プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

1. 目的格(対格)の用法であり 《〔国民が〕国民〈を〉統治する》
という意味だという説に出会いました。恥づかしながら知りませんでした。

2. ▲(池田信夫:リンカーンの《民主主義』とは) ~~~~~~~
リンカーンのゲティスバーグ演説の

" government of the people, by the people, for the people "

の最初の " of the people " を《国民に由来する》と解釈すると 
次の " by the people " と同じ意味になってしまうので 
people は govern の目的語と解するのが通説である。

(『丸山眞男と戦後日本の国体』第三章(18)註  p.251 )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3. そうなんですか?

4. 次のような研究を検索で見つけました。

▼ 野 村 忠 央:“ government of the people ”の解釈について
http://jaell.org/gakkaishi20th/Tadao%20NOMURA.pdf

5. 次のように諸説が挙げられています。

▼ (同上) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(あ) 所有格の of
  (3) a. the people’s government/government that people own
   b. 人民の所有する{政府/政治/?統治/??統治すること}

(い) 由来の of
  (5) 人民に由来する{政府/政治/統治/*統治すること}

(う) 主格の of
  (6) a. the people’s governing, governing by the people,
   governing for the people
  b. 人民が、人民によって、人民のために{統治すること/*政府/*政治}

(え) 目的格の of
  (7) a. governing the people, by the people, for the people
  b. the people’s governing the people for the people/the people’s
  government of the people for the people/the people’s self-govern-
  ment for themselves
  (8) a. 人民を、人民によって、人民のために{統治すること/*政府/*政治}
  b. 人民が(←人民によって) 人民を人民のために統治すること

6.▼(野村忠央の結論) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
筆者の最終的な結論を述べると、・・・「文法的な可能性」として 「目的格関
係のof」 と 「由来のof」 が両方が可能だが、より望ましい解釈としては(つまり
比較の問題として)後者と考えるべきだということである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7. 理由説明や諸見解についての探究の部分を抜かしてしまうというおろか
な紹介ですが それは pdf のサイトにゆだねまして みなさんのご見解をおし
えてください。

A 回答 (2件)

of は多義ですが、英語は多義語が日常茶飯事な言語で意外と曖昧表現も多々ありますが、こういう言語だからこそ、ネイティブにとって、文脈に最適な解釈をするのはあまりにも当り前なことです。



例えば、a report of a student「ある生徒のレポート」であれば、
生徒が書いた(生徒の所有する)レポートという意味でも、生徒についてのレポートという意味でも使用可能ですが、文脈がなければ前者と思うのが普通で、後者を確実に伝えるには相応の追加情報が必要になります。

民主政治の話のなかで、government of the people 「国民(の)政府」と言う時、
国民所有の政府、と解釈するのが妥当でしょう。

国民を治めるなどという姿勢はここで平等精神を説いたリンカーンのメッセージにそぐわないですし、もし、民主政府だってある程度、国民を治めていることに変わりない、などという程度のものなら、わざわざ、言う意味がなくナンセンスです。妙なものを前面に出す曲解です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。お早うございます。ご回答をありがとうございます。

★ of は多義ですが、英語は多義語が日常茶飯事な言語で意外と曖昧表現
も多々ありますが、こういう言語だからこそ、ネイティブにとって、文脈
に最適な解釈をするのはあまりにも当り前なことです。
☆ うなづけます。野村氏も 或る程度はそういった探究を紹介している
ようです。

★ ~~~~
例えば、a report of a student「ある生徒のレポート」であれば、

(う) 生徒が書いた
(あ) (生徒の所有する)レポートという意味でも、
(え) 〔他の者が書いた或る〕生徒についてのレポートという意味でも

使用可能ですが、文脈がなければ前者と思うのが普通で、後者を確実に伝
えるには相応の追加情報が必要になります。
~~~~
☆ ふむふむ。


★ 民主政治の話のなかで、government of the people 「国民(の)政
府」と言う時、国民所有の政府、と解釈するのが妥当でしょう。
☆ そうですか。つまり じつは  №1のやり取りでつづったのですが
わたしも そのように思ってはいました。


★ 国民を治めるなどという姿勢はここで平等精神を説いたリンカーンの
メッセージにそぐわないですし、
☆ 池田信夫は 目的格の用法が《通説》だと言っているものですから。

★ もし、民主政府だってある程度、国民を治めていることに変わりない、
などという程度のものなら、わざわざ、言う意味がなくナンセンスです。
妙なものを前面に出す曲解です。
☆ 上の(え)の用法について勉強しなくてはいけなくなったかも知れま
せん。また それには演説をぜんぶ読まなくてはいけませんね。トホホ。

お礼日時:2018/09/19 05:58

添付のブログは読んでいませんが。



単純に考えて、

of the people すべての国民が選挙に出て、当選したら、参政する権利を有する
by the people すべての国民に選挙によって選ばれた政府
for the people すべての国民の福利厚生のための政府

というふうに、理解していました。

リンカーン・モニュメントは、個人を顕彰する建物として米国では最大で、国会議事堂からオベリスク(ワシントン・モニュメント・ワシントンの中心)を挟んだ、はるか反対側にあります。そこに刻まれているのは、米国の政治理念の根幹です。メディアは認めませんが、トランプさんのような人も、選ばれたからには、権利を有することになります。泥臭い、ドタバタ喜劇が行われている昨今、中間選挙は、どうなりますか。

アブラハム・リンカーンは、中西部の貧しい家庭出身で、育った家は、ログハウス。当時のログハウスは、床は、地面だった、と聞いたことがあります。すべての人、と、彼が行ったとき、どこまで包括的だったのか、興味がわきます。オバマさんは、米国産の奴隷の子孫ではありませんが、見た目は黒人で、そんな人が大統領になったのを、リンカーン・モニュメントから見ていたとしたら、どうでしょう。自分の理念の帰結であり、深い感慨に打たれたと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ ~~~~

of the people すべての国民が選挙に出て、当選したら、参政する権利を有する
by the people すべての国民に選挙によって選ばれた政府
for the people すべての国民の福利厚生のための政府

~~~~~
☆ そうですね。話にアクセントをつけるためという良からぬ魂胆で わたしの
勝手な考えを差し挟むとしますと:

リンカンの意図をすら――ヘンなことですが――超えて 基本は《人びとの共同
自治》を言うと考えていました。

したがって 《主体( by )》も《目的( for )》も 《自治》する自分たちの
ことであり その《共同性》を言うのだと。

さて 《 of 》ですが チャオポルポさんのご見解では けっきょく《選挙権や
被選挙権をふくむ参政権》に特化して捉えておられる。

つまり 政治ないし共同自治は 住民あるいはさらに広げて世界の人びとの《固
有のもの》であると。

わたしもじつは そのように〔だと思いますが〕 of を所有格として捉えていま
した。

政府ないし共同自治は われわれのものであると。きわめて単純に。





★ リンカーン・モニュメントは、個人を顕彰する建物として米国では最大で、
☆ たしかに絵で見ても 大きいですね。

★ そこに刻まれているのは、米国の政治理念の根幹です。
☆ そうなんでしょうね。

★ トランプさんのような人も、選ばれたからには、権利を有することになり
ます。泥臭い、ドタバタ喜劇が行われている昨今、中間選挙は、どうなります
か。
☆ どうなりますか。カヴァノー( Brett Kavanaugh )氏は どうなります
か?

★ アブラハム・リンカーンは、・・・すべての人、と、彼が言ったとき、ど
こまで包括的だったのか、興味がわきます。
☆ なるほど。歴史に即した検証も必要なことです。時代も時代でしょうから。

★ オバマさんは、米国産の奴隷の子孫ではありませんが、見た目は黒人で、
そんな人が大統領になったのを、リンカーン・モニュメントから見ていたとし
たら、どうでしょう。自分の理念の帰結であり、深い感慨に打たれたと思いま
す。
☆ たしか そういった思い入れ〔と言ってよければ〕があると こちらにも
伝えられています。

お礼日時:2018/09/19 05:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング