これからの季節に親子でハイキング! >>

昭和30年頃に、戦前の生活水準に戻った。というのは、日本史上最も良い暮らしをしている。(当時は)ということなのでしょうか?

A 回答 (3件)

違います。



戦前の生活水準=日本史上最も良い暮らし、ではないことは明らかです。
だから、昭和30年頃が日本史上最も良い暮らし、ではありません。

「昭和30年の時点でいえば、日本史上最も良い暮らし」ということはできるかもしれません。

しかし、そもそも「日本史上最も良い暮らし」とはどういう比較をして決めたのか、が分からないです。
「人間の暮らしの歴史は、常に良くなり続けているものだ。しかし、戦争や災害によって時々逆戻りすることがある」という前提ならば、

「戦争によって生活水準が後退したが、昭和30年頃に戦前並みに戻った」ということは、「その時点でいえばその時が日本史上最も良い暮らし」ということはできます。

でも、30年代以降、庶民の生活水準は改善されていったので、常に「日本史上最も良い暮らし」を更新し続けたといえます。

農村の荒廃、過疎化、公害など、さまざまな社会的弊害は伴っていたし、一人一人の幸福に結びついたかどかは別にして、「庶民の生活レベル」が上がっていったことはたしかです。
    • good
    • 1

昭和30年の経済白書の「戦後は終わったは、戦前即ち日本の過去のGNP(当時は経済力指標はGDPではなくGNPだった)の最高額に到達したと言う事です。

昭和20年代は、日本人総貧乏といった暮らしでした。朝鮮戦争は、死にかけた日本経済に活況をもたらし、新しい製品が出始めました。しかし自家用車なんて、夢のまた夢で、バイクさえ高根の花でした。ホンダのカブは、自転車にエンジンを取り付けたばかりのものでした。駆動方法はチェーンやドライブシャフトではなく、エンジン側のゴム輪と車輪を摩擦する何とも今では考えられないようなものでした。それでも自慢げに走ったものです。

そして昭和30年を境に世の中は急速に変化して、昭和40年代になって初めて豊かになったと感じられるようになったのです。その境は、パブリカ、カローラ、サニーの登場です。

兄と姉は昭和の一桁生まれで、七五三の記念写真は、陸軍大将とお姫様でした。戦後物心ついたころに、物置にしまい込まれた写真を見て、不思議な感じでした。日本にこんな時代が有ったなんて、とても信じられませんでした。自分は藁草履で、つぎはぎだらけの普段着です。一張羅の余所行きは、皆兄のお下がりで、古臭いデザインの物ばかりです。そんな暮らしが遂に終わったと感じたのは、やはり昭和40年以降です。でも今思い返せば、やはり昭和30年が転換期と思い起こされます。
    • good
    • 1

昭和30年生まれの母の話ですと



幼少期は家電製品も今では考えられないような大きな氷を買って冷やす冷蔵庫であったり、テレビがあるのは恵まれた家庭であったりしたようですが、母の生まれる少し前くらいから母の成長とともに日本の経済や生活の便利さは目まぐるしく成長していったようですよ!

最も良い暮らしとは何を基準に言うのかわかりませんが、
経済が発展し始め日本史場最も良い暮らしに向かう途中あたりではないでしょうか?

その時代のことはよく知りませんので、母や父から聞いた感じだとそんな所だと思います。

ちなみに昭和57年生まれの私ですが、幼稚園から小学校低学年くらいのころは、建設業で働く父の会社はかなり羽振りが良く年に何回も家族なども呼んで大きなパーティーを開いて大盤振る舞いをしたり、社員旅行は必ず海外でしたし、母の誕生日には立派な胡蝶蘭などの鉢植えが届いたり、お歳暮やお中元も家族では消化しきれないほどの量が届いたり、母はたかそうな毛皮のコートなどを着たりしていた記憶があります。

うって変わって私が小学校高学年になる頃には会社は不景気の影響でどうにかなる(小学生だったので何が起きたか良くわかりませんが)ということで、父が会社を変えた記憶があります。

なので、私が生まれる少し前くらいが日本の景気が良かった時期なのではないでしょうか?

生活していて感じたことですので、経済の影響が庶民の暮らしに届くまで少し時間差があると聞いたことがあるので、そんな感じじゃないかな?と予想します。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。 今で言うと 代議士の有能な秘書。 身の回りの 職務をこなす

織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。

今で言うと 代議士の有能な秘書。
身の回りの 職務をこなす 頭のキレる 信頼できる人間。

この時代だと 性の相手になる事も 普通らしく
寧ろ 現代とは 全く 認識も違い。
強く有名な武将の関係を 自慢すらする。

そこで質問

豊臣秀吉の右腕
石田三成も そのような 感じだったのでしょうか??

Aベストアンサー

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、或時、人なき所にて近く召す。日頃男色を好み給はぬに故に、人々皆奇特の思ひをなす。太閤問ひ給ふは、『汝が姉か妹ありや』と。長吉顔色好き故也。
(羽柴長吉は太閤秀吉の小姓で、比類ない美少年であった。太閤は、ある時、長吉を人のいない場所で近くにさし招かれた。常日頃、太閤は男色をお好みではないので、人々はこれを知ってみな珍しいことだと思ったのである。さて太閤が長吉に御問いになった内容はといえば、『お前に姉か妹はいないか?』という事であった。長吉の顔が美しいため姉妹がいればさぞ美人だろうと思ったためである。)

羽柴長吉は池田信輝の三男で、秀吉の近臣として「羽柴」姓を名乗るのを許可された人物です。 秀吉が、美少年を目の前にしながら、本人には興味を持たずその姉妹が美人だろうと考えるあたり、筋金入りの女好きであると共に男色には縁がなかったことを如実に表しています。

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、...続きを読む

Q明治時代のお金は現代だと何円ですか?

明治39年、高村光太郎は父からもらった二千円を使い果たし… という記述があったのですが、この二千円は現在で言う何円ほどなのでしょうか。
また、とても大きな額になることは予想できますが、渡米した際の二千円なので当時のアメリカでなら使い果たしてもおかしくない量と言えるのでしょうか。それとも高村さんのただの浪費?

Aベストアンサー

例えばアンパンは、現在では1個100円ぐらいのものですが明治40年頃では1個1銭。
100銭=1円ですので、ここから換算すると1円=1万円。
よって2000円=2000万円 というような計算になります。

Q60代後半〜70代前半の方達に、「昔は貧しかった。スマホやゲームもない。今の若者が羨ましい。」 とよ

60代後半〜70代前半の方達に、「昔は貧しかった。スマホやゲームもない。今の若者が羨ましい。」
とよく言われます。

※「貧しかった」は戦後の混乱期を指します。今年81歳になる祖父に当時の苦しさを頻繁に聞かされてるんで、よく理解してます。

この世代は、スマホがない。ゲームがない。貧しい。と思って暮らしてたわけじゃありませんよね?存在を知らないし。戦前の記憶もないんですから。
戦後混乱期〜昭和30年頃の娯楽を調べてみると、その時代はその時代なりの娯楽を楽しんでおり、今に比べて大勢で仲良く遊ぶことが多く、私からすると羨ましいです。

今の若者達だって、これから技術の発達で50年後くらいには、もっと便利な暮らしが当たり前になって、今の暮らしが不便に感じる時が来ると思います。

だから、今の若者も60代後半〜70代前半の方達もお互い様。一緒だと思うんですが、間違ってるでしょうか?

Aベストアンサー

アラフィフです。親が戦中の生まれなので、質問者様の祖父と同じぐらいです。

私の親も「昔は貧しかった。お前たちはいいな」と言われました。確かにアラフィフとはいえ、いや今のねんだいだからこそ高度成長期からバブルの恩恵を受けた世代であるとはいえます。

また私の祖父(すでに他界しましたが、生きていれば110歳)も私に「昔は貧しかった・・」といいました。祖父は大正デモクラシーの豊かな時代に青春を過ごしているので、戦中生まれの父よりも豊かだったはずなのにです。

そしてアラフィフになって最近周りの人たちが「昔は良かった。今の若者は・・」と言いだし始めました。

個人的にはすごくイヤです。少なくとも私たちの世代はバブルの真っただ中でまだネットも携帯もない(出る直前)でしたが、それでもものすごく豊かだったしバカなこともたくさんやってきた世代だからです。

だから年寄りが「昔は○○だった・・」というのは、適当に相槌をうっていればいいのです。そのかわり自分が年寄りになったときに「昔は○○だった、と言わない」覚悟はもってください。

Q太平洋戦争の開戦前から日本がアメリカに勝てないのは分かっていた?

政治家や経済人や軍幹部が勝てない意識を共有していたら真珠湾攻撃は実行前に潰されませんか? 
勝てる計画があったけど、途中で臆病な軍人が無条件降伏で投げ出して自分の命をつなぐ、無条件降伏して放り出すことを正当化するために勝てた根拠の資料を焼却し、戦後は勝てない派が主流派だったと嘘をついている、そう思いませんか?

Aベストアンサー

> 勝てない意識を共有していたら…潰されませんか? 
当然そうなるはずです。勝つための作戦ですから。

> 勝てる計画があったけど、
負けた原因は、敵は米国だけではなく、最後の最後のソ連の裏切り、でしょう。
なお、軍部だけが無条件降伏を最後まで認めていなかったようです。
償却したのは、国民に対するウソの戦況報告や作戦の無謀さから軍部の逃亡計画などとかを示す書類と言われています。
逆にこれが無いから過去の戦争を反省することなく、
「勝てばよいのだ」という安倍首相の「積極的平和主義」なのでしょう。

Q今年の大河ドラマ「西郷どん」と2008年放送の「篤姫」とを見比べて思ったのですが、「篤姫」では篤姫が

今年の大河ドラマ「西郷どん」と2008年放送の「篤姫」とを見比べて思ったのですが、「篤姫」では篤姫が幾島に文を託すも西郷に断られ、勝海舟に父成彬からの文を託し、それが西郷の心を動かし、江戸無血開城が決まり
、篤姫自身は西郷には会ってないようですが、「西郷どん」では勝海舟に会う前に幾島とも篤姫とも会う設定になっていますが、史実からするとどちらの方がより正しいのですか?

ナレーションでは「実に12年ぶりの再会となりました。」とあるので、「西郷どん」の方が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

史実には諸説あります。
だから小説も多数の作家のものがあります。
小説の脚本は、必ずしも「小説=脚本」とは限りません。

篤姫の場合、記録が少なく、NHKドラマは「脚本」があたかも
本当のように面白く(悲しく)描けていました。

西郷と勝の江戸城無血開城交渉は緊迫したなか行われましたので
これ以前に江戸城に入るのは無理だと思われ、これはドラマを
面白くするための脚本の所作と思われます。
つまり「西郷どん」はフィクションです。

そもそも、この時代のトップには「内戦回避、外国からの介入
回避」の認識があり、第一次長州征伐では激戦が起こりませんでした。
では薩長と徳川のNO2・3とNO1の激突である倒幕に何故
西郷は舵を切ったのでしょうか。
長州はともかく、西郷薩摩には「舵を切って」も「激突は回避され
る」と踏んでいたのでは、ないでしょうか。
こういう推理がスリルなのです。
歴史探訪の醍醐味です。


西郷さんには思い入れが強い人が多く、よく描かれることが
多いようです。
「人を愛し、弱きを助け、国を憂え、強くをくじき、ブレル
 ことなく突進し、信念は生涯変わることはなかった」など
と描かれ、作られる。
実際には、迷い、悩み、試行錯誤し失敗もし進んだのでは
ないでしょうか。
完全な人間などはいないのです。

史実には諸説あります。
だから小説も多数の作家のものがあります。
小説の脚本は、必ずしも「小説=脚本」とは限りません。

篤姫の場合、記録が少なく、NHKドラマは「脚本」があたかも
本当のように面白く(悲しく)描けていました。

西郷と勝の江戸城無血開城交渉は緊迫したなか行われましたので
これ以前に江戸城に入るのは無理だと思われ、これはドラマを
面白くするための脚本の所作と思われます。
つまり「西郷どん」はフィクションです。

そもそも、この時代のトップには「内戦回避、外国からの介入
...続きを読む

Q4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があったのは確実ですか?

4~6世紀というと古墳時代の真っ只中ですが、大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中しています。

古墳は日本全国に散在していますが、大阪府南部の古墳は特に大きく、巨大な権力を持つ者によって建造されたのは確実だと思われます。おそらく全国レベルで影響力を持った者でしょう。

当時は陸上の移動方法が徒歩か馬しかなく、宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われるので、大阪府南部(おそらく大阪市南部か堺市のどこかの場所)に全国規模、狭くても中国地方から東海地方までを勢力範囲とする政権(大和か倭)の首都が存在したと考えてよいでしょうか。

巨大古墳という、これ以上ないほどのその存在を示す証拠があるわけですから。

Aベストアンサー

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが、彼らが大阪南部勢力に従属していた根拠はありません。(敵対していたという記載もあるようです。)
これらの複数地区が全て単一権力の支配下にあったという証拠は無く、ゆるいつながりをもった地方権力の並列性であった可能性もあります。
であれば、単一権力による中央集権制では無く、首都という言葉とはややずれます。

また、「大阪府南部に日本(倭)の首都があった」根拠として、あなたが示されているのは「大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中」という事実と、「宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われる」という推測ですが、後者を裏付ける根拠が必要です。(あえて宮殿から離れた場所に古墳を作った可能性も排除できません。)
上述のような古墳の大阪南部・奈良・岡山と広がる広範な分布は、単一権力大阪南部存在説では説明困難です。

もちろん、「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」可能性はあります。
4~6世紀大型建造物であれば、土台構造物(穴や柱石など)などの遺構が残ります。
それによって、古代都市そのものを確定し、さらには政治形態を確定、首都と定義なども必要で、お示しされた根拠だけを理由に「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」と確定するのはやや無理があるでしょう。

参考までに巨大古墳を20位までお示しします。
5位までに大阪南部が多いことは事実ですが、同時期に岡山にもあり、20位までで考えれば奈良にけっこう後半に分布しています。
この分布をみると初期大和朝廷は天皇ごとに宮殿を変えていた説、有力豪族並列説(吉備勢力など)などに説得力があり、現在我々が想定するような首都というもの存在に疑問が生じます。

1 大仙陵古墳 大阪府堺市大仙町 中期 486m 仁徳天皇陵
2 誉田御廟山古墳 大阪府羽曳野市誉田 中期 425m 応神天皇陵
3 石津ヶ丘古墳 大阪府堺市石津ケ丘 中期 360m 履中天皇陵
4 造山古墳 岡山県岡山市新庄下 中期 360m
5 河内大塚古墳 大阪府松原市西大塚・羽曳野市南恵我之荘 330m
6 見瀬丸山古墳 奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町 後期 310m
7 渋谷向山古墳 奈良県天理市渋谷町 前期 300m 景行天皇陵
8 土師ニサンザイ古墳 大阪府堺市百舌鳥西之町 中期 290m
9 作山古墳 岡山県総社市三須 中期 286m
10 仲ツ山古墳 大阪府藤井寺市沢田 中期 286m 仲津媛皇后陵
11 箸墓古墳 奈良県桜井市箸中 前期 278m 倭迩連日百襲姫大市墓
12 五社神古墳 奈良県奈良市山陵町 前期 275m 神功皇后陵
13 ウワナベ古墳 奈良県奈良市法華寺町 中期 255m
14 市庭古墳 奈良県奈良市佐紀町 中期 250m 平城天皇陵
15 メスリ山古墳 奈良県桜井市高田・上之宮 前期 250m
16 行燈山古墳 奈良県天理市柳本町 前期 242m 崇神天皇陵
17 岡ミサンザイ古墳 大阪府藤井寺市藤井寺 後期 242m 仲哀天皇陵
18 室宮山古墳 奈良県御所市室 中期 238m
19 市野山古墳 大阪府藤井寺市国府 中期 230m 允恭天皇陵
20 宝来山古墳 奈良県奈良市尼ケ辻町 前期 227m 垂仁天皇陵

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが...続きを読む

Q平成初期、末期で携帯電話、ゲーム、車、PC等、さまざまな技術の進化がありました。 ですが江戸時代は鎖

平成初期、末期で携帯電話、ゲーム、車、PC等、さまざまな技術の進化がありました。

ですが江戸時代は鎖国の影響もあり、初期と末期ではあまり違いが見られません。農作業道具等、少しは進化していたのだとは思いますが、実際どの程度進化していたのか気になります。現代に例えると、2008年と2018年の10年間の進化くらいらでしょうか?

だとすると、仮に1850年に住んでる人が1650年に行ってもすぐ生活に馴染めるんですかね。

Aベストアンサー

江戸時代初期の、一人当たりGDPは5百ドルぐらいです。

それが末期だと740ドルぐらいになっています。

だから、1,5倍程度の技術進歩があった
のでしょう。




2008年と2018年の10年間の進化くらいらでしょうか?
  ↑
これだと10%にも満たないです。

一人当たりGDPで1,5倍を計算すれば
2018年と1987年程度の違いになります。

Q日本史の話なんですが、明治時代らへんでイギリスがいち早く日本を近代国家と認めたのですが何で他の国は日

日本史の話なんですが、明治時代らへんでイギリスがいち早く日本を近代国家と認めたのですが何で他の国は日本を近代国家と認めない中イギリスは日本をいち早く近代国家と認めたのでしょうか?

Aベストアンサー

当時、イギリスとロシアが、アフガニスタンを中心に、
アジアの各地で激しい利権争いを繰り広げていたのです。

その上ロシアはシベリア鉄道を敷設するなど、東アジアへの
進出を強めてきました。

イギリスは、それを食い止めるため、日本に注目します。

近代国家として国力を増していた日本を味方につけた方が
良いと考えたのです。

こうして条約改正への最大の反対勢力だったイギリスが、
日本に対し歩み寄りを見せ始めました。



● 以下余談

大隈重信の後を引き継いだ青木周蔵は、これを機に
イギリスが条約改正に同意すれば他の国も一気に
改正に応じるのではないかと考え、
イギリスとの交渉に入ります。

そして1890年7月、イギリス政府は、領事裁判権の撤廃を
盛り込んだ日本の改正案に同意を示しました。

ついに条約改正の道が開けるかと思われたその矢先、またもや事件が起こります。
1891年5月、日本に滞在中のロシア皇太子が、
警護中の巡査に襲われ怪我を負います。
事件の責任を取って青木は辞任し、交渉はまたもや延期になってしまいました。

こうした中、青木の後を継いだ陸奥宗光(むつむねみつ)は、
イギリスと粘り強く交渉を続けました。

そして1894年7月16日、ロンドンで新たな条約、
日英通商航海条約が調印されました。
この条約により、日本は外国人の犯罪を自らの手で
裁くことができるようになりました。

イギリスが条約改正に応じると、他の国もそれに続きました。
岩倉使節団が交渉を始めてから22年、日本はようやく
領事裁判権を撤廃することに成功したのです。

しかし実は、日本が欧米列強と完全に対等な立場になったのは、
それから さらに17年後でした。
1911年2月に、日米新条約が調印され、関税自主権を回復します。
ここに至るまで、40年近くもの年月を費やしたことになります。

当時、イギリスとロシアが、アフガニスタンを中心に、
アジアの各地で激しい利権争いを繰り広げていたのです。

その上ロシアはシベリア鉄道を敷設するなど、東アジアへの
進出を強めてきました。

イギリスは、それを食い止めるため、日本に注目します。

近代国家として国力を増していた日本を味方につけた方が
良いと考えたのです。

こうして条約改正への最大の反対勢力だったイギリスが、
日本に対し歩み寄りを見せ始めました。



● 以下余談

大隈重信の後を引き継いだ青木周蔵は、これを機に
イギリスが...続きを読む

Q豊臣秀吉は日吉大社の出なので猿というあだ名になった。 なぜ日吉大社の出だと猿になるのですか?

豊臣秀吉は日吉大社の出なので猿というあだ名になった。

なぜ日吉大社の出だと猿になるのですか?

Aベストアンサー

豊臣秀吉は「申年」(天文5年)生まれで、顔が猿に似てたから、「猿」と呼ばれたんじゃないの? 豊臣秀吉の幼名「日吉丸」の名は、生誕の地・尾張国中村(名古屋市中村区)から程近くに在る「清洲山王宮・日吉神社(現在の清須市清洲 2272番地)から採って名付けられた」と言われているけど、「日吉神社の出」と言うことでもないし。

Q織田信長の城ってどこですか? もう焼け落ちて現存していないんですか? 徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉

織田信長の城ってどこですか?

もう焼け落ちて現存していないんですか?

徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉が大阪城ですよね?

織田信長の城はどこ?

Aベストアンサー

そもそも「信長は安土城」みたいに武将と城が1:1で対応しているわけではありません。
もちろん1つの城にずっととどまっている武将も多数存在しますが、信長・秀吉・家康は複数の城を転々としています。

ちなみに徳川家康は名古屋城を居城としたことはありません。


人気Q&Aランキング