できれば、一般的に効果があるとされる方法の範囲内で、
集中力を向上させる方法を教えてください。
集中力がないときにどうやって集中力を高めますか?
集中力が切れてしまったときにどうやって復活させますか?
一時的であれ、集中力を極度に高める方法はどうでしょう。
詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般的と言うのは、少し自身ありませんが。


No.1さんの意見に同感なのですが、やはりイメージトレーニング
が万能では無いかと思います。
但し、ある程度慣れていないと、トーレーニングの成果を出すこ
とは難しいでしょう。

そこで、最も簡単な方法は、集中する対象へ集中出来ない原因を
知る必要があるかと思います。

●集中出来ない原因の例
・精神的な原因
 やりたくない、やっても無駄だ等
・知識的な原因なのか
 不慣れ、やり方が解からない等
・物理的な原因
 環境が悪すぎる、準備が出来て居ない等

●集中力の高め方と復活についての方法
1、一番集中できない、原因を自己分析して、それをまず解決する事。
2、全ての好条件が揃える事にこだわらず、ベターを尽くす事。
3、上記2つの事をやったので集中出来る!!と自信を持つ事。

※上記で駄目なら、集中できない事はやるべきで無いと見切りをつける。
 それでは、答えから外れてしまうようですが逆に開き直り集中出来
 る事もあります。
 (私は、だらだらとやってしまった場合の結果を想像するだけで、
 集中力が出てきますが。)

>一時的に集中力を高める方法
 集中したい時のサインを決めておくと良いでしょう。
 例えば、イチロー選手が打席で肩を触るあれです。

参考URL:http://www.bluewave.nu/ichiro51/
    • good
    • 1

私の場合は自分に対するご褒美ですね。


宿題とかの時は、ここまでしたらこれをする(あげる)と細かく決めるんです。
自分の集中が切れる時間は自分がよく知っていますし、それを少しずつ延ばして行くんです。集中時間がUPします。
テストの場合も同様にします。読書が好きなのと、短期決戦型なのとあいまって、
相当がんばれます。まぁ、単純と言われるとそれまでですが・・・・。
    • good
    • 0

下記を参考にしてみては?



それと一時的に集中力を高める方法は、普段からイメージトレーニングで集中した自分をイメージしておくことです。
そうすればちょっとしたきっかけでその感覚を取り戻すことができます。
ないときや、切れたときも同様のやり方です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=103500
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/23 20:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q集中力、記憶力を高める方法

集中力、または記憶力を高める方法で良い方法はありませんか?
おもに勉強の効率をあげるために知りたいのですが、なかなかこれといったものが見つかりません。
自分流のやり方、あまりメジャーでないやり方でも結構です。
とにかくこの二つを高められる方法を教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

集中力はそもそも長く続くものではありません  適当に休息しないと保たないものです
だから自分なりにリズムのパターンを決めてオンオフのメリハリを付けることです
ちょうどスポーツのトレーニングに於けるインターバルトレーニングに似ています
集中する科目や内容によって違いますが記憶を集中して覚えるには短いインターバルの方がいいでしょうね

まスポーツにおけるインターバルというのは反復練習の意味もあります
全く記憶もそういうことになります
脳も筋肉とはよく言ったものです

昔から真の英雄は文武両道ですし

Q集中力を高めるには

私は勉強をするときに集中するために耳栓を使っておりますが、集中するための取っておきの方法や道具がありましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

人間というものは集中力が一時間半で落ちるといわれるので、一時間半置きに10分の休憩をとるとよろしいでしょう。
他にはレモンなど柑橘系の香りが集中力を高めると聞きます、自分は香水などを少しつけて勉強などしています。

他にはあたりまえのことですが、集中できる静かな環境、明確な目標の設定、規則正しい生活を徹底することでしょうか。

また、クラシックやジャズを聴くといった手もあります。しかしこの方法には耳障りなだけと思ったり個人差があります。

Q勉強するときに集中力を高める・・・

勉強するときに集中力を高める方法としてクラシック音楽を聴きながらしたらいいと聞いたことがあるんですが、どんなクラシックでもいいんでしょうか?a波がなんとかということが聞いたことがあるような・・・
教えて下さいよろしくおねがいします。。

Aベストアンサー

私もクラシック音楽を仕事にしているので、クラシックがかかっていると耳がそちらにむいて演奏が気になってしまうので聞いたことがありません。ポップスでもアレンジなどが気になってしまいます。その人にとって気にならない音楽というのがあればそれが回答かとおもいます。α派はリラックスするのによい波長ではなかったかと思います。集中力を高めるにはむしろ何分以内でここをすませる、のようなタイマーでゴールを自分で設定してやるほうがよいかと思います。そのときに音楽がついていたほうがはかどりそうならいろいろ試してみたらいかがでしょう。

Q集中力を高めるには?

最近勉強に身が入りません。

集中力を高めるにはどうしたらいいのでしょうか?

みなさんは何か集中力を高めるために何かしてることとかってありますか??

Aベストアンサー

集中したいもの意外は無視できるということ。無視できるかできないかが集中力には非常に大切だと思います。子供の頃、周りを無視して遊びに熱中しましたよね?その感覚だと思います。
集中力に関しては過去に限りなく質問がでていますので、検索してみてはいかがでしょうか。

Q集中力、思考力、記憶力に欠ける子供

小学生の子供に勉強を教えるとき、弟の方はわりとのみ込みがいいのですが、
兄の方は、言葉で言ったことを理解するのが遅くて困っています。考え方の視野が
狭いといいますか、機転が利かないところがあります。

これをなんとかできないかと思い、いろいろ考えていたのですが、理解するスピードが
遅い子や、仕事の作業が遅い人というのは、どうも「動体視力が弱い」ように感じます。
この仮説をみなさんどのように考えますでしょうか。

動体視力と勉強の成績、仕事の作業効率にどうも関係があるように思えてなりません。
子供の兄の方を見ていますと、どうも目がボーっとしている印象で、頭がとろいのです。
これをどう解決していけばいいのか、脳トレーニングの観点から、何かアドバイスを
いただければと思います。

Aベストアンサー

そうですね。子供さんの将来を考えると親として不安になられるのだろうなと思います。
私は子供がおりませんが、自分の劣等感から脳トレーニングに励んだ経験に照らし合わせて、回答をさせて頂きます。

>言葉で言ったことを理解するのが遅くて・・・
>考え方の視野が狭い・・・
>仕事の作業が遅い・・・

私も悩んでましたし、今でも悩んでいます。
(すいません。一番上の事項では悩んだことは有りません。)
動体視力の事は解りませんが確かに目の使い方で脳の機能をうまく使うという考え方は存在します。
ヴィジョントレーニング・ビジョントレーニングというのがそれに当たります。これはamazonなどで検索すればそれに関する書籍が出てくると思いますので、興味があればご一読してみても、良いのではないかと思います。

まず言葉で言ったことを理解するのが遅い・作業が遅いのは前頭前野のワーキングメモリを担う領域がまだ開発されていないからではないかと思います。ワーキングメモリは短期記憶“等”を担う領域で会話・文章中の言葉を覚えておく。又、作業目的・目標の記憶を保持しつつ複雑な作業手順を思い出しながら行動するのに必要になります。この短期記憶の能力が高ければそれだけ理解力も上がりますし、それによって文章を読む速度も上がります。作業に関してはスピードそのものが上がるかは正直わかりませんが、手順や目標目的を忘れ、また思い出すというステップがなくなる分早くなるのではないかと思います。

このワーキングメモリの機能を上げることで大部分の事柄は変ってくるのではないかと思います。
元・北海道大学大学院医学研究科 医学部教授である澤口俊之氏が開発された「脳力道場」(幻冬舎)なるゲームソフトが私の場合、短期記憶に関してはかなり有効でした。このソフトのおかげで1時間半ほどの講演を最初から最後まで覚えられかつ、時間をおいて思い出しながら要約するという行為が楽になりました。また、自分の行動・感情を抑制することに関しても微弱ながら効果を感じています。
始めたのが30歳を過ぎてからですが、自分にとっては十分な効果を実感できました。また氏の提唱される「新聞社説法」もかなり有効です。有効ではありますが、集中力が持続しない年代である小学生に向いている方法とは思いませんのでここでは紹介のみにさせて頂きます。

それで「考え方の視野が狭い」についてはこれは検証できていませんが、ウィン・ウェンガー氏が提唱される理論が有効のように感じます。人間に進化するまでに存在してきた古い領域から発達してきており、延髄、中脳などの古くから生命に存在してきた領域を鍛えれば生命が持つ機関として比較的は新しい大脳の機能も拡大するという考え方です。詳しくは 「頭は3週間で良くなる!」のご一読をお勧めします。私もこの中の「マスキング」「這い這い」を行いましたが、効果は抜群なものがあります。私の印象としてはコンピュータで言えばCPUのクロック周波数が劇的に上がるような、頭の回転が素晴らしくよくなったことを覚えています。どちらか一方を選んでやるだけでもかなり効果があります。しかし私には刺激が強すぎて頭が痛くなったりなどの副作用がありましたので、今は全くやっておりません。澤口俊之氏のゲームでも長時間やれば、私の場合では頭が痛くなります。でも短時間(10分)であれば全然問題ありませんでした。お子様も必ず同じ事が起こるとは申し上げませんが、もし、この方法でなくても脳トレのようなものを実施をされる場合はお子様の様子には十分気を付けて、大丈夫であることを確認してから時間を伸ばすなどステップアップしていく事をお勧めします。

ここからは私の推測の話になるのですが、こうして脳の機能を上手に活用できれば、社会生活を送る上で有利になる可能性が高くなるのは否定はしませんし、こういった脳トレの効果についてもある程度有効であることは先ほど述べたとおりです。しかしお子様がそれで幸せになるかどうかは別問題ではないかとも思います。一番重要なのはこんな小手先技ではなく、こんなものに頼らずとも、たぶんお子さんは自分で自分の生き方をちゃんと見つけられるのではないかという事(人生の選択肢は限られるかもしれませんが・・・)です。そうするために大事なのは、まず好きな事・熱中すること(スポーツ等がいいかもしれません)を可能な限りやらせてあげること。それが人間としての“芯”を作っていくように思います。熱中できることが見つけられ、上達するに従い次第に自信がつきますし、それを軸にして人間関係の拡大などて自分の世界を切り開いて行けるのではないかと思います。そしてもう一つ大事なのが多少の失敗をしても寛容にして待つご両親の態度なのではないかと思います。子供が外で何かあろうとも絆創膏だけ用意して待つように、傷ついて帰ってきた子供さんを愛情をもって信じている事を伝え、自信をつけさせ、又送り出すことではないかと思います。上記二つの事柄を総じて言えば親として失敗しても立ち上がるだけの力、物おじしない行動力の源泉(自己肯定観とでも申しましょうか)となる物をわたしていくことが社会の荒波に負けないために必要ではないかと思います。その上で頭が良いのであればそれにこしたことはないと思います。以上ご参考まで。

そうですね。子供さんの将来を考えると親として不安になられるのだろうなと思います。
私は子供がおりませんが、自分の劣等感から脳トレーニングに励んだ経験に照らし合わせて、回答をさせて頂きます。

>言葉で言ったことを理解するのが遅くて・・・
>考え方の視野が狭い・・・
>仕事の作業が遅い・・・

私も悩んでましたし、今でも悩んでいます。
(すいません。一番上の事項では悩んだことは有りません。)
動体視力の事は解りませんが確かに目の使い方で脳の機能をうまく使うという考え方は存在します。
ヴ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報