痔になりやすい生活習慣とは?

N BOXを新車で買うか。中古で買うか。

今乗っている車がまもなく10年目の車検に入ります。
そろそろ乗り換えかな?と思い、N BOXを検討しています。
そこで質問なんですが、中古と新車どちらの方がトータルでお得ですか?
私は車は10年程でいろいろなメンテナンスでお金がかかるので、10年を目安に乗り換えるのがベストだと思っています。(実際8年目の車検ですごくお金がかかったし、周りもみんな10年が目安にしているので)
なので、新車ならそっくり10年乗るつもりでいますが、中古なら状態にもよりますが、買った時点で何年か経っていますので、よくても8年前後かそれ以下かなー?と思っています。
状態や値段にもよりますが、中古と新車ならどちらの方がお得と感じますが?

ちなみに新車ならN BOX G.EX
中古はまだ調べていませんが、走行距離が短いものがいいなと思っています。
ざっくりとした質問ですが、中古の魅力は値段だけと思っているので、なにか他のメリットもあれば教えていただきたいです。

A 回答 (5件)

>そこで質問なんですが、中古と新車どちらの方がトータルでお得ですか?



単純計算で10年乗るとしたなら、3年落ちの中古を7年乗るとか5年落ちの中古を5年乗る方がよいかと。
車検費用も、7年目や9年目とかでそこそこかかるって前提にしていたりしますけども。
新車の価値って、納車されてすぐにいっきに、かなり価値が低下しますからね。

>状態や値段にもよりますが、中古と新車ならどちらの方がお得と感じますが?

中古車は、コスト的な問題だけで、グレードなり色なりメーカーオプションも選択出来るとかでお得さを感じるとしたら、新車です。
また、メンテパックに入るなら、それでも、お得さを感じたりします。また、新車保証とか延長保証をつけられたりするのは、新車ですから。

個人的には新車を買った方が、好みの物に出来るから、お薦め出来ますけどね。

親が整備士の友人に、新車を買っているの?って聞いたら、友人だけが、中古車で家族は新車を買っているっていっていた。
新車って、すぐに価値が低下するだろってことでね。
    • good
    • 0

10年乗るなら新車。


中古で8年も良いけど、N-Boxの場合、2年中古なら前モデル、ホンダセンシングの標準装備とか現行モデルと差がありすぎる。
現行モデルの中古が安ければ良いけどね。
    • good
    • 0

>中古と新車どちらの方がトータルでお得ですか?



圧倒的に新車です。
大昔から出ている結論です。
    • good
    • 1

私の簡単な考え方。


2年落ちの中古車の購入。
新車との差額がいくらあるか?
5年間で新車を買うと車検は2回、中古は3回です。
車検代10万円としたら、新車の方が10万円得ですよね。
メーカー保証は、新車は丸々5年、中古は3年ですよね。
5年後に中古車として売る時にも差はありますよね。

車は、10年も経てばほとんど査定0ですよね。
まだまだ走るかもしれません。
正直な話
壊れて、修理代を聞いて直すか買い替えるか考えたらいいかな。
走ってて、壊れたら困るような車の使い方をしてるのなら・・・
通勤に使っていて、途中で故障したらいろいろと困ることがあるなどね。

車検代も、ディーラーで出すと10年もたつとかなり高くなるから、壊れたら買い換えようという気持ちがあるのなら格安車検で、車検が通らない部品だけ交換してもらったらいいかな。

HONDAが新古車を在庫で持ってるかどうかは、私はわかりません。
ダイハツ、スズキは持ってるかな。
そして、新車在庫を持ってるかどうかもね。

これは、ディーラーで聞くしかないかな。
はっきり、新古車ってあります?か、在庫で安く出せるのありませんか?でいいと思いますよ。
在庫があれば、それでいいかな。特殊なメーカーオプションが必要じゃなければ問題ないと思います。
普通に注文して在庫があればそれを販売するからね。
そして、本社で相談する方がいいかな。話のわかる営業マンがいると思いますよ。
    • good
    • 0

新車は、金額的には、高いです。


中古と言っても 走行距離の少ない中古は、まずありません 探すなら新古車や未使用車
販売店が販売台数を稼ぐために登録してしまった車で 数十kmから3,000km程度の走行距離 登録から大体3か月暗い物が中古市場に流通します。
この新古車の方が安く得ですが購入する店によります。
新古車専門店などありますが タダの個人の中古会社です。
こんなところで買わず ディーラー系の中古店で買って アフターサービスを確実に受けることで新車と変わらぬ対応を受けれます。

車は、5年または10万kmの保証が付きます 中古でもきちっと引きつき登録の連絡をメーカーに対して行えば クレームもリコールも受けれます。
クレーム、リコールは、ディーラーでの対応です。

ディーラーも自分の会社で買った客様は、車販売の大きな利益を与えてくれてるので
軽度の整備調整は、無料とか 割引が発生します。 
よその車屋で買った車では、定価対応とか 対応が違ってきて当然です。

新古車を探しにディーラー系中古店ホンダオートテラスかな 行ってみる。
希望車種が無ければ しぃん社ディーラーに行き 新古を探してるんですが無いんでと愚痴を言いつつ 見積もりを出してもらう 値引きが少し植えるのと ディーラー在庫車が有れば それを安く出してもらえる可能性があります。
※中古・新古車は、待つことで 見つけることが出来ます。焦らず探す待つことです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1000リットルだけ入れたら、どこまで回復しますか? 写真はなぜか反対になってしまい直せません。 す

1000リットルだけ入れたら、どこまで回復しますか?
写真はなぜか反対になってしまい直せません。
すみません。

Aベストアンサー

>1000円分

今なら7リットルくらいですね。
車種や個体差があるので割りと変わり、1~2目盛りですね。

メーターが180なので軽自動車ではない国産車と判断して、燃料タンクは35~90リットルなので、タンク容量に対して「7リットル」の比率も大きく違いますので。

Q半年くらいガソリンをいれるときは3000円分くらいしかいれてません。これだとガソリンをいれるタンクに

半年くらいガソリンをいれるときは3000円分くらいしかいれてません。これだとガソリンをいれるタンクに良くないと言われましたが本当ですか?車はノアです。

Aベストアンサー

ガソリンを満タンにしないという事は、残りは空気だ。
空気には水分が含まれている。
気温によってはガソリンタンク内の空気の水分が結露で水になってタンクに貯まる。
水は水蒸気になると1ccの水が約1700ccになるので、エンジン燃焼室に入るとエンジンを破壊するという理屈です。
また、水がエンジンタンクを腐食させる恐れもあります。

ただし、最近のクルマでは燃料タンクは樹脂製の物もあり、これは腐食しません。
また、金属製でもメッキ等で腐食対策は行われています。

また、ガソリンタンク中の水も、水はガソリンよりも比重が重く下に貯まります、キャブレター、ECCにガソリンが供給される前に水や不純物がトラップされる仕組みになっています。

ガソリンタンクの水抜き剤の主成分はアルコールで、水はアルコールと親和性があるのでガソリンと一緒の燃やしてしまおうという理屈です。
ガソリンスタントでは数百円という価格ですが、カー用品店では100円から200円程度ですから、気休めに使うのも手です。

Q120万円の予算で軽自動車を買うとしたら

来年の消費税が上がる前に、新車の軽自動車を買う予定でいます。
予算は120万円です。

あなたがこの予算で買うとしたら何買いますか?
もっとお金だして、もっといいの買うとかそういう回答はしないでください。
120万円は車体価格がおよそ120万円の物とします。(最上位グレードは買えませんよね)
きっちり120万円じゃなくてもいいです。5万円くらいは前後してもいいです。
その車を購入する理由も教えてほしいです。

ちなみに、自分が本当にそれを買いたいと思う車を回答してほしいので
興味ない方はスルーしてください。

Aベストアンサー

ハスラーの値引き相場が19万円なんで、120万円クラスのが買えますよ、最低装備なら定価100万円ですし

Q中古で、170万円のスーパーチャージャー付き86が売っていました。 説明を読んで見ると、「スーパーチ

中古で、170万円のスーパーチャージャー付き86が売っていました。
説明を読んで見ると、「スーパーチャージャー、当店でオーバーホール済み」と書いてありましたが、
これはどういうことですか?

信用できますか?走行距離8kmです。

Aベストアンサー

過給機付きエンジンとかのことかなあ~ と思います。

数的には多いのは、”ターボチャージャー” が搭載されたエンジンで、これは、エンジンから
出る排気ガスの力で、毎分10万回転とか回転する羽に連動した圧縮する羽がエンジン内に
空気を入れ込むので、エンジンが大量の空気を取り込むことができますので、よく
「ターボが効いて加速感ハンパない!」 なんて言われ方をします。

1つ構造上の問題があります。それは、排気ガスの力で羽が毎分10万回転とかで、高速で
回る。それはフローティングメタルとか呼ばれ、エンジンオイルで軸を少し浮かせて回転が
スムーズになるように浮かせてある。

エンジンオイルが通る管とかメチャメチャ細いので、オイルが劣化したままですと、
その影響を回転軸とかが受けたりします。軸には、ベアリングも採用してあるので、常に
高速で回転するとベアリングも劣化したりします。

この為、「ターボ付きの中古車を買ったので、まず1番最初にターボチャージャーをリビルト品
と交換した」 なんて感じで、車種によっては、「ターボ付きの中古車買ったのでオーバーホール
キットを買って、自分で組み直した」 とか言ったりします。

経年劣化でダメになりやすいのは、ベアリングだったりしてこれを新品と組み直す。あるいは
軸が高速で曲がるとか、羽の箇所がターボチャージャー本体に接触して音がしているとか、
いろいろなパターンがあります。

アクセル踏んだ時に、エンジン周りからガチャガチャ異音出ていると、羽が本体に接触している
可能性がありますので、最悪の場合、エンジンオイルとか引火して車両火災とかになる危険性
もあります。

たぶん、1番多いのは、リビルト品のターボチャージャーで、1度分解して、劣化するパーツを
新しく組み直した完成品で、これをネット通販とか業者から買い、自分で、または修理工場
で古いのを取り外して取り付けることが安くあがるかなあ~ と思います。

世界的にどこの国でも、「ターボチャージャーリビルト業者」 みたいな専門業者は存在して
います。新品買うと20万円とか高いので、筐体(きょうたいという本体のケース)を再利用して
そこに新しいパーツを組み込み済みのリビルト品というのを売って、「ガチャポンと取り換えるだけ」
として、取り外した古いのは、業者に送り返すと業者がそれにまた組み直して売るというしくみで
その為リビルト品は安い。

スーパーチャージャーというのは、「ターボチャージャーは、排ガスがある程度流れたらタービン
の回転が上昇していき、圧縮空気がエンジン内に流れてパワーがアップする」 という構造ですので、
アクセルを踏み込み、少し間があってから加速するというタイムラグの時間差があり、人によっては
レスポンスが悪いと感じます。

そのデメリットのウィークポイントを改良した感じで、スーパーチャージャーはエンジンにベルトで
連結し、アクセル踏んでエンジン回転数が上がると連動して即過給を開始する。そういう構造になって
います。

ターボチャージャーは、エンジンオイルがタービンの羽にも細い管を通り循環するしくみで、羽が
焼き付かないようにしてありますが、細い管ですので、エンジンオイルの管理が悪いとそこが詰まる
とかあります。

スーパーチャージャーは、その点が違い、本体2カ所とかに専用の“スーパーチャージャーオイル”
が入っている。エンジンオイルとは分離されたまったく別のものですので、「俺様の車はターボ搭載
しているので、エンジンオイル交換をマメにしないといけないし、アフターアイドリングもしないと
いけない」 とか、ターボタイマー搭載していたりする感じと違っている。

たぶん、町のどこにでもあるような個人がやっているような小さな修理工場でも、スーパーチャージャー
をエンジン本体から外して、手で回転させてベアリングとか羽の接触具合とか見て、問題ないとかです
とスーパーチャージャーオイルの量を抜いてチェックし、新しいのを入れておくというメンテナンスは
出来るのかと考えられます。構造自体は、ターボより少し簡略化されていますし。

>「スーパーチャージャー、当店でオーバーホール済み」と書いてありました

たぶん説明でうそを書くと、”不実の告知” という、うそで人をだまして車両売買契約を結んだ詐欺罪
成立すると考えられますので、本当にエンジンから取り外して、スーパーチャージャー本体を分解して
ベアリングとか交換し、スーパーチャージャーオイルを交換して、適量入っているとかのチェックを
して、「問題ない」 という目視確認とかやったりして、エンジンに組み直したのかなあ~ と想像
します。

①ターボチャージャー、
②スーパーチャージャー
③ブレーキ
この辺は、オーバーホールといって、劣化しやすいパーツを1つのアッセンブリーパーツとして、
1つの袋とかにシール材とかを入れてメーカーとかでも純正パーツとして売っていたりするので、
オーバーホールはそれ程珍しくはないので、よくやっています。

可変吸気バルブ系のエンジンもありますが、エンジンが4千回転とかの高回転になると、2本あるカムシャフト
が高速回転ように切り替わるという構造ですので、オーバーホールというより、切替ができない場合は
ソレノイド系パーツの故障で取り換えしたりするので、これはオーバーホールとならない交換です。

オーバーホールというのは、本体のケースとかを活かし、中身の劣化しやすいパーツのみを取り換えて
組み直すので、新品使うより安いということで、オルタネーターとかでもよくリビルト品使ったり
します。

要は「金目の問題」 で同じ結果であれば、安い方を使うというだけです。

オルタネーターという交流発電機でも悪くなると多くは、ディーラーでもリビルト品を勧めます。
完成してあるのでそれとガチャポンと取り換えるだけです。

でも、人によってはオルターネーターは古いのを取り出し、ブラシとかベアリングを自分で交換する
人はいるのはいます。それはオーバーホールした~ と言い、ベアリングにもメーカーとか呼び番号とか
のパーツコード記載されていたりするので、可能なケースがよくあります。

でも、わざわざ素人が手間ひまかけて分解して組み直しても、最初からリビルト品買えば手間暇は
掛からないので、やる人は少ない感じ。

スーパーチャージャーや、ターボチャージャー、可変吸気バルブ系エンジンとかって、最初にそれを
新車で買った人は、「俺様のスーパーチャージャーきちんと動いているかな?」 とわざわざエンジン
から取り外して動作確認しない傾向にあります。外すだけで工賃かかるから、組み戻す時にもかかり
ます。

そんな感じなので、スーパーチャージャーとか、ターボチャージャーの中古車を買う人は、試乗
してみて、その時のフィーリングとかで判断するしかない。

人によっては過給機の調子が判断できないとも考えられるので、よく「中古車はターボ車買うな~
修理代かかるぞ~」 といわれていたりします。

そんな感じですので、売る側は、「スーパーチャージャーはオーバーホールしてありますよ~」
とメンテナンスした後にそのことを説明し、商品価値をあげて売る方が、買う人も買ってすぐに
スーパーチャージャーに修理代とかかからないという予想ができるので、あんしんして買える
かなあ~ と考えられます。

ただ普段とかスーパーチャージャーの車とかに乗っていない場合は、エニカとかでそういう
似た車を1度くらい借りて乗る方が良いかなあ~ とは思います。

■参考資料:個人オーナーの車をカーシェアリングするエニカ
https://anyca.net/

スーパーチャージャーは近所でなくても、ターボ車とかはあると思います。

あるいは、中古車ですと、そのお店の保証とかもよく見ておくと良いかもしれません。

過給機付きエンジンとかのことかなあ~ と思います。

数的には多いのは、”ターボチャージャー” が搭載されたエンジンで、これは、エンジンから
出る排気ガスの力で、毎分10万回転とか回転する羽に連動した圧縮する羽がエンジン内に
空気を入れ込むので、エンジンが大量の空気を取り込むことができますので、よく
「ターボが効いて加速感ハンパない!」 なんて言われ方をします。

1つ構造上の問題があります。それは、排気ガスの力で羽が毎分10万回転とかで、高速で
回る。それはフローティングメタルとか呼ばれ...続きを読む

Qキックダウンせずにそのままアクセルをゆっくり深く踏み続けて長い坂道をゆっくり加速していくような走り方

キックダウンせずにそのままアクセルをゆっくり深く踏み続けて長い坂道をゆっくり加速していくような走り方をした場合、燃費は悪くなりますか?

Aベストアンサー

その場合、
エンジンコントロールユニットプログラムが
燃料噴射マップの高負荷域を読みに行きます。
点火が大変遅くなり、燃料がかなり濃くなります。
遅角された点火と、増量された噴射量により、ものすごく極端に燃焼効率が悪くなります。

QCVT無段階変速機は小型エンジンにしか使用出来ないそうですが、CVT搭載車で1番大きなエンジンを積ん

CVT無段階変速機は小型エンジンにしか使用出来ないそうですが、CVT搭載車で1番大きなエンジンを積んでいる車種は何ですか?

CVTが大型エンジンに対応出来ないのは自動車メーカーの技術不足ってことですよね。

どこのメーカーが大きいエンジンに対応出来ているのかトヨタかホンダか日産か。どこが大型エンジン適応に得意なのか何ccまでのエンジンに対してCVTが搭載出来る時代になっているのか教えてください。

Aベストアンサー

まずCVTの定義ですが。
 CVTとは、Continuously Variable Transmissionの略で、直訳すると『継続的な・変数の(階段状でない変数の)・変速機』という意味で、要するに変速段がなければすべてCVTであり、原理や構造は関係ありません。

 っというわけで、さて。

>CVT無段階変速機は小型エンジンにしか使用出来ないそうですが、

 それは、可変プーリーとベルトで変速するヴァリオマチック式のことです。

※乗用車用無段階変速機では、摩擦力によって駆動力を伝達する原理となっているのが基本ですが、大馬力(正確には大トルク)を伝達するためには摩擦力を増やさなければなりません。

※摩擦力を増やすというと・・・高校の頃、摩擦力の式F=μWってのを習いましたね?
 摩擦係数μが一定なら(潤滑されている金属同士なら、0.1~0.12になります)、荷重Wを増やさなければなりません。
 これは即ちベルトを挟むチカラを大きくするということで、その為にはまずプーリーの『挟み力』を強くしますが、それも限界があるので、更にベルトとプーリーの接触面積を減らし、単位面積当たりの荷重を大きくします。(もし接触部が線や点の様に無限に小さかったら、摩擦力は無限大に大きくなりいくらでも大トルクを伝達出来る様になります。)

※ここで思い違いをしてはいけないのは、接触面積は全く関係ないということです。学校の勉強をちゃんとやっていれば、既に良く知っている話なんですが・・・同じ荷重で接触面積が増えると単位面積当たりの荷重が減るので、摩擦力自体は逆に減ってしまいます。
 まぁこれは余談というかグチですが・・・大学の工学部や工専に行かなくても、小中高の理科レベルでも、自動車工学に通じる物理的原理を沢山教わっています。自動車やバイクを趣味とするヒトの多くがこの頃は勉強をしなかったか或いはすっかり忘れてしまっているのか、我々工学者(ワタシ、懸架装置と操縦安定性を専門とする自動車工学の研究者です)が、機械工学でなく『気がする工学』と呼んでいる怪しげなヘリクツが信じられてしまっています。

※さて話を戻して・・・・っというワケで、ヴァリオマチックではプーリーをより強いチカラで押し、ベルトを極限まで薄くしてプーリーとの接触面積を減らさなければ大きなトルクが伝達出来ませんが、薄いベルトは剛性が低くプーリーの推力で変形したり、またプーリー側はベルトとの接触面圧が高くなり過ぎて、プーリー上をベルトが滑るとモーレツに摩耗してしまいます。
 要するにF=μWのWには現実的な限界があるということで、しかしμが変わらないとなるとおのずと摩擦力Fにも限界があるわけで、それがヴァリオマチック式の伝達可能トルクの限界になっていました。

※接触面積の減少は摩耗につながるのでソコソコとして、もっと強いチカラで挟める様に高剛性な摩擦発生部品があればその分トルクも伝達出来るというワケで、登場したのがベルトよりも遥かに高剛性のローラーをプーリーで挟むハーフトロイダル式、日産がかつて『エクストロイド』という名前で学会でもメチャクチャ自慢?していたCVTです。

※そしてもう一つ。
 ベルトを高剛性のチェーンに替えてプーリーの巨大な推力に耐える、スバルの『リニアトロニック』CVTです。
 元々ファン・ドールネ社が特許を保有していた頃(現在はこの基本特許の権利は切れています)のCVTはベルトの設計に問題があり、それで乗用車系にはCVTは普及しませんでしたが、このベルトを自力で改良して市販車で採用したのがスバルでした。
 スバルは日産の様に『ベルトに問題があるならベルトをやめればいい』ではなく、『ベルトに問題があるならそのベルトを改良する』という、技術的には決して革新的ではなく、ドロ臭く地味な姿勢で研究を進めていた成果がこれ、ということになります。

>CVT搭載車で1番大きなエンジンを積んでいる車種は何ですか?

 日産ではY34型セドリック、グロリア、V35型スカイライン350GT-8など。スバルの方はレガシィなど。
 いわゆる300馬力級クラスでは、世界的に見て市販化されたのはこれらだけだと思います。

>CVTが大型エンジンに対応出来ないのは自動車メーカーの技術不足ってことですよね。

・・・っと判断するのは、難しいです。
 CVTに限らず変速機や駆動系全般は、自動車メーカー単独では開発し切れず、必ず変速機メーカーが絡んで来ます。

※日産『エクストロイド』は、NSK(ベアリングの国内最大手)が超高剛性のローラーの開発に成功し、ジャトコ(トヨタのアイシンと並ぶ国内最大級の変速機メーカー)がモーレツに頑張ったおかげで市販化が可能になったという経緯があります。

※スバル『リニアトロニック』自体は富士重内製ですが、この変速機のキモであるチェーンは、ドイツの老舗部品メーカー、シェフラー製(正確にはシェフラー傘下のLuk製)です。

・・・つまり、CVT技術は自動車メーカー一社のものではありません。各部品メーカーの技術がなければ実現不可能だったもので、そしてあくまでも部品メーカーである以上、複数の自動車メーカーに部品を納入したいのは当然であり、自動車メーカー本体に技術力があるかないかに関わらず、他メーカーでもそれらのCVTを使用する可能性は十分あります。
 そうなると『CVTを大型車に使っているから技術力がある』とは必ずしも言えないでしょう。
 まぁCVTに限らず、あるクルマに革新的な技術が使われたとして、その技術が自動車メーカー固有の技術なのかどうか、見極めが必要でしょうね。

>どこが大型エンジン適応に得意なのか何ccまでのエンジンに対してCVTが搭載出来る時代になっているのか

※上述した様に、実際に市販車に使われたのは日産とスバルで、ひとこえ300馬力級のクラスのクルマです。

※しかし・・・最初に申し上げた通り、CVTとは無段変速であれば『何でもよい』のです。
 よく街中を走っているラフテレーンクレーンに使われている油圧モーターや、エレファント駆逐戦車に使われた発電~電動機駆動は、どちらも内燃機関を動力としていながらCVTとしての性格を持ち、『無段変速として振る舞う様に』変速比を制御することが可能です。
 重機や、戦闘車両史上最大級の重量の戦車の駆動系にも使えるぐらいなので、形式を特定しなければ上限はありません。
 またかつてF1のウイリアムズチームにCVTを使用する計画があり、しかしその年のレギュレーション改正で主催者側に先手を打たれてCVTが禁止となってしまってレースデビュー出来なかったということがありました。F1で使えるのであれば、スーパーカーでもCVT化することはそれほど困難ではないでしょう。
 もっとも、当時チーフデザイナーのパトリック・ヘッドが、『今年からCVTを使う計画で開発も終了していたが、残念だ』とコメントを残しましたが・・・当時のウイリアムズのチーム規模では『ホントかな~?』っという気がしないでもありませんでしたが。

まずCVTの定義ですが。
 CVTとは、Continuously Variable Transmissionの略で、直訳すると『継続的な・変数の(階段状でない変数の)・変速機』という意味で、要するに変速段がなければすべてCVTであり、原理や構造は関係ありません。

 っというわけで、さて。

>CVT無段階変速機は小型エンジンにしか使用出来ないそうですが、

 それは、可変プーリーとベルトで変速するヴァリオマチック式のことです。

※乗用車用無段階変速機では、摩擦力によって駆動力を伝達する原理となっているのが基本ですが、大馬力(...続きを読む

Q新古車、中古車の上手な買い方(軽自動車)を教えてください

新古車、中古車の上手な買い方(軽自動車)を教えてください。

車に乗ってるのは長いのですが、近々初めて自分で選んで軽の新古車か中古車を買う予定です。
ちゃんと整備された車を、なるべくお得に買いたいと思っているのですが、どこでどんなふうに買うのがおすすめですか?
まだお店には全く見に行ったりはしていません。

中古車でも買い替えはすぐにはしたくないです、最低5、6年は乗りたいです。

予算は50万円~80万くらいで抑えることができたらうれしいです。
新古車のほうがいいというなら、100万円でもいいかなと考えてます。

本当はホンダのNワゴンを欲しいなって思っていますが高そうですもんね、ちらりと見る限りですが。。
今までは、EKワゴン(父から譲り受けた)、ダイハツのミラに乗ってきました。

新古車と中古車、それぞれのメリットデメリットについても教えて下さい。
(新古車がほぼ新車に近いということくらいしか知りません)

ネットでも買えるようですが、どうなんでしょう??

とにかく車の知識、買い方とも全く知りませんので、いろいろ教えてくださるとありがたいです。
おすすめのサイトでも結構です。

よろしくお願いいたします。

新古車、中古車の上手な買い方(軽自動車)を教えてください。

車に乗ってるのは長いのですが、近々初めて自分で選んで軽の新古車か中古車を買う予定です。
ちゃんと整備された車を、なるべくお得に買いたいと思っているのですが、どこでどんなふうに買うのがおすすめですか?
まだお店には全く見に行ったりはしていません。

中古車でも買い替えはすぐにはしたくないです、最低5、6年は乗りたいです。

予算は50万円~80万くらいで抑えることができたらうれしいです。
新古車のほうがいいというなら、...続きを読む

Aベストアンサー

中古車の登録済未使用車なら、中古車でも登録されただけの中古で新車に等しいですね。
ですから、新車と同等の安心はあります。
新車保証が残っていれば使えます。

中古車でも、試乗車あがりのものもあり、試乗車あがりといっても、数千キロも走っているものもあります。
ただ、登録後半年とか比較的新しいもの。
見た目はきれいけどね・・・ 
新車保証が残っていれば使えます。

軽自動車といっても今の軽自動車は、高いから、登録済未使用車も、試乗車あがりの中古車も100万円以上するのが当たり前となっていたりします。
あと、少し上乗せしたら、新車も手が届く価格。場合によっては、新車の値引きによっては、新車と差がほぼない場合もありますので。

上記以外の中古車はは、以前のメンテナンス状況により異なる。
信用出来る店舗で購入するのがよい。

>ネットでも買えるようですが、どうなんでしょう??

中古車って、現品限りの車。しかも、それぞれに使用状況なりが違う。
ですから、基本的に実際にいき目で確認するのが望ましい。
そこまでの交通費が発生する。

中古車って、本体代金はいくらとしても、整備費用とか、納車費用とか手数料で、かなり上乗せされていく。
上乗せの金額って店により異なる。
県外となになると納車費用が高くなりますよ。
下手したら、近くで買った方がよい場合もある。

中古車って、買ってすぐとかで店の保証がある状態で、何かあれば、購入した店舗にもっていきみてもらう必要がある。
遠方で、何かあったら、購入店までいくまでの交通費は、自己負担。
もしくは、店でみてもらうことをあきらめて、修理費を自己負担。
以上になりますから。近場なら、交通費もそれほどかかりませんからね。

私なら、新車。
中古車なら、登録済み未使用車ですかね。
試乗車の中古って、多数の人が乗っているとかで少し気がひける。最低でも、試乗車あがりの中古ですかね・・・

中古車の登録済未使用車なら、中古車でも登録されただけの中古で新車に等しいですね。
ですから、新車と同等の安心はあります。
新車保証が残っていれば使えます。

中古車でも、試乗車あがりのものもあり、試乗車あがりといっても、数千キロも走っているものもあります。
ただ、登録後半年とか比較的新しいもの。
見た目はきれいけどね・・・ 
新車保証が残っていれば使えます。

軽自動車といっても今の軽自動車は、高いから、登録済未使用車も、試乗車あがりの中古車も100万円以上するのが当たり前となってい...続きを読む

Qウィンカーの点滅間隔が早くなるカッチンカッチンカッチンが通常時でカチカチカチと早くなると球切れしてい

ウィンカーの点滅間隔が早くなるカッチンカッチンカッチンが通常時でカチカチカチと早くなると球切れしていると教習所で教わりました。

でも後方ランプが球切れしていましたがウィンカーの点滅感覚は早くなっていませんでした。

なぜですか?

自動車メーカーは球切れをドライバーに知らせるためのどこか球切れを1つでもしたらウィンカーを早く点灯させるという昔の伝統というかユーザー志向のサービスは辞めたのですか?

Aベストアンサー

ウィンカーが切れた時だけです。
後ろのブレーキランプとかは関係ないです。
フラッシャーユニットで点滅させていますが、球が切れると抵抗値が変わる為、点滅回数が変わってしまいます。従って5w程度の消費電力が小さいサイドウィンカー部だと 切れても変わらない車種もあります

Q6速A/Tとは、オートマチックトランスミッションの事でしょうか。

ネットで車を注文しようと思ったのですが6速A/Tと表示されていました。
A/Tなのでオートマだと思っているのですが認識として問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

No.1の方の回答で答えは出ていますが、
強いて言うと、CVTも「自動変速」なので、
「A/T」のカテゴリーです。
つまり、CVTもAT限定免許で運転できます。

自動変速(A/T)か手動変速(M/T)かは、
ぶっちゃけ、
「クラッチペダルがあるか否か」
です。

Qレギュラーガソリンでもいいエンジンにハイオクガソリンを入れても大丈夫ですか?何か変わりますか? エン

レギュラーガソリンでもいいエンジンにハイオクガソリンを入れても大丈夫ですか?何か変わりますか?
エンジンは2AR-FSE(D-4s)です。
あまり知れていないので詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

メチャクチャに間違えている回答が目立ちますね。
インジェクションになってからのエンジンには、
燃調・点火にそれぞれレギュラーマップとハイオクマップが入っています。
ハイオク使用のエンジンでもレギュラーマップがあり、
レギュラー仕様のエンジンでもハイオクマップがあります。
そして当然どちらのエンジンも、ハイオクが入っているときはハイオクマップでエンジン制御し、レギュラーが入っているときは、レギュラーマップで制御します。
ただ、設計段階で、どちらにより相性が良いかは決まりますので
レギュラー仕様エンジンはレギュラーの方が相性が良く、ハイオク使用エンジンはハイオクの方が相性が良いというと言うだけのことです。
レギュラーマップの値は、ハイオクマップと比べ(各マップエリアにより変わりますが)
燃調は数%濃くなり、点火は3度~15度ほど遅くなります。
エンジン設計によってはトルクや馬力が2割程度変わってくるエリアがありますので、気が付く人であれば、その違いが余りにも大きいことに驚くでしょう。
鈍感な人は全く違いに気が付きませんが。
特に高負荷域での違いが顕著で、通常走行時に限ると、低速から「ポンッ」とアクセルを踏んだときにその違いを感じやすくなっています。
とはいえやってはいけないことがあります。
それは
ハイオクとレギュラーをたまに半々に入れることです。
絶対にやめてください。

メチャクチャに間違えている回答が目立ちますね。
インジェクションになってからのエンジンには、
燃調・点火にそれぞれレギュラーマップとハイオクマップが入っています。
ハイオク使用のエンジンでもレギュラーマップがあり、
レギュラー仕様のエンジンでもハイオクマップがあります。
そして当然どちらのエンジンも、ハイオクが入っているときはハイオクマップでエンジン制御し、レギュラーが入っているときは、レギュラーマップで制御します。
ただ、設計段階で、どちらにより相性が良いかは決まりますので
レ...続きを読む


人気Q&Aランキング