gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

チャップリンの映画で1918年作品の中に「犬の生活」「担え銃」というものと他に「■■四年」という作品があるのですが、■の部分がぬけてしまっていて作品名がわかりません。教えてください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「○○四年」という映画はあるのだと思います。


ちょっと推理…
今は違うタイトルに変わっている
チャップリンの映画にはこういうパターンが非常に多いので、あるいは私達が既に知っている作品の変名という可能性もあります。これはこの前後の作品のあらすじを追っていくしかない。
「○独四年」というと「単独四年」「孤独四年」「対独四年」「滞独四年」などが想像できます。○独となる単語の日本語をあたってみれば、そんなに予測できるタイトルは多くありません。
そこで1918年のチャップリン映画でそれらしいものは…
「公債」…これは第一次大戦でのアメリカの発行した公債に関するプロパガンダ映画。
第一次大戦で戦った国にドイツがあります。1914年に戦争は勃発し映画制作時点は1918年なら、ドイツはこの時まで「四年」間、戦争を戦っております。
では「公債」を「対独四年」としてみたら?
あくまで推理ですが、日本はこの頃はドイツと戦う側(アメリカと一緒の陣営)にいました。それなら「対独」とドイツを敵にまわしたタイトルをつけるのもありかな、と。
どうでしょう??
いちばんいいのは、それとわかるはっきりした証拠があるといいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!
うっすらと見えている漢字の部首などから推測してみると、確かに滞独と読めるような気がします。
映画ってタイトルが変名したりするんですねえ。
とても参考になりました!!

お礼日時:2004/11/09 01:14

こんにちは。



ちょっと調べてみましたがわかりませんでした。

短編にあるのかもしれませんね。

以下のサイトで結構詳しい情報が記載されているようなので参考にしてみて下さいね。

http://www.avis.ne.jp/~chiba/madchaplin3.htm

分かるといいですね!

参考URL:http://www.avis.ne.jp/~chiba/madchaplin3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
一体、その作品はどこへ行ってしまったのでしょうか・・・?

お礼日時:2004/11/08 20:28

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=5 …

↑ここに全タイトルが書いてありますよ。

1914年の作品が4つあるのでそれの見間違いではないでしょうか。

この回答への補足

その新聞には
一九一六年二月、彼は独立して、その作品をミユーヂユアルより発売し、一年六十七万弗の収入を得た。「冒険」「スケート」等はその頃の作品である。一九一七年四月、フアースト・ナシヨナルに転じ八本で百七万五千弗の契約を結んだ。「ザ・プロパーテイ・マン」がその第一回作品で、一九一八年には「犬の生活」「■独四年」「担ゑ銃」一九一九年には「一日の行楽」「サニーサイド」一九二〇年には「キツド」「ノラクラ」「給料日」一九二一年には「偽牧師」などの諸名篇を出し、
と言う風に書いてあるのですが・・・。

補足日時:2004/11/08 20:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一応、補足欄に新聞記事そのまま記入してみました。

お礼日時:2004/11/08 20:27

 1918年の作品は



「三つ巴事件」

「公債」

「チャップリンとローダーの慈善映画」

「チャップリンの出世一代記」

「担え銃」

「犬の生活」

です。残念ながら「■■四年」という映画は見当たりません。

参考URL:http://www.geocities.jp/ryunk/contents/chaplin/c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・・・。大正時代の新聞を読んでいて■■四年という題名のところだけ■の部分がつぶれてしまっていて解読できなかったもので。チャップリンが関わったものでそういったものはないものでしょうか・・・?

お礼日時:2004/11/08 14:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング