多重人格は精神病の中にははいらないのですか?また、多重人格と精神分裂病の違いをおしえてほしです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もう解ったかな?一応・・・


 まず,心の病気には精神病と,神経症があります。これは主に原因で分かれますが,精神病とは内因,外因といった原因からなりますが,神経症は心因からなります。外因とは遺伝や脳器質の障害などからなるものです。心因は環境因とも言い,悩みやストレスからなるものです。多重人格はこの心因が原因といわれています。
 ちなみに分裂病は精神病です。
 異常,簡単ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふんふん。簡単でいいです。というか、そのほうがいいです。(笑)ありがとうございます☆☆☆参考にさせていただきまぁす。

お礼日時:2001/07/29 16:20

なんと!中学生ですか!!(驚き)頑張ってください。

私が通っていた私立には卒論などは無かったですよ。今の子は大変ですね~。変わり夏の自由レポートみたいのがありましたが。。。それにしても中学で「卒論」ですか。頑張ってくださいませ。
    • good
    • 0

日本は、アメリカの診断基準に則って診断をします。

(その診断基準をDSM-(4)といいます)その中で、多重人格と精神分裂病は全く違ったカテゴリーに属しています。ということは、全く違った病気と考えてよいでしょう。多重人格の人には、特有の症状が現れないので、明らかに臨床上は区別できます。極論ですが、経験を積んだ精神科医なら、一目見ただけで分裂病の患者さんならわかるものです。(あくまでも、極端な例ですが)分裂病の患者さんは陽性症状というのと陰性症状という2つの症状があり、前者は幻覚妄想が現れるなどします。後者は引きこもりや人格の荒廃などが起こります。多重人格では、そういった症状は現れず、各人格が独立していて分裂病的ではない人格が現れるそうです。(私も実際に多重人格の患者さんを見たことがないので本当のところはわかりません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆☆☆なんか難しいけど、よくわかりました。また分からないことがあった時は、聞いちゃうかもしれないんですけど、よかったら教えてください(笑)本当にありがとうございました!!!

お礼日時:2001/07/22 17:27

sayakadayoさんのコメント欄を見ました。

「卒論」とあるようですが、これは高校の卒論なのでしょうか?それとも大学の卒論なのでしょうか?

大学の卒論の場合、ここやインターネットで得られる情報は補助的なものです。まず必要な本を図書館や本屋さんでそろえるという方が賢明です。専攻が心理学ならなおさらです。多重人格に関する本や精神分裂病に関する本は一般人に対するものと、医書や心理に関する専門的な本があるので調べてみてください。後者には統計などが掛かれているものもあります。また、論文をあたるのは定石です。

高校の卒論の場合、やはり自分で調べた方が勉強になると思います。でも、心理学などの専門的な知識がまだない上、時間の都合上で中々全部見るのは難しいと思います。精神障害の何を調べてまとめるかにもよりますが、とりあえず分かりやすい入門書、一般の人がみるような本が大きな本屋で置いてあると思うので一冊買ってみるのもよいでしょう。「多重人格障害」と「精神分裂病」が違うことについては、参考URLに簡単に書かれています。(←内容が正しいかどうなのかは文献や他の情報と照らし合わせて確認して下さい)個々の症状がどう定義されているか見れば違いがより明確になると思うので、個々の病気について調べてください。

「多重人格障害」について
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kabocha/mpd.htm
http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/DID.htm
http://www.twin.ne.jp/~pure/lowstudy.html (←著作権要注意)
http://homepage1.nifty.com/fff/report45.htm

「精神分裂病」について
http://www09.u-page.so-net.ne.jp/kj8/waku2/
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/
http://www.cypress.ne.jp/kishi/ht/index.html (←音楽が流れるので注意)

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend/8728/bunretsu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの~中学生です。私は私立の学校へ行ってるので、受験なしで高校あがれるんです。けど、そのかわりに「卒論」やらないと、高校行けないんです。中学生で、このテーマをやるのは難しぃですね。でも自分で選んだテーマなんで、頑張るつもりです。☆本を探すのにも困っていたので、とっても参考になりました。ありがとうございました☆

お礼日時:2001/07/22 17:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多重人格や解離性同一障害の患者は、頻繁にその症状が起こるのでしょうか?

多重人格や解離性同一障害の患者は、頻繁にその症状が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

起こると思いますが、いろいろな症状がありますので、一概にどの頻度でとはいえないと思います。

私は、?多重人格?を見た経験がありますが、必ずしも同じ人格が出ているとはいえずに、ストレスなどのなにか?きっかけ?で出てくるみたいです。

どちらかといえば、?精神的に弱い人?が耐え切れずに、現実には存在しない人格を生み出すみたいで、?失調統合症?などのように、記憶が都合よく書き換えられているような感じがあり、何人分の人格が存在しているのか?ここが正確には読み切れませんでしたので、病気の進行具合によるのだといえます。

Q多重人格の場合、鬱の人格を持つとどうなる?

ふとした疑問なのですが鬱になった人格を持つと他の人格も同様に鬱にかかるのでしょうか?それともその人格だけ鬱にかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

 
まず、多重人格というのは、「解離性人格障害」と呼びます。

解離性人格障害は、どういう機構で起こるのかということでは、経験的に、幼少期に、耐え難いような経験(例えば、もっとも一般的なのは、反復される性的陵辱等で、ビリー・ミリガンも、少年のとき、義父に性的陵辱を受けています)を受けた場合、その状態から脱出し逃れるため、耐えがたい状況に遭遇している「自己」とは別の「自己」組織を構成して、現実から逃避するのが、その起源だとされます。

記憶や経験が、分離・解離されてあるまとまりとなり、それらの主体としての「準自我」とでも呼ぶ主体統覚が成立します。「覚醒統覚自我」とでも仮に呼ぶ、意識機能が、どの準自我に属するかで、人格が変化したように外からは見え、内部でも、記憶断絶などが起こります。

準自我と仮に呼んだものの上位に、準自我の記憶や経験を総合的に想起できる上位の準自我が成立し、この上位自我が覚醒統覚自我となると、「人格の統合」というようなことになります。

精神分裂症、最近では統合失調症と呼ばれる病気の治療薬は、一般に解離性人格障害を悪化させるとされます。これは何故なのかを考えると、とりあえず個人的な考えでは、対分裂症で使うメイジャー・トランキライザーは、ドーパミン回路の神経伝達物質の過剰放出を抑制する作用を持ちます。

分裂症の場合、過剰な記憶や経験や感情や思考などの意識化が、錯乱をもたらし、正常な自我判断の成立を困難にするのですが、解離性人格障害に強力精神安定剤を使うと、分離された記憶と記憶のあいだがますます距離が置かれ、人格の統合が阻害され、人格解離がより進行するとも考えられます。

鬱病は、何かということは、難し過ぎてよく分かりません。神経伝達物質の供給不足というのは、鬱病の人に観察されることですが、これが「原因」で鬱病が起こるのだとは云えない面があります。結局、広義の人格の障害に鬱病もなります。

鬱病の場合、病前性格というものが考えられ、ある程度、病前性格と症状は関係があることは分かっています。性格というより気質の部分では、遺伝的傾向もあることが分かっています。しかし、そんなに単純な話ではないのです。

鬱病は躁鬱病という両相性を持つことがあり、鬱状態では、神経伝達を促進するような薬を処方し、躁状態では、逆に神経伝達を抑制するような薬を処方するとか、たいへん複雑です。

体質的条件もあるのですが、経験や人格の構成のされ方でも、鬱症状の発現は左右されるともいえます。

従って、解離性人格障害の場合、複数の準人格状態があれば、それぞれの人格で、辿ってきた成育史が違っていることになります。悲観的な準人格や、楽観的な準人格も当然あるというより、解離性人格の起源は、こういうことのはずです。絶望的で悲観的で、救いがない状況に直面した人格が、その経験をしているのは、「自分ではない」という形の頭皮を行うことで、人格解離が起こるのです。

すると、一方は悲観的、他方は楽天的という人格解離になります。ここに躁鬱病的体質や素質があると、鬱状態で悲観的人格が出、躁状態で楽観的人格が出るということにもなります。

従って解離した人格のあいだでの移行が起こると、ある人格は鬱であるが、他はそうでないというような状態も当然起こりえると考えるのが自然です。

実際にはどうか分かりませんが、鬱病は、人格に付随すると考えた方がよい気分障害である以上、解離性人格ごとで、違った状態になると考えるのが妥当です。

鬱病と云っても、個人個人で症状のありようは違い、治療方針も違います。糖尿病の場合、重症か軽症かというのはあっても、この病気の原因ははっきりしています。しかし、鬱病の場合、神経伝達物質の量が多いとか少ないというような単純な話ではないのです。
 
つまり、要約すると、鬱病は人格に関係があるので、多重人格の、或る人格は鬱病だが、別の人格はそうでない、ということがありえるということになります。また、そちらの方が自然だとも云えるのです。鬱状態になると鬱病の人格が出現し、気分が明るくなって来ると、別の人格になるとも極端には云えます。
 

 
まず、多重人格というのは、「解離性人格障害」と呼びます。

解離性人格障害は、どういう機構で起こるのかということでは、経験的に、幼少期に、耐え難いような経験(例えば、もっとも一般的なのは、反復される性的陵辱等で、ビリー・ミリガンも、少年のとき、義父に性的陵辱を受けています)を受けた場合、その状態から脱出し逃れるため、耐えがたい状況に遭遇している「自己」とは別の「自己」組織を構成して、現実から逃避するのが、その起源だとされます。

記憶や経験が、分離・解離されてあるまと...続きを読む

Q多重人格? いくら場所や時間帯とかで性格が違って多重人格っぽくても記憶を共有してたら多重人格じゃない

多重人格?
いくら場所や時間帯とかで性格が違って多重人格っぽくても記憶を共有してたら多重人格じゃないですよね?

Aベストアンサー

多重人格というのは
解離性同一性障害
というものであり、
自分の嫌な記憶が切り離されて
もう一つの人格のようにして現れるものなので、
記憶が共有されているのならば
多重人格ではないと思います。

Q多重人格の方、同時に複数の人格になれるのか?

先程夢の話しをアップしました、アンケートカテに巨大な疑問をアップしましたが、ここのアンケート欄ではムリみたい。
さて。多重人格の方は多いが、同時に複数の人格が現われた話しを聞いた事が無い。
もしかしたら「人格が破綻するから病院行き」だし、最近は「個人情報は保護されており、医学関係の情報は学会で秘密保持に縛られた医師、看護師し、カウンセラー以外は臨席できないので、出て来ないのか。でも論文誌には載るだろう。
主治医(双極性障害II型だから)に訊いたが、多重人格は一人しか会った事がない上、人格が変わるのは自宅内だけで、最近来なくなっちゃった。だそうだ、ガッカリ。
個人情報など要らない、症例だけが欲しい。
知っていたら教えて下さい。
深く追求はしません、「ある」「目の前で経験した」だけが知りたい。
無い事を論証は出来ないが「ある」は単純。
教えを請います。

Aベストアンサー

私の知る限りでは同時に複数の人格は現れませんね。

Q多重人格だと友達二人に言われました、どうしたら自分が多重人格だとわかりますか?

多重人格だと友達二人に言われました、どうしたら自分が多重人格だとわかりますか?

Aベストアンサー

おそらく質問者さんのお友達は多重人格ではなくて二重人格だと言いたかったんでしょうね。

二重人格をウィキペディアで調べれば、質問者さんが二重人格に当てはまるか調べることができます。

多重人格っていうのは、PTSD (心的外傷後ストレス症候群)などの強いストレスから自分を冒険するために生まれてしまった全く違う人格ですので、二重人格とは意味が全く違います。

Q自己愛性人格障害と境界性人格障害の違い

自己愛性人格障害と境界性人格障害は近いと思うのですが、違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

素人の見解ですが
自己愛性人格障害の場合は自尊心の維持であって
自らに賛同したり自らをサポートしてくれる存在に対して仲間を作りそうでない人に対して抵抗を感じる人
の事を言います。
 もし自らを少しでも愚弄するような評価が出たりだのなんだのした場合即座に制裁を加えます。また仲間以外の他人の評価を下げたり下がる事に関して極度に喜ぶという性質をもっています。
 この手のタイプは内部的な評価に対して相対的な負のコンプレックスを無意識に抱えていて一時的に人を貶したりだとか肩書き、見た目、しゃべり方などさまざまなバリエーションを使って負の感情を無くそうとします。確かに消えるのですが一時的な対処法として有効であり長期的な対処に至っていないことに気がつくかと思います。

 境界性人格障害
この場合は自らと他者との関係においてのイメージ感覚感情当に於ける不安定な構造です。社会に対するイメージ他者に対するイメージ感情思考等等が制御崩壊する事になります。思春期や青年期には多く不安定であることは一目瞭然です。この場合補いとして異質な存在に対して敵対心もしくは抵抗感を感じる事によって一貫性を求めようとします。これもまた一時的な解決にしかならず。そういう存在を一々軽蔑する気持の元を解消するという発想にならないのが不思議です。

素人の見解ですが
自己愛性人格障害の場合は自尊心の維持であって
自らに賛同したり自らをサポートしてくれる存在に対して仲間を作りそうでない人に対して抵抗を感じる人
の事を言います。
 もし自らを少しでも愚弄するような評価が出たりだのなんだのした場合即座に制裁を加えます。また仲間以外の他人の評価を下げたり下がる事に関して極度に喜ぶという性質をもっています。
 この手のタイプは内部的な評価に対して相対的な負のコンプレックスを無意識に抱えていて一時的に人を貶したりだとか肩書き、見た目、...続きを読む

Q多重人格性障害について

私は、多重人格というものに最近とても興味が湧いています。多重人格になる人は、女性の方が多く、その比率は女性:男性で3:1から5:1と言われています。ではなぜ、女性の方が多重人格になりやすいのでしょうか?私は、女性の方が男性よりも体力的(肉体的?)な面で弱いからなのではないか、そして多重人格になる原因も、何か関係しているのではないか、と思います。一般的に、多重人格になる原因というのは、幼い頃にうけた虐待などが挙げられています。本当にそうなのでしょうか?

みなさんはなぜだと思いますか?皆さんの意見を是非教えて下さい。

Aベストアンサー

『記憶を書きかえる―多重人格と心のメカニズム』の本 今日手にはいってざっと斜め読みしました。


女性に多い というか ほぼ女性であるというのはジェンダーに問題があるのではないかと推論されていました。

例えば解離性同一性障害といえば、記憶の欠如が揚げられると思います。
例えば昼休みに外に出たらとても天気がいい。
うきうきして公園を散策して、爽快な気分になって会社に戻る。
「一体どこほっつきあるいていたんだ!」と叱咤され、初めて時計を見ると3時を回っている。
「どこをほっつき歩いていたと聞いているのだ」と詰め寄られても説明できない。
公園に行ったのは覚えているが、そんなに時間がたっていたという自覚が無い。
確かに子供達を眺めていた。
ぼんやりと眺めていた。
どうして時計を見なかったのだろう。。。。
混乱していくうち「私が悪いんじゃない 犯人は別にいるんだ」とした場合、それを裏づけるために彼女はさらなる理由付けを探します。

精神科にびくびくしながら行くと「子どもの頃はどうでしたか」と聞かれる。
「えっと 普通でした。でも夜が怖かったです」
すると医者の目がキラリと光った。
「えっと 両親がいつも喧嘩していて、喧嘩の後パパが部屋に入ってきて・・・」
さらに医者の目がひかった。
後は医者がどういうものを望んでいるのか察知して、医者が関心を持つ話題を『創り上げる』
創り上げていくうちに、本当に起こったんじゃないかと思えてくる。
そうだ これは幻ではない 本当に起こったんだ 性的虐待が。

後はそのコツを体得したので、さらさらとぼんやりする性格を別の人格に乗っ取られていたから記憶が無いと言ってしまえば、医者は珍しい症例として注目して丁寧に扱ってくれ 平凡ではない 自分は特別なのだと思えてきて、疾病利得を獲得できる。
医者という権利ある人が、自分のようなものに強い関心を抱いてくれる。
初めての体験だ。他人から振り向かれるなんて。
楽しい!
↑  ↑
こういう人も結構いやかなりいるのではないかと思います。
偽解離性同一性障害。

こうなった原因は医者もそうだけど、本人にも責任がある。
どっちもどっち。


似たようなことで20年前に魔女狩ならぬ20世紀の大親狩りがアメリカで起こりました。
つぎつぎと女性達が「子どもの頃 親に性的虐待を受けたことを思い出した。そのせいで解離性同一性障害になってしまった 責任を取れ!」
退行催眠治療のブームで、その治療法に沢山人が群がり、大性的虐待被害者の群れが一気に裁判所に押し寄せました。
アメリカの混乱です。
そのブームの火付け役となったのが、ハーマン女史。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/TMCFRZT8DV37/qid=1115751851/sr=5-2/ref=sr_5_10_2/249-8638814-7281168

そして、それに対抗したのがロフタス女史。
ほぼ一騎打ち。
ロフタスは人は体験していないことを体験したと記憶することができることを立証しました。

今度は親狩りではなく、精神科医や精神分析医・カウンセラー狩りが始まりました。
偽記憶症候群被害者の会が結成され、訴えられた年老いた加害者とされた人たちが、彼らを裁判に訴えだしました。

ハーマン女史自身は被害妄想に陥り、自分は悪魔崇拝集団に狙われていると思い込み、警察に何度も被害届けを出し始めました。
自分が作ったものに自分が陥ってしまった。
その苦しみを自分が味わう番になった。


で、不思議な事にアメリカの法曹界ではハーマンにそういう治療をすることを禁じる判決を下すと 途端に親狩りブームは一気に下火になったばかりか、記憶 つまり偽の記憶が消えていったんです。
どうでもよくなって心を悩ますこともなくなったんです。

グループセラピーと称するものも、クライアントの症状を100%悪くしてしまいました。
金がつきていけなくなった人から、徐々に洗脳は解けていきました。

ということからすると、解離性同一性障害になった人の特効薬は、そういうの つまり カウンセリングとか心療治療とかいう類のものに決して近づいてはならない ということのように思えました。
そして自分の人生に責任を持つこと。

  「もう 十分犯人を痛めつけたんだから(実の親)もうそれくらいでいいでしょう。
これからは、自分の人生を自分で創り上げてください。」
↑ ↑ ↑
こういう臨床心理士に会えば、もし 自分が本当に可愛いのなら、親狩りはもうやらなくなるのではないかと思うし、解離性同一性障害のせいで と責任転嫁しなくなり、もう分裂しなくなるのではないかと思えます。

全部が全部じゃなく 脳の障害で記憶が抜け落ちる人もいるでしょう。
でも、多くの解離性同一性障害の人は、自分がそう思い込んでいるだけで、健康な人なのではないかと思えます。
手放すことに成功した人から、なくなっていくように思えます。
依存が強い性格の人は、かなり難しいのかもしれません。
常に誰かのせいにして自分の人生を代わりに誰かが歩むべきであり 自分は背負われてあるく弱者である と言う事を叫び続けたい人は、死んでもやめないと思います。
自分がスペシャル・特別な人間であるという誇大虚栄心がある人も、手放さないと思います。

人間の心はあまりいじると破壊されるってホントだなって思えました。
とかく自分の本当の正体はなんなのかって知りたいものです。
その過程で混乱してこれは自分であるはずがないと誰かのせいにしたくなるって心理わからないわけではないですが、自殺するまで病んでしまっては、やりすぎだと思うし、自分がよかれと思ってクライアントの心をいじって破壊してしまっては治療者じゃなく加害者ですから、、、、
アメリカでどうしてこれほど爆発的に増えてしまったのかは、心理療法が盛んだからだと思います。
その人たちが俄仕込みの手法で、偽記憶を作らせてしまった。

ハーマンは精神科の医者で教授ですが。特徴はなんでも性的虐待にしたがるという奇妙な性癖を持っていたわけで、これが拍車をかけた。まさか偉い教授が人を破滅させるような療法をするとは誰も予測できなかったし、ハーマン自身もこれが最善の治療法だと信じており、まさか人の心に偽の記憶を作らせていたとは知らなかった、というか 今でも自分のやり方は正しいと言っているようです。
でも法律で禁じられちゃいました。


日本もこの手の治療というかやることに資格はいらなかったように思います。
数週間の講座を聞いた新人が人の心の闇を探ろうとするから怖いものです。
医学の知識も無いまま、週末講座で学んだ事を元に開業するのだから怖いです。

そういうわけで、アメリカと日本は20年ほどズレているそうですから、やがて日本でもブームになって金儲けがはやって 多くの人が親狩を始めるかもしれません。
その前に資格の整備を充実させないと、えらいこっちゃになると思えました。

長くなったついでに書くと、彼らら治療者は悪意があってやってたわけじゃなくて、改善すると信じてやってきたわけで、彼らからみるとクライアントと信頼関係ができたことで、治療がうまくいっていると思ったんです。
第三者からみると壊れていっているとしか思えなかったのに、彼らは過去と闘っており混乱しているだけです って思い込んでしまっていたので、未だに対決は続いているようです。
悪意がなくても結果悪くなれば、やめる勇気を持って欲しいです。

『記憶を書きかえる―多重人格と心のメカニズム』の本 今日手にはいってざっと斜め読みしました。


女性に多い というか ほぼ女性であるというのはジェンダーに問題があるのではないかと推論されていました。

例えば解離性同一性障害といえば、記憶の欠如が揚げられると思います。
例えば昼休みに外に出たらとても天気がいい。
うきうきして公園を散策して、爽快な気分になって会社に戻る。
「一体どこほっつきあるいていたんだ!」と叱咤され、初めて時計を見ると3時を回っている。
「どこをほっつ...続きを読む

Q多重人格者かサクラか?

例えばこの掲示板に質問をされていて名前が記憶にある方で凄い数の回答者数集めてるなと思う人が存在します。

そして社会学の所を覗くと心理学のところで見た名前発見。そこでも多くの回答者を数集めています。

興味を持って見てみるとその人物の意見がその時々によって一転二転し、支離滅裂みたいです。(その時の精神状態もあるだろうし、一概に悪いとは言いません。)

そこで質問。多重人格者が質問しているのか?それともサクラなのか?(笑)変な質問かもしれませんが疑問に思ったのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

多重人格についてかなり誤解が多いので、一言。
多重人格は、頭の中で幻聴が聞こえたり、一つの人格がもう一つの人格に指示を出すといったことがある病気です。ですから、多重人格で、ここでまともなお礼を出すということは、かなり不可能に近いのです。
ちなみに、スキゾフレニア(精神分裂病)の場合は、「言葉のサラダ」と言われる、読点のない不明確な言葉の集合体になります。

「社会学」というカテゴリーはOKWebには存在しないので、fpc70さんのおっしゃりたいことがいまいちよく分からないのですが、過去に質問を出し、回答者を集め、お礼で逐一反駁していたケースを2件見ています。
ともに、人格の未熟さを感じました。
(1件については、OKスタッフに事態の収拾をお願いし、直後に締め切られました)

エリック・バーンという精神科医がはじめた「交流分析」では、これは「イエス・バット」のゲームに当たります。人の答えに対し、「はい、でも私は……」と答えるものです。これのループですから、はまった人は手におえない。こういう場合は、「ではあなたはどうお考えですか」と聞くのが一番良いやり方だと言われています。

結論として、多重人格者でもサクラでもない、OKWebの約束事(Q&Aサイトであり、自分の意見を押し付けることをしてはならない。また疑問が解決したら締め切る)を忘れた人の質問であるということ、また、人格的に未熟な人の質問であるということが言えましょう。

多重人格についてかなり誤解が多いので、一言。
多重人格は、頭の中で幻聴が聞こえたり、一つの人格がもう一つの人格に指示を出すといったことがある病気です。ですから、多重人格で、ここでまともなお礼を出すということは、かなり不可能に近いのです。
ちなみに、スキゾフレニア(精神分裂病)の場合は、「言葉のサラダ」と言われる、読点のない不明確な言葉の集合体になります。

「社会学」というカテゴリーはOKWebには存在しないので、fpc70さんのおっしゃりたいことがいまいちよく分からないのですが、...続きを読む

Q多重人格症について

先日私がした質問(夢判断)で回答を下さった方から夢の内容について”多重人格症の軽い前兆があります”と聞きとても動揺してしまっています。多重人格症の前兆は夢の中以外でどういう形であらわれるでしょう?またこの病気について色々教えていただけませんか?自分では確かに自分の中で悪く思ってしまう自分とか良い自分とか・・いるとは思いますが、まさか多重人格症の傾向があるとは全く思っていませんでした。

Aベストアンサー

まず多重人格の定義ですが、精神医学的には解離性障害に相当すると思われます。
多重人格との呼び名のほうが一般受けするので使われていますが、専門家なら軽々に多重人格とは言わないと思いますが・・
解離性障害とは、文字通り人格がいくつかに分かれることで(日本では大体の場合が2つです)もうひとつの人格出現を当人が認識している場合と、そうでない場合があります。
よく言われる、記憶喪失(全生活史健忘といいますが)も一種の解離性障害といえます。
解離性障害の場合、精神分裂病と異なり、自らの状態について病識があり、かつ悩んでいます。
原因はいろいろな場合がありますが、当人の人格が差し迫った現実を見つめるのには余りにも耐え切れないときに(どうして耐えられないのかが本質的問題ですが)、解離することが多いようです。

また、夢との関連ですが、夢は無意識の世界であり、顕在意識での出来事が睡眠中夢の中に出てくることはありえますが、解離性障害が夢判断で分かるとは思われません。反対に、夢のような無意識下では、精神分裂病のように自我障害でもない限り、むしろ顕在意識で解離した部分も混合されやすく、もうひとつの人格が現れることは考えにくいと思います。ご参考までに。

まず多重人格の定義ですが、精神医学的には解離性障害に相当すると思われます。
多重人格との呼び名のほうが一般受けするので使われていますが、専門家なら軽々に多重人格とは言わないと思いますが・・
解離性障害とは、文字通り人格がいくつかに分かれることで(日本では大体の場合が2つです)もうひとつの人格出現を当人が認識している場合と、そうでない場合があります。
よく言われる、記憶喪失(全生活史健忘といいますが)も一種の解離性障害といえます。
解離性障害の場合、精神分裂病と異なり、自ら...続きを読む

Q多重人格障害と勘違い

漫画やアニメ、ゲームで多重人格と設定してあるキャラクターてよく見るのですが、色々極端なものに感じます。

実際は色んな人格を誰もが持ってるものと聞きました。

例えばカッとなって怒鳴り散らす面が自分にあったとして
人に言われるまで自覚がなかったと言う場合は多重人格ではないですよね。

多重人格と二重人格の違いもよく分からないのですが

一般論や専門家の方の意見を聞かせて欲しいですm(_ _)m

小説家さんや漫画家さんは色んなキャラクターを描きますが、色んな人格を複数持ってると言うことなんでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん人の性格は多面的なものです。
つまり、ひとつのものも、見る角度によって全く違うシルエットや色合いになるということ。箇所によっては質感や温度も違うし、時間や場所によっては光のあたり具合も違うし…。
人格とは時と場合、見る人によって様々な見え方をするものです。
それでも通常、その人が持つ人格はひとつです。
「怒りっぽい私」「寂しがり屋な私」「明るい私」…いろんな面があっても結局ぜんぶ「私」です。

しかし、「障害」となると、要するに治療が必要な病気です。ちなみに正式には解離性同一性障害。
この場合は、人格が一つではなく、複数あるという事です。
一つの体の中に、いくつも「こころ」「精神」がある状態です。
それぞれ持っている名前も能力も個性も年齢性別も、自覚する外見も違ったりします。
ひとつの人格が起きている時は、他の人格は眠った状態になります。
寝ているのだから、何が起きているのかは知りません。全く記憶がなかったりします。
ただし、より上位の人格(他の人格を守る立場の人格)は、他の人格が起きて体を動かしている時も起きて見守ることが出来ます。

二重人格というのは、正式な言葉ではありません。単に裏表の激しい人に言ったりする言葉です。

この病気はまだまだ解明しつくされていないので難しいですね。
解離性障害や人格障害など、よく混同される病気も存在します。

実際にこの病気で苦しむ人がいるので、専門家でない私があまり断言してはいけないとは思いますが…。漫画アニメゲームを見る分にはこのくらいの理解でいいのではないでしょうか。
小説家などが色々な人物を書き分けられるのは、自分の持っている多面性を、それぞれのキャラクターに少しずつ持たせているからでは?あとは身の回りの人の性格を参考にするとか…。俳優さんだってそうだと思いますし…。


ちなみに、
「二重人格」をテーマにした小説が『ジキル博士とハイド氏』。
これは、単に一人の人間の善い部分と悪い部分をはっきりと分けて描いただけ。博士が自分で発明した薬を使って、人格を二つに分けた話。まだ多重人格障害の存在が知られる前に描かれた小説。
多重人格障害についてのノンフィクションでは『24人のビリー・ミリガン』が世界的に有名。

長文失礼しました。参考になれば幸いです。

もちろん人の性格は多面的なものです。
つまり、ひとつのものも、見る角度によって全く違うシルエットや色合いになるということ。箇所によっては質感や温度も違うし、時間や場所によっては光のあたり具合も違うし…。
人格とは時と場合、見る人によって様々な見え方をするものです。
それでも通常、その人が持つ人格はひとつです。
「怒りっぽい私」「寂しがり屋な私」「明るい私」…いろんな面があっても結局ぜんぶ「私」です。

しかし、「障害」となると、要するに治療が必要な病気です。ちなみに正式には...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報