右上の親知らずが斜めに生えて、少し顔を出して隣の歯に当たっている状態です。痛みとかは無いのですが以前から気になってついに歯医者へいきました。

 相談したところ、上の歯はまっすぐでないと抜きにくく、隣の歯を削って抜きましょうといわれました。
隣の歯はすでに、親知らずとの隙間磨きにくく虫歯ができているとのことでした。神経も抜くといわれました。

 親知らずを抜くために、隣の歯を削ることに抵抗があります。このような処置方法が一般的なのでしょうか? また、神経を抜かなければならない痛み等はないのですが、大きく削るために神経を抜くのでしょうか? 
 虫歯でどうしようも無いのなら削ることに抵抗はないのですが、痛み等無いだけに隣の歯を削ったり神経を拭いたりすることに抵抗があります。このような親知らずの処置方法を教えてください。


 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

親知らずという歯は特殊です。

基本的に存在意味がないというとそんなことないって言われちゃいそうですが。4本ではなく2本しかないというような場合も多いようで噛みあわせの問題もありますしとても虫歯や歯周病が発生しやすいというのは周知のことです。腫れてしまうと基本的に抜歯は行わないですし頭が出てきたら痛くなる前に抜歯するというのが一般的だと思います(状況によりけりでしょうが)。抜歯法もいくつかあるようでときにはほかの歯とはまったくちがった方法になるようです。そういった意味からも歯科大学病院のほうが経験や設備が整っているということなのかもしれません。私は町医者での(一般の)抜歯で気が遠くなるような時間をかけられた経験がありますのでやはり抜歯に慣れているところで行いたいと感じます。特殊でなくても大学病院のほうがいいかもしれませんよ。

参考になるサイトがありましたのでお知らせします(3ページあります)。
http://www.j-dol.com/cons/cons/pated2/05_alt_wt1 …
ほかにも検索するとたくさんヒットします。
http://www.orh.go.jp/dental/acht.html

ac-sakuraさんは4本同時ですか。すごいですね。私は幸い(?)下側だけしかなかったのですが同時にお願いしました。両側の麻酔というのはリスクがありまして
・うまく水で口を漱げない(だーっと垂らしそう)。
・終わったときお礼を言えない(言葉にならないです)。
という感じです(もちろんしばらくの間です)。
また下側の抜歯の場合は顎部分の神経との兼ね合いでしばらくしびれた感じが続くこともあるとおっしゃっていたように思います。私はまったく大丈夫でしたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございました。

お礼日時:2004/11/20 03:09

No.1の方と同じ意見です


特殊な場合は、大学病院で相談される事をお薦めします
又、痛い症状がでるまで、親知らずだからと抜くのは絶対いけません。
医者の患者が身内だったらそんな事しないと思いますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

痛みはなくとも、もう虫歯をつくる原因にはなっているので抜くつもりです。

お礼日時:2004/11/20 03:09

私は9月に親不知を2本抜きました。


私の場合は下の歯ですが、真横に寝ている状態で、
歯茎からは少しも出ていませんでした。
痛みも全然ありませんでしたが、歯列矯正の時に邪魔になるかもしれないので、抜く事にしました。

レントゲンを撮ったら根元が神経ギリギリか少しかかっているとの事でしたので、大きな歯科大学へ行きました。

私もこんなに奥で見えないのだから、隣の歯を削るのかな?と思って「隣の歯を削るんですか?」と聞いたら「いえいえ何でも無い歯を削る事はしませんよ」と笑顔で言われました。

歯茎を切って開くので、隣の歯は関係ないと言われましたよ。
私も隣の歯を削ると言われたら不安だったと思います。歯茎を開いて骨は削りましたけど・・・。

大きな歯科大学などに もう1度診てもらった方が良いと思います。納得のいかないまま抜歯するのは後々良くないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、大学病院でみてもらうことになりそうです。

お礼日時:2004/11/20 03:07

#3の方と同じです。


私の場合は、4本いっぺんに抜いたため
全身麻酔でしたので手術中のことは分かりませんが。
削らなくても抜くことはできるかもしれないので、
もっと大きいところで聞いてみると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/20 03:06

歯の状況によると思いますのでkorinngoさんの場合は分からないのですが、私も1本が真横でした。

その際に行ったのは真横をむいている歯を2つに割って取りました(たぶんそれが一般的なのではないでしょうか)。とても慣れていらっしゃったので時間は予想よりはるかに短かったのを覚えています(麻酔の時間より短く感じました)。
私は矯正のためでしたが町医者は抜歯の経験数が少ないことが多いと聞きまして紹介状をもらって大学病院に行きました。もっとも経験の浅いインターンに任せられたらちょっと困るかもしれませんが。
削ることに関しては虫歯治療のためということでしたら仕方ないと思いますが抜歯のためということでしたら止めたくなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。虫歯になっているから削るのならよいのですが、抜くためというのが気にいりませんでした。他の歯医者さんに相談し、大学病院にいくことになりそうです。

お礼日時:2004/11/20 03:05

親知らずは人それぞれに千差万別ですので、歯医者さんの意見を素直に聞くべきかと思います。

不安でしたら、他の歯医者さんに診察して相談した方が良いですね。

ちなみに私の親知らずは、貴方のお話同様の処置をして、最後削った歯に被せ物を被せて終えました。
とりあえず、親知らずだけではなく、隣の歯も虫歯になってる状況かもしれませんので、よくよく診察してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。実は他の治療についても不満なところがあり、結局 他の歯医者さんに診察してもらいました。

お礼日時:2004/11/20 03:04

他の歯医者にセカンドオピニオンを


求めるのがいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうしてみます。

お礼日時:2004/11/20 03:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番奥の歯は親知らずですが、全部で12本で噛み合っているんですがこの場合どうすればいいのでしょう??

下の歯の奥の歯が親知らずですが、下の歯は親知らずあわせて12本で、上の歯も12本なのです。ちょうど噛み合っていて、下の親知らずを抜くと、今ちょうどその親知らずと噛み合っている、上の歯が噛み合う歯がなくなってしまうのですが、この場合どうすれば良いのでしょう??

Aベストアンサー

No2のcyaboeです。
そういえば、私の歯は生まれつき上下2本ずつ合計4本足りないのでした。
大臼歯はちゃんと数が揃っているので、その奧の歯はやはり親知らずです。
でも、数が少ないので、きちんと収まっているのかも知れませんね。

Q前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が

前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が欠けてしまい、残ってる仮歯も取れそうです。すぐに歯医者には行けないので取れたらどう対処すればいいでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

仮歯は折れやすい物です。時間を作って歯科にいくことです。
どうしても何回も行けないのであれば仮歯を作ってもらってください。
また、仮歯の間は前歯では柔らかい物しか食べない要注意が必要です。

Q親知らずを抜歯した方がいいと言われていますが、代わりに手前の歯を抜くこ

親知らずを抜歯した方がいいと言われていますが、代わりに手前の歯を抜くことはできるでしょうか?
親知らずは、まだ歯茎から見えていない状態です。
親知らずの手前の歯は、神経を抜きました。
まだ眠っている親知らずを抜くのは大変だそうなので、
もしできたら手前の虫歯になってしまった歯を抜いてもらえればと考えたのですが、問題があって不可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに親不知だからと言って、必ず抜かねばならないものではありません。
しかし、場所や生え方によっては炎症を繰り返したり、膿を持つ事もあり、そういう可能性が大きいなら予防的に抜く選択は高い確率で「アリ」です。
でも、その代りに前の歯だけを抜くという医学的意味は全くありません。

昔は親不知が抜きにくい場合に、手前の歯を抜いて親不知を抜くという「便宜抜歯」が行なわれていました。
しかしこれでは噛み合う歯が伸びてきたり、歯並びが悪くなってしまうなど無用な病気や治療を増やすという事で、今では殆ど行なわれません。

ただ、手前の歯が神経が無かったり、大きな虫歯になっていれば、親不知を抜くまでの間、頭を削り取って親不知の抜く為の健康な組織を傷つける範囲を抑える事は稀に行われます。親不知を抜いた後は冠を被せて機能を回復させます。
これはあくまでも親不知を抜くための処置であって、親不知を残して手前だけを抜く事はしません。それでは病気を起こすリスクだけが増えるだけですからやる意味が無いのです。

まぁ、無学な歯医者や無免許医、金儲けだけの歯医者ならやってくれるとは思いますが。

確かに親不知だからと言って、必ず抜かねばならないものではありません。
しかし、場所や生え方によっては炎症を繰り返したり、膿を持つ事もあり、そういう可能性が大きいなら予防的に抜く選択は高い確率で「アリ」です。
でも、その代りに前の歯だけを抜くという医学的意味は全くありません。

昔は親不知が抜きにくい場合に、手前の歯を抜いて親不知を抜くという「便宜抜歯」が行なわれていました。
しかしこれでは噛み合う歯が伸びてきたり、歯並びが悪くなってしまうなど無用な病気や治療を増やすという事で、...続きを読む

Q下側親知らず抜歯後 隣の歯(虫歯)の痛みと治療

先日、病院で親知らずの抜歯をしました。

親知らずが虫歯になり、しかも横に生えていて、隣の歯(手前の歯)も側面が虫歯に。
レントゲンでみたら隣の歯も神経に近いところまで虫歯が迫っているので、痛くなる前に抜歯を!ということで行いました。

抜歯は順調に終え、来週抜糸です。

抜歯後腫れたりすることもなく、骨を削ったりした割には順調だと思っていたのですが、昨日から手前の歯が痛くなってきました。
すごく冷たい飲み物などがしみます。

薬で何とかしていますが、これは親知らずの抜糸をしてしばらくしないと隣の虫歯の治療にはかかれないものでしょうか?

また、親知らず側から虫歯が侵食してるので、表面を見る限りは何ともないのですが、どういう治療になるのでしょう?
先生は手前の歯は抜かないと言っていましたが…。

我慢出来ない痛みではないのですが、今後どうなるのか不安です。

Aベストアンサー

隣の歯(隣接歯)の虫歯に仮の詰め物などしている場合、冷たいものが沁みる(冷水痛)は虫歯部分より歯の根元が原因の場合が多いです。
これは、歯を抜くと歯肉が下がって治癒する事が原因で、そのため隣接歯の根の部分が露出して沁みます。
ある程度安定しないと治せない場合と薬剤で止める場合があります。
治療できないのは歯肉が歯に密着するのを阻止してしまう材料を使う場合で、この方が冷水痛を止める効果は高いですが、歯肉の回復を邪魔するので歯肉が大きく下がってしまいます。
薬剤を使う場合は歯肉の回復を邪魔する度合は小さいですが、作用も強くありません。

虫歯治療に関しては、虫歯の治療には刺激の強い薬剤を使ったり、虫歯菌に感染した歯質を周囲に飛び散らせます。なので、せっかく治りかけた傷口が汚染されると、強い痛みを出したり感染症で治療に時間がかかるので、ある程度抜歯部分が治ってから治療します。

Q親知らず歯について教えてください。

親知らず歯について教えてください。
抜歯の話になると、やたらと、親知らず歯(特に、下のケース)の話が出ますが、なぜでしょか?他の歯に比べて抜きにくい(根が深いなど)からでしょうか?
※あと、余談ですが、昔、犬歯を抜歯した時は、歯をすごい力で引っ張られたのですが(抜歯は抜くのだから当然と思いますが)、親知らず歯を抜く時には、反対に、すごい力で押さえつけられましたが、なぜ、こんなに対処が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 歯は、歯槽骨と言う顎の骨に半分埋まっています。これのおかげで先が丸くても抜けません。
 歯槽膿漏で歯が抜けるのは、この骨が溶けてしまい、支えがなくなるために抜けます。

 そうで無い場合に歯を抜くときには、歯を骨から抜け出させる(脱臼)ことが必要になってきます。根が一本の前歯は鉗子(かんし・ペンチのようなもの)で揺らして引っ張るだけで抜けることもありますが、特に奥の歯は根が二つや三つに分かれていて、状態によっては前歯と同じようにすることは難しいこともあります。

 そこで、エレベーターと言う、歯を脱臼させる道具を使って歯を脱臼させて浮かせます。
 このとき押した感覚があります。歯ぐきと歯の間に差し込んで、てこの原理で歯を動かします。

 下の親知らずは、生えかけのまま止まって歯ぐきや骨の中に中途半端に埋まってて抜きにくかったり、横向きに生えてくる事が多いのと、顎の太い神経が近くにあるため、慎重にならざるを得ないパターンが多いです。
 形状や歯の骨が歯を覆っている面積が多いなどの場合は歯を壊して取り出す抜き方もあります。

 説明、通じましたでしょうか?分からないところがあれば指摘をお願いします。
 

 歯は、歯槽骨と言う顎の骨に半分埋まっています。これのおかげで先が丸くても抜けません。
 歯槽膿漏で歯が抜けるのは、この骨が溶けてしまい、支えがなくなるために抜けます。

 そうで無い場合に歯を抜くときには、歯を骨から抜け出させる(脱臼)ことが必要になってきます。根が一本の前歯は鉗子(かんし・ペンチのようなもの)で揺らして引っ張るだけで抜けることもありますが、特に奥の歯は根が二つや三つに分かれていて、状態によっては前歯と同じようにすることは難しいこともあります。

 そこ...続きを読む

Q虫歯で歯の神経を抜くのは 麻酔してても痛いですか? あと、歯がかゆいです。 何ででしょう・・・ 神経

虫歯で歯の神経を抜くのは
麻酔してても痛いですか?
あと、歯がかゆいです。
何ででしょう・・・
神経を抜くとはどういうことでしょうか・・・?

Aベストアンサー

神経は痛み等を感じるところです
歯の根元に麻酔薬を注射(この時注射針が刺さる時痛い)し痛みを和らて抜歯する
あとは痛み止めの薬をもらえる
一晩位辛抱すればよいのでは
たいして恐れることはない

Q親知らず歯は必ず抜くものですか?

最近、左下奥の親知らず歯が、半分ほど顔を出してきました。
斜めに生え出してきているため、隣の奥歯とはブイ字のくぼみを
形成しています。
通っていた一般歯科に相談したところ、「口腔外科をやっている歯医者で早めに抜いてもらった方がよい。残しておくメリットは全く無い。」といわれました。
確かにブイ字のくぼみの部分は歯磨きしにくいですが、
私自身は歯を抜くのが怖いんです。
今現在親知らず歯に痛みはありません。
歯というのは、「抜かないでできるだけ生かす」という言葉を
聞いたことがあるのですが、親知らず歯にこの言葉は通用しないのですか?
また、親知らず歯を抜くことによって、他の歯がグラグラすることは
ないのでしょうか?

Aベストアンサー

斜めに生えていることから隣の歯との間におかしな隙間ができて、そこが虫歯になりやすいし、歯並びも悪くなるので抜いた方がいいと勧められました。

私は上は斜めに生えていましたが、下の左右の歯茎の中にも親知らずが埋もれていて、健康な歯を中央に向かって両側から押す形になっていたので、小さいときと比べると前歯が重なりあってきたのが明らかだったので抜きました。

あと「女性は妊娠中に痛くなったら困るよ」とも言われましたね。

友達から「親知らずを抜くのがうまい」と評判のいい歯医者さんを紹介してもらって行きました。
そんなに痛くなかったです。
抜いた後が直れば、別に不都合なことはないです。

親知らずがあることによって正常な歯が害を受けそうなのであれば、正常な方を生かすために不用な方を抜く方がいいと思います。
両方残して両方悪くなったらなんにもなりませんよ。

Q虫歯が神経までいってなかったら 削っても痛くないってことですか? 虫歯が初めてなので歯医の事がわかり

虫歯が神経までいってなかったら
削っても痛くないってことですか?
虫歯が初めてなので歯医の事がわかりません
治療方法もわかりません教えてください
明日か明後日行ってきます

Aベストアンサー

だから、虫歯が有る無いにかかわらず 痛む部分を削れば痛いし 痛く無い部分を削れば痛まないと言う事です。つまり、どちらも有りですね。
虫歯が神経まで到達してようが 全然 神経まで行って無くても、削り方や削る部位 あるいは治療目的によって痛む事も痛まないこともあるんですよ。それは 実際に治療する歯科医師にしかわからない事なんです・・・・・
他の人が書かれているようですが 麻酔は歯茎に打ちますから、100% 絶対に痛いです。どんなに取り繕っても 多少は痛みの程度が低くなるだけの事。痛まない麻酔なんてあり得ません。
ただ 歯を削る痛みに比べれば 非常に軽い・麻酔が効いてしまえばどんなに削っても痛まないと言う事です。従って 麻酔は誰でも我慢できる痛みなんです。2~3歳の幼児でも きちんと説明がわかれば問題なく麻酔が使えます。特別な疾患や恐怖症などの障害が無ければ何の問題も無いと言うことですね。

さて、虫歯を治療するようですが・・・・・・どんな治療をするかは虫歯の程度・位置・どの歯なのか などによりどうなるかが決まります。ここでは その全てを説明することは到底不可能です。
もし 聞きたいことがあるのでしたら、もう少し情報を書き込んで下さい。これは ここだけの話しでは無く 明日か明後日に実際に歯科医院へ行った時も全く同じです。
虫歯の程度や位置は 実際に口の中を見ればわかりますが、歯科医師にもわからない情報がたくさんあります。例えば 痛むか痛まないか、しみるかどうか、どうやってその虫歯を発見したのか(学校検診で見つかった・自分で見つけた等)、噛んだ時に違和感があるかどうか、見た目はどうか・気になるかどうか、食べ物はきちんと噛めるかどうか、次回いつ来院できるか、何回も続けて通院できるか・・・・その他もろもろ。
歯科医師は それらの情報を総合的に判断して その虫歯をどうするかが決まります。例えば麻酔を使うか使わないかも そういう個別の情報で判断する事になるんです。
次に来院できるのが一ヶ月後・・・・・なんてなると いきなり削っても詰め物が作れなくなりますし、もう通院できないとなれば 多少無理しても当日だけで治療を完了せねばならなくなります。
歯科治療とは そういう臨機応変の繰り返しなんですよ・・・・・まず 来院する前に、ご自分の情報・目的や希望を きちんと整理しておく事をお勧めします。そして それを歯科医師に正確に伝えるようにして下さい。

さて・・・・・麻酔を使わないで歯を削る事も充分にあり得る事です。そう書くと 勘違いされる人が多いとは思いますが・・・・・
麻酔とは痛覚という大事な感覚の一つを麻痺させてしまいます。つまりどんな無茶な治療もできてしまうのです・・・・・それが本当に良いのかどうか??
麻酔が切れたら激痛で・・・・なんて事は避けたいですよねぇ~~(ーー;)
麻酔を使わずに 痛みが出ない部分まで機械を使わずに 手で丁寧に歯を削って行く・・・・・・それで神経を保護するような薬剤を詰めて 必要以上に歯を削らない。
そういう治療法が 最近では圧倒的に多数派なんです。何が何でも最初から麻酔と言うのも困り物です。麻酔は必要な時に使う物だと考えて下さい。
本題に戻れば、迂闊に麻酔を使ってしまうと 削っても痛くないので必要以上に削ってしまう危険性もあり得る事です。

まぁ、今までの文面から察すれば、まだ痛みが出る程大きな虫歯ではなさそうです。麻酔を使うかどうかは別問題として、どの程度まで削るかは状態によるのでわかりませんが、できれば神経を保護する薬剤を詰めて仮のフタをして、うまく行けばそのままブラスチック等を詰めて終了にしたい所ですねぇ~1本だけだとすれば、長くても2~3回の通院で治ればラッキーでしょう。

もしも神経まで虫歯が行っていたら・・・・・その場合は すでにかなりの痛みが出ているはずです。削る削らないでは無く 何もしないでもズキズキとした痛みが何度も繰り返していたはず。
もしもそうであるならば、多くの場合は麻酔を使って神経を取る治療になります。神経を綺麗に取ったらその穴の消毒を繰り返し、落ち着いたら根を詰める作業をして、型を採り 被せ物や詰め物を製作して歯に接着させて完了となります。こうなると 終わるまで数週間~数ヶ月になるはずです。

ただ、その他にもかなりのバリエーションがあり、言い出したらキリが無いほど いろいろな治療法が出てきてしまいます。歯科医師と良く相談して、しっかりと治療方針を立てて下さい。

だから、虫歯が有る無いにかかわらず 痛む部分を削れば痛いし 痛く無い部分を削れば痛まないと言う事です。つまり、どちらも有りですね。
虫歯が神経まで到達してようが 全然 神経まで行って無くても、削り方や削る部位 あるいは治療目的によって痛む事も痛まないこともあるんですよ。それは 実際に治療する歯科医師にしかわからない事なんです・・・・・
他の人が書かれているようですが 麻酔は歯茎に打ちますから、100% 絶対に痛いです。どんなに取り繕っても 多少は痛みの程度が低くなるだけの事...続きを読む

Qはえきらない親知らずは無駄な歯ですか?

親知らずは今のところ1本も抜いてません。
屁理屈かもしれませんが抜きたくありません。折角の生きている歯を無駄にしたくないからです。歯だって生きてる、と思ってしまいます。(過去の教えてgooの回答にも、「天然の歯は抜かないに越した事がない」、というコメントがありますので、出来るだけ歯を残したい考えです)
歯並びの矯正も考えてないので、このままでいくつもりでいます。
歯医者さんにも、親知らずは抜きたくないと伝えておりました。

こんな私ですが、最近親知らずの1本に小さな虫歯が出来ました。
上の親知らずに虫歯ですが生え切れておらず、下の歯ともかみ合わせが無い為、歯医者さんから「かみ合わせがないから、無駄な歯。抜いたほうがいいけど」とあっさり言われてしまいました。
最終は私患者の意志で決まりますが、今のところ生かしたいという気持ちもあります。歯医者さんも、ついでに配慮がない言葉だな、と思ってしまいました。

ちょっと感情論的ですが、こんな岐路に迫られている私。
「親知らずを抜くべき」「親知らずを抜かないべき」
どちらのご意見、理由も聞けたらと思います。
できましたら、現場の声やきちんとした親知らずの抜歯に対しての情報を知っている方にどちらの見解でもいいので、情報が頂けるとありがたいです。

もし、納得のいくことであれば、もしかしたら抜歯に気持ちが固まるかもしれませんし、今の気持ちのまま抜かずに治療のみにするかもしれません。
この文章を読んでわがままだな~、と自ら反省もしますが、本音をはき出して置きたい部分でしたので、あえて質問させていただきましたm(__)m

親知らずは今のところ1本も抜いてません。
屁理屈かもしれませんが抜きたくありません。折角の生きている歯を無駄にしたくないからです。歯だって生きてる、と思ってしまいます。(過去の教えてgooの回答にも、「天然の歯は抜かないに越した事がない」、というコメントがありますので、出来るだけ歯を残したい考えです)
歯並びの矯正も考えてないので、このままでいくつもりでいます。
歯医者さんにも、親知らずは抜きたくないと伝えておりました。

こんな私ですが、最近親知らずの1本に小さな虫歯が出来...続きを読む

Aベストアンサー

物事は色々な方面から見た方が良いと思います。
と言う事で一つの参考意見を述べさせて頂きます。
(相談者さんの幸せと健康を願って!)

私達の歯の噛む力は50キロ近く有り動きながら磨り減りながらそれぞれがそれぞれが支え合いながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。親知らずを抜いたら前の歯に問題を起こした人、噛み合わせが変わってしまった人等がいます。たいして問題も無い歯を安易に抜かない方がよいと思います。ただ虫歯に成った原因を確かめその原因を除去する事が大切かと思います。

過去をみて、今をみて、色々な考え方、見方を知り
経験を未来に活かす。
一期一会、一人一人の相談者さんが適切な判断をする為に
これからの生活の為に
以下が少しでも参考になれば幸いです。

参考:
歯科医療等に伴う噛み合わせの不調和が原因で頭痛、肩こり、腰痛その他様々な事が起こります。私達の歯は時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。歯科医療は自然の時間的変化に比べ大きな変化を与えますので体が付いて行けず、バランスを崩し上記の様な事が起こる事がありますので、治療は噛み合わせを変えない様に、最小限に少しずつ体を馴染ませながら行わなければ成りません。また虫歯になったら歯医者に行き詰めて貰うのが当たり前と多くの方は思っていると思いますが、某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっせと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も出ています。

歯科医療所詮偽物、最小限一度に治療しない事が大切。
歯の堅さ、形全てに意味があります。
車に純正部品が良いように歯も自然が一番です。

参考キーワード:顎関節症、顎変位症

物事は色々な方面から見た方が良いと思います。
と言う事で一つの参考意見を述べさせて頂きます。
(相談者さんの幸せと健康を願って!)

私達の歯の噛む力は50キロ近く有り動きながら磨り減りながらそれぞれがそれぞれが支え合いながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。親知らずを抜いたら前の歯に問題を起こした人、噛み合わせが変わってしまった人等がいます。たいして問題も無い歯を安易に抜かない方がよいと思います。ただ虫歯に成った原因を確かめその原因を除去する事が大切か...続きを読む

Q虫歯なのに歯が痛くないのは、どうしてですか? それに痛くない虫歯を削ると痛みがあまりないのは、どうし

虫歯なのに歯が痛くないのは、どうしてですか?
それに痛くない虫歯を削ると痛みがあまりないのは、どうして?

Aベストアンサー

基本的に歯は硬組織と呼ばれる硬い組織です。痛みという感覚は神経繊維が刺激される事により大脳で感じる事によって生じ これを「痛覚」と言います。
従って痛みを感じると言う事は、何らかの形で神経組織が刺激されたと言う事になります。歯の表面は硬組織オンリーですから神経繊維はありません。従って表面のエナメル質を削っても痛みは生じず またエナメル質の虫歯は痛みを発生しません。エナメル質の内部の象牙質は 硬組織ではありますが その内部に神経繊維が細かく入り込んでます。従って象牙質を削ると神経繊維を刺激して痛みを生じます。ところが 虫歯の場合は非常にゆっくりと象牙質を溶かしていき、内部に入りこんだ神経繊維を腐らせてしまいます。神経繊維は急激な刺激には反応しますが ゆっくりとした刺激には反応しません。例えば 腕を叩いた時に、急な刺激・勢いを付けて叩けば痛みますが、ゆっくりと圧力をかけていった場合かなりの圧力・叩く力を超えても痛みとは感じないでしょう。それと原理は同じなんです。

さらに虫歯は歯を溶かす・腐らせていきます。象牙質を腐らせていよいよその内部の歯髄と呼ばれる組織・いわゆる神経にまで進んでしまうと 今度は軟組織・普通の肉と同じ部位に感染が生じます。これで歯髄内の神経繊維が刺激されて痛みが出てきます。この時に 腐らせた象牙質(軟化象牙質と言います)は 歯が腐った組織のため神経繊維も機能していませんのでいくらこの部位を削っても痛みがありません。ただ この場合は内部に歯髄がありますから、歯髄に近い場所を削ると その刺激が歯髄に伝わりますから痛みが出てきます。軟化象牙質は感染した組織ですから 治療の際には完全に除去してしまいたいのですが、これを完全に取ってしまうと神経まで痛めてしまう可能性が有り なかなか完全に取り去る事が難しいのです。

まぁ、なかなか文章では理解しがたいでしょうけど・・・・・・

基本的に歯は硬組織と呼ばれる硬い組織です。痛みという感覚は神経繊維が刺激される事により大脳で感じる事によって生じ これを「痛覚」と言います。
従って痛みを感じると言う事は、何らかの形で神経組織が刺激されたと言う事になります。歯の表面は硬組織オンリーですから神経繊維はありません。従って表面のエナメル質を削っても痛みは生じず またエナメル質の虫歯は痛みを発生しません。エナメル質の内部の象牙質は 硬組織ではありますが その内部に神経繊維が細かく入り込んでます。従って象牙質を削ると...続きを読む


人気Q&Aランキング