痔になりやすい生活習慣とは?

雨の日は最高気温と最低気温の差が小さいのはなぜですか。

A 回答 (2件)

雨の日は、当たり前ですが日照時間が少ないので最低気温から余り上昇しない為です。


日照時間が少ないと周囲の空気が中々温まりませんし地面の温度も上がりません
(雨で地面が濡れて冷えてしまうので)
それに雨が降る前は空が全面雲に覆われる為放射冷却も殆ど有りません。
以上の理由で「雨の日は最高気温と最低気温の差が小さい」のです。
    • good
    • 1

太陽の光による気温上昇が無いからです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙には音が存在しないはずなのに宇宙人からのメッセージに音があるのはなぜですか? タラタンタンタン♪

宇宙には音が存在しないはずなのに宇宙人からのメッセージに音があるのはなぜですか?

タラタンタンタン♪タラタンタンタン♪

と木琴か鉄琴で叩いたような効果音が宇宙人との通信の表現で使われている。

宇宙空間の真空状態では音は伝わらないはず。

音がない宇宙からのメッセージが地球人は受信すると音付きのメロディーなっている。

そして必死にその音階の意味を調べている。

音がない世界の宇宙人が音を使って地球人にメッセージを送ってくるだろうか?

Aベストアンサー

宇宙人も住み着いている惑星(か衛星)があり、そこには当然その生命の生存に適した大気がある。

「大気があれば音があるのは当然」

そしてその宇宙人が電磁波の操作法を知っていれば、電磁波を変調させて音の情報を真空のかなたに届けることができる。
地球人はそうして、ヴォイジャーの海王星の輪通過時に機体を叩く微粒子の音を聞いた。(TVを通して俺も聞いた)

「電磁波を利用すれば真空中でも音の情報を伝えられることは、地球人でも知っている」

Q天文学つて東洋では発展しなかったのですか?

天文学で歴史上の有名な人物というとケプラー、コペルニクス、ガリレオ、アリストテレスといった西洋の人物しか居ないような気がするのですが、東洋(特に中国、日本)では彼らに匹敵する偉大な天文学者が生まれなかったのでしょうか?
また、江戸時代の日本ではそれなりの学問の進歩が見られたと思いますが、江戸時代の日本の天文学者というと誰がいるのでしょうか?

Aベストアンサー

中国の暦は古代では類を見ないほど正確だったと言われます。
独自の星座も持っていたし、かに星雲の元となるビッグバンやハレーすい星の観測などもされていました。

ただ、個人主義の傾向が強い西欧と違い、東洋ではそれらはすべて国あるいは皇帝の功績として残ります。

あと、現在の自然科学は西欧・イスラム派の流れであるため、東洋系はどうしても傍流に追いやられます。

たとえば江戸時代の渋川春海など。

Q4歳の孫に、地球がどうして回ってるのかの説明

4歳の孫に聞かれました。
地球ってどうして回ってるの?
子供にどう説明したらいいのか、
わかりやすい説明を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

太陽の動きは自転の説明になる。
ストーブを太陽、人間を地球として、ストーブの周り回転して火のあたる方が昼といえばどうかと
天動説にになならいように、日本とロンドンの時間に差があるのは地球は丸いからと教えてあげてください。
あるいは、北海道と沖縄では気温の差があるということも丸いという説明になると思います。
北海道は斜めに太陽があたり、沖縄の方が直角に近いということはストーブに当たる角度で説明してあげて
ください。

夏と冬は、季節なので公転の説明になると思います。

Qはやぶさ2の探索ロボットが、裏返し(上下逆に)なる恐れがないのでしょうか?

はやぶさ2が、小惑星に小型探査ロボットを投下しました。
このロボットは無事に着陸した、ようです。
私が気になるのは、この探索ロボットが裏返し(上下逆に)なる恐れがないのか、です。
約55mから投下された際や、ジャンプして移動する際に、裏返しにならないのか、と心配しています。

私は、次のような対策をしているのかな、と想像しています。
1.このロボットは、上下の区分がない―どちらが上でもかまわない。
2.もし.裏返しになったら、自分でひっくり返って上下を正しく直す。
3.そもそも、裏返しにならないような仕組みが内装してある。
質問は、はやぶさ2の探索ロボットが、裏返し(上下逆に)なる恐れがないのか?です。

Aベストアンサー

この映像から考えると、
https://m.youtube.com/watch?v=KoYnwbJmtH4
(1)が一番近いように思えます。

Q天文学についての質問です。 赤道は地軸に垂直な地球の真ん中を通る線であり、 太陽の光を受けやすいので

天文学についての質問です。
赤道は地軸に垂直な地球の真ん中を通る線であり、
太陽の光を受けやすいので暑くなるのはわかりますがこの図のように夏至、冬至の場合太陽の光を一番受けるのは矢印の部分だと思うのですがそれであっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>夏至、冬至の場合太陽の光を一番受けるのは矢印の部分だと思うのですがそれであっているのでしょうか?

合っています。
夏至には「赤道よりも北半球側に寄った地点」の日照が多いので「北半球が夏、南半球が冬」になり、
冬至には「赤道よりも南半球側に寄った地点」の日照が多いので「南半球が夏、北半球が冬」になります。

ただし、「1年を通しての合計」では「赤道付近」の日照が最も多くなります。

Qもし地球に月という衛星が存在しなかったら?

もし地球に月という衛星が存在しなかったら?
個々に意見をお聞きしたいです

天文学的には 今日のような進化があったでしょうか? 今日の時点で 宇宙まで人類は飛び立つ そんなことができたでしょうか?
海洋学的にも 潮の満ち引きに関心があります。
暦も 旧暦は出来なかったはず その影響も教えてください。
勿論 他にも 現在考えられないようなことがあると思います
それらも 教えてほしいです。

Aベストアンサー

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるからです。

※地球の地軸の傾きは、月ができたときのジャイアント・インパクトによるもので、それが無ければ傾かなかったという説もありますし、月が無ければ傾きの維持が難しくなるのではないか、という説もありますが、地球ほど大きな月を持たない火星も25度ほど傾いていますし、地球の月ほどの衛星が無くても安定していますので、ここでは地軸の傾きは月とは関係ない、とします。

暦は元々「いつ種をまき、いつ収穫するか」と言うことを決めるためにうまれました。最初の暦である「シリウス暦」はエジプトで生まれ、そもそも月よりもシリウス星座を基準に1年が365日であることをしっていましたので、天文学の基礎になる暦は月と相関がなくても発展した可能性が高いといえます。

また、地球が丸いことを証明するのも月ではなく星座の観測によって行われていますので、その点でも月の必要性はあまりないといえます。

したがって、大胆に言えば月がなくても、天文学の進化にはあまり関係なかったといえると思います。

ただ、物理学と宇宙開発と言う次元になると別の問題が生じます。それは「万有引力の法則」とか「衛星」と言う概念がどの時点で芽生えるか、ということと関係しているからです。

地球と月という身近な天体が「なぜお互いの周りをくるくる回るのか?」というのは万有引力の発見に非常に重要ですし、大砲の威力がとても強ければそれは地球を一周しても落ちない「衛星になる」という知識があっても「だからそれが何の役に立つのか?」というところまで人類が思いいたるには時間がかかったかもしれません。

月はつねに「地球を見ている」わけで近代的な物理学の目で「月に立ってずっと地球を見ていたらなにができるのか」という発想が生まれないのは、科学の発展においてかなりの遅延をもたらしたかもしれません。

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるから...続きを読む

Q台風の目とブラックホール

この二つ、よく似ています。
しかし、一方は無風状態、
また一方は、限りなく回転しているようです。
ブラックホール、実は、無風(無重力)ではないですか ?

Aベストアンサー

ブラックホールを取り巻く降着円盤が観測されている以上、無重力ということは完全に否定されます。
ジェット気流も重力の存在を示唆しています。
また、ブラックホール近傍の天体の運動もブラックホールに質量があることを示しています。
質量があればそれに見合う重力もあります。

台風の目は吹き込む風の遠心力で発生する無風領域のことで、
台風を地上面においてトータルに見れば、やはり「吹き込む風」つまり吸い込む力が卓越しています。

Q安い天体望遠鏡、お勧めありませんか?

はやぶさ2のニュースや、銀河の本を読んで宇宙に興味がある高校2年女子です。

毎月の小遣いが10000円ですが、買える天体望遠鏡はありますか?やっぱり、安いと見えないのでしょうか?

お勧めがあれば教えて欲しいです!

Aベストアンサー

https://www.yodobashi.com/product/100000001002953047/
870円の双眼鏡でも星は見えますよ

https://www.yodobashi.com/product/100000001002557464/
18000円 (^_^;

1万円で買える安いのもありますよ
https://www.yodobashi.com/category/19055/19065/19185/189046/?spcs=Specvaluecode_500000000000009005_0001_0000000602_0000039012
三脚セットで6080円からあります。

ただ、微動装置が無いので、月をぐらい大きな物を見る時は、いいんだけれども星を見る時に、三脚のネジを緩めて、星の方向に望遠鏡を向けて、ネジを締めると望遠鏡は違う方向を向きます(^_^; 動かないように、そーとゆっくりと締めても動くきつく締めるとレンズの上のほうにいったりして、ぼやけて見える。

レンズの中心に合わせて見るのが至難の技、そして星も動くから(地球が回ってるから)また、1からやり直し、と(^_^;

https://www.yodobashi.com/product/100000001002953047/
870円の双眼鏡でも星は見えますよ

https://www.yodobashi.com/product/100000001002557464/
18000円 (^_^;

1万円で買える安いのもありますよ
https://www.yodobashi.com/category/19055/19065/19185/189046/?spcs=Specvaluecode_500000000000009005_0001_0000000602_0000039012
三脚セットで6080円からあります。

ただ、微動装置が無いので、月をぐらい大きな物を見る時は、いいんだけれども星を見る時に、三脚のネジを緩めて、星の方向に望遠鏡を向け...続きを読む

Qお答えいただけると幸いです

https://www.sankei.com/life/news/180926/lif1809260017-n1.html

上の記事の中に「現在の宇宙は速度を上げながら膨張している。このまま膨張が続くのか、収縮に転じるのかは、よく分かっていない。鍵を握るのは、光や電波では観測できない暗黒物質と、宇宙に満ちている「ダークエネルギー」と呼ばれる謎のエネルギーだ。

ダークエネルギーは宇宙を膨張させる力がある。一方の暗黒物質は、強い重力によって宇宙を収縮させる力を持つ。宇宙の将来は、この2つの力のせめぎ合いによって決まるとされる。

ダークエネルギーの力が強ければ宇宙は膨張し続け、全ての物質が崩壊する。一方、暗黒物質が強ければ、ある時点で宇宙は収縮に転じて消滅すると考えられている。」


と書いていますが、もしこのことが人類がまだ生存している間に起こり得ることはありますか?

Aベストアンサー

あり得ません。
100億年のスパンで起こる事象。
人類なんか、10万年もつかどうかですよ。

今論じられてるのは、今の宇宙での物理現象に過ぎなく、この宇宙が全宇宙であるか無いかも解っていません。

もしかしたら、大きな動物の細胞の1つかも知れない。
それすら解っていません。

今、我々の住んでいる銀河系は、すぐ傍の大マゼラン銀河や小マゼラン銀河と今にも衝突しそうです。

それまで数十億年かかりますが、その頃人類はいないでしょう。

Q台風の中心の気圧は何故下がるのでしょうか

台風について質問致します。

台風は風の渦巻きみたいなものですが、
何故風が渦巻状になると、その中心の気圧が下がるのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>何故風が渦巻状になると、その中心の気圧が下がるのでしょうか。
因果関係が逆ですね。

空気が暖まると上昇気流が出来るので空気が少なくなるので気圧が下がる。
気圧が下がると回りから空気が入ってくる。(風が吹く)
地球が自転しているのでコリオリ力によって風が渦巻き状になる。


人気Q&Aランキング