ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

フロンが地球の温暖化に悪いと決定づけられてますが、何故現在でもフロンをスプレー缶などに使い続けるのでしょう?代用は効かないのでしょうか?

A 回答 (5件)

生産はされていないはずだから、それも新しいフロンじゃない?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどー。代替フロン的なやつだったってことですね。私はてっきり今でも生産しといて地球温暖化防止!なんて上の人が言ってるのではと思ってましたがそうではないようで安心です。たくさん返答してくれたのでベストアンサーにさせていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:2018/09/19 22:42

フロン類は地球の温暖化にも影響を与えますが、そんなことよりもむしろオゾン層の破壊に強く悪影響を及ぼすため、


1985年以降、国際的な取り決め(ウィーン条約・モントリオール議定書)がなされ、現在ではもうスプレー缶にフロンなどは使用されていません。
先進国では20世紀のうちに生産が終了しました。
その結果、オゾンホールの縮小が始まっており、この問題は今世紀末には解決の見通しが立っています。

これに対して使用が始まったのが代替フロンですが、こちらもオゾン層破壊への影響があるとされ、2020年には先進国で、2030年には世界中で生産が終了します。
温暖化への影響も取りざたされているため、代替フロンもほとんど使用されなくなってきており、LPGやDME、窒素などが主流になっています。

よって、質問への答えですが
>何故現在でもフロンをスプレー缶などに使い続けるのでしょう?
現在はスプレーにフロンを使っていません。前提が誤りです。

>代用は効かないのでしょうか?
スプレー噴射剤においては上に上げたような物質に既に取って代わられています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます!!こちらもベストアンサーにしたいくらいです!社会でそう言えばそんなこと聞いた事あった気がします。オゾンホールは縮小傾向にあるんですね!オゾンはどうやって縮小してるんでしょうね?噴射剤もほかのものが使われてるようで安心しました。回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/09/19 22:47

スプレー缶での使用は禁止されてます。



すでに流通してしまっているものについては
回収していないので、まだ存在していますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おお、そうなんですか!
それならなんだか安心しました。
壊したオゾン層の治し方なんて誰もわからないですからね。

お礼日時:2018/09/19 22:39

代替フロンってのもあったような

    • good
    • 0
この回答へのお礼

えっそうなんですか?なんでそっちのフロン使わないんですかねw

お礼日時:2018/09/19 22:35

使ってます?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は使ってないですが、バイト先にフロンと書かれた缶があったのでふとなんでだろって思いました。

お礼日時:2018/09/19 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルキメデスの原理の説明の謎

①よくネットでは、満杯にした浴槽に物体を沈めた時、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいと記載されているのですが、同じ体積でも物体によって比重はマチマチですから、例えばガラス球とウラン球なら重量(比重)は当然違うでしょうから、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいというのは間違いではないかと思うのですが、如何でしょうか?

②よくネットの船舶関係の記事(特に軍用艦関係)では、船を浮かべた時に排水した水と、当該船舶の重量が概ね等しいとの記載が有ります。
「喫水線下の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、「喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、どちらの意味なのでしょうか?
※「痩せ馬」現象などの細かい誤差は考えません。

Aベストアンサー

水に浮かぶものをいれないと、成り立たないね。

喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じという意味。

Q理科です! ミニカーってあるじゃないですか。 小さい子が遊ぶ小さい車のおもちゃのアレです。 あれって

理科です!

ミニカーってあるじゃないですか。
小さい子が遊ぶ小さい車のおもちゃのアレです。
あれって後ろに引っ張ったら、その分進みますよね。
同じ距離を同じ向きに何回か進ませたらその距離を進むまでの時間が毎回少し(0.1秒くらい)違ったのですが、
この時、速さや進む向きは一定..ではありないのでしょうか?

理科の授業で物理の、物体の運動のところをしていて宿題が出されたんです、書いてくるやつ。
ミニカーを進ませた時に(?)、変化する条件と変化しない条件なども書かなければならないのですがわからないのです。自分は「運動の向きには向きと速さが関係あるる」 と思い出し関係あるかなぁ?と思ったのですがなんかよくわからないです。
ヒント教えてください...

説明不足でしたら指摘してください!

Aベストアンサー

本当は、引っ張るではなく、ポンと押し出す法が理解しやすいのですが・・・・。
ポンと後ろを突けば、走り出しある程度走って止まります、強く突けばより遠くまで走ります。
次に一定の距離を決めておいて、そこに到着する時間を図れば、より強く突けば到着までの時間は短くなります。
変わるのは・・・ではなく、突く力が変われば・・・・・、速さが変わり、止まるまでの距離が変わります。
速さが変われば、同じ距離を移動するのに要する時間が変わります。
多分この関係を知る実験ではないかと思います。
したがって、
速さや進む向きは一定..ではありないのでしょうか、という勝手な思い込みではなく、何故同じ時間にならないのか?、と考える必要があります、
何が違うのか?、加える力が違いますね。
このように、まず決めつけ、が先ではなく、試した結果が前もって想像した結果と違うとき、何故?、違うのか考えるのが理科です。

Q金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

Aベストアンサー

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。(さらに、半導体の自由電子の密度は、それに導入された不純物濃度に決定的に影響される特徴もあります)
第2に、金属の自由電子の運動速度は1,000km/s程度で、しかも温度依存性がありません(フェルミ速度と言われてます)。ところが、半導体の自由電子は熱エネルギーに相応する運動エネルギー(m v^2/2 = (3/2)kT)を有します(いわゆる熱速度: v≈ 100km/s @300K)。金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。

半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも...続きを読む

Q平成初期、末期で携帯電話、ゲーム、車、PC等、さまざまな技術の進化がありました。 ですが江戸時代は鎖

平成初期、末期で携帯電話、ゲーム、車、PC等、さまざまな技術の進化がありました。

ですが江戸時代は鎖国の影響もあり、初期と末期ではあまり違いが見られません。農作業道具等、少しは進化していたのだとは思いますが、実際どの程度進化していたのか気になります。現代に例えると、2008年と2018年の10年間の進化くらいらでしょうか?

だとすると、仮に1850年に住んでる人が1650年に行ってもすぐ生活に馴染めるんですかね。

Aベストアンサー

江戸時代初期の、一人当たりGDPは5百ドルぐらいです。

それが末期だと740ドルぐらいになっています。

だから、1,5倍程度の技術進歩があった
のでしょう。




2008年と2018年の10年間の進化くらいらでしょうか?
  ↑
これだと10%にも満たないです。

一人当たりGDPで1,5倍を計算すれば
2018年と1987年程度の違いになります。

Qブラックアウトの原理

北海道で火力発電が落ちてブラックアウトになりました。
電力の需要と供給のバランスが崩れ、電気の周波数が落ちて、ブラックアウトになったと報道されてますが、原理が理解できません。
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201809/0011655669.shtml
需要と供給のバランスが崩れるところまでは理解できるのですが、それがなぜ電気(電圧?電流?電力?)の周波数が落ちるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

#4です。

> 遊びは50Hzを中心に±8%なんですね。
周波数は供給が安定しているかどうかの指標であっていくらになればブラックアウトになるというものではありません。発電所が停止するのはオーバーロードです。全国のほとんどの発電所は並列になっています。ということは周波数は完全に一致しています。周波数だけでなく出てくる交流電圧の位相(+-の極性変化のタイミング)も完全に一致しています。ひとつの発電所の負荷が増して周波数が下がると位相にも差が出来ます(最悪の場合では他の発電所の+-と逆になる)。するとショートに近い状態になり発電所間に無効な電流が流れます。つまり発電所同士で足を引っ張り合うとになりバックアップではなく余計な荷物になります。当然のことですがその発電所の負荷は急激に増すので保護装置が働いて停止します。

電力の発電量と使用量(送電での損失も含む)は完全に一致しています。家に帰ってクーラーのスイッチを入れると使用量が増えます。全国レベルで見ればごくわずかですが、でも増えます。しかし発電量は増えないので使用量の方が多くなったように見えますが使用量は変化しません。電圧が下がることで使用量は変わらないのです。つまりあなたがクーラーのスイッチを入れると全国の家の明かりはほんのわずかですが暗くなっているのです。極めて僅かな変化なので誰も気付きませんが。

> 火力発電は忙しいですね。水力、原子力はそんな微調整は苦手そうですし
一般に原子力発電所は常に最大出力で運転しています。発電コストが最も安いこと(この考え方も変わりつつありますが)、出力を変化させると炉の温度や圧力が変わって機器の寿命に影響するというのが理由です。
水力は出力調整は簡単なのですが(落す水の量を調整するだけ)ダムの水量を見ながらの運転になるので難しいところがあります。多くのダムでは洪水防止の役目もあるので電力需給だけを目的とした運転は出来ないのです。
近時の水力発電所は揚水式が多くなりました。これは上下2つのダムを使う発電所で、夜間の余裕のある電力を使って下ダムの水を上ダムに揚げておき、電力が逼迫した時に発電します。短時間の運転しか想定していないのでダムの大きさにくらべて非常に大きな発電機を持っています。一種の蓄電池ですね。

#4です。

> 遊びは50Hzを中心に±8%なんですね。
周波数は供給が安定しているかどうかの指標であっていくらになればブラックアウトになるというものではありません。発電所が停止するのはオーバーロードです。全国のほとんどの発電所は並列になっています。ということは周波数は完全に一致しています。周波数だけでなく出てくる交流電圧の位相(+-の極性変化のタイミング)も完全に一致しています。ひとつの発電所の負荷が増して周波数が下がると位相にも差が出来ます(最悪の場合では他の発電所の+-と逆になる)...続きを読む

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Q数字の読み方 これは8月何日ですか

数字の読み方
これは8月何日ですか

Aベストアンサー

請求書の様ですから、
8月「切」、

要するに、請求側が「弊社〆日現在にて作成」と言う意味合いです。

Q呼び径って配管の内側でいいですか? Φ50って直径50mmです。何が?外径が?内径が? https:

呼び径って配管の内側でいいですか?
Φ50って直径50mmです。何が?外径が?内径が?

https://www.keyence.co.jp/ss/products/process/flowmeter/technique/size.jsp

普通に仕事でΦ50とか出てきます。この時、50mmってのは、呼び径=内径ですか?外径ですか?内径って思ってますが。
内径が定まっていたら、外径も決まってくるものなんですか?肉厚って大体何mmって決まってます?
調べても欲しい情報が出てきません。a呼称とかb呼称とかインチとAとかなんて対応表見ればいいだけですよね?
それとも、内径が定まれば外径まで決まってしまう根拠になるのですか?aとかbとか呼称ってのは?

Aベストアンサー

内径のことを指しますが、サイズによって管の外径は同じで、スケジュールNo.が大きいほど厚さが増えるので実内径は小さくなります。
Aはmmサイズです。
Bはインチサイズです。
http://www.tohkemy.co.jp/item/tec_p131.html

Qラジオはどのような仕組みで音声データを送受信しているのでしょうか? 音には周波数が存在しますがラジオ

ラジオはどのような仕組みで音声データを送受信しているのでしょうか?
音には周波数が存在しますがラジオ局にも固有の周波数がありますよね。どうやってその二つの周波数を共存させているのか不思議です。

波長の極短い(周波数の大きい)ラジオ局固有の電波にさらに波長の長い(周波数の小さい)振動を与えて高音と低音を出しているということでしょうか?
素人にもわかりやすい説明をお願い致します。

Aベストアンサー

ラジオ波にはAMとFMがあります。

AMは、分かりやすく言えば、放送局から送り出す固有の周波数の電波(搬送波)の振幅(強さ)を音声データに合わせて大きくしたり小さくしたりしています。受信側では、その固有の周波数の電波だけを受信できるように同調させ、搬送波を取り除く(検波する)と、音声データが出てきます。

FMでは搬送波の振幅は変えず、音声データに合わせて搬送波の周波数を中心周波数から少しだけ高くしたり低くしたりします(周波数をちょっとだけ変化させます)。受信側では、受信できる搬送波の周波数に幅を持たせて同調させ、搬送波を取り除く(復調させる)と、音声データが出てきます。

音波と電波(正確には電磁波)はまったく異なりますから、共存に何の問題もありません。電波は真空中でも伝わります。音波は空気の疎密波(空気が薄くなったり濃くなったりして伝わる波。空気の振動)ですから、空気がないと伝わりません。

Q矩形波のスペクトラムについて

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz(基本波周波数),1.5GHz(第3次高調波),2.5GHz(第5次高調波),3.5GHz(第7次高調波).....とスペクトラムがたつと思います。
バンドパスフィルタの帯域が1.5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。

同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。

第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。
500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。
それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。

なにか私の考えに誤りはありますでしょうか?

有効帯域が繰り返し周波数によらず、0.35/(立ち上がり時間)で決まるといった話もありますが、そういった話も関係してくるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入...続きを読む

Aベストアンサー

周波数領域からこの問題を攻めたことはないのですが、
フーリエ級数の場合、各級数は離散的な周波数を表す訳ですが、

周波数間隔が半分になるように級数の間を滑らかに繋ぐように埋めて
級数の個数を倍にすると、逆フーリエ変換で得られる波形の周期は
倍になりますが、周期に比べ十分時間が小さい部分の波形は
時間も含め変わらないそうです。

またステップのスペクトラムと方形波のスペクトルは
方形波が離散的という点を除いて同じなので、
時間の短い領域(t<方形波の半周期)ではステップも
方形波も同じということになりそう。

取り合えず、合わかってるのはここまで。


人気Q&Aランキング