痔になりやすい生活習慣とは?

質量モル濃度が4.0mol/kgの水酸化カリウム(=56)水溶液に水40gを加えたら密度1.17g/mlでモル濃度は(ア)mol/Lである。
(ア)に当てはまるものを答えよ。

自分の考えは
密度から
水溶液1lの質量が1170g
質量パーセント濃度が(4×56)/(1000+40)=224/1040 より
水溶液1lに含まれる水酸化カリウムの物質量は
1170×224/1040×1/56
としたのですが、答えと一致しません

教えてください

質問者からの補足コメント

  • その前の問題に
    この水溶液60gには560/51gの水酸化カリウムが入っていることを求めました。

    解答はこれを利用しているのですが
    自分の回答とどこにズレががあるのがわかりまけん。

      補足日時:2018/09/16 08:37

A 回答 (3件)

「質量モル濃度」の定義は質問者さんの定義で問題ありませんでした。


それにしても、溶媒が1kgあったとして、(40gの水を加えて)出来上がった水溶液の容積は「1264/1.17」mlです。
最初の水溶液の重量が不明なため、その中に存在する水酸化カリウムの物質量が不明となり、水を追加した溶液の密度を与えられても、その状態での容積は不明のままなのです。

>密度から水溶液1lの質量が1170g
取りあえずOK。但し出来上がった水溶液の溶液は1Lかどうかは不明。

>質量パーセント濃度が(4×56)/(1000+40)=224/1040 より
いきなり「質量パーセント濃度」が出てきましたが、これは間違い。
質量パーセント濃度=(溶質の質量/溶液の質量)×100%
ですね。

>水溶液1lに含まれる水酸化カリウムの物質量は
その前の式が間違っているので、ここに至っては全く意味不明。

>その前の問題に
>この水溶液60gには560/51gの水酸化カリウムが入っていることを求めました。
4.0mol/kgの溶液60gですと、そのような値になりますが、まさかの60gに水40gを加えたのでしょうか?
それならば、出来上がった水溶液100g中に560/51gの水酸化カリウムが含まれていることがわかっています。
この水溶液100gの容積は密度から100/1.17mlなので、(容量)モル濃度は計算可能です。
    • good
    • 0

質量モル濃度が4.0mol/kgの水酸化カリウム(=56)水溶液に、水酸化カリウム224gと水1000-224=776gあります。

そこへ水40g加えると224+816=
1040gです。この体積をyℓとすると、1.17=1040/y、
y=1.040/1.17ℓに4.0molの水酸化カリウムがあります。
Y=1.000ℓでは(4.0x1.000x1.17)/1.040=4.5molになります。
よって、ア=4.5mo/ℓになります。
    • good
    • 0

最初の水酸化カリウム水溶液が1kgは決まりなのですか。


そうとしても、出来上がった水溶液の容積は
1040[g]/1.17[g/ml]
ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

どうして1040/1.17 mlになるのでしょうか。
密度1.17g/mlは溶液に対してであり
1040gは溶媒に対してですので合わないのでは…

お礼日時:2018/09/16 18:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学のフェログラムって何ですか?

化学のフェログラムって何ですか?

Aベストアンサー

FTIRなどに用いられるインターフェログラムと磁性に関連するフェログラフィーがありますがいずれのことでしょう?

Q物質の三態 液体が沸騰しているとき 容器には液体と気体が共存していますが 沸騰中だけではなく、沸騰前

物質の三態

液体が沸騰しているとき
容器には液体と気体が共存していますが
沸騰中だけではなく、沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?
なぜ沸騰中に共存していることを強調?

教えてください

Aベストアンサー

沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?

当然です。そうでないと、沸騰してもない海水からの水蒸気で雲や台風の発生は説明できません。
これらは、ボルツマン博士の統計力学で説明されます。統計力学は難しいので学校の
先生も分かっていない方が沢山います。
貴方はもし大学で学ぶ機会があれば、サークル活動や恋人探しばかりに一生懸命にならず
勉強も一生懸命になって下さい。

Q化学基礎で質問です。 画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

化学基礎で質問です。
画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

Aベストアンサー

どちらかといえば、分母の100の方が気になりますけどね。
存在比がA:Bのとき、Aの存在割合(存在比※)は
{A/(A+B)}×100%
となります。
例えば、「存在比20:30」のだった場合、20の方の存在割合は
{20/(20+30)}×100%=40%
ということです。
※ここでは「純粋な比○:×」と割合%を示す用語が同じ「存在比」と表現しているのでややこしいことになります。用語として間違いではないのですが、混同を避けるため割合(%)の方は存在割合とした方がよさそうです。
さて、本題
と言っても詳細は他の回答でくわしく説明されているので、省略します。

Q化学基礎です 塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、 酸性にするのに硫酸の代わりに酸化

化学基礎です

塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、

酸性にするのに硫酸の代わりに酸化剤の硝酸が
使用出来ないのは何故ですか?

硫酸は酸化剤でも還元剤でもないのですか?

Aベストアンサー

>塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、
そうとは限りません。相手による話です。なにの話か特定しなければ議論になりませんし、それが議論にならないということが理解できていないのであればもっと基本を勉強しなおした方が良いです。

Q1.5Vの乾電池を2つ直列に繋ぐと3Vの電圧がかかる 1.5Vの乾電池を2つ並列に繋ぐと1.5Vの電

1.5Vの乾電池を2つ直列に繋ぐと3Vの電圧がかかる
1.5Vの乾電池を2つ並列に繋ぐと1.5Vの電圧がかかる
だそうですが、並列に繋いでも3Vにならないのは何故なのでしょうか?1.5Vを2つ繋いでるのですから3Vになると思うのですが。。。

Aベストアンサー

それは乾電池で考えるから不思議に思えるのです。いまボルタの電池を使ってみたらどうなるか考えればもっと分かり易くなります、構造が裸になるからです。
ボルタの電池を二つおいてみましょう。亜鉛極が陰極(電子が取り出せる)、銅極が陽極(電子が流れ込む)、液相は濃硫酸です、改良されたガルバニ電池の方が一般的ですが理論的には大差ありません。
そこで亜鉛極同士、銅極同士をつないでみましょう。何も起きません。同じものを並べたのですから当たり前です。極端な話し液相を一つにまとめてしまっても構いません。
さらに亜鉛極を一束に、銅極も一束にするとどうなるでしょう、電極の面積が増えただけで、一つの電池になってしまいます。
乾電池もボルタの電池と作動原理は全く同じなので、並列につながれた乾電池は電流「量」は大きくなりますが電圧は変化しません、一つのサイズだけ大きな電池になっただけだからです。

Q高1の化学です。 写真の問題で、私は CuO+H2+O2→Cu+H2O という式をたてました。でも答

高1の化学です。

写真の問題で、私は
CuO+H2+O2→Cu+H2O

という式をたてました。でも答えではO2をいれていませんでした。「…通じながら」だとO2はいれなくていいんですか?理由をも教えて欲しいです。

Aベストアンサー

”水素H2を通じながら加熱” ← 水素の”雰囲気中”で加熱する ということで酸素は無いものと考えないといけない。

簡単な試験管など使った実験で、100%の水素だけが気体として存在していないです。
コンマ何%かの窒素や酸素が、試験管内には含まれているかも知れないですが、この実験では水素が圧倒的に多いと考えます。

なので、酸素O2は四季の中には入らずに、式を組み立てないとならないです
CuO + H2 → Cu + H2O になります。

Q砂糖水の中の粒子は動いていますか?

中学理科で、物がとける様子で粒子のことを勉強すると思いますが、砂糖水の砂糖の粒子は動いていますか?
粒子が動きまるこのような状態を〜と呼ばれていましたが、なんだったでしょうか?
顕微鏡で、動き回る粒子を観察するみたいなものでした。
砂糖水でもそれは可能ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

粒子が動きまるこのような状態をブラウン運動とよびます。物理的な理論付けはアインシュタイン博士がしました。
砂糖水で砂糖分子は電子顕微鏡でも見えない位小さいので見えません。

Q炭化ケイ素(カーボランダム)の電子式ってこれで合ってますか?

炭化ケイ素(カーボランダム)の電子式ってこれで合ってますか?

Aベストアンサー

もともと3次元の構造を平面に示すことに無理がありますが、無理やり書けばそうなります。
C:Si=1:1の共有結合性結晶ですが結晶系はいくつか存在するようです。

Q高校化学の反応熱の求め方

(反応熱)=(生成物の結合エネルギーの総和)-(反応物の結合エネルギーの総和)
と参考書に書いてあったのですが、どうしてこの式で反応熱が求まるのですか?
反応物の結合エネルギーの方が生成物の結合エネルギーより大きいから、これだと答えが常にマイナスになってしまわないですか?

Aベストアンサー

一般的に生成物の方が結合エネルギーの総和は大きいです。
なので、自発的に進む反応の多くは発熱反応です。

あなたが誤解しているだけです。
#1で引用されているサイトでは、「化学エネルギー」と書いてありますが、それは結合エネルギーとは違います。結合エネルギーが小さいほど「化学エネルギー」が高くなります。

Q化学にて、○○水和物に水和している水分子の数って何か規則がありますか?

化学にて、○○水和物に水和している水分子の数って何か規則がありますか?

Aベストアンサー

一般的な規則はありません。それぞれ異なります。硫酸銅など幾つもの水和物が湿度と温度に依存して存在します。


人気Q&Aランキング