人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

中国をロシアから救ったのは
日本ですよね。

満州を中国に返して
満州国にアジアの理想郷をインフラ設備作ってあげたのも日本ですよね。

何故 反日するのか 中国は?

A 回答 (5件)

「満州を中国に返して」? 完全に誤解です。

 満州国のあった地は、もともと清国を建国した女真人の聖地でした。 満州を中華民国から取り戻すのは女真人の悲願で、それを手助けしたのが日本です。 そして清国最後の皇帝愛新覚羅溥儀が満州国の皇帝に就いたのは、ごくごく当然の話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

満州国皇帝は 満州に帰りたく感謝したとか。
生々しい 中国の人間が嫌いで。

お礼日時:2018/09/16 14:11

歴史を正義とか義理人情で見ると、とんでもない解釈をしてしまいます。

歴史は金目の物の取り合いで動いています。まさしく畜生同士のエサの奪い合いです。このような観点で歴史を勉強すると、何故?は「そうか」に変わるでしょう。
    • good
    • 0

韓国朝鮮も。


中華人民共和国は、アヘン戦争の英仏を恨まないどころか、好んで移住や留学に行く国。
日本も太平洋戦争での、アメリカ合衆国が大好きで人の事は言えんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まぁ アメリカは日本を占領しなくて 寛大な処置でしたからね。
ハワイに関しては アメリカ侵略ですが。

お礼日時:2018/09/16 14:10

中国には中国の都合や解釈があるのでしょう。

反日は国内の不満を外に向けるのに便利ですし、他国に国の一部を植民地にされてインフラ整備、後に植民地を運営していた国が戦争に負けて植民地を返還されて「ありがとう」とも思わないでしょうし。中華思想を基に考えれば日本は蛮族の国で中国からすれば腹に据えかねる。しかも、彼の地の知識人は彼等自身も中国歴代王朝の中でも最高と考えられる唐の文化や美点を現代の中国よりも断然色濃く伝え継承しているのが日本であると考えている…感情的なもの(嫉妬)もあるかと思います。
何にせよ、他国民の感情やら事情やらに日本はおもねり過ぎです。日本は日本を護り日本を発展させて行けば良いだけのことです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

日本文化は昔の中国ですからね。
てか 戦争 内乱ばっかりしてるから 漢なのか 満なのか
チベットなのか モンゴルなのか 判らん国になってる。

お礼日時:2018/09/15 22:26

歴史認識が根本から間違ってるしw

    • good
    • 3
この回答へのお礼

教えて頂ければ。

いちよう 次は 日本という立場から 戦い。
ユダヤ民族の金持ちから
ロシア迫害の影響で融資してもらった事は理解してます。

お礼日時:2018/09/15 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本を守る =帰化議員の排除! 生きる事の難しい国から逃げて来て都合の良い言い訳をし、優しさに付け込

日本を守る =帰化議員の排除!
生きる事の難しい国から逃げて来て都合の良い言い訳をし、優しさに付け込んで集まり日本人を騙して排除し乗っ取る手法を繰り返し続けた在日韓国朝鮮人!

私達に出来る事は騙されず、息をするようにつく嘘を皆が知り理解する事。 事実を皆に知らせる事。
テレビのスポンサーのテロ資金企業に金を出さない為不買を実行する事、小さな会社はまず身分を確認して雇用する事! 一人雇えば会社は終わりです。
朝鮮人を雇わない事! ではありませんか?
http://check.weblog.to/archives/4045283.html

Aベストアンサー

雇わないことは重要です。
しかし、人手不足なので雇うしかないです。愛国日本人が時給30円、20円でサービス残業、サービス休日出勤をしてくれるなら雇わなくても良いのですが。

Q吉澤ひとみ 飲酒運転ひき逃げ…では、あるけど。 根本的には、黄色で通過 もしくは ギリギリ遅刻に間に

吉澤ひとみ

飲酒運転ひき逃げ…では、あるけど。

根本的には、黄色で通過 もしくは ギリギリ遅刻に間に合わせようとした結果。

飲酒運転が、クローズアップされてるけど
黄色で止まる余裕すらない
遅刻が原因。

叩きまくる人達いるけど
飲酒運転を除いたら
だれにでも あり得る 事。

黄色は、渡るな。
待ち合わせの30分前
始業時間の1時間前 30分前には、行く必要とか、ありませんか??

ギリギリ 行く人程
明日は我が身。

Aベストアンサー

要するに人としての常識が無い人なんでしょう、多いですよこの様な人はね。
然し遅刻しようが関係ない人であっても、飲酒運転は常識が無いですよ。

Q海外ではチップを渡す習慣がありますが、それって何がきっかけで始まって広まっていったのか教えて欲しいで

海外ではチップを渡す習慣がありますが、それって何がきっかけで始まって広まっていったのか教えて欲しいです!

Aベストアンサー

チップの起源としては諸説あるのですが、一番有名な語源としては、
18世紀のイギリスのパブで、サービスを迅速に受けたい人のために
「To Insure Promptness」(素早さ保証します)と書かれた箱を置き、
そこにお金を入れさせたことに由来し、
チップとはこの文言の頭文字である、という説です。

しかしその他にも様々な説があり、どれが正しい
のかは不明です。

尚、日本にも江戸時代などは茶代、心付けなどという
チップ制度がありましたが、明治・大正期には廃止論が叫ばれはじめ、
昭和期に次第に廃れていきました。

Qビッグバン理論によると宇宙は拡大しているのでしょうか、それとも拡大しているのでしょうか。

宇宙は今よりずっと小さく凝縮されたものであったが、それが爆発のようなものによって、広がったのが今の宇宙だという説を聞いたことがあります。

風船が膨らんでいくイメージでしょうか。

これを拡散という人が多いようですが、拡散だと、風船のように空間自身が広がるのではなく、すでにある空間の中に、その物質が密度を低くしながら、広がって行くイメージになります。水を張ったたらいに、絵の具を落としたような感じです。色は広がりますが、たらいのほうはすでにあって、広がることはありません。

また、SNSの情報の拡散の場合は、密度を低くするのではなく、同じものがコピーされて、散って行く感じがします。

ですから、宇宙は「拡散」しているというよりも「拡大」していると言った方が良いように思うのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして

ビッグバン理論は、宇宙は最初極小で誕生し、それが拡大してきたというものです。ただし、CGなどでよくある漆黒の中で大爆発したということではありません。宇宙の外に何かがあり、その中で膨張しているイメージではなく、宇宙そのもの、空間そのものが膨張しているです。そういう意味では風船が膨らんでいるイメージよりも、風船の表面が膨らんでいくイメージになります。そんなものイメージできないといういうのはもっともですが、一般相対論をそのまま宇宙に適用すればそうなるんですよ。

正確には、一般相対論では、宇宙は不安定であり、膨張をするか縮小をするかどちらかの解になります。宇宙がに誕生があるなんておかしい、宇宙は未来から過去まで同じ形であるべきだ、アインシュタインはそう考えて、一般相対論の式に宇宙定数を加えました。

ところが、1920年代に宇宙望遠鏡にその名を残すハッブルが、当時の最大級の望遠鏡を使用したところ、太陽系から遠い銀河ほど太陽から見て後退していることを発見したんですね。地球が唯一特別の場所でなければ、これは宇宙全体が膨張している(ちょうど風船の表面に描かれた点が、どの点から見ても他との距離が開いていくように)としか考えられません。

この観測結果をめぐって大激論がおこりました。宇宙は最初小さいものから誕生しそれが巨大になったというビッグバン理論と、宇宙は誕生などなく過去も未来も同じと主張する定常宇宙論と学会を二分する大議論となったのです。定常宇宙論も宇宙が膨張しているのは認めているのですが、それを補うように新しい物質が生まれるというものです。ずいぶん非常識な論理だと思うのですが、宇宙の誕生も同じように非常識な話です。ですから当初は定常宇宙論の方が優性だったのですよ。ところがビッグバン理論が予言していた宇宙背景放射が1960年代に発見されたため、1970年代には天文学者の圧倒的多数がビッグバン理論を支持することとなっています。

で、ここからがご質問に対する回答になるのですが、
>宇宙は「拡散」しているというよりも「拡大」していると言った方が良いように思うのですが、

おっしゃるとおりで、拡大というのが正解でしょう。実際に宇宙の入門書などでも宇宙の「拡大」という表現であり、「拡散」という表現は聞いたことがありません(存在しないとはいえませんが)。

なお、ビッグバン理論は仮説ですが、科学的知見に裏付けられた信頼できる仮説です。それでいえば、進化論だって仮説ですしね。アメリカなどでは今でも進化論を信じない人が多数います。ですから「しょせん仮説」と言ってしまえばそこで科学の発展はないように思うのですが。

はじめまして

ビッグバン理論は、宇宙は最初極小で誕生し、それが拡大してきたというものです。ただし、CGなどでよくある漆黒の中で大爆発したということではありません。宇宙の外に何かがあり、その中で膨張しているイメージではなく、宇宙そのもの、空間そのものが膨張しているです。そういう意味では風船が膨らんでいるイメージよりも、風船の表面が膨らんでいくイメージになります。そんなものイメージできないといういうのはもっともですが、一般相対論をそのまま宇宙に適用すればそうなるんですよ。

正確...続きを読む

Q大型の家具を友人に譲ることになったのですが、高さがあって車には積めなかったので、運ぶ手段に困っていま

大型の家具を友人に譲ることになったのですが、高さがあって車には積めなかったので、運ぶ手段に困っています。
こういう時に頼める場所ってどこかありましたかね?
便利屋とかだと何かと高そうだし、トラックレンタルも結構値段するのかなぁと迷っています。
何かいい情報教えて下さい。

Aベストアンサー

ベビーベッドを 宅配に頼んだ事がふん

Qよく水素エネルギーはクリーンだとか言いますけど 本当に水素精製に使う電気、ひいては石油燃料は 直接

よく水素エネルギーはクリーンだとか言いますけど
本当に水素精製に使う電気、ひいては石油燃料は
直接 石油燃料を使用する際よりエネルギー効率が良いのですか?
わかりにくい文で申し訳ありません。

石油燃料を直接使用するより、一度石油燃料で水素を精製してから水素を使用した方が効率は良いのか?
ということです。

Aベストアンサー

水素はメタンと水で、高熱で合成しています。CH₄+H₂O→CO+3H₂
この高熱は化石燃料の燃焼です。また、生成したCOは燃やしてCO₂になります。
水素エネルギーはクリーンですが、水素を作る過程はクリーンではありません。
何事も上手い話は無いのです。

Qよろしくお願いします。 車などのタイヤにエアーを規定量いれますよね。 エアーが抜けている状態とエアー

よろしくお願いします。
車などのタイヤにエアーを規定量いれますよね。
エアーが抜けている状態とエアーが入っている状態ではどれぐらい重さ(重量)が増えるのでしょうか?
例えば指定空気圧5キロだとしたら、空気圧5キロ分で重さはどれぐらいあるのですか?
それとも空気はほぼ重さはないのでしょうか?

Aベストアンサー

圧力と重量は関係ないよ。

圧力の「キロ」は、
 kgf/cm^2
という意味だよ。分かるかなあ。

 1 kgf/cm^2 = 9.8 N/cm^2 = 9.8 * 10^4 N/m^2 = 9.8 * 10^4 Pa = 98 kPa ≒ 1 気圧

ですね。なので、「5キロ」とは「約5気圧」ということです。

つまりは、「タイヤの5倍の体積の空気の重さ」です。
「ほぼ重さはない」ですね。(「重さ」は「空気の重さ」ー「空気による浮力」ですから)

Q自衛隊による先制的自衛権の行使は合憲か?違憲か?

この内容でディベートすることになりました。
合憲なのか違憲なのか正直のところすごく迷っています。
どちらの立場でも議論できるように対処したいと思います。
合憲と違憲それぞれの理論構成をご教示下さい。

Aベストアンサー

合憲です。



昭和31年3月1日衆議院内閣委員会 鳩山一郎総理大臣答弁書

わが国に対して急迫不正の侵略が行われ、その侵害の手段としてわが国土に対し誘導弾等による攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨であるということは、私どもは考えられないと思うのでありまして、そういう場合にはそのような攻撃を防ぐのに万やむを得ない必要最小限度の措置をとること、たとえば誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは法理的には自衛の範囲に含まれ、可能であるというべきものと思うのであります。


前日の発言。
昭和31年2月29日参議院予算委員会

どうしてもその飛行基地を粉砕しなければ、そこに飛んでいかなければ、日本の防衛ができないというような場合には、その基地を侵略してもいい、攻撃してもいい

さすがに「侵略」は取り消したが、攻撃は取り消していないません。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/024/0388/02402290388015a.html




吉田内閣当時は、占領統治下と言う事もあり、先制攻撃も勿論、自衛戦争も否定している国会答弁をしています。それについてはNo6さんの書いたとおりです。しかし、1955年 鳩山内閣で憲法解釈を変更します。


先制攻撃については、先ほど書きましたが自衛戦争については、林修三内閣法制局長官の答弁で明らかになります。

憲法九条一項、二項をあわせて読めば、自国を守るために必要な最低限度の自衛のための実力、そういうものを持つことを禁止するものとは考えられない。
(林修三内閣法制局長官 第22回国会内閣委員会 昭和30年6月16日)

日本の自衛力というか、これは日本単独ではなかなか自衛そのものですらむずかしい(中略)
日米の集団保障の前提のもとに日本としてもある程度の自衛力を持ち
(中略)
もし侵略を企てようとするものがありとせば、そういう侵略をむしろ未然に防止し得るだけの力を持ち得る
(杉原防衛庁長官 第22回国会内閣委員会 昭和30年7月25日)


このあと、続く岸内閣は、自由主義陣営の一員として反共的態度を堅持する、と決意表明するのです。




因みに、「戦後、右傾化している。」というのは半分誤りです。
吉田内閣発足当時は、自衛戦争も否定する憲法解釈でしたが、鳩山内閣以降は「普通の国」のようなレベルの国防が出来るように「右傾化」していきます。
これは、池田内閣まで続きます。

しかし、佐藤内閣以降、急速に「左傾化」します。現在の内閣法制局は集団的自衛権は行使しない。日米安保条約は集団的自衛権に当たらないとしていますが、その憲法解釈が始まったのは佐藤内閣からです。「戦後一貫して集団的自衛権は違憲とされていた」は真っ赤なうそです。「戦後、集団的自衛権は、合憲とも違憲ともころころ変わってきた」が正しい。

戦後、池田内閣まで右傾化し、佐藤内閣以降、急速に左傾化し、安部内閣でその左傾化が止まった。というのが現状です。現在も池田内閣から比べればかなり左傾化した現状です。



参考

https://ameblo.jp/channelcrara/entry-12056386099.html
https://ameblo.jp/channelcrara/entry-12056789578.html
https://ameblo.jp/channelcrara/entry-12057125876.html
https://ameblo.jp/channelcrara/entry-12057463228.html






話が長くなりましたが、何がいいたいかというと、国会答弁は、後から見解を示した方が優先されます。
吉田内閣の国会答弁の自衛戦争も否定する答弁は鳩山内閣で否定され、鳩山内閣では先制攻撃も合憲とする答弁を行いました。


よって、合憲です。


私の記憶が正しければ、その後、鳩山答弁を否定する答弁はされていないと思います。

が、私も素人です。もしかしたら国会答弁で鳩山答弁を否定する答弁がされているかもしれません。国会答弁は何年何月何日にどういう発言をしたかまで分ります。この鳩山答弁を否定する国会答弁が存在すれば、「否定の意見」が可能です。

逆に、こちらは何年何月何日の誰の国会答弁とまで、明確に客観的根拠を述べているので、相手はそれの同程度の明確な客観的根拠を述べないと否定できない事になります。つまり、具体的な日時と誰の国会答弁で、先制攻撃を否定する答弁がなされたかの知識が無いと、否定の意見を言うことは不可能になります。











>合憲なのか違憲なのか正直のところすごく迷っています。

そういう場合は、一応の「合憲か違憲」にして置けばよいです。
例えば、私なら、吉田内閣当時と鳩山内閣当時の憲法解釈について述べ、先制攻撃を合憲とする鳩山内閣当時の国会答弁を持ち出す。もちろん、発表する場合、年と月日時までいって、その時の国会答弁を一字一句間違えないで発言する(メモを読んでもよい)。「よって、合憲なのかなと思います。が、僕はあまり詳しく分らないので、その後の国会答弁で先制攻撃を否定されているかもしれません。何年の何日に誰が国会答弁で先制攻撃を否定した発言をしたかが分れば、違憲なのかなと思いますが、現状の僕の知識では合憲だと思います。」

という、「一応の合憲」の立場で、合憲と言う事を確信しているわけではないとするものです。しかし、自分の問いに答えられないなら合憲しかありえないね。というものです。これだと、自分よりも勉強している人がいても恥もかきません。国会答弁の日時までいえないような反論は、「印象を言われても・・・」で終わり。こっちは日時までばっちり言って、ネット検索で誰でも確認できるように客観的根拠を出している。相手にも客観的根拠を出してから反論しろといえます。

また、先制攻撃を否定した国会答弁を、年と日時まで知っている人に反論されれば、「そうなんだ~。じゃあ違憲なのかもね」で終わりです。付け焼刃の知識なので、相手が自分の知識を上回っていれば素直に引きましょう。自分ははじめに、「現状の知識では合憲だと思う」と明言しています。ディベートで知識が増えて意見を変える事は恥ではありません。ただ、議論のすり替えには注意が必要です。よって、自分は余計な主張はしない。鳩山答弁とその答弁を否定する答弁がその後行われたかの一点だけに絞るのが重要になります。





>合憲と違憲それぞれの理論構成をご教示下さい。

違憲という憲法学者は、そもそも自衛隊も違憲という立場です。
その様な憲法学者は、吉田内閣発足当時の憲法解釈を原理主義的に正しいとしています。
そして、そういう憲法学者は東大憲法学を中心に主流派です。


これについては、また別の勉強が必要になります。
勿論、佐々木惣一の京都学派などは、自衛隊の存在も日本の自衛権も合憲とする立場ですしそのロジックを持ち出して日本の自衛権や自衛隊の存在や先制攻撃を合憲とする事も可能です。または、比較憲法学を持ち出して、海外の普通の国の憲法と日本の憲法を比較して日本の憲法がどれだけ問題かを論じたり国際法を根拠に東大憲法学の解釈を否定する事も可能です。

ただ、どちらにしろ、付け焼刃の知識では恥をかくだけですので、近日のディベートの倫理武装に使うのはオススメしません。オススメは先ほど書いた鳩山答弁です。この一点だけに絞って、それを否定する国会答弁を年と日時まで確り知っているような人が要れば「じゃあ違憲かもですね」と素直に引く。そこまで勉強している相手がいなければ「じゃあ合憲ではないでしょうか」という立場。とする論法は付け焼刃で仕入れた知識しかない無学な学生でも使える方法かと思います。

それと、もしもあなたが「偉い人が言うことは正しい」と思うのでしたら、東大憲法学の解釈が正しい事になります。彼らは、自衛隊の存在も違憲とする立場です。

合憲です。



昭和31年3月1日衆議院内閣委員会 鳩山一郎総理大臣答弁書

わが国に対して急迫不正の侵略が行われ、その侵害の手段としてわが国土に対し誘導弾等による攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨であるということは、私どもは考えられないと思うのでありまして、そういう場合にはそのような攻撃を防ぐのに万やむを得ない必要最小限度の措置をとること、たとえば誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは法理的には自...続きを読む

Q日本の歴史、 戦争と飢饉について 太平洋戦争中〜戦後にかけて、日本は食料難だったとのことですが、江戸

日本の歴史、
戦争と飢饉について

太平洋戦争中〜戦後にかけて、日本は食料難だったとのことですが、江戸時代みたいに◯◯飢饉と言う命名はされていないようです。これは、飢饉程ではないからでしょうか?

実際、江戸時代の4大飢饉と太平洋戦争中〜戦後の食料難を比べるとどちらが酷いのでしょうか?

ご存知の方、よろしければ回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>これは、飢饉程ではないからでしょうか?

回答:程度の問題ではなく、飢饉ではないからです。


>江戸時代の4大飢饉と太平洋戦争中〜戦後の食料難を比べるとどちらが酷いのでしょうか?

どちらも生産量だけでなく流通の問題もあるので評価が困難です。

江戸時代:食料政策は藩レベルの内政の問題。
幕府であっても大名という「封建領主」の主権に無制限の介入はできない。
(それに余裕がないのはどこも同じ。そして一番裕福な筈なのは幕府)
幕府も緊急時の備えはしていたが、あくまでも幕府の領内の為。
「備え」以上の食料を調達しようとしても商人が値を上げる。


大東亜戦争:そもそも飢饉が原因ではない。

戦中:食料は戦略物資なので流通を統制されていた。
資源を輸入できない状態で、備蓄や戦場への補給もしなければならない。
徴兵や馬の徴発による労働力の減少。→生産量の減少。

戦後:食糧難が起きたのは生産地からの供給が絶えた都市部であり、農村で激しい食糧難は起きていない。
→原因はGHQの占領政策や農家が流通に出さなかった為。

当時のアメリカは占領軍経費を「終戦処理費」として日本に負担させています。
この金額は、初期には一般会計の50%にもなっていました。
ドッジラインによる緊縮財政下においても15%の負担をGHQより要求されています。
更に借款を有利子で行ったり駐留経費の4割の負担など、今時の思いやり予算以上の負担を要求していました。

(ドッジ・ライン:GHQ経済顧問のジョゼフ・ドッジの立案、勧告により1949年に日本に実施された財政金融引き締め政策)

https://www.youtube.com/watch?v=ZaKDgB1IS0o
《6:25 27億円の裁判費用は日本政府が負担していた。
6:55 (昭和)21年の国家予算の32%は占領軍に払っていますからね。だから昭和21年に日本人はいきなり貧困に陥ったわけですよ》


【国民を飢えから救われた昭和天皇陛下】
https://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/44280253.html
昭和20年12月、宮城からお召しがあり、天皇からお言葉がありました。
「戦争で苦しんだ国民に、さらに餓死者を出すことは堪(た)え難い。皇室の御物(ぎょぶつ)の中には国際的価値のあるものもあると聞く。その目録を作製させたから、米国と話してこれを食糧に替えたい」との叡慮であられました。

>これは、飢饉程ではないからでしょうか?

回答:程度の問題ではなく、飢饉ではないからです。


>江戸時代の4大飢饉と太平洋戦争中〜戦後の食料難を比べるとどちらが酷いのでしょうか?

どちらも生産量だけでなく流通の問題もあるので評価が困難です。

江戸時代:食料政策は藩レベルの内政の問題。
幕府であっても大名という「封建領主」の主権に無制限の介入はできない。
(それに余裕がないのはどこも同じ。そして一番裕福な筈なのは幕府)
幕府も緊急時の備えはしていたが、あくまでも幕府の...続きを読む

Q薩長同盟について

大河ドラマ「西郷どん」をみていましたが、薩長同盟は倒幕を目指す西郷が坂本龍馬に頼んで長州の桂に面談を取り持ってもらっているストーリーでした。

一方何年か前の大河ドラマ「龍馬伝」では薩長同盟は坂本龍馬が倒幕の構想を考えその結果、薩摩と長州で手を結ばせる様に出ていました。

史実としては実際にはどうなんでしょうか?

最初の下関での面談を西郷がすっぽかしている事から見ても西郷(薩摩)や長州ははじめから乗る期では無く、坂本が半ば強引に薩長同盟を結ばせたように感じるのですが。

そうで無ければ、その後坂本が「寺田屋」で暗殺されかかるはずも無いと思いますし、詳しい方、教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その辺は闇の中です。
というより、そういう核心を簡単に世間に漏らしてしまう人物に政治はできません。
なので真相に迫る客観的資料は皆無です。

前後の状況から、薩摩藩は第二次長州征伐で幕府に愛想を尽かし、薩英戦争で攘夷を捨てたと思われます。
しかし黒船以来の外国の脅威は変わらず存在し続けています。
ならば厳しい国際情勢の中で日本の独立を守るためには、思想や主義の隔たりは捨てて討幕勢力を大同団結し、革命を起こして新たな日本を作るしかない、
という結論には達していたようです。
ただしその後どちらが主導権を握って長州と仲直りし同盟を結ぶところまでこぎつけたか、それは資料がないため学問上の結論は得られていません。

学者はこういう場合「根拠が不十分なので推定不可能」というしかありません。
しかし作家には想像が許されています。
資料が語ってくれない闇の部分を自分のイマジネーションを生かして補う。
歴史小説はそうして作られます。

なお竜馬自体は勝の指示で動いていた節があり、そうであれば討幕派からすれば当然面白くありません。
当時流行した「天誅」の対象になるのは当然です。
しかしこれも確証がないため想像の範囲を超えません。

その辺は闇の中です。
というより、そういう核心を簡単に世間に漏らしてしまう人物に政治はできません。
なので真相に迫る客観的資料は皆無です。

前後の状況から、薩摩藩は第二次長州征伐で幕府に愛想を尽かし、薩英戦争で攘夷を捨てたと思われます。
しかし黒船以来の外国の脅威は変わらず存在し続けています。
ならば厳しい国際情勢の中で日本の独立を守るためには、思想や主義の隔たりは捨てて討幕勢力を大同団結し、革命を起こして新たな日本を作るしかない、
という結論には達していたようです。
ただしそ...続きを読む


人気Q&Aランキング