司法修習の期間が2年から1年半に変わった理由はなんですか?
それと、弁護士資格を得るには司法試験に合格する必要がありますが、弁護士法第5条3号には「5年以上別に法律で定める大学の学部、専攻科又は大学院において法律学の教授又は職に在つた者。」とありますが、司法試験に合格しなくても弁護士資格は得られるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 司法修習に関しては、以下のページが参考になると思います。



・司法試験制度と法曹養成制度に関する合意
http://www.tatsumi.co.jp/main/seido.htm

 修習期間については、司法試験合格者の増加に伴って、その見直しが行われた経緯があります。

弁護士法
(弁護士の資格)
第4条  司法修習生の修習を終えた者は、弁護士となる資格を有する。

 とありますので、第5条の特例を除いて、司法試験に合格せずに、弁護士にはなれないはずですが・・・。

(弁護士の資格の特例)
第5条  左に掲げる者は、前条の規定にかかわらず、弁護士となる資格を有する。

1.最高裁判所の裁判官の職に在つた者。

2.司法修習生となる資格を得た後、5年以上簡易裁判所  判事、検察官、裁判所調査官、裁判所事務官、法務事  務官、司法研修所、裁判所書記官研修所若しくは法務  省設置法(昭和22年法律第193号)第3条第35号及び第  36号の事務をつかきどる機関で政令で定めるものの教  官、衆議院若しくは参議院の法制局参事又は内閣法制  局参事官の職に在つた者
3.5年以上別に法律で定める大学の学部、専攻科又は大  学院において法律学の教授又は助教授の職に在つた   者。
4.前2号に掲げる職の2以上に在つて、その年数を通算  して5年以上となる者。但し、第2号に掲げる職につ  いては、司法修習生となる資格を得た後の在職年数に  限る。
    • good
    • 0

弁護士法5条は4条の特別法的な条文になります。


ですから、法学部(「法律で定める」とは法学部のはずだったと思います)の教授若しくは助教授を5年以上すれば、自動的に弁護士資格を得られるわけです。
現に大学を定年になられた教授方は大抵が弁護士登録しますし(私の大学の教授陣はほとんどやっているようです)、大学教授でありながら弁護士業務を兼任している人もいます。
つまり、弁護士になるには司法試験に合格しなくてもいいという場合があるということです。
でも、どこかで耳にしたのですが、研究分野によって弁護士になれない場合があるとか。
その話では知的財産法の教授が弁護士資格を取れなかったとか。
なぜだか理由は分かりませんが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士法第73条1項で「他の法律で定め・・・」

お願いします
司法書士法、第73条1項の後段に「ただし、他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」とあり,他の法律で定めがあれば(実際にある),司法書士でなくともできるということです
とありますが、他の法律は何法になりますか

Aベストアンサー

詳しくはわかりませんが、弁護士法や公認会計士法が該当するかも知れません。

弁護士は当然に法律事務全般を扱える旨、弁護士法に規定されています。したがって、司法書士法に制限される立場ではないということが明確でしょう。

公認会計士は、条文はわかりませんが、通達その他を含めると会計士業務の付随業務の範囲内であれば、商業登記の一部などを取り扱えたはずです。公認会計士法の従前の規定にある会計士補や公認会計士制度以前の資格である計理士(計理士法)の資格者なども商業登記の一部を取り扱えたはずです。
税理士(税理士法)には規定がないはずですのでご注意ください。

さらに、司法書士法における司法書士業務であっても、行政書士などの業務と重複する部分もあるかと思います。この場合においても、他の法律に別段の定めと考えることがあるかもしれません。

ご質問の条文について一つの法律で定められているのではなく、他の法律それぞれにおいて判断する必要があると思われます。

Q司法試験合格者=修習生になれないのでしょうか?

 司法試験合格すれば、司法修習生にそのままなれると思っていたんですが、実際は違うんでしょうか?

 なんらかの問題や適正がないとみなされた者に関しては修習生になれないのでしょうか?

Aベストアンサー

旧司法試験では、最高裁判所に呼び出され、面接がありましたが、
新司法試験になの簡易化され、書類審査で適正(審査)がされる
ようになりました。そこで形式的審査がなされます。

また大学の教員になりたい(教授をめざす)かたは、修習にいっ
てしまうと、その資格を失うことがあるため、辞退されるかたも
います。

実際規模はあまり発表されていませんが、辞退者が10名程度、
形式的資格で任命されないひとも同程度くらいではないでしょうか。

Q法学部で習う法律と、弁護士や司法試験で必要とする法律の知識って

やっぱりどこか違うのでしょうか?

聞いた話では、高校の授業だけでは大学受験には受かることはできないように、法学部で習うことも、けっこう違うのでしょうぁ?

もちろん六法とかを習うと思うのですが、やはり大学では学問的(?というより試験にいらないような深い内容を勉強するのでしょうか?)


正直、将来弁護士を目指そうかとも思ってますが、必ず弁護士というわけではありません。
金融系の仕事にも憧れてます。
なので法学部をやめて経済学部にいこうかとも考えてます。

とくに法学部が上記のような状態だったらなおさらです。

Aベストアンサー

法学部卒です。
法学部での講義だけを受けていれば司法試験に受かるかと言えば、受かりません。司法試験で問われる知識は講義だけでは不足します。
どれだけ自分が勉強するかです。

たとえば刑法で言えば、
刑法199条 人を殺したものは、死刑または無期もしくは5年以上の懲役に処する という条文があります 

大学ではどういうことを勉強していくかというと(講義)この条文で言えば、人とは何か?母体内の胎児は人なのか?人の死とは?
というようなことを勉強していきます。
それから過去の裁判所の判例、そして学説の立場はどうなのか等も勉強していきます。

しかし、講義でするこのような勉強が司法試験に役立たないかと言えば答えはノーです。こういう講義での勉強は非常に役立ちます。

司法試験は六法の暗記で済むようなものではありません。条文を読み解く力が必要です。その力を養うのは大学の講義であり、自分の勉強であるのです。

Q司法警察員と司法巡査の区分を定めた法令

警察官は、巡査部長以上が司法警察員、巡査長以下が司法巡査であると聞きましたが、これはどんな法令の第何条でそのように定められているのでしょうか。

Aベストアンサー

各都道府県の公安委員会による規則で決まっていますので、
各都道府県ごとに規則の名前が異なっています。

東京(警視庁)の場合ですが、
「警視庁司法警察員等の指定に関する規則」の2条1項に書かれています。

第2条(1) 警視庁に勤務する警察官のうち、巡査部長以上の階級にある者は司法警察員とし、巡査の階級にある者は司法巡査とする。

ただ、これだけは不便ということで巡査長以下でも司法警察員になる場
合として2項に羅列してあります。


「司法警察員等の指定に関する規則」で調べると、ほかの都道府県
のも出てきます。

Q【法律】敷金診断士は民間資格なのに士業の士を使って良いのでしょうか?

【法律】敷金診断士は民間資格なのに士業の士を使って良いのでしょうか?

Aベストアンサー

良いのです。

法的に規制されているのは個別の名称のみです。
例: 税理士法
(名称の使用制限)
第53条  税理士でない者は、税理士若しくは税理士事務所又はこれらに類似する名称を用いてはならない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報