「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

 やっぱり湿度が低い方が乾きやすいのはわかります。
 では同じ湿度なら気温が高い方が乾きやすいと
単純に考えて良いでしょうか?
 
 (1)相対湿度 50%で気温20度と
 (2)相対湿度 50%で気温30度なら
 (2)の方が乾きやすいと思ってよいでしょうか?

また50%、20度の乾きやすさと同じ乾きやすさの
湿度と気温の組み合わせはどのように求めたらよいでしょうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この質問の答えは、「ペンマン-モンティースの式」を考えればわかりやすいです。

この「ペンマン-モンティースの式」は気象データから「基準蒸発量」を求める式です。基準蒸発量というとわかりにくいので、ちょっと言葉を換えて「最大可能蒸発量」すなわち「乾きやすさ」のことだと思えばいいです。

さて、この式ですが、空気密度とか表面抵抗とかいろいろややこしいものも混ざってるんですが、すごく大雑把に言うと:

(1)日射量が増えれば蒸発(乾きやすさ)が増える
(2)風速が増えれば蒸発(乾きやすさ)が増える
(3)「飽和水蒸気圧と実際の水蒸気圧の差」が増えれば蒸発(乾きやすさ)が増える

という式です。
日射量が増えれば蒸発に使うことができるエネルギーが増えます。
風が強いと濡れた物の近くの湿った空気がどんどん新しい空気と交換されるので蒸発しやすくなります。
「飽和水蒸気圧と実際の水蒸気圧の差」というのは、空気が後どれだけ水蒸気を持てるのかをあらわしています。

気温に関しては書きませんでしたが、同じ実水蒸気圧の元では気温が上がると飽和水上気圧が上がって「飽和水蒸気圧と実際の水蒸気圧の差」が飛躍的に増えるので、気温が上がれば乾きやすさは上がります。

そこで質問に対する答えを1つずつ書くと:

>やっぱり湿度が低い方が乾きやすいのはわかります。
風や日射エネルギーなどのほかの要素も考える必要がありますが、湿度についてのみ言うとそうですね。

>では同じ湿度なら気温が高い方が乾きやすいと単純に考えて良いでしょうか?
「湿度」というのが相対湿度を指しているのか絶対湿度なのかわかりませんが、どっちの場合でもその通りです。風や日射エネルギーなどのほかの要素も考える必要はあります。

> (1)相対湿度 50%で気温20度と
> (2)相対湿度 50%で気温30度なら
> (2)の方が乾きやすいと思ってよいでしょうか?
そうです。

> また50%、20度の乾きやすさと同じ乾きやすさの湿度と気温の組み合わせはどのように求めたらよいでしょうか?
例えば上に挙げたペンマン-モンティースの式を使って計算することができます。風速や日射などその他の条件を一緒とすると、

(es-ea)/(Ta+273)
ここでesとeaは飽和水蒸気圧と実際の水蒸気圧(kPa)、Taは気温(℃)

この(es-ea)/(Ta+273)が同じになる組み合わせが、乾きやすさが同じになる組み合わせと考えることができます。Taが分母にきていますが、実際に気温が上がればesも上がるので、(es-ea)/(Ta+273)全体の値は大きくなると思います。
これ以上の興味があれば、自分で気温から飽和水上気圧を求める式や相対湿度を水蒸気圧に変換する式なんかを調べて計算してみてください。

最後に
> 私がわずかに引っかかっているところは
> 気温が違う状態で、相対湿度が同じ条件は絶対湿度
> に換算しなおすと気温が高い方が(絶対)湿度は高いはずです。

気温が高いほうが絶対湿度は高いんだけど、飽和水蒸気圧もそれ以上に高くなるんです。だから「飽和水蒸気圧と実際の水蒸気圧の差」が大きくなるので乾きやすくなります。この差が、空気があとどれだけ水蒸気を持てるかを表しています。
相対湿度が100%の場合は、すなわち「飽和水蒸気圧と実際の水蒸気圧の差」がゼロの場合は、気温をどれだけ上げても下げても乾きませんね。

後、すでに書きましたが、温度と湿度以外に日射(や夜間に大気や地面から来るエネルギー)、風速なんかも乾きやすさの大きな要素です。
    • good
    • 2

#1さんが詳しいことをかかれているので、ほんのおまけに。



よく、冬に肌が乾燥する、という現象があります。
(もちろん、冬の湿度の高い日本海側は乾燥しにくいので、博多美人とか秋田美人とか、肌のきれいなところもありますが)
洗濯物でいえば、太平洋側の夏と冬では、いくら湿度が低くても夏の方がよく乾くのですが、
すぐに空気の温度に追いついていく洗濯物と違って、
肌の場合は、気温が低くても乾燥する肌の体温で乾燥させているわけですね。
    • good
    • 2

同じ湿度であれば、気温の高いほうが早く乾きます。


飽和蒸気量なども関係はするのでしょうが、それよりも反応速度が上がることでより早く乾いた状態に達することが出来ると考えられます。
    • good
    • 1

飽和水蒸気量というのを覚えていますか?


中学校で習うかと思いますが…
ある温度において,空気中に存在できる水蒸気の量(飽和水蒸気量)は決まっていて,それに対する現在の水蒸気の割合を表したのが相対湿度になります.

で,どちらが乾きやすいか?と言ったら温度の高いほうが乾きやすいです.乾くと言う事は水を水蒸気にするわけですから,温度が高いほうが水蒸気になりやすいですよね?さらに気温が高ければ必然と空気の対流も活発になります.まぁ同じ湿度であれば単純に温度の高いほうが乾きやすいと思ってもらえば良いとおもいます.

乾きやすさの定義がよくわかりませんが(空気の流れで大きく変わりますので),考え方としては水分の蒸発量から求めれば良いのではないでしょうか?
洗濯物の温度をA,含まれる水分の量をB,気温をC,湿度をDとして何らかの方程式が作れるような気がしますが…

この回答への補足

 kazu-toさんお返事ありがとうございます。
確かに相対湿度が同じで気だけが違うと気温が高い方が乾き安いと言えそうなんですが、
 私がわずかに引っかかっているところは
気温が違う状態で、相対湿度が同じ条件は絶対湿度
に換算しなおすと気温が高い方が(絶対)湿度は高いはずです。
ですからひょっとすると一概に相対湿度が同じなら
気温が高い方が乾きやすいとはいえないかも・・・と
思ったわけです。
 でもやっぱり相対湿度が同じなら気温が高い方が
乾きやすいと考えて良いのでしょうか?

補足日時:2004/11/07 21:33
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洗濯物が乾く条件

洗濯物を干していてふと思いました。
なぜ洗濯物は乾くのでしょうか?
洗濯機で洗ってから脱水しても濡れてます。
そこから乾燥するには水分が気化(?)するはずですよね。
洗濯物についている水分が短時間で飛ぶ条件を教えてください。

自分なりには水の気化熱が関係しているのかなぁと・・・

Aベストアンサー

(水の)蒸気圧と相対湿度が低い方へ液体は蒸発します。つまり、その時の温度、気圧により変化します。

気圧を操作するのは大変ですので、濡れた布の表面に直接に接する外気の湿度を下げるのが原則です。

方法としては、布から蒸発した表面の蒸気を取り去り、新しく、蒸気を含まない空気や、暖かい(蒸気圧が高くなる)空気を送り、布表面の飽和した蒸気を取り去る事が早く乾かすコツです。

扇風機で風を送る、又は、温風を当てるなどをして、布表面の飽和した蒸気の膜を取り去る方法です。

雨の日は、全体的に相対湿度が高いので、乾き難いのはそのためです。

気化熱は、気化する時に熱を奪うので、間接的に布そのものが冷たくなる現象であって、そのため布の温度が下がり、蒸気圧も下がります。

常に、新しい(暖かい)空気を布の表面に送り込む事が大切です。

Q温度、湿度と水の蒸発しやすさの関係は

ある温度、湿度における水の蒸発しやすさを求める方法はないでしょうか。
目的は別条件下での洗濯物の乾きやすさの比較です。
たとえば30℃90%、10℃10%のふたつの場所があった場合、どちらに干すべきかはどう判断すればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>たとえば30℃90%、10℃10%のふたつの場所があった場合、
 そして重要な風の流れと日照・・・これが一番重要になるでしょう。

 液体の水と気体の水の境界・・界面・・には互いに水分子が衝突して入れ替わっています。双方から界面に衝突して気相⇔液相の数がつりあったときが飽和状態。
 液相分子から気相分子になるときには当然エネルギーが必要ですから温度は下がります。温度が低下すると分子の運動量は減少しますから液相から気相に移動する数が減る。太陽の日照などがあるとぬれたものの温度は下がりません。
 気相中に水分子が増えても、そこに風があり湿度が高くなった空気が吹き飛ばされると蒸発を続けることができます。

なお30℃の水蒸気圧は42 hPaで、残り10%ですと、4.2hPa
  10℃の水蒸気圧は12 hPaで、残り90%ですと、1.2hPa
 この数値だけでしたら、10℃のほうが乾きやすいようになりますが、風が吹いている状況でしたら、洗濯物が温められることも含めて絶対的な水蒸気圧が大きい30℃のほうが乾くかもしれません。

 多分、風速や日当たりが、温度・湿度以上に重要なファクターになりそうですね。

>たとえば30℃90%、10℃10%のふたつの場所があった場合、
 そして重要な風の流れと日照・・・これが一番重要になるでしょう。

 液体の水と気体の水の境界・・界面・・には互いに水分子が衝突して入れ替わっています。双方から界面に衝突して気相⇔液相の数がつりあったときが飽和状態。
 液相分子から気相分子になるときには当然エネルギーが必要ですから温度は下がります。温度が低下すると分子の運動量は減少しますから液相から気相に移動する数が減る。太陽の日照などがあるとぬれたものの温度は下がりませ...続きを読む

Q洗濯物はなぜ乾くの?

水の質問です。水は摂氏100度に達しなくても蒸発するというのは高校生以上なら常識でしょうが、どういう理屈で蒸発するのですか? また、どんな条件の時いちばん洗濯物は乾くのですか。経験則的には空気が乾燥しているとか、天気がよく日当たりが良いとかですが、どんな理論なのでしょう。おしえてください。

Aベストアンサー

物質というのは、熱運度というエネルギーをもった運動をしています。この熱運動は温度が高いほど激しくなります。つまり大きなエネルギーを持つ事になります。
また、この熱運動の大きさは、全ての粒子が同じではなく、小さいものと大きなものとがあり、絶えず分子がぶつかり合うことによって、入れ替わって行きます。

蒸発は、この熱運動の大きな分子が、液体の表面にあり、液体の他の分子の結合を振り切って空気中にでることによって生じる現象です。

ですから、この大きな熱運動をもつ、分子の数が多ければ多いほど蒸発しやすくなるので、温度が高いほど、蒸発しやすくなります。

また、空気中に水の分子があると蒸発しようとする水分子がじゃまされて、出にくくなります。そのため、湿った空気中では、水の蒸発が生じにくくなり、乾燥しにくくなるのです。

ですから、早く乾燥させようと思ったら、なるべく温度が高くなるようにします。つまり、気温の高い部屋に置いたり、日光が良く当たるところに置くのです。

また、乾燥させようとする洗濯物の周りには、水蒸気が無い状態が望まれます。ですから、湿度の低いところにおいたり、また、一旦蒸発した、水蒸気は、今度は次の蒸発のじゃまをします。そこで、蒸発した水蒸気をどんどんと取ると良くなります。そのため、風邪通しのよいところや、扇風機で風を送ると良く乾くのです。ですから、早く洗濯物が乾くようにするには、洗濯物どうしが重ならないように干すことも大切なことになります。

逆に湿った、風通しの悪い温度の高くならないところ、つまり日の当たらない、風通しの悪い日陰などでは、なかなか洗濯物が乾かなくなってしまいます。

こんな感じでいかがでしょうか。通常の人にわかり安いように表現したので、平衡とかという難しい概念は、省略したあります。

助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。

物質というのは、熱運度というエネルギーをもった運動をしています。この熱運動は温度が高いほど激しくなります。つまり大きなエネルギーを持つ事になります。
また、この熱運動の大きさは、全ての粒子が同じではなく、小さいものと大きなものとがあり、絶えず分子がぶつかり合うことによって、入れ替わって行きます。

蒸発は、この熱運動の大きな分子が、液体の表面にあり、液体の他の分子の結合を振り切って空気中にでることによって生じる現象です。

ですから、この大きな熱運動をもつ、分子の数が多け...続きを読む

Qなぜ100度になっていない水も蒸発するのでしょうか?

中一の子供に
「水は100度で蒸発するって習ったけど、部屋や外に置いてある水が、沸騰してないのに、ちょっとずつ蒸発してるのはなんで?」
と聞かれました。
どなたか中学生にもわかるように、説明していただけるかたいらっしゃいませんでしょうか!(自分もそういわれると、気になってしょうがなくなりました・・笑)

Aベストアンサー

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(氷にはならない)けれど、完全に切り離されてばらばらにもならない(水蒸気にならない)状態にある水の「分子」の集まりです。この集まりの中には、ちょっと"元気な"分子もいて、中には空気中に飛び出してしまうものがあります。一方、空気中の水蒸気の中にはちょいと"元気"がなくなって、"おとなしくしている水"の仲間に加わるものもあります。

 このような性質を持つ水を、空気といっしょに密閉容器に半分くらい入れて温度が一定の状態に保ってみましょう。最初は水蒸気がなかった、つまり完全に乾燥した空気があるとします。初めのうちは、水の中の"元気者"がどんどん出て行って空気中に広がり、湿度が上がっていきます。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるので、そのうち容器の中の空気は水蒸気でいっぱいになってしまいます。湿度100%です。こうなってしまうと、後は、ちょいと"元気がなくなって"水に戻る分子と"元気よく"水から飛び出す分子の割合が等しくなって、見かけ上何も変化が起こらなくなります。

 密閉容器の場合は、上記のようになりますが、水が部屋や外にある場合は、空気は大量にありますしどんどん入れ替わりますから、周囲の空気の湿度が何かの理由で100%にならない限り、水からは分子が逃げ出す一方になります。そのために、からっとした季節には、雨上がりにあった水たまりがいつの間にか蒸発してなくなったり、洗濯物がよく乾いたりするわけですね。逆にじめじめした季節には乾きが悪くなります。

 ちなみに、水は1気圧のもとで100℃で沸騰します。このときも蒸発は起こっていますが、水の表面ではなくて内部でいきなり気体になる(この現象を「沸騰」と呼んでいます)分子の方が圧倒的に多くなるので、目立たなくなります。

("元気"のような擬人的な表現を使いましたが、本来は"運動エネルギー"のような物理用語を使わなければいけません。中学生にもわかるように、ということですので、敢えて"禁断の"表現法を使いました。)

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(...続きを読む

Q蒸発のしやすさ

水の蒸気熱は温度に対して線形です。
つまり、温度が上がるにつれて一律に蒸気熱が下がり、乾燥しやすくなります。
これは、沸点を挟んでも同じことが言えるのでしょうか?
(70℃→90℃→110℃と水温を上げたときの乾燥速度は、温度勾配に比例するのでしょうか?)

Aベストアンサー

#3です。

まず蒸発潜熱について。100℃以上でも線形としてあらわされるということなので、多分#4さんが正しいと思います。蒸発面での温度を考えないといけないので、例の場合、普通の大気圧下なので水面温度が100℃でストップすると思います。

なお、コップの水が最初15℃として、70℃と90℃と110℃の乾燥機の中にコップを入れると、水は15℃の時点で蒸発を始めます。だから最初は3つの乾燥機で蒸発潜熱は変わりません。3つの乾燥機で水温の上がり具合が変わるので、蒸発潜熱の値も時間と共に変わってきます。だから、いくら蒸発潜熱自体が温度に対して線形でも、3つの乾燥機の中で蒸発するまでに使われた蒸発潜熱の平均は非線形になります。

コップの中の水は、100℃に達するまでは水面からしか蒸発しません。もし110℃の乾燥機の中の水が蒸発し終わるまでに100℃を超えると、沸騰して水の液体内部からも蒸発が起こります。これは急激に蒸発速度を加速します。乾燥機の温度と蒸発速度が非線形になる大きな要素になります。

--

自分は常温下での地表面蒸発を専門にしているので、こういう特殊な環境はよく知りませんが、基本的には下にも書いたとおり、蒸発速度はいろんなものに複雑に影響されていて、蒸発潜熱というのはその中のほんの些細な1つに過ぎません。だから蒸発潜熱が線形だから蒸発速度が線形とは全くいえないと思います。

上記の乾燥機とコップの水の熱収支式で簡単に説明すると:

蒸発量=(空気から水への熱伝達量-水の温度変化)/蒸発潜熱

と言う感じになると思います。
水が蒸発するにはエネルギーが必要です。乾燥機は高温の空気が水に乾燥するエネルギーを与えています。乾燥機の空気がコップの水にどれだけの速度でエネルギーを与えられるかというと、それは空気と水の温度差によります。もちろん水が温められるほど温度差が減少して空気から水へのエネルギーの伝達速度が落ち、それは完全に非線形です。

だから、「乾燥機の温度が高いほど早く蒸発する」のは確かですが、蒸発潜熱が蒸発速度に与える影響は限られているので、「蒸発速度が温度に比例する」、というのは間違いだと思いますよ。

最初の例の洗濯物の場合は、上の熱収支式がもっと複雑になります。

蒸発潜熱は蒸発速度にそれほど影響を与えません。蒸発速度に関係するもっと重要な要素はコップや洗濯物が外から受けるエネルギーの量と速度です。より多くエネルギーを受けた方がより蒸発しやすくなります。乾燥機とコップの例の場合、コップが受けたエネルギーは、「蒸発」と「コップの水を温める」という2つの目的に使われます。このエネルギーの配分も、乾燥機内の温度や湿度、コップの形などに複雑に影響を受けますし、乾燥機内の温度に対して非線形だと思います。

その他、洗濯物の場合やより複雑な環境では、空気や風の状態も重要になります。洗濯物表面の湿った空気をどれだけ効率よく乾いた空気に置換できるか、というのが蒸発速度に影響します。

#3です。

まず蒸発潜熱について。100℃以上でも線形としてあらわされるということなので、多分#4さんが正しいと思います。蒸発面での温度を考えないといけないので、例の場合、普通の大気圧下なので水面温度が100℃でストップすると思います。

なお、コップの水が最初15℃として、70℃と90℃と110℃の乾燥機の中にコップを入れると、水は15℃の時点で蒸発を始めます。だから最初は3つの乾燥機で蒸発潜熱は変わりません。3つの乾燥機で水温の上がり具合が変わるので、蒸発潜熱の値も時間と共に変わってきます。...続きを読む

Q夏の方が服はよく乾くのに冬の方が肌が乾燥する

夏の方が服はよく乾くのに冬の方が肌が乾燥する理由について教えてください。


http://blog.q-q.jp/201207/article_19.html

このページに解説がありますが、
夏の方が冬よりも湿度が高いのに、夏の方が服がよく乾きます。
これは夏の方が相対湿度が高いが、
温度も高いため絶対湿度および空気中に保有できる水分量も多いためだと解説されています。

一方で、人の肌は夏よりも冬の方がよく乾燥します。

これは、洗濯物の方が人間が発する水分量よりも圧倒的に多いため
洗濯物の場合、相対湿度を大きく上げてしまい、それ以上洗濯物から水分が蒸発できなくなるが、
人間の水分量は大した量ではないため、蒸発しても相対湿度にほとんど影響を与えないため
と考えて良いでしょうか?

そうすると洗濯物を干すとき
野外に干して、風がよく当たるようにしておくことで
洗濯物周りの相対湿度が飽和しないようにすることで
夏と同じように速く乾燥させることが可能となるのでしょうか?

Aベストアンサー

すばらしい。疑問をもつ、持てる事はすばらしい。
私も昔、高校時代に悩んだ記憶があります。
 先ほど、検索もして見ましたが、結構その考察ないですね。不思議とは思わないのだろうか???絶対的な湿度が違うとか説明できてない。皆それで納得してるのでしょうかね。そうめんはなぜ冬作るのか(^^)

>これは夏の方が相対湿度が高いが、温度も高いため絶対湿度および空気中に保有できる水分量も多いためだと解説されています。
 それは、ちょっと疑問ですね。あなたが指摘されるように、
・冬の肌は乾燥するのに夏は肌が乾燥しない
・洗濯物は夏は良く乾く
 もし、同じ条件で比較したらどうなのでしょう。夏の強風時に肌乾きますか??
 冷蔵庫の野菜、冷たいのに良く乾きます。

 空気中の水の量を9.4gとかに一定にして、各温度での飽和水蒸気量と比較するのは意味無いです。そもそも夏は冬より湿度が高いのが普通ですからね。

 蒸発する圧力は、その温度での飽和水蒸気圧と、現在の空気中の水の分圧の差である事は確かでしょう。

気温 飽和水蒸気量  蒸気圧 気化潜熱
10℃    9.4 g/m³ 12 hPa   2476J/g
20℃   17.2 g/m³ 23 hPa   2452J/g
30℃   30.3 g/m³ 42 hPa   2428J/g
空中湿度が、10℃のとき 20%、30℃のとき60%だとすると、
10℃(湿度20%)のときは、相対的な蒸気圧は 9.6hPa
30℃(湿度60%)のときは、相対的な蒸気圧は16.8hPa

 このように湿度が違っていても、差は少なくなりますが、それでも夏のほうが気化しやすいはずです。では「冬の肌は乾燥しやすい」との矛盾は??

★ではなぜ冬の肌は乾燥しやすいのか??
 皮膚の温度という条件を忘れている。体表温度は冬でも20℃程度は保たれているはずです。だとすると、皮膚近傍の空気の湿度は、
 10℃(20%×9.4/17.2 → 0.11%)になり、相対的な蒸気圧は 20.5hPaになります。
夏も皮膚温は下がりますから、通常は25℃程度でしょう。
 計算はしませんが、皮膚の周囲は高湿度でむれむれと言う結果になるでしょう。
 ぜひ、計算してみてください。

>野外に干して、風がよく当たるようにしておくことで洗濯物周りの相対湿度が飽和しないようにすることで夏と同じように速く乾燥させることが可能となるのでしょうか?
 確かに清風時よりは乾きますが・・。そういわれても実感できないですよね。そもそも木枯らしと言われるように冬のほうが風が強いことが多い。
 一つの理由は、残念ながら水は気化すると、その膨大な気化潜熱のため洗濯物の表面温度が下がります。
 良く登山などで風速が1m増すと、体感温度が1℃下がるといいますね。
 面白いことに、零下だとバリバリに凍ってしまう。凍るとき熱を発生しますから乾くのは乾きますが・・

 冬に洗濯物を早く乾かすには、日当たりのよいところに干して表面温度が下がらないようにすることになるでしょう。
寒天作り( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%AF%92%E5%A4%A9%20%E4%BD%9C%E3%82%8A&gws_rd=ssl&tbm=isch )
そうめん作り( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%81%9D%E3%81%86%E3%82%81%E3%82%93%E4%BD%9C%E3%82%8A%20%E5%A4%A9%E6%97%A5&gws_rd=ssl&tbm=isch )


 


 
 

すばらしい。疑問をもつ、持てる事はすばらしい。
私も昔、高校時代に悩んだ記憶があります。
 先ほど、検索もして見ましたが、結構その考察ないですね。不思議とは思わないのだろうか???絶対的な湿度が違うとか説明できてない。皆それで納得してるのでしょうかね。そうめんはなぜ冬作るのか(^^)

>これは夏の方が相対湿度が高いが、温度も高いため絶対湿度および空気中に保有できる水分量も多いためだと解説されています。
 それは、ちょっと疑問ですね。あなたが指摘されるように、
・冬の肌は乾燥するの...続きを読む

Q夏の高温、冬の乾燥、どちらが乾く?

イメージ的に気温が高い方が水分が蒸発して早く乾くように思えます。

でも、夏は気温が高くても、湿度も高いですよね?
対して、冬は気温が低くても湿度が低く、空気が乾燥しています。

空気が乾燥している方が、水分も衣類より外に飛び出しやすいと思うんですが、いったいどちらが乾燥しやすいんでしょうか?

雪で濡れてしまった靴を、加湿器で湿度を高めている室内に干すか、気温は低いが乾燥はしている外に干すかで迷っています。

Aベストアンサー

>イメージ的に気温が高い方が水分が蒸発して早く乾くように思えます。
 サウナじゃ乾きませんよ。(^^)
 冷凍庫の氷は、どんどん痩せていく。冷蔵室のごはんもラップ掛けとかなければ、パラパラになっちゃう。
 イメージとは、結果が反対になるものも思い浮かべなきゃ意味無いです。
・・・小中高と理科で科学的考え方・・・と理科で散々言われてきたのは・・理科が科学的考え方を身につけるための学問だから・・・

 蒸気圧の差です。
 空中の水蒸気の飽和水蒸気圧が
気温が30℃のとき、湿度が70%だとしたら、30℃の飽和水蒸気圧が42hPaですから、29.4hPa、差し引き12.6hPaの気化圧がかかる。室温が20℃で湿度が10%だと、20℃の水蒸気圧が23hPaなので、差し引き19.8hPaの乾燥圧力・・
 湿度70% 室温 30℃・・・12.6hPa
 湿度10% 室温 20℃・・・19.8hPa こちらが6割乾きやすい。

 これは、空気が同じ流速で流れているときで、空気が動いていないときは高湿度になった空気が周囲に停滞しますから、もし
 湿度70% 室温 30℃・・・12.6hPa で吹きさらし
 湿度10% 室温 20℃・・・19.8hPa で狭い箱の中
   だと上のほうが良く乾く。

>雪で濡れてしまった靴を、加湿器で湿度を高めている室内に干すか
 が結構問題で、玄関の土間近くだと空気の対流で扉で冷やされて---結露する程度までひやされ--湿度が上昇した空気に触れることになります。

 様々な条件がありますが、これらは理科で学んでいるはずですよ。
 

>イメージ的に気温が高い方が水分が蒸発して早く乾くように思えます。
 サウナじゃ乾きませんよ。(^^)
 冷凍庫の氷は、どんどん痩せていく。冷蔵室のごはんもラップ掛けとかなければ、パラパラになっちゃう。
 イメージとは、結果が反対になるものも思い浮かべなきゃ意味無いです。
・・・小中高と理科で科学的考え方・・・と理科で散々言われてきたのは・・理科が科学的考え方を身につけるための学問だから・・・

 蒸気圧の差です。
 空中の水蒸気の飽和水蒸気圧が
気温が30℃のとき、湿度が70%だとしたら...続きを読む

Q洗濯物が乾く原理

洗い物を乾かすとき、風のある時と無い時では乾く速度がまったく違いますよね。
これはなぜですか。

Aベストアンサー

 無風だと乾きにくいのは、主に二つの理由があります。

 まず、洗い物周辺の湿度です。全く風がないとすると、洗い物から蒸発した水蒸気が洗い物を包み込むような状態のままになります。そして、洗い物から水蒸気が出続けて、湿度は100%になります。この状態に達すると乾きようがありません。

 湿度100%の空気というのは、それ以上水蒸気を含むことができないという湿度です。水蒸気が飽和している、と表現したりもします。雨の日に軒下に洗い物を干しても、重力で水が下に移動して垂れる水分を除けば、洗い物は乾きません。雨粒や濡れた地面からの水蒸気で飽和してしまい、洗い物から水蒸気が出ていけないからです。

 もう一つは補助的な要因になりますが、液体の水が気体の水蒸気になる、つまり蒸発するとき、気化熱を奪うために温度が下がることがあります。洗い物周辺の空気は、洗い物の水分が蒸発するときに奪う熱で、洗い物と周辺の気温が下がります。暑い夏に打ち水をすると、少し涼しくなるのと同じです。気温が低いほど、蒸発は起こりにくくなりますから、乾きにくさを増す結果になります。

 しかし、洗い物から少し離れたところの湿度が100%より低ければ、洗い物すぐ近くで100%であっても、だんだん混ざるため、洗い物すぐ近くの湿度は下がって行きます。気温についてもそうです(気温は空気分子の速度であるため)。これは、濃度などに偏りがあると、だんだん均一になっていくという現象です(熱力学の原理の一つ)。

 気温については、さらに対流という現象があります。冷たい空気は暖かい空気より密度が高いため、洗い物のすぐ近くだけ気温が下がると、その空気は下に流れ、上からそれより暖かい空気が入ってきます。その暖かい空気は洗い物から離れた場所にあった空気ですから、湿度は低い空気です。

 その二つの効果で、無風であっても洗濯物はゆっくり乾いて行きます。しかし、風があると状況は一変します。洗い物周辺の気温が下がり、水蒸気で飽和した空気は、風でどんどん押し流されていきます。

 洗い物は、無風のときと比べると、より暖かく、より乾いた空気と常に接することになります。すると、洗い物は無風のときより水分の蒸発が激しく起こります。ですので、風があると洗い物は乾くのが早くなるのです。

 無風だと乾きにくいのは、主に二つの理由があります。

 まず、洗い物周辺の湿度です。全く風がないとすると、洗い物から蒸発した水蒸気が洗い物を包み込むような状態のままになります。そして、洗い物から水蒸気が出続けて、湿度は100%になります。この状態に達すると乾きようがありません。

 湿度100%の空気というのは、それ以上水蒸気を含むことができないという湿度です。水蒸気が飽和している、と表現したりもします。雨の日に軒下に洗い物を干しても、重力で水が下に移動して垂れる水分を除けば、洗...続きを読む

Q水の蒸発

水は0℃で氷になり、100℃で気体になりますよね。
しかし、実際は20℃くらいでも水は蒸発してしまいますよね。(たとえば洗濯物とか)
それはどうして起こるのですか。結構詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

 次の質問でmezirosinjiさんは飽和水蒸気圧という言葉をつかって
らっしゃるのでこれを使って説明させていただくと、

 たとえば、20℃の時の飽和水蒸気圧は23.38ヘクトパスカルです。
これは次のようなことを意味します。

 ある密閉されたビンの中に半分くらい水が、残りは空気が
入っていて20℃に保たれていると考えてください。このとき、
水の表面では水は次々と水蒸気になっています。一方、ビンが密閉
されているので水蒸気は逃げ出す事ができないので今度は水蒸気→水
と変化するヤツもいます。ここで、空気中の水蒸気の割合(水蒸気圧
ですね。)が大きいと水蒸気→水の変化速度が速くなり反対に水蒸気
の割合が少ないと水→水蒸気の変化速度が速くなります。20℃では、
水蒸気圧が先ほど書いた23.38ヘクトパスカルの時水→水蒸気と
水蒸気→水の変化速度が釣り合います。この時の水蒸気の圧力が飽和
水蒸気圧なわけです。

 ここで、洗濯物を乾かすときの事を考えると、洗濯物を乾かすときは
風通しのよい所に干すので洗濯物から出た水蒸気は風に乗って運ばれ、
あらたに乾いた空気が次々とやってきます。ので、いつも洗濯物のまわり
の空気の水蒸気圧は低く、水→水蒸気の変化速度が勝って洗濯物は乾いて
ゆくわけです。これをもし狭い密室で干してもあるところで乾かなくなって
しまいますね。

 ところで、100℃での飽和水蒸気圧は1013ヘクトパスカル、
つまり1気圧です。したがって水を100℃まで加熱すると水の表面
だけではなく中の方でも次々と水→水蒸気の変化がおこりぶくぶくと
泡が出て来るわけです。これを沸騰といいます。

 質問文の中の、「水は100℃で気体になる」というのは実は正確
ではありません。もう少し正確に言うなら、「水は1気圧の時100℃
で沸騰する」というところでしょうか?

 次の質問でmezirosinjiさんは飽和水蒸気圧という言葉をつかって
らっしゃるのでこれを使って説明させていただくと、

 たとえば、20℃の時の飽和水蒸気圧は23.38ヘクトパスカルです。
これは次のようなことを意味します。

 ある密閉されたビンの中に半分くらい水が、残りは空気が
入っていて20℃に保たれていると考えてください。このとき、
水の表面では水は次々と水蒸気になっています。一方、ビンが密閉
されているので水蒸気は逃げ出す事ができないので今度は水蒸気→水
と変化するヤツ...続きを読む

Q洗濯物はなぜ乾くのか?

 私は大学で,流体関係の研究室にいるんですが,最近ふと思ったことがあります.それは洗濯物は何故乾くのかということです.洗濯物に含まれる水分,つまり水は100℃で蒸発するはずなのに,何故それより低い温度で蒸発するのか解りません.どうかお答えをお願いします.
 
               shorinnjiより

Aベストアンサー

 蒸発:液層の表面から気化が起こっている状態。
 沸騰:液層の内部からも気化が起こっている状態。

 通常,液層表面からの気化(つまり蒸発)は温度に関係なく起っています。が,閉じた系ではどこかで気化と液化が平衡になってしまいます。

 しかし,洗濯物を乾かすような開放系においては,気化した分子は拡散あるいは風によって洗濯物近辺から除かれていくため平衡に達することが無く,水の蒸発が続いて洗濯物が乾くわけです。


 過去にも類似質問がありましたので,御紹介しておきます。

・QNo.22624 洗濯物はなぜ乾くの?
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=22624

・QNo.110725 洗濯物はなぜ乾く
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=110725

・QNo.172925 蒸発について教えて下さい
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=172925

・QNo.75139 水の蒸発について
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=75139

・QNo.40492 水の蒸発
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40492


 「OK Web」のトップページ(↓)で検索すると他にもヒットします。興味があれば,「洗濯物 蒸発」や「蒸発」等で検索してみて下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3

 蒸発:液層の表面から気化が起こっている状態。
 沸騰:液層の内部からも気化が起こっている状態。

 通常,液層表面からの気化(つまり蒸発)は温度に関係なく起っています。が,閉じた系ではどこかで気化と液化が平衡になってしまいます。

 しかし,洗濯物を乾かすような開放系においては,気化した分子は拡散あるいは風によって洗濯物近辺から除かれていくため平衡に達することが無く,水の蒸発が続いて洗濯物が乾くわけです。


 過去にも類似質問がありましたので,御紹介しておきます。

...続きを読む


人気Q&Aランキング