グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

Linuxに関しては初心者です.どなたか,解決方法をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします.

通常のユーザーとしてログインした後,startxでGNOMEデスクトップを起動させてその後の作業を行っていたのですが,一昨日,いつものようにstartxを行ったところ以下のエラーが表示されました.

Fatal server error :
PAM authentication failed, cannot start Xserver.
Perhaps you do not have console ownership?

When reporting a problem related to a server crash, please send the full server output, not just the last messages.
Please report to xfree86@xfree86.org.

giving up.
xinit: No such file or directory (err no 2): unable to connect to X server
xinit: No such process (err no 3): Server error.

Redhat7.3 Kernel2.4.20-8です.他に必要な情報があれば調べます.ネットでの検索などは行っていますがどのファイルやディレクトリを調べればよいかの見当がなかなかつかないのが現状です.宜しくお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この回答への補足

ご回答ありがとうございます.参考になります.
記事をもとに調べてみましたが,/etc/pam.confというファイルは見つからず代わりに/etc/pam.dというディレクトリがあったのですが,これを調べればよいでしょうか?
ちなみに,pam.dの中の一例としては/etc/pam.d/gdmの内容が

#%PAM-1.0

auth required /lib/security/pam.stock.so service = system-auth
auth required /lib/security/pam.nologin.so
account required /lib/security/pam.stock.so service = system-auth
password required /lib/security/pam.stock.so service = system-auth
session required /lib/security/pam.stock.so service = system-auth
session required /lib/security/pam.console.so

となっています.

補足日時:2004/11/09 13:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

inittabのランレベルを5に変更しても昨日までは,グラフィカルログインにならなかったのが,本日再起動したところグラフィカルログインの画面になり,その後は通常通りGNOMEデスクトップを利用することができるようになりました.
Xが起動できなかった原因,今日になって起動できた要因が特定できていないことが多少気がかりですが,問題は解決しました.
何度も回答頂きましてありがとうございました.
リンク先のURLの記事の内容は非常に勉強になりました.

お礼日時:2004/11/11 18:42

すべてのユーザが、startxでXwindowが起動しないのでしょうか?



useraddコマンドで新規作成したユーザでも、起動しませんか?

もし、新規ユーザで起動できたとしたら、
不具合ユーザの$HOME配下のX関連ファイルがおかしくなっています。

このあたりから、原因を切り分けてみてください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます.
新規ユーザーを作成して試してみたところ,Xwindowは起動しませんでした.
その際に表示されるエラーについては,初めに書いたものと同様の内容でした.
rootでのみ起動するという状態です.

補足日時:2004/11/10 21:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下記の通り,原因の特定には至っておりませんが,
問題は解決しました.ご回答頂きましてありがとうございました.

お礼日時:2004/11/11 18:44

もとの文章の



> 通常のユーザーとしてログインした後,startxでGNOMEデスクトップ
> を起動させてその後の作業を行っていたのですが

の部分ですが、この「作業」の時になにかパッケージを入れたりとか
したのでしょうか。

# たとえばopensslをソースからコンパイルしてインストールした
# とか、そういう意味でのパッケージ。

ひょっとしたらXの起動にかかわるファイルを知らない間に変更して
しまっている可能性があるかもしれませんね。

この回答への補足

度々のご回答ありがとうございます.
「作業」というのは,作成したアカウントのホームディレクトリ内で行うもの,もう少し具体的に書くと,
シミュレーションを行うためのソフトをインストールしてもらったマシンなので,そのソフトを利用して計算のために利用していました.
したがって,Xの起動に関わるファイルの変更はしていないはずです.
今回,問題が生じてからいじった可能性はありますが,それは起動しない状態のままだということで….

補足日時:2004/11/10 16:37
    • good
    • 0

う~ん、私が調べた範囲では「.Xauthority」ファイルを一旦消して


もう一度startxしてみる、とかありましたけど。

あとこんな情報も。
http://home.catv.ne.jp/pp/ginoue/memo/x-auth.html

参考URL:http://home.catv.ne.jp/pp/ginoue/memo/x-auth.html

この回答への補足

アドバイスありがとうございます.
「.Xauthorityを消してstartx」では同じ状態のままでした,いろいろ試している段階ですが,気になる点としてktermやxtermと入力した際に
cannot open displayと表示されます.

これとXの起動は関係していると考えてよいのでしょうか.だとすれば,ディスプレイの方の設定も調査するべきだと思うのですが,情けないことにどこでチェックすべきかがわからないので,その点につきましても教えて頂ければ幸いです.

補足日時:2004/11/10 12:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qstartxうまいくいかない。

 こんばんは。
仮想環境でCentOSを使っている者です。
startxを打ってもGUIに行かず困っています。
打つと、下記エラーが出力されます。

xauth: creating new authority file /root/.serverauth.4052

Fatal server error:
Server is already active for display 0
If this server is no longer running, remove /tmp/.X0-lock
and start again.

仮想環境では
CentOS 5.0です。

ホストOSの環境です。
Windows XP SP3
Pentium4 2.66G
RAM 2G

どのようにすれば解決するでしょうか?

Aベストアンサー

> どのようにすれば解決するでしょうか?

解決の前に確認が必要です。

そのエラーは「すでにXサーバーが起動している」ということです。
つまり、すでにGUI環境なのにstartxを実行しているのでGUIに行けない状態です。

次のどちらか(または、どちらも)試してみるとどうなりますか。
1. init 3 と入力してモード変更して startx を試す。
2. テキストモードで起動して startx を試す。

QGUIで起動するには。。

お世話になります。

Linuxに慣れようとAsianuxをインストールして起動したのですが、GUI起動するにはどうすればよいのでしょうか。
長年のWindowsライトユーザーで、コマンド画面に戸惑っています。

localhost login :

からログインはできたのですが、依然としてコマンド画面のままで困っています。恐らく初歩の初歩かとは思いますが、ご存知の方がいらっしゃれば教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。
GUI「を」ではなくGUI「で」起動したいでしたね。スイマセン。
No2さんのマニュアルを参照するか、
man inittab
を確認してください。
Asianuxは触ったことありませんが、たぶん /etc/inittab ファイルを一箇所変更するだけではないかと。

QLINUXをインストールしたがGUIになってくれない

REDHAT7.0をServer Systemを選んでインストールしました。
GUI環境で操作したいのですが、GUIログインで設定がなされたのか
わからないままにインストールが完了してしまいました。
ただ、OSが立ちあがるときに、Ctrl+なんとかを押すとテキストモードになりますといった画面が現れますが、結局出てくるのはテキストによるログイン画面です。
これをどのようにすればGUIログインができるようになるでしょうか?
マシンの性能は
CPU 266Mhz
メモリ 32MB
HDD 3G
性能に無理があってもいいのでとにかくGUI画面が見たいです。

質問が2つになりますが、コンピュータを終了するとき、halt と入力しますが
その後、~ halted という画面になるだけで電源が切れませんが、コンピュータの電源は手動なのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)

>REDHAT7.0をServer Systemを選んでインストールしました。

「Server System」を選択した場合、X関連・ウィンドウマネージャ等はインストールされないはずです。
依存関係を調べるのは大変なので、再インストールする方が速いと思います。
後から追加するより、不要なものを削除する方が、慣れない方は楽ですね。


(2)

次のコマンドを実行して終了してみて下さい。

# shutdown -h now
または
# poweroff

それでも電源が切れないときは /etc/lilo.confに以下の行を追加して、
append="apm=on"

liloを更新して下さい。
# lilo -v

これで終了時に電源OFFしなければ、BIOSの変更とか、カーネルの再構築など必要かもしれません。

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

QRedHat7.3で、gnome環境で起動する方法

こんにちは。

RedHat7.3がインストールされているLinux端末があるのですが、
起動するとコマンドラインの画面で起動してしまいます。

どうすればgnome(GUIデスクトップ)環境で起動できるのでしょうか?
(できればオートログインでgnome環境が起動して欲しい)
設定ファイル、内容などご存知であれば教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

デフォルトのランレベルが3に設定されているかと思いますが、
そもそもgnomeをインストールされているのでしょうか。

コマンドラインからstartxコマンドを実行してみて下さい。
それでGUIが起動しないようであれば、X Window自体がインストールされていないと思われますので、Red HatのインストールCDからX Windowをインストールする必要があります。

ランレベルについては、こちらを
http://www.jp.redhat.com/manual/Doc73/RH-DOCS/rhl-rg-ja/s1-x-runlevels.html

自動ログインについてはこちらを
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/536autologinrh.html

QX Window Systemが起動しない

Debianをインストールしましたが、GUIが起動しません。
ためしに、CUIなのでログインし、「startx」としたところ、、

X.Org X Server 1.4.2
Release Date: 11 June 2008
X Protocol Version 11, Revision 0
Build Operating System: Linux Debian (xorg-server 2:1.4.2-10.lenny3)
Current Operating System: Linux buffalo 2.6.26-2-686 #1 SMP Thu Jan 27 00:28:05 UTC 2011 i686
Build Date: 25 September 2010 12:05:44PM

Before reporting problems, check http://wiki.x.org
to make sure that you have the latest version.
Module Loader present
Markers: (--) probed, (**) from config file, (==) default setting,
(++) from command line, (!!) notice, (II) informational,
(WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(==) Log file: "/var/log/Xorg.0.log", Time: Mon May 2 21:28:57 2011
(==) Using config file: "/etc/X11/xorg.conf"
(II) Module "ramdac" already built-in
(II) Module "ddc" already built-in
(EE) SIS(0): **************************************************
(EE) SIS(0): ERROR:
(EE) SIS(0): Virtual screen too big for memory; 4800K needed, 4096K available
(EE) SIS(0): END OF MESSAGE
(EE) SIS(0): **************************************************
(EE) Screen(s) found, but none have a usable configuration.

Fatal server error:
no screens found
giving up.
xinit: Connection reset by peer (errno 104): unable to connect to X server
xinit: No such process (errno 3): Server error.

とでてきました。
どうすれば起動するのでしょうか?

Debian 5.0.3 lenny
メモリ 256MB
HDD 40GB

一応、VNCをインストールしてWindowsから操作はできるようになっています。
(しかし、タスクバーなどが表示されていません。)

宜しくお願いします。

Debianをインストールしましたが、GUIが起動しません。
ためしに、CUIなのでログインし、「startx」としたところ、、

X.Org X Server 1.4.2
Release Date: 11 June 2008
X Protocol Version 11, Revision 0
Build Operating System: Linux Debian (xorg-server 2:1.4.2-10.lenny3)
Current Operating System: Linux buffalo 2.6.26-2-686 #1 SMP Thu Jan 27 00:28:05 UTC 2011 i686
Build Date: 25 September 2010 12:05:44PM

Before reporting problems, check http://wiki.x.org
to make sure that you have...続きを読む

Aベストアンサー

> これを毎回しないで済む方法を教えてください。
下記を参考にして、/etc/X11/xorg.confを変更することになります。
もしできない場合は、/etc/X11/xorg.confの
Section "Screen"
変更前の内容、変更した内容、を補足願います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6255379.html

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QCentOS6でxclockを実行しようと試みたの

ですが
CentOS6-x86_64では問題なく実行してアナログ時計を表示できますが
CentOS6-i386ではxclockコマンドが存在しないというエラーがでます。
CentOS6の32ビットOSでもxclockを実行出きるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

えっと、自己責任でお願いします。

yum install xorg-x11-apps
でxclockがインストールされるのではないかと思われ。

Qテキストログインでstartxをして、またテキストに戻る時

TurboLinuxFUJIを使ってます。

ランレベル3でテキストログインして、startxでX window systemを起動してグラフィカルにして、GUI操作でいろいろして、さて作業をやめようかという時、どうやってテキストに戻るのですか?

GUIのメニューから終了をして(たぶんX window systemを終了してるんだと思う)、テキストの画面に戻ることはできるのですが、プロンプトが出るまでに1ページくらいぶん何かメッセージが出て、ダメなことをやってしまっているような気がします・・・。

Aベストアンサー

>GUIでCtrl+Alt+F1を押すと、テキスト画面になって、
>CDDに接続しようとしてdrive is not OK
>error! status -1
>だそうです。
>
>プロンプト(#)がでてきませんでした。

については、Ctrlキーを押しながらZキーを押してみてください。そしたら、プロンプトが表示されることと思います(それでもダメなら、Ctrl + C)。

>なぜCDDを読みに行ってるんだろう・・・。ちなみにCDDは外付けで今は接続してないので読みに行っても読めないのは当たり前なのです。

TurboLinuxは、他のLinuxディストリと違って一般ユーザも対象としていたりするため、時にお節介過ぎるほどにバックグラウンドでいろんなプログラムを動作させていたりします。私自身、インストール時以降はあまりDVDドライブなどを使用したりしない為、いつも以下のような設定をしています。

・「/etc/fstab」ファイル内で、fdやcdromの記述がある行の先頭に、#(→コメントアウトのこと。)を追加して上書き保存。
→これで、Liunx起動時に余計なマウント操作をしなくなる。
・「supermount」サービスを停止する。GUIでは、コントロールセンターの「サービス設定」画面よりチェックを外したり、コマンドからはchkconfigとかでも可。
→これで、「drive is not OK」などのエラーメッセージは出なくなると思います。

@IT総合トップ > テクノロジー > Linux Square > Linux Tips Index > システムサービスのランレベルを調べたり変更するには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/165changrunlv.html

もちろん、上記の設定をしていても、急に外部メディアを使用したくなった時には、root権限でmountやumountコマンドを利用すればOKです。

あと、私の環境下(FUJI SP3)でも、ランレベル3でテキストログイン後に、Ctrl+Alt+F1で仮想コンソールに抜けると、やはり質問内容のような警告が表示されました(kbuildsycocaによるWARNINGですね)。ただ、ランレベル5でグラフィカルログイン後に仮想コンソールへ行くと、Xが起動する直前の画面(→右側にOKがいくつも表示されているもの。)に戻ることが出来ましたので、どうしてもその表示が嫌なのなら、以下のサイトを元に「/etc/inittab」ファイルを修正して、グラフィカルログインを利用することをお勧めします。(最近のTurboでは、どちらのログインでもスピードに差は無いですし。)

それから、そもそも「仮想コンソール」というのは厳密にはF1だけでなく、F2からF6までのもデフォルト時には使用可能ですので(「/etc/inittab」ファイルの下の方に、mingettyの記述が6つあるはず。)、F1以外の仮想コンソールを使用するという手もあります(Ctrl+Alt+F2とか)。私は、メモリ節約の為に、こちらの方もいくつかコメントアウトしていますけども。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/theory10/theory10b.html

>GUIでCtrl+Alt+F1を押すと、テキスト画面になって、
>CDDに接続しようとしてdrive is not OK
>error! status -1
>だそうです。
>
>プロンプト(#)がでてきませんでした。

については、Ctrlキーを押しながらZキーを押してみてください。そしたら、プロンプトが表示されることと思います(それでもダメなら、Ctrl + C)。

>なぜCDDを読みに行ってるんだろう・・・。ちなみにCDDは外付けで今は接続してないので読みに行っても読めないのは当たり前なのです。

TurboLinuxは、他のLinuxディストリと違っ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング