痔になりやすい生活習慣とは?

もうすぐ、300万円の満期金が降ります。その運用について教えて下さい。

郵便局では、それを元に6万を足して200万円の特別終身保険か26万くらい足して、300万円の特別終身保険を薦めて着ました。そのメリットは、その8割が返ってくることと死ぬまで入院保障とかがあるとのことでした。

保険の無料見直しをお願いしたネットでの専門家は、100万は確実に貯蓄、100万は保険的なもの、もう100万はリスクはあるけど利率のよものに挑戦してみてもよいかなと言っています。

私としては、せっかく義父が私のために積み立てしてくれていたものなのでよい形で残して行きたいのですが一番よい運用の仕方が分かりません。

私の将来の保険は、80歳まで5000円/日出る第一生命の終身保険と65歳までのアメリカンファミリー保険に入っています。主人も自営業なので、将来の年金も気になるところです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

本来なら、お子様がいらっしゃるか、ご主人が先立たれると、その後の生活費分の死亡保障はあるか、などなどお伺いしたいところですが、ネットで保険の見直しをなさったということですので、省略します。



※余計なお世話だったらごめんなさい、第一生命さんの、80歳まで一日5000円出る終身保険(終身医療保険のこと??)というのは、将来保険料の更新がないか、60歳くらい過ぎたら、保険料をまとめ払いする必要があるか確認してください。
また、65歳までのアフラックの保険は、死亡保険でしょうか??

もし、お子様がいらっしゃらない、または独立したのでしたら、死亡に関して、大きな保障は要らないので、入院日額を手厚くする意味でも、郵便局の方がおっしゃっている方法でもいいと思います。でも、すでに200~300万の終身死亡保険をお持ちでしたら、他の方法がいいと思います。

・・・他の貯蓄も結構お持ちでしたら、思い切って株とか、その他ハイリスクハイリターンの運用も検討なさってもいいと思います。

なお、他の貯蓄があまり無い状態でしたら、自営業ということで、貯金とか、貯蓄性ある保険または年金中心の運用でいいと思います。

(※またまた余計なお世話だったらごめんなさい)
老婆心ですが、郵便局の保険、義父さんが(まだご健在ですよね?)、あなた様に積立してくれた、とありますが、義父さんが契約者(保険料負担者)、満期保険金受取人があなた様とかになってないでしょうか? なっていると、贈与税がかかります。

また、満期保険金受取人が義父さんでも、そのお金をあなた様名義にしてしまうと、後々贈与をつつかれる可能性もあります。
お気を付けください。

この回答への補足

さっそくにありがとうございました。

老後に関しては、現在の状態でしたら主人がなくなった場合は4000万くらいあります。このまま65歳まで行きますと
小規模共済とかがあって二人合わせてやはり4000万円くらいの貯えは用意できそうです。

その後、収入ががくんと減り、貰える年金は人様(社会保険の方)より少ないので、出来るだけ今の内に(50歳では遅いかも)準備しておきたいのです。

※第一生命に関しては確認しておきます。確か、特約部分のみ支払いを続けるようだった気がします。終身保険は死亡時200万円がはいることになっています。アフラックはがん保険です。

※義父がかけてくれていたのは、私名義で主人受け取りになっています。これも主人に贈与税がかかりますか?今のうちに私名義で私受け取りに変えたらどうでしょうか?11月末が満期です。

補足日時:2004/11/09 07:30
    • good
    • 0

あまり保険をかけすぎるのも考え物です。


もしものためにということも大事ですが、自分で備えられるものならばそれで対応すればよいわけですので。
老後に4000万円があるということであれば、あとは運用して回していくことを考えていった方がよろしいかと思います。
今は、預金も保険も大した利回りにはならないですので、わからなければバランスファンドなどでもいいので、多少リスクを取りながらも成長性のあるもの、利回りの期待できるものに投資することも必要です。
    • good
    • 0

専門家紹介

志塚洋介

職業:ファイナンシャルプランナー

"行政書士・ファイナンシャルプランナーの志塚洋介と申します。学生時代に行政書士・ファイナンシャルプランナーの資格を取得し、大学卒業後、大手証券会社に就職しました。資産コンサルタント業務として株・債券・投資信託など顧客の資産運用に従事。その後、同社のシステム企画を経て不動産管理会社に転職。賃貸不動産の資金管理部門で不動産の収支計算や契約書の作成・チェック業務を担いました。そして独立し、志塚行政書士FP事務所として開業しました。行政書士としては、相続・許認可を中心とし、手続きの代行やアドバイスなど幅広い業務を行っております。ファイナンシャルプランナーとしては資産運用を中心として幅広くアドバイスや講演を行っています。お客様の希望があれば全国幅広く飛び回るフットワークの軽さがウリです。よろしくお願いします。Youtubeで資産運用動画配信中!https://www.youtube.com/channel/UC9pBzPXJ1iE74Q8 …
保有資格は行政書士、CFP・1級FP技能士、証券アナリスト検定会員補、宅建主任士、管理業務主任者。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

03-6804-8151

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

いちおうファイナンシャルプランナーをしています。


>主人がなくなった場合は4000万くらいあります
これは死亡保障の金額でしょうか?
10年毎の更新型かどうか確認しておくとよいでしょう。

満期保険金300万円は贈与税がかかるかどうか、良く確認してみて下さい。

病気がなく、4000万円がなくても、保険に加入するよりは、安全(または分散投資で、ハイリスクハイリターン)をねらった方が良いと思います。

奥様も自営業での場合派別ですが、入院の保障は一生涯の穂堅牢の元をとるには、よほど繰り返し入院をしなければ、元をとれません。200万円の終身保険を書けるなら300万円が手元にありますから、無難で、書く慈雨tな運用が一般的な正解でしょう。
なお、安いといっても1入院60費型の保険も払込み総額(80歳くらい)と受取り(1入院30万円)を比較して下さい。

具体的な運用方法はいくつかありますが、多少の借入も考えると、中古ワンルームマンションなどは安いものがでています。リスクもありますが、長い目では、ゼロにはなりませんので、検討の価値はあると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
ご親切にありがとうございます。

この際、4000万の死亡保障の保険は、保険見直しによって
1000万に減額して年の負担を18万円減らしました。
300万円は贈与税はかからなそうです。

300万で残りのローンを完済しようということになりました。

ローンに当てていた毎月10万円の支払いがなくなりますので、その運用についてはあらためて質問しなおそうと思っています。

お礼日時:2004/11/24 06:56

#2です。

 おっしゃっている受取人は、満期保険金受取人でしょうか?死亡保険金受取人と2つあるので、確認ください。

>※義父がかけてくれていたのは、私名義で主人受け取りになっています。これも主人に贈与税がかかりますか?

はい、保険契約者(保険料負担者)と満期保険金受取人が異なると贈与税対象になります。

計算式は、

課税金額=満期保険金+その年に他に贈与を受けた額-110万円・・これで出てきた額で、贈与税率を計算します。贈与対象が300万だけなら、
300万×15%-10万円=35万円です。

せっかく300万もらっても、35万も持って行かれたら、せっかくの義父さんの積立が激しく目減りします。

※私なら、貯蓄性ある商品で、このような受け取り関係には絶対しないのですが・・・もし満期保険金受取人が本当にそうなら、郵便局の人にイヤミの一つ言ってもいいと思います。(この話題をすると、バレル、バレナイという話が出てきがちですが、バレルと思った方が無難です。なにせ税収入が減っている昨今、税務署は、どこから取れるか、血眼になって探してます。)

できれば奥様受け取りに変えておいた方が無難です。(それでも、実質保険料負担者が義父さんなので怪しいですが・・・)
この場合、一時所得として、その年の課税所得に合算され、所得税がかかります。

計算は、
その年の満期保険金・一時所得合計-払込保険料・必要経費総額-50万円÷2 です。
この額を、奥様の課税所得に合算します。
こうすると、他に保険金受け取り、一時所得受け取り(プラズマテレビ当たった、車当たった他)が無ければ、利息相当分が50万以下なら、税金かからないですね。また、かかっても、奥様でしたら、所得税10%でしょう。

●貯蓄が4000万あるなら、あまり無理してリスク商品を買う事はないと思います。でも、銀行の定期預金は利息低すぎなので、貯蓄性ある保険とか、年金保険なんかが良いと思います。 (ちなみに、4000万を、バラバラに銀行預金してるなら、1~2本にまとめて大口定期にした方が、裏金利(交渉次第で上乗せ)あるので有利です。)

あと、(見直したあとで、大きなお世話でしたらごめんなさい)保険についてですが、(貯めるだけでなく、出て行くのも減らさないといけない)
自営業の方でしたら、入院すると収入が減るはずですので、日額5000円でしたら心もとないです。ご主人入院日額1万円以上にしておきましょう。貯蓄をお持ちなので、年払いにすると若干安くなります。(アフラックご加入でしたら、EVERがありますね。)
また、アフラックのガン保険ですが、4年?以上前にご加入の商品は、65歳過ぎると、診断一時金、通院給付(だったかな?)、ガン死亡保険金が半額になります。
自営業ということですので、1口ご加入でしたら、新たにもう一口追加してもいいです。それか、65歳以上も半額にならず、他のオプションも付く特約を付けるとかなさってください。
さらに、三大疾病の残り2つ、脳卒中、心筋梗塞でもなったら、自営業の方は致命的です。これを保障する保険も各社あります。アフラックのガン保険ご加入でしたら、それ用の特約ありますのでご検討ください。
死亡保障は要らないでしょう。もしご心配でしたら、65までの上乗せ保障として、県民共済でも加入なされば割安ですし安心できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。ショックなことに今日になって病気が再発し、服薬治療を始めたので保険というものに入れなくなりました。郵便局にもお断りをしてきました。残念です。

さて、郵便局で聞きましたら、私のは掛けたのも貰う人も主人になっているので問題ないと言われました。贈与税がかかるような入り方は進めてないよと言われ、安心しました。dod1972さんの言われるとおりでした。

入院給付については、主人は10000円/日あります。でも、私は、今は10000円/日ありますが、58歳からは5000円に減るはずです。今は入れませんので、その頃になったら又相談すると思います。

主人のアフラックはさっそく検討しておきます。

さて、300万円のことですが、結論がまだ出ておりません。
保険という選択肢を除いてもう一度相談し直したほうがいいでしょうか?

お礼日時:2004/11/09 19:49

老後に4000万円の資産が用意できるという事でしたら保険は要らないと思います。



外貨での運用に抵抗がなければ8~14年後の元金保証のついたファンドがあります。
2万ドル(210万円程度)から取り組みは可能です。
目標利回りは年15%くらいあるそうですので、目標どおりの成績が出せれば10年後、4倍になります。
成績が悪くても満期時の元金は外貨ベースですが保証されます。
格付けの高い世界有数の大手銀行が保証しますので安全性は高いと思いますが。

参考URL:http://www.geocities.jp/kotorigapiyopiyo/

この回答への補足

老後(65歳)に夫婦で4000万円というのは、大丈夫な額でしょうか?月に夫婦で13万円くらいしか年金が入らないと思われるので、その補填にどのくらい要るかわからないし、不安です。子供には面倒を見て貰う気はないし、どちらかというと私たちがしてもらったように、子供や孫にはしてやりたいし。
ホームページをみましたが、よくわかりません。(無知ですみません)
その外貨でのファンドの申し込みはどのようにすればよいのでしょうか?

補足日時:2004/11/09 18:54
    • good
    • 2

変額年金保険などはいかがでしょうか?



10年長期運用のリスク商品ですが、その10年間は保険としての機能があり、
10年後は年金のように分割して受け取ることも可能です。

商品によっては10年後の元本保証するものや、
10年間の元本を保証するものなどあります。
300万円だと手数料もお得になるはずです。

住友生命のたのしみVAなんかは有名ですよ。
http://www.sumitomolife.co.jp/lineup/t_va/00.html
銀行窓口でも販売しておりますので、一度ご相談いただいてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今日になって、病気が再発してしまい、保険に入れないことがわかりました。ショック!(服薬しますので)
なので、後は、利率のよい貯蓄しか選択がなくなりました。

お礼日時:2004/11/09 18:53

将来のためなら、自営業で国民年金の1合被保険者であれば、国民年金基金に加入されたらいかがでしょうか。



国民年金基金は、掛金は全額社会保険料控除として所得から控除され、また受け取る年金にも公的年金等控除が適用され、税制上のメリットがあります。

詳細は、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.chosashi-npf.or.jp/qa.html

参考URL:http://www.npfa.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
言葉が足りませんでしたが、主人は国民年金基金に入っています。私は、つい最近から社会保険になりましたので適用はないと思います。
このお金を主人の国民年金基金に回しても、もし、主人が早くなくなれば何にもならないし・・

お礼日時:2004/11/09 07:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡保の満期保険金いつもらえますか

8月7日で満期になる簡易保険があります。この保険金、翌日の8月8日に郵便局にいけばすぐにもらえるものですか。ちょっと、これをアテにしているものですから。できれば郵政公社の方教えてください。

Aベストアンサー

満期の翌日にはもらえるはずですが
8月8日は日曜日なので9日になります。
証券、証券、本人確認資料を持っていけばいいでしょう。

以前はその前に郵便局の外務の人が
自宅に来て満期日の翌日には口座に振り込む
手続をしてくださいました。

直接問い合わせをされるほうがいいと思います。
高額の満期金だと郵便局にも都合があるでしょうから。

Q郵便局の保険が満期で返ってきました。確定申告は?

いつもお世話になります。

去年の7月に保険が満期になり、全額(+利子少々)返ってきました。
「再度保険に入りませんか」と郵便局の方に言われたのですが、
使う予定もあったので、全額通帳に入れてもらい今使っている状態です。
この場合、確定申告はするんでしょうか?
そういえば1月に郵便局から証明のはがきが送られてきました。
今ごろになってあたふたと慌てていますが、
よろしくお願いします。

現在、私自身は会社員で、扶養には入っていません。
年末調整も会社で行いました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険の満期金は、一時所得になりますので、確定申告が必要だと思います。
証明のはがきを、見て頂くとお分かりになると思うのですが、
収入金額が○○円、必要経費が○○円となっているのでは?
収入金額-必要経費-50万(特別控除額)=△△円
△△円×0,5=一時所得金額
基礎控除額が、38万円有りますから、一時所得から38万円を差し引いた額に課税されます。
従って、差し引いた金額がマイナスであれば、所得税はかかりません。

Q専業主婦です。簡保の満期金の確定申告は必要でしょうか?

こんにちは。専業主婦なのですが、私名義の簡保の満期保険金額150万円が去年支払われたのですが、確定申告が必要なのでしょうか?未払利益配当金等が8,296円で差引支払保険金額等が1,508,296円、既払保険料等が1,352,583円でした。教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険の満期保険金については「一時所得」となりますが、次のように計算されます。

受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料を差し引き、更に一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額です。課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。

ご質問の場合は、一時所得が発生しませんから申告の必要が有りません。

なお、所得が38万円以下ですから、夫の配偶者控除の対象にもなります。
又、配偶者特別控除は33万円になります。

Q養老保険が満期になりました。確定申告する必要はありますか?

養老保険の満期のお知らせが来ました。

証書には月々48600円の10年で保険金額は5700000円と書いてあります。
まだ受け取っていないのですが、月々の金額×10年×12ヶ月だと5832000円となり元本割れしているという事でしょうか?

養老保険が良く分からないのですが、減った13万と10年分の利息で
10年分の保険金だったということになるのですかな?

この場合元本われしているから税金はかからないのでしょうか?
確定申告の必要は??

ちなみに私は普通の会社員で10年前は居ませんでしたが今は専業主婦の奥さんが居ます。
質問が多くなってしまいましたが分かる範囲で教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

「契約者 = 満期保険金受取人」であることを前提にお答えします。

この場合の「所得」は「一時所得」になります。

総収入金額(満期保険金+配当金) - その収入を得るために支出した金額(払込保険料総額) - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となり、一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象 となります。

lasichi様の質問内容からは「配当金」の額はわかりません。
「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算していただければ大丈夫です。

計算例です。

満期保険金   = 5,700,000円
配当金      =   632,000円
満期時総受取額 = 6,332,000円
払込保険料総額 = 5,832,000円(48,600×120)

この場合、満期時総受取額 - 払込保険料総額 = 500,000円
となるため、今回の満期保険金受け取り以外に一時所得が平成21年中になければ、特別控除額(年間最高50万円)を引くと

一時所得 = 0(ゼロ)!
となるため、今回の満期保険金受取による確定申告は「不要」となります。

上記よりも配当金が多ければ確定申告が必要になります。


もし「契約者 = 満期保険金受取人」でない場合は贈与税がかかりますので、充分ご注意ください。

「契約者 = 満期保険金受取人」であることを前提にお答えします。

この場合の「所得」は「一時所得」になります。

総収入金額(満期保険金+配当金) - その収入を得るために支出した金額(払込保険料総額) - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となり、一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象 となります。

lasichi様の質問内容からは「配当金」の額はわかりません。
「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算して...続きを読む

Q養老保険の満期金と配当について

H2年に掛け始めた全期間払込15年満期10倍型特別養老保険が来年早々に満期となります。単純に毎月の掛け金×15年すると満期金が払い込んだ額より少ないことに気がつきました。貯蓄代わりのお得な保険ということで掛けていたのにがっかりしています。郵便局に問い合わせても配当金については電話ではお答え出来ませんと言われてしまいました。大体でも良いので配当金はどのようにして計算すればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

配当金については個々の契約ごとに違います。個人情報なので電話では教えてもらえませんが、郵便局の窓口または外務員を自宅に呼べば教えてもらえますよ。

Qかんぽ生命保険!解約した方が良いでしょうか?

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです...続きを読む

Aベストアンサー

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、...続きを読む

Q簡易保険を解約すると満額戻るって本当?

私は大手生命保険会社の契約プラス郵便局での簡易保険にも入っています。
先日会社の同僚と毎月の保険の支払いがきつい、けれど
今解約しても返戻金は微々たるものだし、というような
雑談をしていたら簡易保険は解約時点で納めた保険料のほぼ
満額が返ってくると聞きました。
加入する際にそんな話は聞きませんでしたがこの話は本当でしょうか?

Aベストアンサー

ほぼ全額きますよ^^
8割は絶対にくるよ。。。。。。

でも、返戻金に目がくらむより、
それぞれの条件やプランを見直して、
今後腹ってくうえで
どれを残すかとかを考えないと。
ただ戻ってくる額と
払ってる額の損得で決めるのは駄目。

これだけ払ってても、保障はこれだけ、とか
特約とか見て、考えたほうがいい。
簡保は決して悪くないよ。
掛け金も大手よりは安くない?

昔に入ったやつなら政府保証が絶対にあるし。

Qかんぽの普通養老保険が満期になります.手続きは?

平日郵便局に行く時間が取れません.満期が来ても手続きに行く時間ができるまで放っておいても大丈夫なんでしょうか?又手続きはどれくらいの期間にすればよいのですか?

Aベストアンサー

土曜日はお休みでしょうか?
それでもし、郵便局の通帳をお持ちなら外務員がお伺いして
満期保険金を通帳に振り込まれるように手続きをすることが可能です。
土曜日の出勤は月1回くらいしかありませんが・・・(^^;
もしくは、平日会社にお伺いできても通帳に振り込む手続きは出来ますよ。

Q平成7年頃契約した養老保険の満期金(利率)

あることで、下記の条件の
郵便局の養老保険(簡易生命保険)について、
満期金(10年後の満期金額)がいくらになるか調べています。

平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと記憶しています。10年だと利息で2倍ぐらいの200万円でしょうか?大体の金額でもいいので教えて下さい。

(記)

契約年が平成7年2月、10年満期、保険金額100万円、特約(災害特約100万円、疾病障害入院特約100万円)付き、保険料が1ヶ月7650円だが10年分を一括払い済み。

Aベストアンサー

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を割引する」といったことです。利息じゃありません。masukalさんも(特約保険料を除いた)主契約に払った金額は100万円ではなく(10年分を一括で払った割引の他に)割引されている筈です。
その100万円より少ない金額で、10年の間にもし被保険者が死亡していたら100万円を払う保障と、満期時に被保険者が生存していたら100万円を払う保障を買うのが「養老保険」です。

なお、一番利率的に良かった平成元年の10年満期の一時払い養老保険(特約なし)でも、満期きんは払い込み金額の約1.7倍でした。
平成7年の契約で、しかも特約が付いていてはご期待の金額にはならないです。

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を...続きを読む

Q郵便局の簡易保険(特別養老保険)の満期保険金の支払い請求

簡保の特別養老保険の満期が近づいてきました。満期になると満期保険金がもらえます。

満期になると葉書や手紙のたぐいで知らせてくれるのではないかと想像しているのですが、今のところ、満期を知らせるものは来ていないです。(まだ満期になっていないから当たり前か。)
ほんとうにそういうものは来るのでしょうか。(住所はずっと変わっていないので、その点は問題ないです。)

もちろん、満期になったら知らせが来ようと来るまいと私は満期保険金を請求します。

それで、請求時に必要なものについてですが、
「ご契約のしおり」には満期保険金を請求するために必要な書類が載っています。それによると、次の書類が要るそうです。
・保険証書
・保険料領収通知書または保険料領収帳
・被保険者の生年月日を証明する書類
・被保険者の男女の別を証明する書類
・保険金受取人の印章

このうち、
「被保険者の生年月日を証明する書類」と「被保険者の男女の別を証明する書類」は、いろいろ例が書いてあるんですが、私(会社勤め)の場合だと、「健康保険被保険者証」や「年金手帳」でもいいそうです。そして
「これらの写しを提出される場合は、原本も請求時にご提示ください。」
と書いてあります。
ということは、私は原本を持っていきさえすれば、郵便局でコピーしてくれるということでしょうか。(もちろんですが、郵便局に原本を取られてしまうわけではないですよね?)

あとそれから、「保険金受取人の印章」というのは、私の苗字のハンコのことですよね?
これは三文判でもなんでもいいんですよね?

============================

保険金は郵便局の通常貯金に入れてもらおうと思っています。
そのためには、(上の書類のほかは)通帳を持っていけば、問題ないですか?

その場合、請求したその場で通帳に書き込んでくれるのでしょうか。

簡保の特別養老保険の満期が近づいてきました。満期になると満期保険金がもらえます。

満期になると葉書や手紙のたぐいで知らせてくれるのではないかと想像しているのですが、今のところ、満期を知らせるものは来ていないです。(まだ満期になっていないから当たり前か。)
ほんとうにそういうものは来るのでしょうか。(住所はずっと変わっていないので、その点は問題ないです。)

もちろん、満期になったら知らせが来ようと来るまいと私は満期保険金を請求します。

それで、請求時に必要なものについ...続きを読む

Aベストアンサー

満期の案内は、満期日の前々月に案内がはがきで届くでしょう。

保険証書がある場合、契約者本人であれば運転免許証などの本人確認証を持って、送金先口座を指定すれば手続きは完了します。
被保険者がお子様などの場合は、該当書類も持参しましょう。
書類の原本は提出することなく、コピーを取って返してくれます。
簡単な手続きで済みます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング