どうしても思い出せないのですが、
空中に浮かんだ崖にお城が立っている絵を書いた画家、作品名をご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ルネ=マグリットの「ピレネーの城」ではないでしょうか。


美術の教科書などにのっている有名な作品なので、これではないかと思います。
検索エンジンで、「マグリット」「ピレネーの城」と検索すれば
画像を掲載しているサイトがでてきます。
    • good
    • 0

マグリットの「ピレネーの城」


ではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本最初の木造復元天守は掛川城か白河小峰城か

最初の木造復元(=史実に基づく、よって伊賀上野城は除く)天守は平成6年の掛川城ということになってますが、平成3年の白河小峰城が先ではないですか。呼称は三階櫓ですが、江戸時代、幕府が天守という呼称を認めなかっただけで天守に相当する建物です。白河小峰城の三階櫓が天守でないとしたら、弘前城や伊予松山城も江戸時代は天守でなく三階櫓と称していたそうですが。地元自治体が「最初」とアピールしなかったから?

Aベストアンサー

白河小峰城の三階櫓が「天守」と呼称されなかったのは幕府が認めなかったからというよりは一国一城令の後に築城されたために「天守」を作れなかったため、のようです。
白河小峰城が実質的に「天守」であっても「三階櫓」としか呼称されていない以上歴史学的には「三階櫓」であって「天守」ではないと言えます。
これに対して弘前城や伊予松山城は構造的には三階櫓であっても「天守」と呼称されていた歴史的事実があるため「天守」と呼称されるのでしょう。
掛川市が「日本初」をアピールしたいための理由付けとも思えますが、歴史的事実に則して「史実に基づく最初の木造復原天守閣は掛川城」となったことも事実でしょう。
正直なところどうでもいいような気がしないではないですけどね
「日本のヘソ(中心)」が複数あるようなものではないかと思います(^^)

Q私は懐に余裕が有る時にはぶらっと美術館に行って絵を眺める事も好きです。私の好きな画家は印象画家で有名

私は懐に余裕が有る時にはぶらっと美術館に行って絵を眺める事も好きです。私の好きな画家は印象画家で有名なモネです。モネは蓮の絵で有名ですが蓮ばかりでなく日の出とかモネの庭の絵の方がむしろ好きです。好きな画家と絵を教えて下さい。

Aベストアンサー

私は、時間の余裕だけがあって、懐に余裕がない時に、フラッと美術館・博物館や遺跡に行きます。もう、老人割引様様です。昔は、小・中学校の美術の教科書に掲載されている絵や彫刻の実物を見ると感動していたんですが、最近は、パッと一目見て、気に行ったいらなかったで、展示物の前を素通りか、ゆっくり時間をかけての鑑賞になってきています。

アメリカの首都のワシントンDCの美術館、それこそ教科書に掲載されて絵だらけ、入場者もほとんどいない、しかも無料。しかも、著名な絵画の前にはベンチも設置で、心いくまでゆっくりと鑑賞してください、ってサービス。3日連続で入館しましたが、やっと半分くらい回れただけです。モネの絵も展示されています。

スペインのプラド美術館、ベラスケスの作品が多く、それにあの有名な着衣と裸のゴヤの2作品が並べて展示。暗い感じのばかりで、立ち止まって鑑賞することなかったです。

パリのルーブル博物館。有名なモナリザの絵があるんですが、そこだけが人盛り。あのモナリザはどの位置でもモナリザと視線が合う手法で描かれているんですが、それを確認する人はなし。モナリザの目を見ながら右に行ったり左に行ったり、目が動くのに。そのモナリザの前にも、すごく感動する絵が大量に展示されているのに、それは無視で、モナリザに急いで直行の人だらけ。作者不明の大きな絵で、その左下に白い鳩が。その鳩を見ながら歩けば、鳩も正面で動いてきます。写真撮影もOKなので、写真撮れば、どの位置でも鳩はぼやけて撮れています。

この間、バチカンのシクティーナの礼拝堂のレオナルド・ダビンチの、あの指と指がふれる直前の絵が見たくて、わだわだ行ってきましたが、騙された、って気持ち。高すぎる天井の中央にちょっこと描かれているだけ、首は痛くなるし、あまりにも距離があるのでよく見えない、と不満だけ残りました。

メキシコのフリーダ・カーロの住んでいた家。10年くらい前はがら空きで60歳以上は無料だったの、この間行ってきたら、有料になっており、ばからしくて入場しなかったです。お金払ってまで、何度も見に行く気がしないケチ爺さんになりました。

最近は、ソフィア美術館で見たシャガールの絵が楽しいな、なんて感じるようになってきています。

私は、時間の余裕だけがあって、懐に余裕がない時に、フラッと美術館・博物館や遺跡に行きます。もう、老人割引様様です。昔は、小・中学校の美術の教科書に掲載されている絵や彫刻の実物を見ると感動していたんですが、最近は、パッと一目見て、気に行ったいらなかったで、展示物の前を素通りか、ゆっくり時間をかけての鑑賞になってきています。

アメリカの首都のワシントンDCの美術館、それこそ教科書に掲載されて絵だらけ、入場者もほとんどいない、しかも無料。しかも、著名な絵画の前にはベンチも設置で、...続きを読む

Q復元された高田城三重櫓を見たのですが、いやに小さくちゃちく思えました。

塗装等の外観はともかく、本物もあの程度の大きさだったのでしょうか?
高田城の実質的な天守閣だと思うのですが、高さは10メートルに満たなかったような……

史実に忠実に復元したというのですが、元々あんなに小さかったんですか?

http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=8425

Aベストアンサー

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。>
そうです。
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

思ったより高いのですが、これは1層目がかなり高い為と思われます。

当時は天守閣の無い城郭も多かったわけです。その場合は3層の
やぐらを城を象徴する建物と見て居ました。

城の一番高い石垣に3層の楼を設けた復元例は、東北なら白河に有り
ます。木造です。とても、こじんまりしていい城です。
高田城のように周囲に高い木々が無いので、より大きく見えるかも
しれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%B0%8F%E5%B3%B0%E5%9F%8E

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。...続きを読む

Qデューラーの作品と比較できる画家

大学の課題レポートで、デューラーの作品と比較できる作品を探しています。
デューラーの『1500年の自画像』、『ローゼンクランツフェスト』、『12歳のキリスト』の3作品と、他の画家の似た作品とを比較して論じたいと思っています。

アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

『1500年の自画像』に対応する作品として、日本人画家岸田劉生の『麗子肖像』はどうでしょうか。
劉生はデューラーに深く影響を受けたことで有名ですが、この作品はそれが最も分かりやすい形で現れていると思います。
手のポーズとか、かなり意識してますよね。

『ローゼンクランツフェスト』は、聖母の膝付近に、まるで絵の上に止まっているかのように蝿が描かれています(現在の作品では修復時に消失)。トロンプルイユの一種として考えられるのでしょうか。
対応する作品はすぐには思い浮かびませんが、「トロンプルイユ」で検索すれば出るかもしれません。
最も宗教画として似た絵を探す方がレポートとしては正しいのかもしれませんが・・・・。

『12歳のキリスト』については、どんな絵なのか知らないので分かりません、すみません。

参考URL:http://www.momat.go.jp/Crossing/SAKUHIN/TO065.html

Q熊本城の石垣の復元について

地震で熊本城の石垣が崩れてしまいましたがニュース等で復旧には崩れた石に番号を付けて写真などを頼りに一つづつパズルのように場所を特定し組み直すという方法が紹介されています。
この作業ってかなり大変だと思うのですが無理に同じ石を使って戻さなくても新しく組み直してはダメなのでしょうか?
多くのお城はすでに立て直しや老朽化による改修等ででレプリカになっているわけだし石垣だって完璧にもとに戻さなくても新築してしまった方が簡単な気もするのですがどうなんでしょう?

Aベストアンサー

熊本城の優れているところのひとつは、加藤清正が造った石垣にあります。
城本体はレプリカでも、清正がこだわって造った部分が崩れてしまった石垣にあるのですから、
どうしてもそれを再現という話が出ても当然だと思います。
実際にこれからどういう方向で修復に向かうのかは判りませんが、私は非常に興味があります。

Q伊藤渓水って画家ご存知ですか?

こんにちは!
あまり期待はしていないのですが、
伊藤渓水という日本画家をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか。
一度作品を見たときに動物の表情や首の向きが変わっていて、
他にも作品があれば見てみたいなぁと思っています。
大正から昭和にかけてたくさんの作品を残しておられるみたいなのですが、
情報が乏しく、またその方も30年ほど前に亡くなられたみたいです。

皆さんの情報をお待ちしております。

Aベストアンサー

伊藤渓水
明治13年愛媛県生まれ。
平井直水、山本春挙に師事する。
文展、帝展に入選多数あり。
昭和42年没。享年87歳。

私が見た作品は、金屏風に描かれた孔雀の絵です。
たしかに孔雀の首やシルエットがとても優美に見えました。
一部の作品は、愛媛県立美術館に所蔵されています。
機会があれば、一度ご覧になってみてはどうでしょう。

Q首里城

沖縄の観光地で有名なものに「首里城」ってありますよね?
しばしば「がっかり観光地」と言われているのを聞くのですが、なぜですか?
今の首里城は最近復元された建物ということは知っているのですが、それが原因だと思えません……。

Aベストアンサー

本土にある城は、基本的に戦争に備えてのものでしょう?
ところが首里城は、それらとはまったく違った発想で造られたものです。
なぜかというと、首里城は軍事目的としてよりも政治の中心地としての
役割を中心にして設計されているからです。
こんな発想で造られ、しかも世界遺産です。
それを「がっかり観光地」といわれたら沖縄の人間はたまりません。

一度「首里城の歴史」を検索してみてください。どんなに素晴らしい
ものであるか判る筈です。

そして、まわりの人たちに首里城のことを伝えてください。

早急に「がっかり観光地」などという汚名は返上されると思います。

Qこの絵の画家を教えてください!

この絵の画家を教えてください!
できれば画家の生死日もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

何かヒントはないのでしょうか?
どこのサイトで見つけたとか、何のキーワードで検索したとか。

それとも、Web上にあったわけではないのでしょうか。

Q熊本城の現在

今月下旬に「熊本城」に行く予定なのですが、現在、本丸御殿などの復元工事中とのこと。天守閣の眺め
はどのような感じでしょうか。天守閣付近が眺めが悪くなっているような写真をみたのですが。あまり眺めが悪いようだと行っても・・・。と思うので今の熊本城の状態をお教え頂きたく存じます。

Aベストアンサー

こんにちは。私も去年の12月に熊本城に行ってきました。

 #1さんの言うとおり、工事は天守閣の真下でやっているので、天守閣からの眺望に問題はありませんでした。
 重要文化財の宇土櫓からの眺めにも問題ありません。

 また、外から天守閣を見るにしても、
 一番の写真スポットの頬当門からは、工事現場は見えないので大丈夫♪
 長塀小路、ホテルキャッスルとかあるあたりからだと、
「あの白いのなんだろうな?」って程度に工事シートが見えました。(でも、そんなに違和感なかったですよ。)

 総合的に見て、問題ないと思います。
 めったにないものと割り切って、行って見ては?
 
 では、旅行楽しんできてください♪

Qこれと似た絵のタイトル、画家、を教えてください。

前にも一度質問をしたのですが、解決できなかったため、再度質問させていただきます。

稚拙ですが、ペイント(これしか無いので)で表現しました。

色のかんじは原色ベタ塗りで、人がこのようにメインで書かれていたと記憶しています。

(美術と無関係の私が)学生のときに見たのでかなり有名な絵(画家)と推測されます。

心当たりがある方、お願いします。

Aベストアンサー

ひとつも似てないのですがアンリ・マティスでは?

http://www.taschen.com/pages/en/catalogue/art/all/00303/facts.henri_matisse_cut_outs_drawing_with_scissors_2_vol.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報