これからの季節に親子でハイキング! >>

相撲でいう、そんきょの姿勢から立ち上がった時にクラクラってしたりするのは
医学的には何というものなのでしょうか?

また、体の中ではどのような現象が起きているのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 急激な落差の拡大により抹消から心臓へ血液が還流出来てない(血圧低下)→拍出する血液量も少なくなり(血圧低下)→一時的に脳の血流量が少なくなって虚血になっているからということですね。

    これが病的なものであれば大変危険という事ですか?なんかちょっと心配。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/09/22 21:49
  • 残骸しか残りませんが、これで良いのかな・・・

      補足日時:2018/09/27 16:20

A 回答 (1件)

ごく単純に、立ちくらみ、ではないでしょうか。


↓こちらの情報を参照してください。

[立ちくらみ(起立性低血圧)]立ちくらみ(起立性低血圧)とは | エーザイの一般生活者向けサイト
http://www.eisai.jp/diseases-and-symptoms/detail …

[病気の原因]
立ちくらみは、「脳貧血(のうひんけつ)」とも呼ばれますが、血液に何らかの異常のある「貧血」とは別のもので、血圧の低下によります。
急に立ち上がると、血液は下半身に集まります。通常は自律神経(じりつしんけい)が下半身の血管を縮めて血液を押し上げ、上半身の血液を保つように働きますが、自律神経が乱れると、血管を縮める反応ができなくなってしまいます。そうすると上半身の血液が不足し、脳の血液の流れが一時的に少なくなり、立ちくらみが起こります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと確認させてくださいね。
こんな理解で良いですか?


高低差の変化に付いていけなくて、下半身から心臓に行く血液が少なくなり、下半身に残ってしまうのね。
これで低血圧。

そのために、心臓から脳に行く血液も少なくなり。これも低血圧。

吐き出す血液が少ないからかあ。

脳の血液が一時的に少ない事で起きる脳貧血というものになるわけですか?

お礼日時:2018/09/25 11:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心不全について

通常左→右→両心不全と思っていましたが、いまは右心不全だけのが多いそうです。その理由は、

低血圧=血量↓

●拡張↓ 末→心↓→=静脈うっ血(右の傾向)

収縮↓ 心→末↓→肺うっ血(左の傾向)

●を言ってるのではないでしょうか?
↓で戻れないから静脈がうっ血、

強心薬は収縮↓に使うのであって、
拡張↓には使わない。うっ血を取る利尿薬だけ。

どうおもいますか?お願いします。

Aベストアンサー

私の読解力が乏しいので適切なコメントが出来ないのですが


右心系が体循環側の静脈血を十分吸いこめない(拡張不全)ってことですかね。。


右心不全は依然として左心不全による続発性も多いはずです。
また右心不全の原因は
何らかの原因によって生じたうっ血をカバー仕切れなくなった(代償機能を超えた)
右心系の拡張不全によるものとは限りません。

弁膜疾患や肺高血圧でも右心不全になるでしょうし
心筋炎でも右心不全になるでしょう。
拡張不全もあるだろうし、収縮不全、あるいは不整脈ってのもあるでしょう。


>拡張↓には使わない。うっ血を取る利尿薬だけ。

循環器内科では確かに拡張能に対する対応は限られますね。

平たく言えばβブロッカーで拡張時間を稼ぐくらいでしょうか。
もっと広い意味で拡張薬、利尿薬も頭に入れていいかもですが。

(それ以外に思いつかないのは私の勉強不足かもですね。。苦笑)

学生さんでしょうか。

すませんね。コメント違いで。
拡張能についてはエコーで細かく評価するのに
たしかに対処法はかぎられてるなーって
ちょっと目から鱗でした。

頑張ってください。

私の読解力が乏しいので適切なコメントが出来ないのですが


右心系が体循環側の静脈血を十分吸いこめない(拡張不全)ってことですかね。。


右心不全は依然として左心不全による続発性も多いはずです。
また右心不全の原因は
何らかの原因によって生じたうっ血をカバー仕切れなくなった(代償機能を超えた)
右心系の拡張不全によるものとは限りません。

弁膜疾患や肺高血圧でも右心不全になるでしょうし
心筋炎でも右心不全になるでしょう。
拡張不全もあるだろうし、収縮不全、あるいは不整脈ってのもあるで...続きを読む

Q心臓について

心臓の収縮は陽圧で、心臓の拡張は陰圧ですか?

Aベストアンサー

はい、そうです。

Q心臓、腎臓が悪い患者の利尿剤処方について

利尿薬とは,腎臓に作用し,水・ナトリウムなどの物質を排泄するよう働きかける薬剤です。細胞外液の浸透圧はナトリウムによって規定されるため,ナトリウムを体外に排泄することにより水も排泄され,循環血漿量を減らして血圧を低下させ,間質液量を低下させることにより浮腫・肺水腫を改善させます。このように多くの利尿薬の作用は,尿中ナトリウム排泄を増加させることにより生じます。

と説明がなされています。
心臓とか腎臓の悪い患者さんは塩分制限をされていますよね。そうすると段々、ナトリウム・水分の再吸収を阻害しても尿量は増えなくなってくるんじゃないか?っておもうのですがそういう事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
塩分制限をしている=塩分摂取がゼロである ということではなく、不必要なほどの塩分の摂取は控えるようにする という意味ですから、腎機能がある程度維持されている状況下でしたら、ご心配のような事態が生じる可能性はあまりないと思います。とは言え、腎不全が重度になってくると、やがては利尿薬だけでは対応出来ない時期がやってきますので、そうなればあとは透析に移行することとなりますね。

QA-aDo2について

これは、酸素投与であったり、人工呼吸器管理をしているときに評価したりするのでしょうか?

Aベストアンサー

http://breathok.com/a-ado2

酸素吸入を始める前にガス交換障害があるかを見る値です。
吸入をしていたら使えません。

Q脱水のイメージについて

低張性脱水ってこういうことですか?

ナトリウムが低い
夏に畑仕事をして汗をかき、塩分が失われますよね。ここで低張性脱水。
体がからからになる。等張性脱水。

しかし、周りの人等から水分摂取しても塩分が足りなくて吸収出来ないんだから無理だよ。って言われます。

低張性脱水と等張性脱水の混合型

少し塩を取って水飲めとか、梅干し食べろ、ポカリ飲めとか言われますが
これがナトリウムの電解質補充。脱水への対処でしょうか?

Aベストアンサー

少しだけ解釈が違う様です。

脱水症状は大きく3種類に分かれます。

1つは、高張性性脱水
2つめは、低張性脱水
3つめは、等張性脱水になります。

この3つの違いを簡単に言うと、

1・高張性脱水は(水欠乏性脱水)とも呼ばれ
汗をかいたりして水を摂取しなかった場合に起こる脱水が主にこれです。

2・低張性脱水は(ナトリウム欠乏性脱水)と呼ばれ
これは発汗だけでなく、
下痢や嘔吐などによって大量の水分が失われた際に生じやすくなる脱水ですが
解釈としては、水分以上に電解質の喪失が激しい症状を指します。
※(血液中の血漿浸透圧の低下をも伴う)

3・等張性脱水は(混合性脱水)と呼ばれ
水とナトリウムの両方が欠乏する脱水を指します。
※(血液中の血漿浸透圧変化は見られない)

3は2の低張性脱水と混同しがちですが、
2の低張性脱水との違いは、血漿浸透圧に変化が有るか無いかです。

なので、汗を大量にかくというのは、
普通の場合は、1・高張性脱水に該当し、
次に、3・等張性脱水になる可能性が増し、
最後に2・低張性脱水になる可能性がある、
という様な解釈をされるのが無難と言えます。

>周りの人等から水分摂取しても塩分が足りなくて吸収出来ないんだから無理だよ。って言われます。

これもまた少し解釈が間違っています。
「水分だけ摂取しても吸収出来ない」という事は無く、
水分だけでも問題無く体に吸収されます。

ただし、2や3のナトリウム不足を予防する目的で
ナトリウムの同時摂取が推薦されている訳です。

>少し塩を取って水飲めとか、梅干し食べろ、ポカリ飲めとか言われますが
これがナトリウムの電解質補充。脱水への対処でしょうか?

YES。

少しだけ解釈が違う様です。

脱水症状は大きく3種類に分かれます。

1つは、高張性性脱水
2つめは、低張性脱水
3つめは、等張性脱水になります。

この3つの違いを簡単に言うと、

1・高張性脱水は(水欠乏性脱水)とも呼ばれ
汗をかいたりして水を摂取しなかった場合に起こる脱水が主にこれです。

2・低張性脱水は(ナトリウム欠乏性脱水)と呼ばれ
これは発汗だけでなく、
下痢や嘔吐などによって大量の水分が失われた際に生じやすくなる脱水ですが
解釈としては、水分以上に電解質の喪失が激しい症状を...続きを読む

Q糖尿病性腎症について教えてください。

腎臓の働きは、体液の調整、老廃物の排泄、電解質バランスの是正、酸塩基平衡等ですが、

糖尿病性腎症の本質は、高血圧と高血糖によって障害された腎臓でしょうか?
糖尿病性腎症について教えてください。

●高血圧による末梢血管の動脈硬化
 老廃物(尿路窒素、クレアチニン)、水分の濾過能力の低下

●高血糖による糸球体変性(毛細血管のチャージバリア、サイズバリアの障害)
 アルブミン、タンパクの喪失

これであってますか?
高血圧、高血糖による障害がメインでしょうか?


森を見ずに木を見ているので、森が見えていません。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

糖尿病性腎症は以下の様に説明されていますから、貴方の考え方で良いのではありませんか。
{糖尿病で血糖値の高い状態が長期間続くことで、全身の動脈硬化が進行し始め、毛細血管の塊である腎臓の糸球体でも細かな血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなるとされていますが、根本的な原因ははっきりしません。}
------------------

糖尿病自体を治すことでしょうが、現医療では治癒に至る治療法はいまだありません。
私の関係では、ハスミワクチンのP.Mという膵臓癌ワクチンと、尿から抽出した自家抗原を合わせて、1型糖尿病の治癒を見た患者例はありますが、
2型糖尿病はP.Mで一時期改善はしましたが、その後されていず経過は解りません。

いずれにしてもウイルス性疾患に間違いないようですから、私としてはされる価値はあるかと思うのです。

Qものもらいの、病院でもらった目薬なんですけど、2つ入ってました。 紙に、1日4回と書いてありました。

ものもらいの、病院でもらった目薬なんですけど、2つ入ってました。

紙に、1日4回と書いてありました。

朝、昼、夕、夜ですか?それとも、目薬2つ入ってるので朝と夜だけですか?

Aベストアンサー

薬をもらった薬局で聞いてみるのがいいと思います。
行くのが大変なら、電話でも大丈夫だと思いますよ。

Q「必」という字を書くのが苦手なのですが、バランスよくうまく書くコツとかありますか?

「必」という字を書くのが苦手なのですが、バランスよくうまく書くコツとかありますか?

Aベストアンサー

「必」の書き順は正しいのが決まっているのではなく、合理的と考えられるのが二種類あります。そのどちらかを使えば割合バランスが取れます。
その二種類とは、「上から下へ型」「左から右へ型」。説明しましょう。この上下、左右はそれぞれの画(かく)の書き始めの位置です。
 「上から下へ型」 まず上の「点」、次に「ノ」、次に(「ノ」とクロスする)画(呼び名を知りませんが「代」の右側にある画のもっと傾いたもの)。最後に左右の「点」
 「左から右へ型」 左の点、次に「乙」のような画、次に上の点、次に「ノ」、最後に右の点。
この二つのどれかを、自分の「筆順」と決め、それを何度も書くと自然にバランスが取れるようになります。

Q拘束性換気障害について

腹水貯留による腹部膨満が換気障害を引き起こすようですが、どの様な流れによって起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

腹水による腹部膨満→横隔膜挙上→肺拡張能低下→拘束性換気障害では?


人気Q&Aランキング