フレーム発光法の原理と、原子吸光光度法との違いを教えて下さい。
ヨロシクお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは ICP」に関するQ&A: ICP分析データとは

A 回答 (3件)

megumoさんの質問は一部の機種に「フレーム発光光度法」の測定機と「フレーム原子吸光光度法」」の測定機を兼用するものがあることによる質問であると推定します。

「発光光度法」にも「ICP式」や「フレーム式」等の方式がありますが、いずれも測定対象の原子の励起(エネルギー状態を上げ)させて発光させます。そのときの色(波長)で元素の種類を特定し、光の強さで溶液中の濃度を調べます。言わば「炎色反応」を精密に測定するものです。
原子吸光光度法には「フレーム式」と「フレームレス式」があります。ume_pyonさんの書いたように吸光度を測定する訳ですが、試料は「原子化」する必要が有ります。この原子化の方法として一般的なのが、アセチレンガス等を 燃料とするフレーム(炎)式なのです。
フレームを作るためのバーナーは発光法も原子吸光法も全く同じものを使うことが多く、先にも書いたとおり両方を兼用する機械も多く発売されています。それらのメーカー(島津製作所とか、パーキンエルマーとか)のHPを見てみるのも良いかも知れません。(URLを調べてなくてすいません)
    • good
    • 0

レポートでしょうか?


まずネットで検索されましたか・・・?
「フレーム 発光法」でいくつかHitしますよ?
(原理までは・・・?)

さらに、図書館で機器分析関連の成書を調べましたか?

補足お願いします。
    • good
    • 0

たしかこのようなことだったと思います。



単純に言うと、
・原子吸光法
→試料を原子化して、これに中空陰極ランプを当てて、通過した
光を分光器にかけて吸光度を測定する。
・原子発光法
試料をフレーム(炎)により発光させて、その発光度を測定する。
いわゆる「炎色反応」です。

こんな感じでよいでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点

原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点とは何なのでしょうか。装置上の違いについても知りたいです。
また原子吸光光度計は金属元素の微量分析に適した装置ですが、検体となる試料溶液の調製にはどんな注意が必要でしょうか。

Aベストアンサー

簡単に書くと、原子吸光光度計は試料を燃やして原子化し、ランプから出た光の吸収具合で濃度を測定するもので測定対象によってランプを変えてやる必要があります。また、試料を燃やすので燃焼ガスや助燃ガスなどが必要です。

紫外可視近赤外分光光度計は、重水素ランプとタングステンランプで測定対象が吸収する波長の光を作り出し、その吸収具合で濃度を測定するものです。

原子吸光光度計で注意するのはバーナーの汚れや燃焼状態ですね。試料は酸で溶解(標準液や試料の酸濃度は一定にする)しますが、測定物質や試料によっては測定に影響する物質が含まれていますので、対策が有る場合は試料に試薬を添加したりします。
元素にもよりますが、高濃度の検量線は検量線の上の方が垂れますので、直線性の取れる濃度の検量線を作りそれに入るように試料を希釈して下さい。また、微量分析全般に言える事ですがコンタミに十分注意して下さい。

Q原子吸光分析法と原子吸光分光分析法の違いについて

機器分析初心者です。
機器分析の教科書などを見ていると、「原子吸光分析法」と「原子吸光分光分析法」というのがありました。
この両者には、どのような違いがあるのか良く分かりません。もし、よろしければ教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

定義なのであまり答えたくないのですが.
素人の範囲ならば.同じ物です。

分析の言葉は.「関係する機能を並べる」という癖があり.「原子急行」を使った「分析方法」が原子きゅうこうほうです。
この途中に分光器が入っていれば.「原始きゅうこう分光分析」となります。
が.最近の原子急行系で.フィルター式とか全光分せきなんて.まず.見かけません。大体の機械に分光器が入っています。
ですから.素人の範囲ならば同じ者です。

Q原子吸光光度法とICP-AES法

原子吸光光度法とICP-AES法について、利点と欠点を教えて下さい。

Aベストアンサー

原子吸光は測定するのにランプが必要です、それに対してICP-AESは発光分析ですのでランプは不要です。
また、原子吸光と比較してICPは分光干渉を起こしやすいです、結果的に分析にはある程度の慣れが必要かと思います。分析スピードは原子吸光の方が速いですが一般的に分析感度はICPの法が優れています。ランニングコストは原子吸光がアセチレン-エアーに対してICPがアルゴンガスで使用量もICPの方が多いので、ICPの方がランコスはかかると思います。私のわかることはこんなもんでしょうか。使用目的や使用環境によってメリット、デメリットは変わってきますので。

Q原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

先日、大学の学生実験で鉄鋼中の微量亜鉛の分析をしました。
その際、(1)「試料(含亜鉛鉄鋼)を塩酸に溶かしてから原子化をする」
とテキストにかいてありました。これはどういった意味でこのようにしたのでしょうか?また、原子化の過程が危険とのことで、専門の教授が行いまして、
(2)「どういったプロセスで行ったのか」不明です。これらを、自分の持っている知識の範囲で考えてみました。間違っていたら御指摘ください。

(1)⇒「直に、熱を加えて原子化するより、塩化物にしてからのほうが原子化する温度が低くなるのでそうしたと思います。」

(2)⇒「しかし、塩化物にしたところで、加熱して原子化しようとしても塩化物のまま揮散・揮発してしまうとおもいます。そこで、真空中で熱分解や、一度酸化させて、還元して純金属に戻してから真空で加熱する方法がとられたのではないかと思います。」⇒(だったら、塩酸に溶かさずに最初から真空で加熱したほうが原子化が簡単なんでは?とも思ったり…自信が無いです。)

最後まで読んでいただきありがとうございます。多少のことでもかまいませんのでコメントお願いします。

原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

先日、大学の学生実験で鉄鋼中の微量亜鉛の分析をしました。
その際、(1)「試料(含亜鉛鉄鋼)を塩酸に溶かしてから原子化をする」
とテキストにかいてありました。これはどういった意味でこのようにしたのでしょうか?また、原子化の過程が危険とのことで、専門の教授が行いまして、
(2)「どういったプロセスで行ったのか」不明です。これらを、自分の持っている知識の範囲で考えてみました。間違っていたら御指摘ください。

(1)⇒「直に、熱を加えて原子化す...続きを読む

Aベストアンサー

図書館などで本があるから、調べてみると良いのでは?

Q原子吸光分析のファーネス法、フレーム法

原子吸光にはファーネス法とフレーム法の二種類がありますよね。
これらはどういう場合に使い分けるのでしょうか?
一般的にファーネス法の方が感度が高いと言われていますが
それならばフレーム法は必要ないような気がするのですが・・
フレーム法じゃないといけない測定というものがあるのでしょうか?
ファーネス法にない利点などを教えてほしいです。

Aベストアンサー

>ファーネス法にない利点などを教えてほしいです。
 機械が安い
 測定は、一回で良い
 したがって、測定時間が短い
 灰化用の精密分析用試薬に含まれる金属を無視できる
 
>フレーム法じゃないといけない測定
ppbオーダは、フレームレスでないと困難(不可能とは言わないが)
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報