あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

10代なのですが、最近胸が痛んでしこりがあるので母と乳がんの検診に行こうと思います。
そこで問題なのですが、私は注射が大の苦手なんです。もし検診で注射があるなら先に知っておきたいので教えてください!乳がんの検診は注射がありますか?よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

乳がん検診に注射はありません。



エコー(超音波)とマンモグラフィー(レントゲン)ですね。
エコーはゼリーのようなものを塗って棒みたいな板みたいなもので胸をぐいぐい押しながら調べます。
マンモグラフィーは胸を1cm以下まで押しつぶしてレントゲンを撮影します。
マンモはかなり痛いですよ。。
    • good
    • 0

10代後半なら100万人に1人もいませんので、触ってしこりがあるかどうかを確認して終わりです。

    • good
    • 0

乳がんの検診に注射は無いですよ


他のことを調べるのに採られる可能性はありますけど。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビで乳ガンの特集やってると 不安感にかられるのは 私だけですか?

テレビで乳ガンの特集やってると
不安感にかられるのは 私だけですか?

Aベストアンサー

乳がんは非常に増加しているようです。しかも若い人です。我が娘も罹患しました。幸い本人の自己診断で早期発見手術し事なきを得ています。
乳がんに限らず病気を気にしない人はいるかもしれませんが多くは気にするでしょう。
健康番組は多いですね。それだけ視聴率が稼げるということです。つまり気にしているということです。
気にするだけでなく健康診断をまめに受けた方がいいですね。それと健康な生活習慣の取入れもです。

Q抗がん剤治療はしない方がいいのですか?

がんになると、みなさん抗がん剤治療をしていますが、
ネットで調べると、
抗がん剤治療は体への負担が大きいので
かえって寿命が短くなると書いてありますが、どうなのでしょう。
今、友達の娘さんが白血病で抗がん剤治療をしているのですが
副作用で体が辛いみたいです。
もし、自分が、がんになった時に抗がん剤治療は
必要なのか悩んでいます。

Aベストアンサー

癌治療は難しく医師に頼りがちですがそこに落とし穴もあります。
あなたが患者さんの親に情報としてアドバイスされるのか、あなただけの知識にとどめるのかは解りません。いずれにしても知識として頭に置かれることもよろしいかと思います。
-------------------

・癌に対する現医療は手術・抗癌剤・放射線が3大療法とされています。それにiytfきんねんされていませんが近年様々な免疫療法が一部の機関でなされています。
・白血病は白血球の癌化で、骨髄性白血病(骨髄球が癌化)とリンパ性白血病(リンパ球が癌化)があり、それぞれ急性と慢性に分かれます。
種類については後ほど以下を参考にしてください。
なお、広義には悪性リンパ腫や骨髄異形成症候群などもあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%97%85

細かいことはぬきにして、最も抗がん剤治療が効果があるのは急性のリンパ性白血病です。最も効果が無いのは慢性の骨髄性白血病です。(骨髄性はあまり期待できません)

・抗がん剤治療は、劇薬となる細胞毒により癌細胞を死滅させようとするものです。
当然正常な細胞も死にます。正常な白血球が少なくなれば免疫力が低下し感染症にもかかります。
抗癌剤を止めれば先に癌細胞が回復します。
抗癌剤治療をして様子を見、癌細胞が増えてきたらまた抗癌剤ということで、もぐらたたきのような治療です。そこに抗癌剤や放射線などによる癌治療の難しさや落とし穴があります。
・ほとんど癌細胞(癌化した白血球)が見えなくなる状態を寛解時期と言います。
それを維持し、完全寛解から治癒まで至るかどうかは、★実は健全な白血球が癌化する白血球を見破って破壊し排除してくれるかどうかにかかっています。

---------------------

免疫療法と言うものはひと口で言えば、『正常な白血球をすこぶる活性化させて、癌細胞の存在を認知させ、排除に向かわせる医療』です。

医療としての免疫療法には古くから丸山ワクチンとハスミワクチンがあります。
丸山ワクチンは結核菌の成分を抽出しワクチン化したものです。
ハスミワクチンは癌の種類ごとに癌細胞から抽出した癌細胞膜抗原とウイルスをワクチン化したものです。
また、近年では免疫細胞療法と言われるものが数種類開発されています。LAK療法・NK細胞療法・樹状細胞療法等があります。これらは、目的とする白血球を患者の血液から取り出し、体外で数千倍に培養し患者に戻すもので百万単位のお金が必要です。

・白血病に最も効果があるのはハスミワクチンです。
免疫が低下する抗癌剤をされずにハスミを使用することが望まれますが、
抗癌剤を避けれない現状では、抗癌剤を止めれる寛解時期に躊躇なくされれば治癒が望め再発もしません。
・いつまでも抗癌剤に頼ればいずれ敗北します。
癌治療は医師任せにしない頭脳が必要です。

以上、簡単にまとめてみました。参考になれば幸いです。

癌治療は難しく医師に頼りがちですがそこに落とし穴もあります。
あなたが患者さんの親に情報としてアドバイスされるのか、あなただけの知識にとどめるのかは解りません。いずれにしても知識として頭に置かれることもよろしいかと思います。
-------------------

・癌に対する現医療は手術・抗癌剤・放射線が3大療法とされています。それにiytfきんねんされていませんが近年様々な免疫療法が一部の機関でなされています。
・白血病は白血球の癌化で、骨髄性白血病(骨髄球が癌化)とリンパ性白血病(リンパ球が癌...続きを読む

Qパートで働く前に 検診したほうがいいでしょうか? 肺がん 大腸がん 胃がん 子宮がん 乳がん 胆がん

パートで働く前に 検診したほうがいいでしょうか?

肺がん 大腸がん 胃がん 子宮がん 乳がん 胆がん 肝臓がん 膵臓がん 膀胱がん
咽頭がん 脳腫瘍 白血病。

全部 検診したら いくらかかりますかね?

病気になったら 仕事出来ませんものね?

Aベストアンサー

癌を心配されていますね?
部位にもよりますが癌は50代以降増えてきます。
ご結婚されているなら、旦那様の家族検診。
無ければ、40歳以上ならお住いの自治体の補助がある検診です。

というのも、大腸がんや乳がんの様に血族に経験者がいる場合は積極的に受けるべきですが、それ以外は癌になる頻度が多くないので今の段階で検査の必要があるか?という事です。
もちろん、症状があればすぐ受診です!

病気になったら仕事が出来ないというのは、少し違います。
パートを続けながら仕事をしている人が多いです。
手術の時はまとまった休みをもらいますが、診察日だけお休みする程度ですよ。
時間を短縮してもらう場合もあるでしょう。

病気で休むのは特別な事ではありません。
柔軟に考えましょう。

Q色々な癌がありますが、初期の発見で1番助かる率、5年生存率が高いのはなんなんでしょうか、、、?

色々な癌がありますが、初期の発見で1番助かる率、5年生存率が高いのはなんなんでしょうか、、、?

Aベストアンサー

ステージ1だとやはり前立腺がん、乳がん、甲状腺がん、が100%ですね、http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/seizonritsu/seizonritsu2009.html やはり10年生存率もこの3ツは高いですね。

Q柏の国立ガン研究センターに入院してました。入院初日に渡された薬ケ-スに貼ってあった文章です。こんな事

柏の国立ガン研究センターに入院してました。入院初日に渡された薬ケ-スに貼ってあった文章です。こんな事で気分を害してしまう私は小さな人間でしょうか? 皆さんのご意見を伺ってみたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

逆にこれってどういう意味ですか?と聞いてみたらいいと思いますよ。
かくかくしかじかという意味ですって説明されたら、なるほど~でも、だとしたら、
私はこの書き方で、こんな風に思って、嫌だなぁ~って感じたので、と言ってみたらいいですよ。

Q本日の朝に友達の子供が突然死したそうです 突然死した原因を教えて下さい。

本日の朝に友達の子供が突然死したそうです
突然死した原因を教えて下さい。

Aベストアンサー

病院で死因を調べてもらってください。
乳幼児期突然死症候群なら原因不明とされています。

Q安倍晋三が三期目の総理になったけど、皆さんは、どう思いますか

安倍晋三が三期目の総理になったけど、皆さんは、どう思いますか

Aベストアンサー

残念に思います。

森友学園問題など未解決なままなので。

Q「癌」は現在と戦前頃では人口当たりの患者数はどのくらい違ったのでしょうか?昔は結核や肺炎が病気で亡く

「癌」は現在と戦前頃では人口当たりの患者数はどのくらい違ったのでしょうか?昔は結核や肺炎が病気で亡くなるダントツの原因だったようですが、昔は癌は少なかったのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「がん」は基本的にですけど、高齢になるにつれ罹患率が増えます。
しかし、結核や肺炎に関しては、あまり年齢差というものはありません。
結核は栄養不足などの要因が関わってきますし、肺炎は肺炎を起こす要因である「伝染病」についての処置が、今よりずっと遅れていました。

つまり「若いうちに亡くなってしまう人が多かった」のです。
ガンは、小児がんなどを除けば、40代以上から急激に患者数が増えます。
そこまでの間に違う病気や、ケガなどで亡くなってしまう人が多かった、ということでしょう。
また、産まれてのちすぐに亡くなってしまう子供の数も、今とは比較にならないくらいに多かった。
そういうのもありますね。

Q78歳の父が 胃がんでステージIVと診断されました。 リンパ節にも転移しているそうです。 医師には「

78歳の父が 胃がんでステージIVと診断されました。
リンパ節にも転移しているそうです。

医師には「抗がん剤による化学療法を受けて、効果があらわれれば手術をするのがベスト」と言われましたが、
家に帰ってからネットで調べてみるとステージIVで、手術はできないと書いてあるサイトが多いです。

父は「治療は受けたくない。抗がん剤も手術も嫌だ、手術をすれば体力が衰えるだけだ。
抗がん剤作用がある食べ物や漢方薬(知人に貰えるのでお金かかりません)にする、あと僅かの命なら好きに暮らしたい」と言っています。

私は、良くなる見込みがないのであれば、本人の好きな選択をするのが良いのかなとも思います。

しかし、医師が抗がん剤治療と手術を進めるのは、良くなる可能性があるからでしょうか?

ちなみに父はとても元気で、検査結果は胃がん以外はまったく問題なく、健康そのもの!と看護師さんに驚かれました。

次回 医師とお話する時にも質問する予定ですが、その前にこちらでご意見を聞いてみたいと思いました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

妻を肺ガンと診断され余命は、手術をしなければ最高8ヵ月で、手術をすれば3~4年は。結果から言うと、手術しないと決めて3年半の余命でした。

標本採集(手術室で全身麻酔)で1週間後に悪性腫瘍(がん)と確認、その後のPET検査で、肺だけでなく、そこら中に赤く写っているガンに侵されているのを確認で、まだ痛みどころか症状もなしの時に、癌化の先生より緩和ケアの先生紹介。癌科専門医は月に一度の経過報告だけに。

緩和ケアの先生の初診は、すべての検査を持参で、ここは、癌を治すのではなく、痛みをやわらげれば通常生活ができるので、そのお手伝いと。使用する鎮痛剤はすべて麻薬系で、副作用ができる限りないように処方と。また、これからどのような痛みが来るかを懇切丁寧に1時間以上かかって説明。入院などは必要なし。薬は、一つ先の分まで処方で、毎月報告と処方と。もし、急変すれば、予約なしで病院に報告。

結果は、痛みはほどんどなく、3年半、最後は、心臓が弱って、往診中の先生と家族が笑いながら雑談している時に、心臓停止でアッと言う間に逝ってしまいました。

当初より、余命のある間は、楽しもうと、海が見たいで海岸リゾートホテルで1週間ののんびり旅行、雪が見たい雪山に、美味しい物が食べたいでレストランにも頻繁に。それが、一年も過ぎ2年どころか3年も過ぎ。入院も一度もなし、本当にガンかいなと思ったくらいです。

死亡3ヵ月前に胸部X線撮影で、肺に水が溜まり始めと。肺がに水が溜まるのは、心臓が弱ってきているので、もう先は短いので覚悟する時と。

妻を肺ガンと診断され余命は、手術をしなければ最高8ヵ月で、手術をすれば3~4年は。結果から言うと、手術しないと決めて3年半の余命でした。

標本採集(手術室で全身麻酔)で1週間後に悪性腫瘍(がん)と確認、その後のPET検査で、肺だけでなく、そこら中に赤く写っているガンに侵されているのを確認で、まだ痛みどころか症状もなしの時に、癌化の先生より緩和ケアの先生紹介。癌科専門医は月に一度の経過報告だけに。

緩和ケアの先生の初診は、すべての検査を持参で、ここは、癌を治すのではなく、痛みをやわ...続きを読む

Qレントゲン4枚を首に受け癌に、なりますか?

レントゲン4枚を首に受け癌に、なりますか?

Aベストアンサー

確率はゼロじゃないよ


人気Q&Aランキング