 100km/s @300K)。金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。

半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも...続きを読む

Qドップラー効果を考えていてふと疑問に思ったのですが、音源の速度が音速を超えた場合、観測者の聞こえ方は

ドップラー効果を考えていてふと疑問に思ったのですが、音源の速度が音速を超えた場合、観測者の聞こえ方はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

衝撃波となって伝わってきます。
参考:戦闘機が頭上を通過する場合などを思い起こしてください

Q座ったり立って静止している人間には重力加速度は0なのでしょうか? だとしたら重力=重力加速度×質量よ

座ったり立って静止している人間には重力加速度は0なのでしょうか?
だとしたら重力=重力加速度×質量より重力が0になってしまうと思うのですが。
重力加速度は9.8m/s^2でどの物体にも働くため静止した人間にも働くと思い、
静止している人間に重力加速度が働いて、質量が60kgだとしたら588kg×m/s^2の重力がかかるというわけのわからないものになってしまいます。
どうか何が間違っているか教えてください。
また、重力と重力加速度の違いは何ですか?重力加速度により重力が生まれるのでしょうか?
わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

#14 ・・・ん?
なんでわざわざ実用単位Kgに直す必要があるの?本末転倒じゃね?
ちなみに 力の単位はkgではなくてkgw,kgfが正確な単位
kgは質量の単位
kg・m/s^2も、ふつうは使わないけれどもね
高校入ってから俺も[N]しか使ったことないよ!

作用反作用は#15さんの言うとおり。
物が地球に及ぼす力(物体や人間が地球を引っ張る力)すなわち万有引力が反作用と表現するとなお正確な表現になるね。
つまり、物体や人間は地球から重力(万有引力)により引っ張られているけれども(作用)、同時に物体や人間は同じ大きさの力で地球を引っ張り返している(反作用)ということだね。
まあ、質問の本線からははずれるかもしれないけれど・・・

Qよく水素エネルギーはクリーンだとか言いますけど 本当に水素精製に使う電気、ひいては石油燃料は 直接

よく水素エネルギーはクリーンだとか言いますけど
本当に水素精製に使う電気、ひいては石油燃料は
直接 石油燃料を使用する際よりエネルギー効率が良いのですか?
わかりにくい文で申し訳ありません。

石油燃料を直接使用するより、一度石油燃料で水素を精製してから水素を使用した方が効率は良いのか?
ということです。

Aベストアンサー

水素はメタンと水で、高熱で合成しています。CH₄+H₂O→CO+3H₂
この高熱は化石燃料の燃焼です。また、生成したCOは燃やしてCO₂になります。
水素エネルギーはクリーンですが、水素を作る過程はクリーンではありません。
何事も上手い話は無いのです。

Q物理の電磁気の問題で、「無限に長い導線」という言葉が出てきたのですが、それは導線の長さを無視するとい

物理の電磁気の問題で、「無限に長い導線」という言葉が出てきたのですが、それは導線の長さを無視するということなのですか?

Aベストアンサー

空間の幾何学的な条件として、導線の長さ方向には「ず~っと同じ」、導線周りには「導線を中心とした円対称」ということです。

>それは導線の長さを無視するということなのですか?

「無視する」というよりは、「長さ」「端点」を考える必要がない、ということです。どこまでも切れ目なく続く、ということ。

物理では、「無限遠」とか、「無限に長い○○」とか、「摩擦がない」とか「空気の抵抗はない」とか、そういった「仮想的な条件」を想像できないと「思考実験」ができません。
「論理的な想像力」を養う訓練をした方がよいです。
アインシュタインも「光と一緒に走ったらどうなるか」といった思考実験をしたようです。

Qラジオはどのような仕組みで音声データを送受信しているのでしょうか? 音には周波数が存在しますがラジオ

ラジオはどのような仕組みで音声データを送受信しているのでしょうか?
音には周波数が存在しますがラジオ局にも固有の周波数がありますよね。どうやってその二つの周波数を共存させているのか不思議です。

波長の極短い(周波数の大きい)ラジオ局固有の電波にさらに波長の長い(周波数の小さい)振動を与えて高音と低音を出しているということでしょうか?
素人にもわかりやすい説明をお願い致します。

Aベストアンサー

ラジオ波にはAMとFMがあります。

AMは、分かりやすく言えば、放送局から送り出す固有の周波数の電波(搬送波)の振幅(強さ)を音声データに合わせて大きくしたり小さくしたりしています。受信側では、その固有の周波数の電波だけを受信できるように同調させ、搬送波を取り除く(検波する)と、音声データが出てきます。

FMでは搬送波の振幅は変えず、音声データに合わせて搬送波の周波数を中心周波数から少しだけ高くしたり低くしたりします(周波数をちょっとだけ変化させます)。受信側では、受信できる搬送波の周波数に幅を持たせて同調させ、搬送波を取り除く(復調させる)と、音声データが出てきます。

音波と電波(正確には電磁波)はまったく異なりますから、共存に何の問題もありません。電波は真空中でも伝わります。音波は空気の疎密波(空気が薄くなったり濃くなったりして伝わる波。空気の振動)ですから、空気がないと伝わりません。

Q抵抗に、電流が流れると熱が発生するとありますが電流はエネルギーなんですか? 電気量の単位は[C]なの

抵抗に、電流が流れると熱が発生するとありますが電流はエネルギーなんですか?
電気量の単位は[C]なのでエネルギーでないことは分かるのですが、、、

Aベストアンサー

エネルギーです。
電流 A と電圧 V を掛け算すると、出力 W = J/s になります。

質量を持った電子が運動すると考えるのが、まずは良いかな。


人気Q&Aランキング