人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本語の質問です。
よろしくお願いします。
「あろうことか。」という表現の、 意味はわかりますが、 文法が理解できません。
「あろう」の後ろに「こと」のような名詞が直接付くことが出来るのだったら、
「行こう所」(行こうと思う所)も大丈夫でしょうか。

A 回答 (5件)

あろうことか、は「あらむことか」のウ音便です。

「あらむことか」はラ変動詞未然形「あら」+推量助動詞「む」連体形+名詞「こと」+疑問反語終助詞「か」です。
「こと」の前は連体形と考えれば接続上問題はありません。

これに倣って、行くだろう/行こうと思う所と言う場合「行かむ所」、そのウ音便「行こう所」は可能な表現です。ただ、現代語では、殊に意志の表現は「~と思う/~とする」を挟まなければ具合が悪いようです。

いずれにしても、古語の遺物的な言い回しである事は同じですから、慣用句的な表現でない限り耳にすることや実際に使用する機会はあまり無いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いつも分かりやすいご説明感謝します。

お礼日時:2018/09/13 10:35

あろ う 事かあるまい事か



二義あり、
(1)(「あってよい事か、いけない事か」の意から)なんということか。とんでもないことだ。
(2)(「ありそうなことか、なさそうなことか」の意から)まったく不思議なことだ。

「う」は「推量」の助動詞。対応する「まい」は「打消の推量」の助動詞。


>「あろう」の後ろに「こと」のような名詞が直接付くことが出来るのだったら、
「行こう所」(行こうと思う所)も大丈夫でしょうか。

 もっともな疑問です。その問題については、[語誌]の ◎(4) をご覧ください。


「う」

〔助動〕(活用は「◯・◯・う・う・◯・◯」。助動詞「む」の変化したもの。古くは、「む」と同様、すべての活用語の未然形に付いたが、現代では五段活用の動詞、形容詞「…かろ」、形容動詞「…だろ」、助動詞「ます」「です」「た」「だ」の未然形に付く。→よう)

(1)話し手の意志、決意を表わす。…しよう。
(2)現在、または未来の事柄について、話し手の推量を表わす。…だろう。
(3)相手に対する勧誘、または命令的な意を表わす。…しよう。…しろ。
(4)当然、適当の意を表わす。…のはずだ。…して当然だ。…のがよい。
(5)(連体修飾または準体法として)未来のこと、仮説について一種婉曲の心持ちを加える。

*中華若木詩抄〔1520頃〕上「洛陽の春と云はうはこの山中の花そ」
*天草本伊曾保物語〔1593〕イソポの生涯の事「タダ ギヘイヲモッテ xemesaxerareô (セメサセラリョウ) コトモ カタカラウズ」
*歌舞伎・一心二河白道〔1698〕一「イヤ今は死なぬが、気合がわるいによっていつ死なうも知れぬぞ」

(6)(「…うか」の形で)疑問、質問、反語の意味を表わす。「こんなものが役に立つだろうか」
(7)(「…うとす(る)」の形で)動作、作用の行なわれる直前の状態であることを表わす。「会はもう終わろうとしていた」
(8)条件を仮定し、それに逆接的な動作、作用が続く。「だれが何をいおうと私は行く」
(9)(「も…うに」「…うものを」などの形で)ほかの可能性も考えられるのに、とある事柄を非難する前置き的用法。「事もあろうに、教師が盗みを働くとは」

[語誌」
(1)助動詞「む」が唇の破裂音を略して鼻母音化し、さらに鼻音の要素を脱して単なる「う」となった。鎌倉から室町時代に一般化した。
(2)中世では推量に「らう」「うず」も使われる。「らう」は「ぞ」「こそ」を受ける形が主となり、「ぞ」の衰退、「こそ…うずれ」形式の伸張などで衰えた。「天草本平家」「伊曾保物語」では「う」「うず」の使用が拮抗し、確かな推量・当然などの意味では「うず」が優勢であったが、江戸時代へかけて「うず」は衰退する。
(3)「う」は、前の母音と融合して長音化する。中世末期以降、一、二段動詞などに接続する場合には「生きう→生きょう」「上げう→上ぎょう」のように前の音節と融合して拗長音に発音され、やがて「よう」が独立するに至った。また、四段動詞に接続する場合は前の音節と融合して、ともにオ段長音に発音され、さらに「浄瑠璃・冥途の飛脚‐上」の「手形戻そと申さる」(↑戻そう)や「浮世草子・好色五人女‐一・一」の「茶のもといへば」(↑飲もう)のように短音節化する場合がある。

◎(4)一八世紀の後半頃から、終止連体形に接続した「だろう」が推量表現に用いられるようになると、「う」「よう」は意志を表わす用法に偏るようになった。

(5)佐伯哲夫氏の国定国語読本(第一〜六期=明治三七〜昭和二四年)を対象とした調査によれば、おおむね期を追って推量の「う」「よう」は「だろう」「でしょう」等に交替している。ちなみに、天気予報の「晴れましょう」を「晴れるでしょう」に変えることを決めたのは、NHKでは、昭和三八年一二月の放送用語委員会であったという。

以上、[日本国語大辞典]より
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2018/09/13 10:35

「あろうことか。

」は判断の助動詞「ある」の未然形「あら」+推定の助動詞「う」+名詞「こと」+疑問の助詞「か」です。

これは少し古い言い方で、口語では「であるだろうことか」になり、「行こう所」は「行くだろう所」「行くであろう所」になります。

助動詞「う」には、推量・意志・勧誘の意義があり「行こう所」を「行こうとする所」の意味でも使用できますが、現代口語では、「行きたい所」、「行くつもりの所」のように表現します。■
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

分かりやすいご説明ありがとうございました!

お礼日時:2018/09/13 10:40

そんな事があって良いこと物なのか=あろうことか



ある こと なのか

こんな感じなら分かる?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2018/09/13 10:40

「あろうこと」でセットですから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2018/09/13 10:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの「看板」はどの「看板」ですか。

『それは或主張を立ててゐるとか、或使命を持つてゐるとか、看板はいろいろあるでせう。』

この「看板」は或作家の為に雑誌社がやっている広報活動の部分ですか。それについては、「主張」 と「使命」はどういう活動ですか。

『作家 冗談を云つては困ります。雑誌社が原稿を買ひに来るのは、商売に違ひないぢやありませんか?それは或主張を立ててゐるとか、或使命を持つてゐるとか、看板はいろいろあるでせう。が、損をしてまでも、その主張なり使命なりに忠ならんとする雑誌は少いでせう。売れる作家ならば原稿を買ふ、売れない作家ならば頼まれても買はない、――と云ふのが当り前です。して見れば作家も雑誌社には、作家自身の利益を中心に、断わるとか引き受けるとかする筈ぢやありませんか?』

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3758_27329.html

Aベストアンサー

この場合の「看板」は、「雑誌社の方針や目的などを端的に表現したもの」といった意味です。
たとえば、「日本文学を広く世に紹介することで万人の教養に貢献することを目的に我が社は設立された」など。
雑誌社が理想としていること、と言っても良いかもしれません。
しかし、どんなに素晴らしい理想を掲げていても、商売ですから、金銭的に損をしてまで、その理想を通そうとする雑誌社はほとん無いでしょう、と「作家」は言っているわけです。
雑誌社だって、このように損得で商売をしているのだから、作家だって、自分の損得で引き受けたり断ったりするのが当然です、と続けている。

Qこの漢字の意味分かる方いらっしゃいますか?

外国の方からこれの意味はなにかと聞かれたのですが、私は全く分からず…
分かる方いらっしゃったら教えてください!
宜しくおねがいします!

Aベストアンサー

筆者 本人の名前です!

Q次の三つの例文のなかで、自然な文章はどれでしょうか?A. 太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を食べた。B.

文章の感じが分かりにくいてす。
次の三つの例文のなかで、自然な文章はどれでしょうか?

A. 太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を食べた。
B. 太郎は寿司を、次郎は鰻を食べた。
C. 太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を。

Aベストアンサー

これはですね、前後の文脈次第、と言わざるを得ないでしょう。
どのような状況での表現なのか、によって異なる、ということです。
一例を挙げてみます。


12時だったので、とりあえず昼食をということで皆で食堂に入った。
5人それぞれが違うものを頼んだ。
私、夫、息子はコーヒーとトーストで済ませたが、2人の孫は育ちざかりで大食いだ。
太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を食べた。(A)

これは、たぶん自然に聞こえると思います。


12時だったので、とりあえず昼食をということで皆で食堂に入った。
5人それぞれが違うものを頼んだ。
私、夫、息子はコーヒーとトーストで済ませたが、2人の孫は育ちざかりで大食いだ。
太郎は寿司を、次郎は鰻を食べた。(B)

としても特に問題はないのですが、こちらの場合、「それぞれ違うものを食べた」というニュアンスが強くなるように思います。
「育ちざかりで大食い」に続けるには、
太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を食べた。(A)
のほうが自然な文脈になるでしょう。
しかし、次のような文ではどうか。


12時だったので、とりあえず昼食をということで皆で食堂に入った。
最近、2人の孫は何事でも張り合っており、食堂でも決して同じものは注文しない。
前回などは、気を利かせた夫が同じものを注文したのに、嫌だといって一人は別のものに変えてもらったぐらいだ。今回も同様。
太郎は寿司を、次郎は鰻を食べた。(B)

のように B のほうが自然に聞こえませんか。
とはいえ、


12時だったので、とりあえず昼食をということで皆で食堂に入った。
最近、2人の孫は何事でも張り合っており、食堂でも決して同じものは注文しない。
前回などは、気を利かせた夫が同じものを注文したのに、嫌だといって一人は別のものに変えてもらったぐらいだ。今回も同様。
太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を食べた。(A)

としても特に違和感が生じるわけでもないのですが、「食堂でも決して同じものは注文しない」という文脈に沿っての文なので、やはり B のほうが自然かな、という印象は否めない(個人的には)。
「同じものは注文しない」という点に着目した場合、「太郎は寿司を食べ、」の「食べ」が余分な印象を与えるのかもしれません。
微妙な違いなので、実際の場面で、あれこれ論議の対象となることは(わたしも含め)おそらく無さそうですけどね。
まあ、適当に聞き流しておいてください。

これはですね、前後の文脈次第、と言わざるを得ないでしょう。
どのような状況での表現なのか、によって異なる、ということです。
一例を挙げてみます。


12時だったので、とりあえず昼食をということで皆で食堂に入った。
5人それぞれが違うものを頼んだ。
私、夫、息子はコーヒーとトーストで済ませたが、2人の孫は育ちざかりで大食いだ。
太郎は寿司を食べ、次郎は鰻を食べた。(A)

これは、たぶん自然に聞こえると思います。


12時だったので、とりあえず昼食をということで皆で食堂に入った。
5...続きを読む

Q次の文に欠落している「何を」は何のことでしょうか。

これからこの個室で、ご利用者のサービスに還元できるか、スタッフのやり甲斐を見いだせる機会を作れるか、自法人の将来をどう切り開いていくかなど、しっかり熟慮し、実行できるように努めたいと思います。

(出典 https://ameblo.jp/raven-jj-rambo/entry-12404682794.html )

Aベストアンサー

#12です。

>「スタッフのやり甲斐を見いだせる機会を作れるか」は、「スタッフのやり甲斐をどう見いだすか」とすればより自然になるのではないでしょうか。

たしかに。
同意できます。
「見いだせる」「作れる」と可能形が重なっているので良くない。
採点甘すぎましたかね。

>「お楽しみブログだから間違いや意味不明なところがあっても構わない。誤記やてにをはなどをいちいち気にしていたら、楽しくブログを書くことはできない」

程度問題でしょうね。^^;

Qざるそばについての外国人のいくつかの質問2

日本語を勉強中の中国人です。前回ざるそばについてお伺いしましたが、まだ一箇所わからないところがございまして、ご教示いただけないでしょうか。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10714016.html

添付画像のようにそばがとても長くて、切るわけでもできないし、普通どのようにお箸でつけつゆにちょうど全部入るように運ぶのでしょうか。あまりにお箸を高く持ち上げるのが不作法とされるようなので、ちょっと困っています。スパゲッティのフォークでくるくる回すように、お箸でくるくる回して運ぶのでしょうか。

「ソバを箸で丸くまとめる」というお教えもありましたが、まだよく理解できておりません。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回のご質問ではBAありがとうございました。
補足のご質問ということで、また出しゃばりますがよろしければお付き合いください。

ざる蕎麦の食べ方ですが、いくつかのマナーを押さえておけば、あとは「自分が美味しいと感じるように食べる」でよいと思います。
なぜ私がこう考えるかは後述いたします。

とはいえ、質問者さんは「どうやって食べたらいいのか、本当にわからないので知りたい」「礼儀作法を破りたくない」というお気持ちをお持ちなのでしょう。
そこで、一見は百聞に如かず、YouTubeをご覧になってみてはいかがですか?

その前に、上に書いた「押さえておくべきいくつかのマナー」を書きますね。
・「日本の食文化において麺類を頂く時には音を立ててもよい」と言われますよね。ですが、これは「すする音」限定です。咀嚼するときは口を閉じ、「くちゃくちゃ」という音は漏れないようになさってください。
・蕎麦を画像のようにあまりに高く持ち上げないでください。箸を持つ手が自分の目よりも上に持ち上げるのはマナー違反の一つです。
・口に入れた蕎麦を切って容器に戻さないでください。つまり「1回に箸で取る量は、1口で頬張れる量の蕎麦に調整する」ことがコツになりますね。
麺類を口からボトボトと落とすのはどの国でも嫌われると思いますので、言わずもがなだと思いますが…。

ほとんどのお店では茹でられた蕎麦はどさっとざるの上に盛られています。だから蕎麦一本々々をきちんと認識して箸でとることはできません。皆、適当に「だいたいこのぐらい」と思って数本を箸先でごく簡単にまとまるように掴み持ち上げます。厳密な塊を作りません。だから塊から何本も蕎麦が垂れていますが、あまり長すぎなければ、そのまま口に運びましょう。
「長すぎない」の目安は、箸を顎あたりに持ち上げた時に、蕎麦が完全に持ち上がっているぐらいまでです。

長野の蕎麦屋かんだたが卓上に置いている「せいろそば(ざるそばにほぼ同じ)の美味しい食べ方9箇条」では
>4.そばは八本ずつすくって食べる
と書いてありますね。だいたい一度につかむ量がこのぐらいなら口に入る、という意味です。
残りも参考になりますのでよろしければまとめサイトをどうぞ。
https://togetter.com/li/980951

蕎麦を箸でつかむのは、質問者さんには問題ないはずです。中国のほうがお箸の本場でしょう?笑

さて、YouTubeの動画です。
単に「ざるそば 食べ方」で検索すると多数の動画が上げられているのですが…。
まずは千代田区(東京23区の一つ)公式チャンネルの動画です。
お役所仕事とあって、一から十まで絶妙に人をイライラさせる作りになっていますが、外国人の方には参考になる…かもしれません…。
:How to eat Japanese SOBA noodles ~Let's enjoy Japanese culture in Chiyoda City~
https://youtu.be/0zJ287HHLMM?t=210

個人的には、完ぺきではないものの個人のこちらの方が挙げている動画がわかりやすいと思います。
:蕎麦の食べ方
https://www.youtube.com/watch?v=NAV3ntVveck
全体は写っていませんし、冒頭から蕎麦を落としたりしていますが、食べる速さやそばをつかむ量、つゆに蕎麦全体を漬けていない様子から蕎麦を食べなれている人であることがうかがえます。食べ方も気持ちが良い。ただし、この方ほど飲むような速さで食べなくても大丈夫ですよ。


そして、なぜ回答のはじめに「美味しく感じるように食べて良いと思う」と書いたかといいますと…。
蕎麦ってもともとファストフードでしょう。そんなに気負わなくていいと思うんです。
現代で「これが正しい蕎麦の食べ方」と言われている細かい方法の大半は、「蕎麦をこういう風に食べるのが通というものだ」というアホな見栄の張り合いを金科玉条のように奉ったから定着した、ともいえるんですよ。
それが美味しいと感じればその食べ方をすればいいと思いますが、ちっとも美味しく感じられないのに虚勢を張るのはバカらしいでしょ。

ご紹介した千代田区の動画では、「蕎麦を全部つゆに浸す」と「それは間違いだ」と言っていますね。
でもこちらの動画では、日本人男性のほうが、美味しく感じるように食べればいい、私はわさびをたくさんつゆに溶かすし、蕎麦をつゆにひたして食べるのが好きだ、と言っています。
:Soba (Japanese noodles) When you eat soba,this is the way to do it !
https://www.youtube.com/watch?v=MFhvCShNLY8

もう一つの理由は、蕎麦だけのことではないのですが…。
検索で出てきたいくつかの動画には驚きました。「これが正しい蕎麦の食べ方」「蕎麦の粋とは」というようなことを謳いながら、箸の持ち方は非常に見苦しかったり、ほかの行儀作法は汚い人がかなりいたんです。

ここ最近、私が叩き込まれた行儀作法はどうも、過去の遺物になってしまったようです。
外食していると必ずと言っていいほど、私が「これはしてはいけない」と教わった行儀作法を平気で破っている人が視界に入ります。気軽な飲食店ならわかりますし、渡し橋のように嫌い箸と呼ばれていても、今は気にしなくていいものもあると私は思っています。
でも、ミシュランの星をもらっているようなお店でも大勢の人が行儀が悪いのを気にしていないようですし、身なりの良い老人でも同じです。
私が気にしすぎなのでしょう。でも振り上げ箸やずっと箸をねぶるのを目の前で見せるのはやめてほしい…。

すみません、話がそれました。
日本人の間でも行儀作法というものがずいぶん緩くあっているのであれば、外国の方があまりにも厳密に気にする必要はなくなってきていると思います。
特にあまりに完ぺきにこなすよりも、日本人に同行してもらって、その方が気持ちよく講釈を垂れるところはありがたそうに聞いてみせるほうが、あなたの得点がアップすると思いますよ、正直に申し上げて。
これは処世術ですね。

少しでも蕎麦を楽しんでいただければと思います。

前回のご質問ではBAありがとうございました。
補足のご質問ということで、また出しゃばりますがよろしければお付き合いください。

ざる蕎麦の食べ方ですが、いくつかのマナーを押さえておけば、あとは「自分が美味しいと感じるように食べる」でよいと思います。
なぜ私がこう考えるかは後述いたします。

とはいえ、質問者さんは「どうやって食べたらいいのか、本当にわからないので知りたい」「礼儀作法を破りたくない」というお気持ちをお持ちなのでしょう。
そこで、一見は百聞に如かず、YouTubeをご覧になっ...続きを読む

Qこれなんて言う漢字ですか?

これなんて言う漢字ですか?

Aベストアンサー

「ちみ」「すだま」と読む文字です。
魑魅魍魎(ちみもうりょう)の前半。
https://kotobank.jp/word/%E9%AD%91%E9%AD%85-542117

Q「海や山などに行く」

「や」
[並助]名詞、名詞に準じる語に付く。事物を並列・列挙する意を表す。「赤や黒や青が混ざり合っている」「海や山などに行く」「甘いのや辛いのがある」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/220994/meaning/m1u/%E3%82%84/
「わたしは夏休みに、海や山に行く」は、どちらにも行く、という意味だと思います。(ややこしくなるので大辞泉の例文から、あえて「など」を省いています)

では、「あなたは夏休みに、海や山に行きますか?」と尋ねられた場合はどうでしょうか。
どちらか一方に行くなら、「はい」「いいえ」の2択でなんと答えますか。
感覚的には「はい」で良さそうに思うのですが、ちょっと自信がありません。
正しくはどうなんですかね。
あるいは、みなさんはどう思いますか。
理由とともにご回答いただければ有難いです。
ふと思いついた疑問ですので、お気軽に。

Aベストアンサー

ご質問の場合は、可能な選択肢を表しているのであって、実際どれを選択するかはまだ決まってはいません。朝はご飯やパンや麺類を食べる。/食べますか?
「お礼」に書かれたように、可能性が全く無いならば選択肢にも入れませんが、所詮可能性の話である事は変わらないので、ついでに入れておいても害は無いだろうと思います。
同じ理由で、1つでも実効可能性の高い選択肢があれば、「はい、食べますよ」という答えになるのだろうと思います。
「や」は確かに並列ですが、名詞の1つ1つは分離されて選ばれる位置に置かれますが、このことは、同じ並列でも「と」とは異なる特徴です。
「海と山に行きますか」と問われ、金槌であれば答えは当然「いいえ」になりますね。

Q「購い得た」という意味は何ですか。

『これが無名の芸術家が――我々の一人が、その生命を犠牲にして僅に世間から購い得た唯一の報酬のである。』

誰かがこの文章の意味を説明していただけますか。「購い得た」の主語は「報酬」ですか。我々の命とか世界には「芸術家」の描いた絵は価値があるということですか。それで、語り手は世界には価値のあるものがあまりないということを言っていますか。

『記者は晴々した顔をして、ほとんど嬉しそうに微笑した。これが無名の芸術家が――我々の一人が、その生命を犠牲にして僅に世間から購い得た唯一の報酬だったのである。私は全身に異様な戦慄を感じて、三度この憂鬱な油画を覗いて見た。そこにはうす暗い空と水との間に、濡れた黄土の色をした蘆が、白楊が、無花果が、自然それ自身を見るような凄じい勢いで生きている。………』

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/113_15225.html

Aベストアンサー

購う=買う・購入する・対価を払って手に入れる。ここでは芸術家が気が違うほどの苦労という対価を払って、その報酬として見るものの微笑を手にしたこと。
主語=「芸術家」
報酬=「記者は晴々した顔をして、ほとんど嬉しそうに微笑した」こと。ただしこの微笑は作品への感動ではなく芸術や芸術家に対する無理解・無知に基づく無邪気な嘲笑。

本文のテーマは、理解するもののない世界で苦心惨憺する芸術家の悲哀です。

Q「辮髪」は比喩的か本物ですか。

『大きい街頭の柳の枝に辮髪が二すじぶら下っている。その又辮髪は二すじとも丁度南京玉を貫いたように無数の青蠅を綴っている。腐って落ちた罪人の首は犬でも食ってしまったのかも知れない。』

この風景は残虐な風景ですか。「辮髪」は一人で殺された女のものですか。「辮髪」の持ち主は腐って落ちた罪人ですか。犬は、絞首刑に処せられた罪人を髪を除いて食ったという状態ですか。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/51214_56018.html#midashi10

Aベストアンサー

本文は作者が大正10年頃当時の清国を旅したときの漫遊記です。基本的には異土に馴染めない感覚が描かれていますが、弁髪も同様で好感を持てなかったようです。柳の枝を見ても弁髪がぶら下がっているように見え、枝に付いている葉も青蠅に見えたのでしょう。腐って落ちた罪人の首も、国土への嫌悪感を表現したもので現実ではありません。列強諸国に食い物にされて惨めに淀んでいる老大国の現実を作者なりの感覚で表現した一節です。

Q逃げる 同意味の言葉で ちくぜんする?って言葉ありますか?

逃げる と同じ意味で使われる言葉でちくぜん?するって聞こえる言葉ありますか?

Aベストアンサー

読みは、ちくでん、です。


人気Q&Aランキング