散髪であごのひげをそる時、初めに髭剃りのクリームをあごにぬってからタオルをかけるのですが、これは意味があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は理容店をやっています。


当店では、顔剃りの時にはシェービングクリーム(ムース状のもの)をつける前にシェービングジェルを塗ります。
これはヒゲを柔らかくするためです。
もちろんシェービングクリームだけでも柔らかくなるのですが、ヒゲの濃い人には不十分のためジェルも使うわけです。
蒸しタオルも当然ヒゲを柔らかくして剃りやすくするためです。
シェービングクリームにはその他に顔の汚れや脂を取り除く作用もあります。
脂があると刃物の切れ味に影響しますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。謎がとけました。

お礼日時:2001/07/22 19:44

暖めた方がひげがそりやすいのは今までの皆さんの回答でわかりますが、だったら蒸しタオルだけあればいいことで、ひげそりクリームは要りませんよね?


わざわざふき取ってしまいますし。

そちらの方はどう考えるのでしょうか?

某化粧品のひげそりジェルは、付けたあと、しばらく時間をおいてなじませると、ひげが柔らかくなるそうですが、これと同じでしょうかね。

また、通常、ひげそりは洗顔後に行いますよね?
散髪屋さんでは、洗顔しませんよね?
わざわざ拭き落としてしまう最初のひげそりクリームは、顔に付いた油などを落とすことが目的だと思います。

でも、なぜ顔の油を落とすのかな?
刃が滑りやすく(ひげがそりやすく)なるのでしょうか?
質問だか回答だかわからなくなりましたが、私にはこの程度しかわかりません。
    • good
    • 0

蒸しタオルで十分に蒸さないとヒゲは固いですからネ。


柔かくしてから剃らなければ見事なかみそり負けをおこしてしまい、赤くなったり、出血したりすることもあります。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

冬場に冷水を使ってT字のかみそりでひげをそったら痛いのなんの。


もうえらいことになってしまいました。
ちゃんと石鹸をつけてたんですが、そり残しも多かったです。
夏場でも水よりお湯を使ってひげをそるほうが痛くないですし、
綺麗にそれますね。
暖めるということに意味があると思うのですが、詳しくは分かりません。
経験上暖めたほうがスムーズに綺麗にそれました。
    • good
    • 0

昔、テレビでマンダム(だったかな?)の研究所が実験でやっていたんですが、


ひげをそる前に蒸しタオルでヒゲを蒸らしたほうが、やわらかくなって
剃りやすいそうです。

それと、ヒゲは「下から上に剃る」よりも「上から下に剃る」ほうが肌を
いためないそうです。
(うろ覚えなので、間違っているかもしれません。あしからず(^_^;))
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ