今、メダカと同じ水槽でヤマトヌマエビを飼っています。ヤマトヌマエビには、いりこやちくわをちぎってエサにしていますが、ほかに何かいいエサはありますか。コケをよく食べるとも聞いたのですが、まだ飼い始めて間もないので、水槽には全くコケが生えていません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

別に特別の餌を与えなくても、メダカの餌が沈んだものを食べますヨ。


沢山飼われておられるのでしょうか?
我が家では熱帯魚と同居しているヤマトヌマエビは糸ミミズ(半生タイプ)が特にお気に入りのようですヨ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の家のヤマトヌマエビはメダカのエサを一緒に食べているので、特に用意しなくても大丈夫ですね。ありがとうございました。メダカはまだ子メダカですが16匹くらいと、ヤマトヌマエビは5匹います。メダカもこれからどんどん大きくなるので成長が楽しみです。

お礼日時:2001/07/22 14:35

ヤマトヌマエビは本来、水槽のこけ掃除用に飼われているものなので、特別にえさは要らないと思います。

また、魚と同じ餌でも食べますので、餓死するなんて事はまずないと思います。まだこけが生えていないなら、水草を入れてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、どうもありがとうございました。水草は何本か入れてあります。ヤマトヌマエビはよく水草につかまっています。メダカのエサを入れてあげたときも、すごい勢いでエサを食べようとする姿がとてもおもしろいです。いただいたアドバイスのように、メダカのエサやいろいろ食べているみたいなので、とりあえずこのままで行こうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/22 14:27

植物質の餌をあげたいのであれば、プレコ用のタブレットフードがいいですよ。

適当な大きさに割ってあげると、魚に盗られないように、餌を持って高い所に避難する様子がとても面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。私の家のヤマトヌマエビも、いりこやちくわをあげたら、小さい体なのに大きいちくわを持って水草につかまっています。おもしろいですね。「プレコ用のタブレットフード」というのは初めて聞きましたが、また探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/22 14:30

うちは熱帯魚といっしょですので熱帯魚のフレークフードをよく食べています。

ダーっとすごい勢いで泳いでとりにきますよ。メダカと同じ餌を食べないようなら、テトラミンをやってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の家のヤマトヌマエビもメダカのエサを必死で食べています。だから、特に今以上にヤマトヌマエビ用のエサを用意する必要もなさそうです。すごい勢いで泳ぐ姿がかわいいですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/22 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカ水槽のヒルをヤマトヌマエビで駆除

メダカ水槽にヒルが泳いでいるのを発見してしまいました!
繁殖用の稚魚水槽(ふ化後1ヶ月~1日)のため,水替えは困難です。

そこで,いろいろと調べたらヤマトヌマエビでヒルが駆除できるという記述を見つけました。そこで質問です。

1.本当にヤマトヌマエビにヒルの駆除効果があるのでしょうか。
2.メダカの稚魚水槽に沼エビを入れるとメダカにはどの程度のダメージがあるでしょうか。
3.ヤマトヌマエビは近所のため池にいる4,5センチの透明で背中に黒い線があるエビだと思うのですが,それであっているのでしょうか?

以上3点のどれにでもお答えいただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ヤマトヌマエビは草食食性の強い雑食性です。
おなかが減れば何でも食べます。
反面、餌に困らない(多くある)環境ではコケすら、ほとんど食べません。
当然、ヒルを襲うことも無いと思います。
餌が多い状況では、ほとんど役立たずの生物になります。

2.上記1とは反対のヤマトヌマエビが餓える飼育環境だと仮定すると、ヤマトヌマエビは、本来の何でも食べる生物になります。
ヒルやミズミミズも食べますし、メダカの稚魚を襲うこともあります。
特に、ヨークサックのある、自由に泳げない稚魚は、オヤツになります。
ただ、稚魚水槽で、ヤマトヌマエビが餓えることは少ない気がします。

3.詳しくは下記HPをご覧ください。
背中の線とポツポツが目印です。
http://park17.wakwak.com/~kabukabu/data-y_numaebi.htm

注意事項
ヤマトヌマエビと良く間違うエビに、体長4~5cmのスジエビがいます。
スジエビは肉食性の強い雑食性で、何処にでもいます。
空腹時は、ヒルも食べますが、メダカ(親子とも)も襲います。
万一スジエビを水槽に投入すると、スジエビパラダイスになります。
十分にご注意ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/afublog/diary/200508010001/
http://ecoplants.at.infoseek.co.jp/ebigallery/sujiebi01.html
スジエビだけを飼育すると、それはそれで可愛いのですが。。。

最後に、以上のとおり、ヤマトヌマエビに過度の期待は出来ないと思います。
ビーシュリンプなどの小生物の水槽では、不快生物(ヒル、ミズミミズ、プラナリア)の駆除で皆さん悩んでいます。
決定的な決め手が無いのです。
ヒル(ミズミミズ?)はどのくらいの頻度で水槽内に登場するのでしょう。
いつも、何処かにヒルが闊歩している状態では見た目も悪く困ったものです。
この場合は、新しい稚魚水槽を立ち上げるしか方法は無いと思います。
ですが、偶に、水槽の端っこで見かける程度ならば、気にする必要は無いと思いますよ。
偶に見かけるくらいならば、飼育環境がとても良い証明でもありますし、、、
見つけ次第に、ピンセットやスポイトで水槽から取り出すのが良いと思います。

1.ヤマトヌマエビは草食食性の強い雑食性です。
おなかが減れば何でも食べます。
反面、餌に困らない(多くある)環境ではコケすら、ほとんど食べません。
当然、ヒルを襲うことも無いと思います。
餌が多い状況では、ほとんど役立たずの生物になります。

2.上記1とは反対のヤマトヌマエビが餓える飼育環境だと仮定すると、ヤマトヌマエビは、本来の何でも食べる生物になります。
ヒルやミズミミズも食べますし、メダカの稚魚を襲うこともあります。
特に、ヨークサックのある、自由に泳げない稚魚...続きを読む

Qビオトープにヤマトヌマエビと金魚とメダカを飼いたいのですが、

ビオトープにヤマトヌマエビと金魚とメダカを飼いたいのですが、

3日ほど前、仮住まいのバケツに、
●金魚5匹、メダカ5匹、エビ3匹
○金魚3匹、メダカ5匹、エビ2匹
をいれておいたのですが
翌日、バケツを見ると、○のほうの2匹のエビの姿がどこにもありません。
今朝もバケツを見ると、残っていた●の方のエビが1匹居ません。

本日ビオトープに、メダカ5匹と残ったエビ2匹を入れたのですが、
夕方見たら、エビが1匹になっていました。
良く探してみると、半分溶けたような、誰かに中身を食べられたような姿のエビが居ました。

○のほうのバケツでは、エビ2匹とも行方不明になっているので、エビが共食いしたのではないと思います。ビオトープ内でも食べられているので、メダカが食べたんじゃないかなぁと思っています。
こんな事はあるのでしょうか?

皆様、混泳させていらっしゃるようですので・・・;;

因みに
・バケツの周りにはえびの死骸はありませんでした。
・メダカとエビと固体の大きさを比べると、同じくらい、もしくはエビの方が少し大きいです。
・メダカはエサ用としていられていたのか、黒っぽいメダカや白っぽい黄色っぽいメダカが混じっています。
・エサは、テトラミン(金魚のえさの方)を上げています。
・バケツには砂利と水草もあります。

ビオトープにヤマトヌマエビと金魚とメダカを飼いたいのですが、

3日ほど前、仮住まいのバケツに、
●金魚5匹、メダカ5匹、エビ3匹
○金魚3匹、メダカ5匹、エビ2匹
をいれておいたのですが
翌日、バケツを見ると、○のほうの2匹のエビの姿がどこにもありません。
今朝もバケツを見ると、残っていた●の方のエビが1匹居ません。

本日ビオトープに、メダカ5匹と残ったエビ2匹を入れたのですが、
夕方見たら、エビが1匹になっていました。
良く探してみると、半分溶けたような、誰かに中身を食べられたよう...続きを読む

Aベストアンサー

エビは水質の変化に弱いので、単に死んでしまったのでは?
エビの水あわせはかなり慎重に。中には半日かける慎重派の人も結構いる。
特に水草など着いてる残留農薬で死んだりしますし。砂利も洗って使わないと。

死んで沈んだエビがいればメダカも他のエビも食べちゃうだろうし
それとバケツの回りには死骸がなかったとして
エビが跳ねて外へ出てしまったら、歩きますよ結構。

Qメダカの水槽のコケ対策としていいものは何でしょうか?

メダカの水槽のコケ対策としていいものは何でしょうか?
タニシ・エビなどをいれればいいでしょうか?

Aベストアンサー

私はタニシを飼っていないので
エビでコケ対策をしていますが
寿命と清掃力で言えば
ヤマトヌマエビをオススメします
しかしヤマトヌマエビは繁殖が非常に難しいので
死んだら買うの繰り返しになると思います
あと水質に特に敏感なので注意が必要です
もし繁殖させながら半永久的に飼育するなら
ミナミヌマエビをオススメします

ミナミヌマエビの悪い点をあげると

(1)小さいので清掃目的では
ヤマトヌマエビの倍の数が必要

(2)寿命が短い

(3)稚魚が食べられやすい

思い当たるのはこの位です
適当な回答で申し訳ありません

Qメダカを飼っているのですが、留守中のエサについて

今自宅で、18匹の子メダカと5匹のヤマトヌマエビを飼っています。飼い始めて1カ月ほどがたちました。そこで、お盆のころに4日間ほど家を留守にするのですが、その間メダカにエサをあげられないことが心配です。メダカは4日間ほどだったらエサをあげなくても大丈夫でしょうか。水槽の様子は、水草が8本ほどあり、うっすらコケが生えている程度です。ある程度のコケが生えていれば、メダカもエビもコケを食べているのでしょうか。

メダカを飼い始めて、初めての何日間かの留守なので、その間の対処の仕方がわかりません。上に書いた質問以外にも、「留守にするときはこういうことに注意したらいいよ」ということなどがありましたら、いろいろ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 まず、エサは4日なら与えなくて大丈夫です。与えていると逆に水が汚くなってしまい、良くないです。他に注意する点は

 ・水温が上がり過ぎないようにする(涼しくて、日光が当たらず、風通しの良い  所に水槽を置く、etc・・・)。

 ・水質管理(フィルターを使う)。

 ・エアーポンプをつける。

 などなど。確かにメダカを飼って初めての留守となると不安でしょうね。でも、これでネオンテトラ(←ちょっと違うか?)は大丈夫だったのでメダカも大丈夫でしょう。

Q室内で飼っているメダカの水槽に蛭(?)が・・・

 室内でメダカ(黒メダカ)を飼って3年目になるのですが、先日、ふと見ると、黒い1cmくらいの芋虫のようなものが、水面にいました。
「気持ち悪いなぁ」と思いながらも、自分では何なのか分からず、母に見せてみると、「もしかして蛭じゃない?」と言われ、駆除を始めると、20匹以上水槽内から出てきました。

 家族が友人宅からもらって来て、今回に至るまで、ずっと室内で飼っており、最近新しい水草を入れたなどということもないのですが、室内でも蛭が発生するものなのでしょうか?
普通に考えたら、外から入って来たから発生したんでしょうけれど・・・。大元が見当たる訳でもないので。。

特にメダカにくっついているということもないので(メダカ以外にタニシなどはいません。)、個人的にはもしかしたら蛭とは違うのかも・・・とも思います。

蛭であろうとなかろうと、とにかく水換えなど、するべきことをすることに変わりはないのですが、とにかく気持ち悪いので、同じような状況になったことのある方がいらっしゃったら、そのとき、どういった対処をしたかなど、教えていただきたいなと思って質問しました。

ちなみに、他にも3つほど水槽やタッパーでメダカ(別種)を飼っているのですが、こちらには発生していません。

 室内でメダカ(黒メダカ)を飼って3年目になるのですが、先日、ふと見ると、黒い1cmくらいの芋虫のようなものが、水面にいました。
「気持ち悪いなぁ」と思いながらも、自分では何なのか分からず、母に見せてみると、「もしかして蛭じゃない?」と言われ、駆除を始めると、20匹以上水槽内から出てきました。

 家族が友人宅からもらって来て、今回に至るまで、ずっと室内で飼っており、最近新しい水草を入れたなどということもないのですが、室内でも蛭が発生するものなのでしょうか?
普通に考えたら、...続きを読む

Aベストアンサー

メダカを観賞魚店で購入したものならば、プラナリアの可能性が高く、蛭の可能性は低くなります。

プラナリアの特徴は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2
・頭部に目のような二つの点があります。
・口は胴体の中央部分にあります。
プラナリアならば、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアは、肉食食性が強く、メダカの卵や稚魚、成魚を襲うことがあります。
プラナリアは、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアに寿命はありません。
巨大に成長するわけではありませんが、プラナリアにとって環境が適正ならば、永遠に細胞は分裂し続けます。

蛭の特徴は、
http://oo.spokon.net/yasu/kai/hiru.htm
・口は頭にあります。
・蛭は極一部の吸血種以外はメダカの卵は捕食しますが、稚魚や成魚を襲うことはありません。
ヒルの種類は、日本では約60種ほど確認されています。
動物の血を吸う蛭は、ごく一部です。
淡水(池、沼、川)、海、陸上のいたる所に生息していますが、大多数が淡水で暮らしています。
蛭は、卵嚢が産み付けられてた水草を購入することにより水槽へやってきます。
蛭の寿命は平均2~3年です。

プラナリア、蛭は高水温に弱く、温度調整の出来るヒーターを用いて水温を30℃で3ヶ月ほど保てば、かなりの数を減らすことが可能です。
プラナリア、蛭とも水槽に数匹程度の発生ならば問題ありませんが、大量発生した場合は水槽のリセット(新しい水槽の立ち上げ)が必要だと思います。
水槽のリセットの際に、旧水槽の水草を新水槽へ持ち込んではいけません。
濾過器の清掃も忘れずに。

メダカを観賞魚店で購入したものならば、プラナリアの可能性が高く、蛭の可能性は低くなります。

プラナリアの特徴は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2
・頭部に目のような二つの点があります。
・口は胴体の中央部分にあります。
プラナリアならば、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアは、肉食食性が強く、メダカの卵や稚魚、成魚を襲うことがあります。
プラナリアは、水草やメダカを水槽へ放つ際の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報