システムメンテナンスのお知らせ

肺動脈、肺静脈、動脈、静脈、大動脈、大静脈とかってそれぞれ何ですか?何を多く含んで、それらは一体どこで受け取ってるんですか?また、何をどこで与えたりしてるんですか?それぞれ詳しく教えてください!!!難しすぎてわからなくて(TT)

gooドクター

A 回答 (4件)

動脈は心臓から出される血液の流れる血管(心臓→血が出る血管)


静脈は心臓に戻っていく血液の流れる血管(心臓←血が戻る血管)

<心臓>を基準に血液が出るか戻るかで区別する血管

肺動脈は心臓から肺へ血液が流れる血管(心臓→肺)二酸化炭素
肺静脈は肺から心臓へ血液が流れる血管(肺→心臓)酸素

肺は呼吸をしてるので酸素を吸って二酸化炭素を出す
よって肺動脈は二酸化炭素が多く、肺静脈は酸素が多い

大動脈は心臓から全身へ血液が流れる血管(心臓→全身)酸素
大静脈は全身から心臓へ血液が流れる血管(全身→心臓)二酸化炭素

全身の細胞で呼吸をしてるので酸素を取りに二酸化炭素を出す
よって大動脈は酸素が多くて大静脈は二酸化炭素が多い
    • good
    • 1

基本的な用語のルールが分かれば簡単ですよ。



動脈 心臓から他の臓器に向かう血管。肺動脈を除く動脈は酸素を多く含む。

静脈 他の臓器から心臓に向かう血管。肺静脈を除く静脈は二酸化炭素を多く含む。

肺動脈 心臓から肺に向かう血管。二酸化炭素をたくさん含む。

肺静脈 肺から心臓に向かう血管。酸素をたくさん含む。

大動脈、大静脈 心臓に近い部分の太い血管。

肺から血管で運ばれた酸素は、各臓器の細胞に運ばれ、そこで使われます。使われた後、二酸化炭素として欠陥で肺に送られます。
    • good
    • 0

ANo.2です。



すみません、誤記がありましたので訂正します。

肺静脈:肺から心臓へ血液が戻ってくる血管で、酸素を多く含む血液が流れている(肺にて二酸化炭素を排出した血液に酸素を取り込む)
    • good
    • 0

動脈:心臓から血液が出ていく血管で、肺動脈以外は酸素を多く含む血液が流れている


静脈:心臓に血液が戻ってくる血管で、肺静脈以外は二酸化炭素を多く含む血液が流れている

肺動脈:心臓から肺へ血液が出ていく血管で、二酸化炭素を多く含む血液が流れている(肺にて血液内の二酸化炭素が排出される)
肺動脈:肺から心臓へ血液が戻ってくる血管で、酸素を多く含む血液が流れている(肺にて二酸化炭素を排出した血液に酸素を取り込む)

大動脈:心臓に直結している太い動脈の総称
大静脈:心臓に直結している太い静脈の総称
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング