gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

高須クリニックの院長が 全身ガンだと話されていて。
どうなるのか 楽しみたい。

そのような思考は。

死は存在しない。

魂も存在しない。

交配で生まれた身体に【意識】だけが
入る。
魂や火の玉 死後の世界とか 関係なく
意識である。

全身麻酔で 意識が飛んでる状況。
再び目を覚ましたら 別の赤ちゃんかもしれない。

そんな 思考や興味からでの
考えなんでしょうか??

死んだら無→それは 同意。

A 回答 (4件)

貴方の考えを評価します。


死は存在しない。は間違い⇒死は個体の代謝活動が終わるときのこと。
魂も存在しない。は正しい⇒魂は個体の代謝活動の行われている状態のこと。
交配で生まれた身体に【意識】だけが入る。は間違い⇒仏教の死後49日後に生き返るという妄想。
以上です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

意識は間違いですか?

お礼日時:2018/10/01 10:03

>死んだら無


それは間違い。死んだら「他人にとっては無」だが、自分にとって死は無意味。数学の定義域と同じで域値からはずれるから。
    • good
    • 0

意識は間違いですか?


間違いです。
意識や魂は個体の代謝活動の行われている状態のことです。
交配で生まれた身体が代謝活動をしていればその身体の意識は既に存在しています。
貴方の思っている意識は貴方の代謝活動の行われている状態のことです。貴方の意識が他の個体へ移動することはありません。
以上です。
    • good
    • 0

そうなんじゃないの


高須氏の様な著名人のガン報告を聞き
その様な質問する(思考し、書き表し、他人に表現する)なら
貴方の中でそう思ってる所が少なからずあるという事です

質問の対象者が微妙に解り難いのですよね
その様な思考をしてるのは貴方なのか、第三者なのかはっきりしない

この事から純粋な興味、楽しみたいという欲求に対する罪悪感を持ち
その罪悪感から好奇心を否定したい、目を逸らしたいという指向性が読み取れます

その思考が高須氏のみなら彼の思想的なモノへ対する何かしらの想いが有るのでしょう
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Q物理論文の作成指導を受けたい

私は、個人で物理論文を書いています。ユレイタスで論文発表を試みたのですが、失敗しました。失敗の理由は、「信じる」と言う単語を使ったのが、悪かったと言います。
私は、どうしても論文を発表したいと考えています。どなたか、論文作成の指導をして頂ける方を、紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は、どうしても論文を発表したいと考えています。

どうしても出したいと言うなら、お金を払えばどんな論文でも出せる雑誌というのがありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%A3%9F%E5%87%BA%E7%89%88
そんなにお金は出せないと言うなら、サイトでも解説して発表されればよろしいでしょう。

Q金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

Aベストアンサー

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。(さらに、半導体の自由電子の密度は、それに導入された不純物濃度に決定的に影響される特徴もあります)
第2に、金属の自由電子の運動速度は1,000km/s程度で、しかも温度依存性がありません(フェルミ速度と言われてます)。ところが、半導体の自由電子は熱エネルギーに相応する運動エネルギー(m v^2/2 = (3/2)kT)を有します(いわゆる熱速度: v≈ 100km/s @300K)。金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。

半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも...続きを読む

Qなんか、スピリチュアル系の本で量子力学の事書いてあったんですが、全てのものは素粒子で出来ていて、それ

なんか、スピリチュアル系の本で量子力学の事書いてあったんですが、全てのものは素粒子で出来ていて、それは観測する人によって形を変える、みたいなことが書いてあったのですが、って事は、私たち物質的な存在があるのは神のようなものが観測してるから存在しているのか、という考えも量子力学的にアリですか?

Aベストアンサー

>全てのものは素粒子で出来ていて、

そのとおり。現在わかっているのは、17の素粒子。そのうち、物質を作るのは、アップクオーク、ダウンクオーク、グルーオン、電子、光子です。

>それは観測する人によって形を変える

ちょっと違う。素粒子を単体でミクロに観測すると、マクロな現象からは想像できないことが起きる。その一つが、観測することで、位置がわかる(厳密には量子力学勉強してね)。しないと、わからない・・・という現象です。

しかし、先程の5つの素粒子は、陽子、中性子を作り、電子を含めて、塊で観ると極めて安定しており、化学反応によって、様々な物質に変化しても、普遍です。つまり、量子力学的な曖昧さは、マクロな現象には現れません。

スピリチュアルな人たちは、科学の権威をつかって、インチキを信頼させようとしますが、量子力学はそんなものとは無縁です。

Qアルキメデスの原理の説明の謎

①よくネットでは、満杯にした浴槽に物体を沈めた時、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいと記載されているのですが、同じ体積でも物体によって比重はマチマチですから、例えばガラス球とウラン球なら重量(比重)は当然違うでしょうから、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいというのは間違いではないかと思うのですが、如何でしょうか?

②よくネットの船舶関係の記事(特に軍用艦関係)では、船を浮かべた時に排水した水と、当該船舶の重量が概ね等しいとの記載が有ります。
「喫水線下の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、「喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、どちらの意味なのでしょうか?
※「痩せ馬」現象などの細かい誤差は考えません。

Aベストアンサー

水に浮かぶものをいれないと、成り立たないね。

喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じという意味。

Qkg定義改定で、日本は何をしたのですか?

キログラムの定義改定が決まったというニュースを読みました。
ニュースの中で、「日本が総合力で優れているという証しだ」というコメントが紹介されていました。
けれど、日本が何をしたのかが書かれていません。
日本は何をしたのでしょうか?

Aベストアンサー

ここに解説されてるよ

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20171024/pr20171024.html

思いっきりざっくりすれば、ナノメートル単位の測定を安定的に確実に行える技術を確立した

Q縦波と横波の本質的な違いはなんですか? 密度くらいしか違いがないような気が…

縦波と横波の本質的な違いはなんですか?

密度くらいしか違いがないような気が…

Aベストアンサー

本質的?、本質みたいに見えるかもしれないが本質ではない、そういう意味です。
自身が何が本質か全くわかっていないのをごまかしている言葉です。
縦・横、日常生活では重力に平行な方向を縦、直交する方向を横といいます。
波・波動は媒質が振動することで、全体として変異情報を伝えます、この伝える(伝わる)方向を基準にして、媒質の振動方向を縦・横で表現しています。
伝える方向(進む方向)と平行=縦波、伝える方向(進む方向)と直交=横波
波動の本質?、というとほかにあるのかもしれませんが。

Q地球の皆さん。

なぜ皆さんは力に対し力で抗う事しか考えられないのですか?

Aベストアンサー

ニュートン力学第三法則から、作用と反作用は釣り合っていて初めて安定となるからです。

Qワープ(スターウォーズの戦艦・戦闘機が使うような)を実現するとして(無茶言ってますがw)考えられる現

ワープ(スターウォーズの戦艦・戦闘機が使うような)を実現するとして(無茶言ってますがw)考えられる現象や課題(これが実現したら、とか仮説を立ててもなお残る課題)を考えて楽しみましょうw
その前に、どんなワープかも前置き願います。

楽しめない方はレス不要です。

例)
ワープが、光速を超える直線加速運動だとして・機体と中の人は耐えられるとして:
光速に近づくにつれ、周囲の時空を歪ませ続け、周囲に大変迷惑をかける。光速を超えると巻き込んだ物質を超光速で破壊し続けるので周辺の銀河1個分ぐらい吹っ飛ぶ。
とかw

Aベストアンサー

前の書き込み時、風邪を引いて、今時考えられている超光速航法を私なりに解釈しているあいだにダウンしてしまいました。

先の書き込みで、数百光年先の場所まで数時間で到達しても相対性理論に反しないとこを書きましたが、これを宇宙船だけでなく宇宙船の周りの空間ごとやるっていう考え(イメージ的には)になります。
宇宙船の周りの空間ごと加速?するので、宇宙船自体は周りの空間に対して加速しません。これにより原子レベルで潰れそうな超加速の拷問から逃れることができます。また、宇宙船自体が加速しないので、宇宙船と地球の固有時間のずれが起きないことになるでしょう。つまり数百光年先に行っても船内時間は数時間しか経ってなくて、地球時間も数時間しか経っていない、みたいな感じになるでしょう。すばらしい、まるで私たちが空想する超高速航法そのものです。

”周りの空間ごと加速”というのを、宇宙船から見た場合、次のようなことと同じになります。宇宙船の進行方向に対して前の空間を圧縮し、後ろの空間を膨張させる、ということです。例えば300光年先の場所にいくのに、300光年の空間をぐっと縮めて例えば1光秒(30万km程度)に縮め、宇宙船のうしろに300光年の空間を作ってやれば、宇宙船は300光年先の場所に移動したことになります。

空間を作る(引き延ばす)のは、例えばブラックホールなどで同じようなことが起きているので、何とかなるような気がします。問題は空間を圧縮するほうで、私はこれに相当する理論をしりませんw まぁ何とかなると考えましょう。

前方の空間を圧縮するのにもう1つ問題がありそうだとしたら、1光年先の距離まで縮ますのに(つまり影響を及ぼすのに)1年の時間が掛かったら、300光年先の空間に影響を及ぼすのに300年掛かったら、意味がないですね。これは先の数百光年先に到達するのに数時間しか掛からなくても相対論的には問題ないというところから、圧縮前の距離(300光年)ではなく、圧縮後の距離で影響を及ぼせる(のとちゃうかなー)ってことでなんとかなりそうです。

今考えられている超高速航法は、多分このような感じのもののようです。何かの参考にでもなれば♪

前の書き込み時、風邪を引いて、今時考えられている超光速航法を私なりに解釈しているあいだにダウンしてしまいました。

先の書き込みで、数百光年先の場所まで数時間で到達しても相対性理論に反しないとこを書きましたが、これを宇宙船だけでなく宇宙船の周りの空間ごとやるっていう考え(イメージ的には)になります。
宇宙船の周りの空間ごと加速?するので、宇宙船自体は周りの空間に対して加速しません。これにより原子レベルで潰れそうな超加速の拷問から逃れることができます。また、宇宙船自体が加速しな...続きを読む

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。


人気Q&Aランキング