くるりから届けられた4年ぶりのニューアルバム!!

秘密主義の人が預貯金(等、いろいろな財産)を隠したまま事件 事故 災害等で急死することはよくあると思いますが、銀行への預貯金を結局誰も引き出せずそのままになっていたら、それは国庫になるのでしょうか

質問者からの補足コメント

  • 早々のレスポンスありがとうごさいました。

      補足日時:2018/10/10 17:21

A 回答 (4件)

国庫になったりする制度はあるでしょう。



しかし、相続人となりうる人が遺産があるはずと思えば、なんと中ることも多いはずです。

私のときには一部の相続人が遺産を隠していたという点で調査したのですが、各金融機関の窓口へいき、被相続人との関係を示す戸籍謄本などを提示の上で、取引調査を依頼することが可能です。
一つの支店からその金融機関すべてについて調査が可能です。一つの金融機関で他の金融機関とまではいきませんが、極論言えば、日本国内にある金融機関に調査依頼できれば、国内の預貯金の調査は可能です。私は、亡くなった方の活動エリアをある程度絞れたので、そのエリアにある金融機関すべてに行きましたよ。
不動産だって、全国の市町村役所へ行けば、固定資産税の台帳から名寄せが可能です。持っていそうな地域の市役所等へ行けば、調べられるのです。

それに、亡くなった方の郵便物が受け取れるような状況を維持できれば、財産を持っていれば何かしらの連絡があるものでしょう。
また、メインの預貯金を見つけられれば、そこで引落などされている内容を調べていけば、証券会社や保険会社、税金の納税先などが判明することもよくあります。
すべてまでは無理でも、大部分などといった相続は可能だったりするものです。

通帳などなくても、預金名義人やその相続人などがその証明をおこなえば、取引の有無、取引履歴、残高証明などを求めることが可能なのですからね。
秘密主義と言っても、何でもかんでも隠し通せるようなものではないでしょう。
遺産調査などであれば、カレンダーやボックスティッシュ、財布などにあるような金融機関や証券会社の名称の入ったものなども見つかるものです。取引があるからもらえるようなものを探すというのもあるのです。プライベートな部屋も秘密主義ということは少なかったりもしますからね。
それに何も残していなければ、秘密主義の人本人もわからなくなってしまうわけですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございます

お礼日時:2018/10/14 17:34

預金が預けられたまま、10年を超えて


入出金等の取引がない状態となった場合、
★「民間公益活動を促進するための休眠
預金等に係る資金の活用に関する法律」
により、預金保険機構に移管されるなど、
個別に管理される場合があります。
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaw …

こうした休眠口座のお金が、なんと
★年間700億にものぼるそうです。

この使い道は、政府で検討中という
ことになっています。
>国庫になるのでしょうか
以下の内容をみると、そうではなく、
『民間公益活動促進』ということに
なっています。
http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html

下記をみても、あまり具体的活用方法
にまで、ふれられていません。
http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/kihonhoshin/k …

いかがでしょう?
    • good
    • 0

https://souzoku-houmu.com/point/point5.htmlリンク先に詳しく書かれています。一度読んでみてください。
    • good
    • 0

そうですね、時がたつと編入済みになってとられます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング