安楽死問題にはカトリック倫理学における実践原則(・生命保持の「尋常手段」と「非常特別の手段」・「二重結果の原則」・不正殺人絶対禁止の原則)の三つが関係しているということまでは分かったのですが、この原則が結局何なのかが良く分かりません。教えて下さい。
最終的にカトリック倫理学において、なぜ安楽死がいけないのかを教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ANo.2の追加です。


回答に関連するサイトのURL
日本カトリック司教協議会の文書
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/99life.htm
日本プロ・ライフムーブメント
http://www.japan-lifeissues.net/
    • good
    • 0

カトリックにおいて安楽死がいけないわけは、まず、人間の尊厳に反すること、つまり人間の命は故意に絶つことが不自然であるばかりでなく、殺人(または自殺)以外の何物でもないためです。

命の尊さは、役に立つかどうかで変わるものではなく、その存在自体が尊いからです。この尊さは神から来るものです。

例えば、本人が不治の病でこれ以上生きていると家族に迷惑がかかると考えて安楽死を選択したとしますと、健康か否かどうかでその人の人間としての価値が変わってしまうことになってしまいます。家族としても、早く亡くなってほしいと考えるとしたら恐ろしいことで、最後まで家族として愛し合うことが本当だからです。

もちろん不可抗力の場合は最善を尽くしたうえで自然死となるのは問題ありません。例えば、治療しても無駄に金銭が掛かって意味がなく、治療を止めることなど。
    • good
    • 0

宇都宮・熊野編『倫理学を学ぶ人のために』1994年世界思想社



欧州中世~キリスト教では生命はいかなる状況の下でも価値があり自殺は厳禁一切の安楽死を否定した。
トマス・アクィナスの考え(1)自殺は自然法汝殺すなかれに反し、自分自身に対する愛徳に反する(自殺を安楽死と読み替えてください)(2)人が所属する社会(共同体)に反するがゆえに不法(3)生命は神の賜物であり、神の権能に服するがゆえに何人もそれを自由にすることは許されない
最終的なことしか調べられなかったのですがよろしいでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング