【お知らせ】カテゴリの見直しについて

1. 目的格(対格)の用法であり 《〔国民が〕国民〈を〉統治する》
という意味だという説に出会いました。恥づかしながら知りませんでした。

2. ▲(池田信夫:リンカーンの《民主主義』とは) ~~~~~~~
リンカーンのゲティスバーグ演説の

" government of the people, by the people, for the people "

の最初の " of the people " を《国民に由来する》と解釈すると 
次の " by the people " と同じ意味になってしまうので 
people は govern の目的語と解するのが通説である。

(『丸山眞男と戦後日本の国体』第三章(18)註  p.251 )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3. そうなんですか?

4. 次のような研究を検索で見つけました。

▼ 野 村 忠 央:“ government of the people ”の解釈について
http://jaell.org/gakkaishi20th/Tadao%20NOMURA.pdf

5. 次のように諸説が挙げられています。

▼ (同上) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(あ) 所有格の of
  (3) a. the people’s government/government that people own
   b. 人民の所有する{政府/政治/?統治/??統治すること}

(い) 由来の of
  (5) 人民に由来する{政府/政治/統治/*統治すること}

(う) 主格の of
  (6) a. the people’s governing, governing by the people,
   governing for the people
  b. 人民が、人民によって、人民のために{統治すること/*政府/*政治}

(え) 目的格の of
  (7) a. governing the people, by the people, for the people
  b. the people’s governing the people for the people/the people’s
  government of the people for the people/the people’s self-govern-
  ment for themselves
  (8) a. 人民を、人民によって、人民のために{統治すること/*政府/*政治}
  b. 人民が(←人民によって) 人民を人民のために統治すること

6.▼(野村忠央の結論) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
筆者の最終的な結論を述べると、・・・「文法的な可能性」として 「目的格関
係のof」 と 「由来のof」 が両方が可能だが、より望ましい解釈としては(つまり
比較の問題として)後者と考えるべきだということである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7. 理由説明や諸見解についての探究の部分を抜かしてしまうというおろか
な紹介ですが それは pdf のサイトにゆだねまして みなさんのご見解をおし
えてください。

A 回答 (2件)

of は多義ですが、英語は多義語が日常茶飯事な言語で意外と曖昧表現も多々ありますが、こういう言語だからこそ、ネイティブにとって、文脈に最適な解釈をするのはあまりにも当り前なことです。



例えば、a report of a student「ある生徒のレポート」であれば、
生徒が書いた(生徒の所有する)レポートという意味でも、生徒についてのレポートという意味でも使用可能ですが、文脈がなければ前者と思うのが普通で、後者を確実に伝えるには相応の追加情報が必要になります。

民主政治の話のなかで、government of the people 「国民(の)政府」と言う時、
国民所有の政府、と解釈するのが妥当でしょう。

国民を治めるなどという姿勢はここで平等精神を説いたリンカーンのメッセージにそぐわないですし、もし、民主政府だってある程度、国民を治めていることに変わりない、などという程度のものなら、わざわざ、言う意味がなくナンセンスです。妙なものを前面に出す曲解です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。お早うございます。ご回答をありがとうございます。

★ of は多義ですが、英語は多義語が日常茶飯事な言語で意外と曖昧表現
も多々ありますが、こういう言語だからこそ、ネイティブにとって、文脈
に最適な解釈をするのはあまりにも当り前なことです。
☆ うなづけます。野村氏も 或る程度はそういった探究を紹介している
ようです。

★ ~~~~
例えば、a report of a student「ある生徒のレポート」であれば、

(う) 生徒が書いた
(あ) (生徒の所有する)レポートという意味でも、
(え) 〔他の者が書いた或る〕生徒についてのレポートという意味でも

使用可能ですが、文脈がなければ前者と思うのが普通で、後者を確実に伝
えるには相応の追加情報が必要になります。
~~~~
☆ ふむふむ。


★ 民主政治の話のなかで、government of the people 「国民(の)政
府」と言う時、国民所有の政府、と解釈するのが妥当でしょう。
☆ そうですか。つまり じつは  №1のやり取りでつづったのですが
わたしも そのように思ってはいました。


★ 国民を治めるなどという姿勢はここで平等精神を説いたリンカーンの
メッセージにそぐわないですし、
☆ 池田信夫は 目的格の用法が《通説》だと言っているものですから。

★ もし、民主政府だってある程度、国民を治めていることに変わりない、
などという程度のものなら、わざわざ、言う意味がなくナンセンスです。
妙なものを前面に出す曲解です。
☆ 上の(え)の用法について勉強しなくてはいけなくなったかも知れま
せん。また それには演説をぜんぶ読まなくてはいけませんね。トホホ。

お礼日時:2018/09/19 05:58

添付のブログは読んでいませんが。



単純に考えて、

of the people すべての国民が選挙に出て、当選したら、参政する権利を有する
by the people すべての国民に選挙によって選ばれた政府
for the people すべての国民の福利厚生のための政府

というふうに、理解していました。

リンカーン・モニュメントは、個人を顕彰する建物として米国では最大で、国会議事堂からオベリスク(ワシントン・モニュメント・ワシントンの中心)を挟んだ、はるか反対側にあります。そこに刻まれているのは、米国の政治理念の根幹です。メディアは認めませんが、トランプさんのような人も、選ばれたからには、権利を有することになります。泥臭い、ドタバタ喜劇が行われている昨今、中間選挙は、どうなりますか。

アブラハム・リンカーンは、中西部の貧しい家庭出身で、育った家は、ログハウス。当時のログハウスは、床は、地面だった、と聞いたことがあります。すべての人、と、彼が行ったとき、どこまで包括的だったのか、興味がわきます。オバマさんは、米国産の奴隷の子孫ではありませんが、見た目は黒人で、そんな人が大統領になったのを、リンカーン・モニュメントから見ていたとしたら、どうでしょう。自分の理念の帰結であり、深い感慨に打たれたと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ ~~~~

of the people すべての国民が選挙に出て、当選したら、参政する権利を有する
by the people すべての国民に選挙によって選ばれた政府
for the people すべての国民の福利厚生のための政府

~~~~~
☆ そうですね。話にアクセントをつけるためという良からぬ魂胆で わたしの
勝手な考えを差し挟むとしますと:

リンカンの意図をすら――ヘンなことですが――超えて 基本は《人びとの共同
自治》を言うと考えていました。

したがって 《主体( by )》も《目的( for )》も 《自治》する自分たちの
ことであり その《共同性》を言うのだと。

さて 《 of 》ですが チャオポルポさんのご見解では けっきょく《選挙権や
被選挙権をふくむ参政権》に特化して捉えておられる。

つまり 政治ないし共同自治は 住民あるいはさらに広げて世界の人びとの《固
有のもの》であると。

わたしもじつは そのように〔だと思いますが〕 of を所有格として捉えていま
した。

政府ないし共同自治は われわれのものであると。きわめて単純に。





★ リンカーン・モニュメントは、個人を顕彰する建物として米国では最大で、
☆ たしかに絵で見ても 大きいですね。

★ そこに刻まれているのは、米国の政治理念の根幹です。
☆ そうなんでしょうね。

★ トランプさんのような人も、選ばれたからには、権利を有することになり
ます。泥臭い、ドタバタ喜劇が行われている昨今、中間選挙は、どうなります
か。
☆ どうなりますか。カヴァノー( Brett Kavanaugh )氏は どうなります
か?

★ アブラハム・リンカーンは、・・・すべての人、と、彼が言ったとき、ど
こまで包括的だったのか、興味がわきます。
☆ なるほど。歴史に即した検証も必要なことです。時代も時代でしょうから。

★ オバマさんは、米国産の奴隷の子孫ではありませんが、見た目は黒人で、
そんな人が大統領になったのを、リンカーン・モニュメントから見ていたとし
たら、どうでしょう。自分の理念の帰結であり、深い感慨に打たれたと思いま
す。
☆ たしか そういった思い入れ〔と言ってよければ〕があると こちらにも
伝えられています。

お礼日時:2018/09/19 05:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHaruさんの存在主義の欠点は何ですか

客観的情報が欲しいのでHaruさん以外の人に回答して欲しいです。

Aベストアンサー

Haruさんとは誰?

Qこの雰囲気は 虚無主義でも流行っているのか、希望や可能性を見失っているのでしょうか?

最近は何処も規制が厳しく、あまり酷い回答はありませんが

ここ10数年の経験では 何か夢や希望や理想は失われている様な気がします。

哲学には興味がない人が多い中でも、興味がある人が集まってもこれですから

世間の雰囲気と言うか空気がまたおかしくなって来たのだろうか?

あなたは価値観を持っていますか?持っているならどの様なものでしょう?

価値観がないならどういう気持ちで判断しているのでしょうか?

流行もあまりない様な気も・・・あなたの夢はなんですか?

Aベストアンサー

#3です。

疑問を呈していただきありがとうございます。

>我が存在しなくていいというのは? 無我? それとも意識がないのでしょうか?

[ 自我としてのこの我 ] が存在しなければならない必然性は(摂理にとって)皆無である

ということです。
真理としてこのように言える、ということです。

>あなたの命題というのは何でしょうか?

結論としては
「彼は我であったかもしれず、我が彼であったかもしれない( C )」
ですね。
ただ、その命題に至る理由、根拠を示している点が重要ですので、そちらのほうに着目していただければと思います。

Qどうして、人間は殺人や暴力を嫌がるのでしょうか?

小児性愛者やオタクが子供や女性に対して、差別感情と捻じ曲がった性衝動から多くの犯罪、あるいは犯罪を肯定する言動や表現を行っているのは、周知の事実です。彼らの言動や行動に影響を受けて、多くの犯罪が生み出されているにも関わらず、大半の人がオタクに対して言葉を用いた批判、それも攻撃的な言説を避けたものばかりに終始しています。

何故なのでしょう?

多くのオタクが犯罪を行い、また自分たちの犯罪、加害行動を社会が容認するように活動している事実を知りながら、攻撃的な言説を避けたり、実際の暴力を使わない、というのは、彼らの活動を容認しているのと同じなのではないでしょうか?

自慢ではないのですが、学生時代はオタクの同級生や下級生がいれば、級友たちに頼み、男女の差別せず追い込み、学校から排除しました。彼らの中には今でも社会から排除されている者もいます。
また、現在も職場で新人がオタク趣味であれば、他よりも厳しく指導したり、根も葉もない事を吹聴し評価を下げさせたりして、精神や体調を崩させ、学生時代と同様に社会から排除するよう努力している次第です。

しかし、私の崇高な行動を批判する人がいます。子供が被害者となる事件に憤る人でさえも、私の行動を快く思ってくれないです。

小児性愛者やオタクが子供や女性に対して、差別感情と捻じ曲がった性衝動から多くの犯罪、あるいは犯罪を肯定する言動や表現を行っているのは、周知の事実です。彼らの言動や行動に影響を受けて、多くの犯罪が生み出されているにも関わらず、大半の人がオタクに対して言葉を用いた批判、それも攻撃的な言説を避けたものばかりに終始しています。

何故なのでしょう?

多くのオタクが犯罪を行い、また自分たちの犯罪、加害行動を社会が容認するように活動している事実を知りながら、攻撃的な言説を避けたり、...続きを読む

Aベストアンサー

#19です。

>違うでしょう。
生理的嫌悪感を感じる矮小で不衛生な存在と社会を運営するために必要な手段では。

このコメントが、まさに違わないことを証明していますよ。
『生理的嫌悪感を感じる』から、つまり、あなたの感性に合わないから『矮小で不衛生な存在』だとおっしゃっているわけです。(そういう意味の構文ですので否定はできません)

「むきだしになった首筋が、必要以上に性的興奮を助長するから」という感性で、女子高生のポニーテールを禁止した校長先生。
「ユダヤ人は劣等民族である」という感性で、彼らを迫害、追放、ついには虐殺へと突き進んだヒトラー。
彼らとなんら変わらない。

『生理的嫌悪感を感じる』というのは、あくまで個人の感覚の問題であり、独裁者でもないかぎり、それが他者を排斥可能な論理として成立することはない、ということに気づいてください。
僕が嫌だと言ったら嫌なんだよ~~~。
僕は間違ってないよ~。
ってダダを捏ねるのは自由ですけどね。
大人なら、論理(筋)を通さないと。

Q監視社会日本

https://www.youtube.com/watch?v=xQ0T8Sivkrg

たまたま見つけた懐かしい映像です。

久しぶりで見て、とても面白いと思いました。
これを現在テレビで放送したならば、大変な騒ぎになるだろうと思います。
差別であると…

芸能人の不倫、政治家の失言、セクハラ、パワハラ等々…
勿論いけないことではあるのですが、これらのことを日本中で目を皿のよう
にして探しているという感じで、それを見つけようものなら鬼の首を取った
ように大騒ぎ。

1.これがあるべき社会の姿だと思う方、コメントをお願いします。

2.これは異常な社会だと思う方、この現象を掘り下げてみて下さい。

Aベストアンサー

昭和30年頃は、天皇でさえお笑いの
ネタにされていて、問題視などされません
でした。

三木武吉、という政治家がおり、対立候補から
妾を4人も囲っている、と批判されたことが
あります。

しかし、彼は、
4人ではない5人だ、
およそ大政治家たらんものはだ、いっぺんに数人の女をだ、
喧嘩もさせず嫉妬もさせずにだ、操っていくぐらい
腕がなくてはならん
とやって大喝采を受けました。
昭和27年の話しです。

御指摘のように、日進月歩で監視社会に
なっているように感じます。





2.これは異常な社会だと思う方、この現象を掘り下げてみて下さい。
  ↑
こんなことに終始していると、国民の
バイタリテーが失われます。

それは日本の衰退に繋がります。

政治家だってそうです。

鄧小平は、天安門事件で、100万人まで
なら殺してよい、と言ったとか。

こういう政治家に日本の政治家は太刀打ち
出来るんですかね。

Q考えた事がある人なら分かると思うのですが 存在主義 おかしいでしょうか?

私たちは存在する為に生きていますよねえ。存在する為に仕事をし 存在する為に息をして

存在する為に食べて 存在する為に人間関係を持ち 存在する為に法律に従い

存在するための様々な性質を持ち。存在する為に過去38億年生命のバトンを渡して来て

数百万年人のタスキをつないできたのではないでしょうか。

今ここに我々が生きて存在していることは運命であり奇跡です。

宇宙は崩壊しようとしていますが人間は進化しようとしています。

果たして宇宙の行方は?人間の行方は? サイクリック宇宙?

存在することが目的で 存在することが価値で 存在することに意義が有り意味もある

正義は人類みんなが存在し事件を守られること

愛は互が互の存在を活かし合うことだと思います。おかしいでしょうか?

Aベストアンサー

おかしいと言うか、言わんとしている本質がわからないです。
今までの質問でわかった、「存在主義」の内容は以下のとおりです。
1.「存在主義」の存在は、精神をもった存在である。(精神をもった存在とは、人間を意味するようである)
2.動物など、人間以外の生物や、物体は、精神を持った存在では無いようである。
3.上記より、寝たきり老人や植物人間などは、精神の存在が確認できないので、「存在主義」の存在では無いようである。
4.AIなど、高度な精神機能を持つ物と見なせば、「存在主義」の存在である。
5.「存在主義」の存在は、存在する事が目的で、「永遠(存在)」を目指す。

一応、1~5は、論理的に閉じています。
1、2より、存在は、精神を持った人間だけなので、動物や植物を殺したり、収穫して食べるのは、存在が永遠を目指すので、当たり前となります。
3より、寝たきり老人は、存在の目指す永遠に障害になるなら、尊厳死を与えるらしい。(数回、質問していますが、同じ回答です)
4、5より、AIが優れているなら、AIが存在として永遠を目指す事も有りえるらしい。
根拠はわからないですが、宇宙が熱死(これは、宇宙が膨張を続けている限り、起こるかどうかはわからないです)しても、存在は永遠を目指して、他の宇宙にいくらしい。

主張としては、存在(人間存在)は、存在間では、存在をおびやかしてはいけない。(戦争などは、してはいけない)
これを成り立たせる為に、2で精神存在だけを存在としているわけですよね?(人間以外の生物や物体を存在にしてしまうと、存在が存在を食べるので、理屈がとおりません)
「存在主義」と呼んでいますが、キリスト教などの、人間至上主義と同じでは無いですか?(キリスト教の場合、「神」から、人間がその権利を受けたと解釈しています)

わからないのは、何故、精神存在だけが、「存在」なのかの根拠です。(存在しているのは、生物や物体など、いくらでもあるのでは無いですか?)
精神が無いと、行動に制約がかからないと言うのを理由にするのならば、動物などの生物だって腹が空いたり、危害を加えられなければ、余分な行動はしないでしょう?
物体にいたっては、何も出来ないでしょう?
極端に言えば、人だって、限られた資源しか無いならば、利害が衝突します。
その場合は、どうするんですか?(寝たきり老人や植物人間は、「存在主義」では存在では無いから、良いのかもしれませんが、それ以外はどうするんですか?)

おかしいと言うか、言わんとしている本質がわからないです。
今までの質問でわかった、「存在主義」の内容は以下のとおりです。
1.「存在主義」の存在は、精神をもった存在である。(精神をもった存在とは、人間を意味するようである)
2.動物など、人間以外の生物や、物体は、精神を持った存在では無いようである。
3.上記より、寝たきり老人や植物人間などは、精神の存在が確認できないので、「存在主義」の存在では無いようである。
4.AIなど、高度な精神機能を持つ物と見なせば、「存在主義」の存在で...続きを読む

Aベストアンサー

>ケ・セラ・セラと言っていてよい確率は ふつうの人間のけんかだとか社
会的対立の場合に 50%を超えるのですか? それとも もっと少ない
のですか?
あるいは ケースバイケースの多様性があり過ぎますか?

質問の意味が、もう一つしっくりと判らないんだけど、ケ・セラ・セラ(What will be, will be、なるようになる)から来る、私の反応を書いておきます。

我々が複雑な構造と言うときにその言葉で表されているものに、その出現の根拠が全く違った2種類のものがある。その一つは、精密で巨大な振り子時計や昔のゼンマイ仕掛けの腕時計(ルビーの石が入っていて、何ルビーの腕時計なんて言ってたあの懐かしい腕時計)の内部や、からくり人形の内部のような複雑な機械の構造。もう一つは、生物の体の内部の複雑な構造だ。

この二つの間の決定的な違いは、時計など前者の構造の出現には、まずそれが何故作られたかの目的が前もって与えられており、さらにその目的を追考するために、その機械の外部にある者が目的や設計図に沿って作り出された複雑な構造であるのに対して、後者には、そんな目的もそれを作る外部の者も、そして前もって与えられたシナリオもなく、外界のと成り行きに任せて、擦った揉んだしながら、すなわちケ・セラ・セラってな具合に自発的に発生した複雑な構造だ。この成り行き任せで自発的に創出された複雑な構造のことを物理学では「散逸構造」って呼んでいる。

前者と後者の際立った違いは、前者は外部からのいろいろな障害や状況の変化に大変脆いのに対して、後者はそれらに対して頑強な抵抗力があることだ。何故なら、後者は外部との予期せぬ(従って確率的に起こる制御不可能な)いろいろな状況との相互作用で、成り行きに任せながらケ・セラ・セラてな具合に収まるところに収まるようにして、自発的に出来上がってくる。ケ・セラ・セラとその状態に留まっているのが(少なくとも局所的に)一番安定していることが理由で出来上がってきた構造だから、その状態を外部の者が無理やりズラしてしまっても、再びその安定状態に自発的に戻ってしまう。すなわち、自己修復の機構を持っているんだ。さらに、元々その構造が何のためにそこにあったのかなんてな目的が始めから無いんで、なんとなくそんな目的でも有ったつもりでいたのに、状況が変わって、その目的がなんだかわからなくなってしまっても意に介せずに存在し続けられる。ところが、前者には自己修復の機構もなく、また状況が変わって目的がなくなったら存在している意味すらなくなってしまうから、外部からのいろいろな障害や状況の変化に対して大変脆いんだ。

んで、さらに制御不可能な環境から、どのような仕掛けでそんな複雑で無目的な構造が自発的に創出できるのか、その条件は何かってな問題が当然浮かび上がってくる。それには3つあって、1)開放系であること、2)非線形効果が無視できなくなってしまうぐらい熱平衡状態から十分離れている「非平衡状態」にいること、3)一旦偶然に出来上がった構造を破壊するように制御不可能な形で外部から飛び込んできた要素をいつまでも覚えているんじゃなくて、その要素を「散逸」させて忘れさせてしあう仕掛けがあること、この3つだ。

あたしゃ、この文脈で「非平衡」って言葉使っているんで、ブラブラさんのこの言葉の用法とは違っているいみたいだね。

この3つの条件の中で数学的に一番面白いのは2)の非線形性だ。でも、物理的にもっと面白いのは3)だ。情報の散逸が起こるということは時間の向きの対称性が破れているってことだ。さらにその現象を数学的な方程式で書く場合、決定論的な微分方程式ではなくて、確率変数の従う非決定論的確率論的微分方程式になってしまう。だから、この宇宙って決定論的にできているのか、それとも非決定論的にできているのかという、物理学の最も基本的な問題に絡むからだ。

要するにケ・セラ・セラってえのは、神様がいるのかいないのかってな問題に絡み出す。だから、ケ・セラ・セラで出来てくる複雑な構造という最も本質的な部分を強調して「散逸構造」って名付けられたんだ。ここでの会話の成り行きだったら、「ケ・セラ・セラ構造」って呼んでも良いね。

今回は、ブラブラさんが、あたしの得意なケ・セラ・セラってな言葉を的を射て使ってたんで、今回はあんたを揶揄うのをやめて、あたしからぬ真面目な反応をしたんだ。いつもと違って、気持ち悪かっただろう。

>ケ・セラ・セラと言っていてよい確率は ふつうの人間のけんかだとか社
会的対立の場合に 50%を超えるのですか? それとも もっと少ない
のですか?
あるいは ケースバイケースの多様性があり過ぎますか?

質問の意味が、もう一つしっくりと判らないんだけど、ケ・セラ・セラ(What will be, will be、なるようになる)から来る、私の反応を書いておきます。

我々が複雑な構造と言うときにその言葉で表されているものに、その出現の根拠が全く違った2種類のものがある。その一つは、精密で巨大な振り...続きを読む

Q身近な洗脳を見たことありますか?

洗脳というと、カルト新興宗教のイメージが、強いですが、
私は、身近に、あるいは社会でよく行われている気がします。
政府が国民を、メーカーが消費者を、経営者が従業員を、教師が生徒を、親が子供を、
洗脳していることは多々あると思います。意図的に、あるいは無意識に。
そのような事例を経験、あるいは目撃したことはありますか?

Aベストアンサー

「洗脳は身近なものである」という視点はとても良い事だと思います。

「それが普通、〇〇に決まってる」と口癖のように言う人がたまにいます。
しかし普通の定義は個人によって違いますし、決まってると言っても公的に法的に定められているものではない。
その人が勝手に思い込んでいるだけなんです。

特に世間など周囲の目を気にする我々日本人は、個が弱い為に自分の考えや価値観を社会常識と混同してしまう悪い癖があります。
物事を言っているのは自分ではなく世間なので、自分は発言の責任をとらなくていいから楽なんですね。

私たちは個人の発言を全体の発言のように感じてしまい日々それに踊らされているのです。

誰が言ったのかもわからない考えや価値観がふわふわとそこらに漂い、それを何の疑いもなく受け入れているのはとても恐ろしいと思います。

Qアメリカの真骨頂は民主主義か 資本主義か?

今日はアメリカで昨日から中間選挙がありましたが 上院では共和党が、下院では民主党が

過半数を取ったようです。

しかしアメリカとは本質的にどういう国なのでしょうか?

朝鮮戦争やベトナム戦争の時は 建前は自由主義を守るとかでしたが

民主主義陣営とか言いますが 実際には資本主義の力 世界一のGDPの国

軍事力も資本力も世界一と言う国でもあります。

その本質が今回見えたような気もします

アメリカの本質は自由主義でしょうか?民主主義でしょうか?資本主義でしょうか?

それとも何でしょうかあの大国は?

Aベストアンサー

米国在住です。

トランプ大統領を見てもわかるように、基本的に、功利主義です。違ったバックグラウンドを持った人たちが、まじりあって住んでいるので、それぞれの利害はいつも相反します。それを、なるべくたくさんの人の利益になるように、うまく調整しながら、かつ、将来、利益を生んでゆくような対策がたてられれば、それが一番良いのす。

今回の選挙で、下院が民主党多数になり、共和党主眼の(小さな政府・企業の利益優先)にブレーキがかかり、民主党の推す、医療保険をはじめとする、福利の充実に目が向けられるのではないか、と、アメリカ国民は、願っています。全く異なった主張の二党がアメリカの社会そのものを象徴しているように見えます。二党競合が、アメリカの民主主義の根幹です。一般人は、選挙で投票をすることに重要な意義を見出しています。

今回の選挙では、下院に女性の進出が目覚ましく、イスラム系・ヒスパニック系・東洋系・アメリカンインディアンなど、人種も入り乱れており、移民問題が取り上げられている中、時宜に適した活躍ができるよう、応援しています。

朝鮮戦争やベトナム戦争を、アメリカが戦わなければ、日本や台湾、東アジア全体が社会主義・共産主義に席巻されていたかもしれないですが、それでも良かったのかなぁ。アメリカ嫌いの人もたくさんいるようですから、そのほうが、幸せだったかもしれませんね。

戦争は、大統領が決断して、議会が承認するもので、基本的に、アメリカ国民は、できれば、戦争はしたくないです。ただ、今回の北朝鮮を見てもわかる通り、アメリカの強大な軍事力が、実際の流血を防ぐこともあり得ます。

自由主義というのは、アメリカの場合、もともとは、植民地支配、”代表権なき課税”(税金は納めるのに、議会に代表が送れない)からの独立を意味していました。憲法に、権利章典が補足として書き加えられており、言論・報道・集会・陳情の自由、保身のための銃の携帯の自由、黙秘権行使の自由、裁判の公正、などが、保証されています。

昨今のメディアの暴走は、一般の国民から見ると、ニュースが信じられないのは、非常に不便で、できれば、もう一度メディアの原点に立ち返り、きちんと事実を過不足なく報道してほしいものだと感じています。

順番をつければ、第一に功利主義、第二に民主主義、第三に自由主義、というふうになると思います。

米国在住です。

トランプ大統領を見てもわかるように、基本的に、功利主義です。違ったバックグラウンドを持った人たちが、まじりあって住んでいるので、それぞれの利害はいつも相反します。それを、なるべくたくさんの人の利益になるように、うまく調整しながら、かつ、将来、利益を生んでゆくような対策がたてられれば、それが一番良いのす。

今回の選挙で、下院が民主党多数になり、共和党主眼の(小さな政府・企業の利益優先)にブレーキがかかり、民主党の推す、医療保険をはじめとする、福利の充実に目が向...続きを読む

Q素朴な質問シリーズなんですが お知恵を貸して貰えると助かります 続、善悪の定義 (  ̄▽ ̄)ニャリ

素朴な質問シリーズなんですが
お知恵を貸して貰えると助かります
続、善悪の定義
(  ̄▽ ̄)ニャリ
誰でも、自分自身は善であると
信じて生きていますが

本当に自分自身が善であるって
どうやって定義してるのでしょうか?

突拍子もない質問なんですけどね(笑)

善悪とは、集団から教えられるとおもいますが
まず最初に、両親なり家族、
それが、1番小さな集団であって

そこから、村なり町の集団があって
解りやすく言うと、学校なり近所ですね

それより大きくなると、
宗教なり倫理や道徳なんてなってきますが


集団の教えから離れ
個人的な善悪の判断を迫られた時に
どうやって定義付するのでしょうか?

( ̄~ ̄;)個人的には、どうあっても
善であると、思い込んで生きているが
その、大前提に疑問を抱いた時に

もしも、この世の中に善悪なんて存在しないかも?
でも、自分自身は善であるはずなんだが・・・

そんな状況はまずおこらないでしょうが
おきたとしたら

他人と比較して、他人を悪にしてしまう
悪を造り上げてしまうのかな?
あれは、間違えてるから、悪であって
自分自身は間違えてないから、善である
と、なるのかな?

今ここに居るわたしは、善か悪か解らないが、それで良いじゃないか
と、定義付を辞めるのかな?


誰しも、自分自身が善でありたいとは思われますが

はたして・・・

ほんまに突拍子もない
素朴な疑問なんですが、お時間のあるかた
貴重な回答をお待ちしてますm(._.)m

素朴な質問シリーズなんですが
お知恵を貸して貰えると助かります
続、善悪の定義
(  ̄▽ ̄)ニャリ
誰でも、自分自身は善であると
信じて生きていますが

本当に自分自身が善であるって
どうやって定義してるのでしょうか?

突拍子もない質問なんですけどね(笑)

善悪とは、集団から教えられるとおもいますが
まず最初に、両親なり家族、
それが、1番小さな集団であって

そこから、村なり町の集団があって
解りやすく言うと、学校なり近所ですね

それより大きくなると、
宗教なり倫理や道徳なんてなってきますが

...続きを読む

Aベストアンサー

地球に ついていえば
" 世の便利 " は 総て ヒト に
とって…であり 他の イキモノ には "利 " ではない

神が 自分に似せて 人型を造った時点で もう 神と同じ
他の生き物に君臨する
" 荒ぶる神の ようなモノ "
を 落としてしまったのである

バベルの塔 事件で 原語が違ってきて また 理解の能力の
優劣も 出来てきた
捉えように より 善 悪 が
各々ちがってきた
もし 言葉なるもの(知恵の実)が 無く 想いを 脳から 脳へ 伝える事 反映 できれば
争いの 元となる モノも
無くなるし
国々で 異う "神 " も
同じに なるであろう

行動で 云えば 宮﨑駿 の
『もののけ姫』が 語っている
他方から みれば 善 であり
また 他方からは 悪 に なる
それは
一方からは " 生きる為に必要な もの" であり
もう 一方では " 生きる為に取り除きたい もの " なのである
利便 快適 を 相対するもの からみれば 搾取であり
また 同時に 糧である(対する位置に 居るものに取れば)

パンドラの匣に 残った
総ての悪 災 禍 が 去った後に残った 希望
そのひとつは
忘れ去る能力なのだ と思う

ただ 総ての 欲を 葬り去れば
無 に しかならない
待つのは 死 (無)である


と こんな事 考えてみました

浅かったら ごめんね

地球に ついていえば
" 世の便利 " は 総て ヒト に
とって…であり 他の イキモノ には "利 " ではない

神が 自分に似せて 人型を造った時点で もう 神と同じ
他の生き物に君臨する
" 荒ぶる神の ようなモノ "
を 落としてしまったのである

バベルの塔 事件で 原語が違ってきて また 理解の能力の
優劣も 出来てきた
捉えように より 善 悪 が
各々ちがってきた
もし 言葉なるもの(知恵の実)が 無く 想いを 脳から 脳へ 伝える事 反映 できれば
争いの 元となる モノも
無くなるし
国々で 異う "神 ...続きを読む

Q「マウンティング」をする人は「自信家」ではないか。

先の質問で、最後の回答をくださった方が、記事中のいくつかのキーワードを添えて以下のリンクを教えてくれました。

その時の回答をそのまま引用します


<またまたズレているかもしれませんが、おもしろい記事を見つけたので貼っておきます。
https://president.jp/articles/-/26637#cxrecs_s

マウンティング サル 優位に立ちたい 自信が無いから 
デジタル人間 感情の欠落 生きづらい
悪いのはあいつだ わたしには関係ない>

わたしはTVを視ませんし、新聞を読まない、インターネットでは、主にわたし同様、心の病を持った人のブログを読む。それ以外は専ら海外のアート・サイトを渉猟するだけで、WEBニュースもまとめサイトも覗くことはありません。ですから、最近の言葉はほとんど知りません。
「マウンティング」という言葉も初めて知りました。

以下リンクの記事より

「そもそもマウンティングをする人は、自分に自信がありません。そのため、自分よりも格下の人間をつくりだすことで、集団内での序列を少しでも高めて、上位にいるという安心感を得ようとします。」

わたしはブログを通して、自分同様に自己肯定感の極めて低い人たちを知っています。
けれども、わたしの知っている「自信のない人たち」は決して、決して「自分より格下の人間を作り出し」たり「人より優位に立ちたい」などとは露ほども思っていません。ただひたすら自己の無価値を嘆くだけです。わたしもまた同様です。

「マウンティング」とやらいう行動をとる人は、寧ろ、自己顕示欲の強い自信家であり野心家ではないのでしょうか?

「そもそもマウンティングをする人は、自分に自信がありません。」
この記事を書いた人は、如何なる根拠を持ってこのように断言するのでしょうか?

先の質問で、最後の回答をくださった方が、記事中のいくつかのキーワードを添えて以下のリンクを教えてくれました。

その時の回答をそのまま引用します


<またまたズレているかもしれませんが、おもしろい記事を見つけたので貼っておきます。
https://president.jp/articles/-/26637#cxrecs_s

マウンティング サル 優位に立ちたい 自信が無いから 
デジタル人間 感情の欠落 生きづらい
悪いのはあいつだ わたしには関係ない>

わたしはTVを視ませんし、新聞を読まない、インターネット...続きを読む

Aベストアンサー

そうなんですよ!

私も自信のない人、好きです
自信がない、って謙虚であることでもありますもんね
また、丁寧に物事を考えていけば
自信満々にはならないですもん

質問者さまが無力無能とは思いませんが、まあそれは置いておくとして
ある精神科医が
「自分はうつ病の患者さんが好きだし
精神科医は、みんなそうだと思う
うつ病の患者さんは優しいし礼儀正しい人が多い
元気になってくると医者にお礼を言ってくれる」

この言葉を知り
何かあった時に他人のせいにはしないで
自分が悪かったと自分を責めるような人が
うつ病になるのではと思いました

おそらく
「下をつくって、でも上に怯える」ような人が
自慢話で武装するのではないでしょうか?

「上とか下とかでなく
私は私でしかない」
と思える人が「本当の自信」がある人なのかもしれないですよ


人気Q&Aランキング