ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

5月に購入した多肉植物なのですが(名札にはハムシーと書かれています)、ずっと日の入らない室内に置いていました。
日光に当ててあげた方がいいと思い、外に出しました。翌日、葉に異変がおきました。緑色だったのが紫色っぽくなっています。すぐ室内に戻し、しばらく様子をみようと思い10日たちましたが、半分は散ってしまいました。残りの葉も茶色くしなだれているのですが、そのままにしています。
原因もわかっておりませんが、できる限り元気にしてあげたいと思います。
どうしたらいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは、



葉焼けではないでしょうか、
私の地方(四国)でも7月の始めに曇りが4~5日続いた後、
36度の強烈な暑さの日がありました。
当日はそうでもなかったのですが、次の日、私のプウランターの
植物の葉は、多くのものが茶色くふちどりました。葉焼けです。
しかも、ずーとベランダに出してあったのに被害にあいました。
私の育てている場所は南西向きなので、特にひどかったようです。

azasanaさんの場合、植物を部屋から急に外に出した日は、
暑い日だったのではないのでしょうか?
最悪のパターンは
暑い日に、たっぷり水をやる、直射日光が鉢にあたる、
鉢の中の水の温度がどんどん上がる、根が腐る、というのが
考えられます。

葉焼けは、生理障害ですから、病気ではありません。
部屋のなかで、充分に水をやって様子をみてください。
土の中を掘ってみて、白い根があるならば、栄養剤や肥料を
少しだけ使用してみてください。
現状の葉が落葉しても、立ち直る可能性は充分にありますので
気長に待ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

植物にも人間の日焼けのようなことが起こるのですね。
私の植物は完璧に葉焼けみたいですね。
外に出した日は暑かったです。しかも水をあげた直後でした・・・。

根が生きていることを期待して、切り戻して様子をみてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/24 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多肉植物・ハムシーの挿し木

おはようございます。お世話になります。今日の質問はハムシーという名前の多肉植物の挿し木(挿し芽?)です。オークションでハムシーを手に入れました。オークションページの画像からは分からなかったのですが、届いてみたら茎が7cmくらいに伸びていました。そこで、挿し芽をしようかと思ったのですが、私は、まだ多肉初心者で挿し芽をしたことがありません。本を見ると、「挿し芽は土に挿す前に、風通しの良い日陰で4~5日乾かしてから、鉢に乾いた培養土を入れ、挿していく。」とあります。この方法で大丈夫でしょうか?挿し芽のご経験のある多肉中級者・上級者さまのご意見を拝借したいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ハムシーはベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物で、増殖方法は挿し木と
葉挿しがあります。このタイプの多肉植物は増殖が容易なので、初心者でも
失敗する事は少ないです。心配されなくても大丈夫ですが、管理方法だけを
間違わなければ問題無く栽培は続けられます。

時期的には少し早過ぎますから、出来れば桜が咲く頃に挿し木をするように
しましょう。葉を取って土の上に放置しても勝手に根が出ますが、今の時期
は気候が安定していませんので、発根も通常よりは悪くなるので、もう少し
時期を遅らせた方が良いかも知れません。

多肉植物の多くが雑菌に弱い性質があるので、挿し木に使用する土は注意を
して選ぶ必要があります。基本的には無菌無肥料の土を使用します。
任意の場所で構いませんから、脂分の付着していない良く切れるハサミを使
用し任意の場所で切ります。切り口は斜めに切る必要はありません。
そのまま風通しの良い明るい日陰で切り口を乾燥させます。乾燥させる意味
は切り口からの腐敗を防ぎ、発根を促進させる意味があります。

土は培養土ではなく、園芸用川砂や挿し芽用の土を使用し、必ず未使用の物
を使用するようにしましょう。一度でも使用した土や庭土は厳禁です。
挿し木にする枝の事を挿し穂と言いますが、全体の長さの1/3程度を挿しま
すから、土に挿す部分の葉は取り去ってしまいます。葉が多いと水分の蒸散量
が多くなり、発根に影響が出ます。出来るだけ葉は少なくするのがコツです。

プランターや植木鉢の底に防虫ネットを敷き、先程に紹介した土を入れます。
ピンセットで切り口を挟み、そのまま土に挿してピンセットを抜きます。
1週間程度放置をして、その後から土の表面が乾けば霧吹きで土の表面を軽く
湿らせてやります。大体2~3週間で発根しますが、まだ発根は十分ではあり
ませんから、最低でも1ヶ月は挿したまま管理をしましょう。
挿し木中は直射日光が当たる場所は避け、風通しの良い明るい日陰に置くよう
にします。挿し木中は一切の肥料は不要です。与えてはいけません。

猛暑時に鉢上げをするのは弱らせるだけですから、9月に入って暑さが和らい
だ頃に鉢上げをしましょう。
その時に使用する土は市販のサボテンと多肉植物の土を、購入した状態のまま
使用します。何があっても他の土は混ぜてはいけません。

長くなるのでこの辺でやめますが、年間の管理方法を希望されるなら書かせて
頂きますが。

ハムシーはベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物で、増殖方法は挿し木と
葉挿しがあります。このタイプの多肉植物は増殖が容易なので、初心者でも
失敗する事は少ないです。心配されなくても大丈夫ですが、管理方法だけを
間違わなければ問題無く栽培は続けられます。

時期的には少し早過ぎますから、出来れば桜が咲く頃に挿し木をするように
しましょう。葉を取って土の上に放置しても勝手に根が出ますが、今の時期
は気候が安定していませんので、発根も通常よりは悪くなるので、もう少し
時期を遅らせた方が...続きを読む


人気Q&Aランキング