12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

ネットをADSLから
光にした時は固定電話もセットで光電話にした方が
月々の料金で言うと絶対に得でしょうか?

今の固定電話の月々の値段は私が管理してるのではないんで
知りませんが光電話は500円らしいんで安いから得だとは思えますが
教えて下さい。

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (6件)

> 光電話にした方が月々の料金で言うと絶対に得でしょうか?



料金的には殆どの場合、得になります。
基本使用料は1700円→500円、
オプションもだいたいアナログに比べて安くなります。

ただ、「絶対」ではないです。
例えば、ひかり電話にはテレホーダイはないので
アナログが安くなることがあります。
他にも、アナログのオプションサービスの一部は
ひかり電話では提供されていないし、
停電などの場合もアナログは通じますが、
ひかり電話は機器類が電気を喰うので、
非常用のバッテリーでもない限りは使えません。

上記のようなことを考慮して、光回線を引いても
アナログの電話を引いたままにしている方はそれなりにいます。
ただ、そういったことを気にしないなら、
ひかり電話に変えたほうを勧めます。
2025年にNTTはアナログ電話をやめると発表されており、
強制的にひかり電話に移行することになるし、、、
    • good
    • 0

アナログの一般加入電話なら、個人用で1700円


でも、IP電話なら、わずか500円

FTTHにても、一般加入電話を契約しているなら、その料金がそのままかかります。IP電話なら、オプションサービスのわずか500円ですみますけどね。

アナログなら、停電時でも利用可
IP電話は停電時は利用不可

停電時で利用出来るか利用出来ないかの大きな違いはありますが、毎月1200円も違いますから、検討の価値はあるでしょう。

一般加入電話の通話料は、市内、県内、県外と通話料金が違う場合もあります。市内・県内と県外では通話料が違ってきます。
IP電話にすれば、市内・県内・県外とも通話料は同じ通話料となったりします。
オプションサービスの費用については、すべて同じです。
IP電話にすれば、0033、001、0077、0070や0088のダイヤルのものが利用出来ません。
0120、0570、0800などは今まで通りに利用可能。
    • good
    • 0

ネットを、ADSLから光回線(ここではNTT東西のフレッツ光とします)にされた場合、光回線の回線利用料等は何も割引サービスを付けない、いわゆる通常料金(定価ベースと考えてよい)でNTT東が5700円(税別、以下同じ)/月、NTT西が5400円/月、が回線利用料等です。



電話回線は、ADSLも利用していることから、加入電話と思います。
加入電話は、回線利用料が事務用or住宅用、ダイヤル回線orプッシュ回線、加入権ありorライトプラン、電話サービス取扱所(級局)によって異なります。
住宅用(加入権あり)であれば、1700円が最大になります。(ライトプランではありません)

ひかり電話にされると、付加サービスが何もない(ナンバーディスプレイ等)場合は、500円/月です。
通話料も、加入電話と比べれば安くなります。
    • good
    • 0

光電話月額基本料金500円 税込


通話料1分80円
月に電話代3.000円くらい(国際電話かけるので)
私の契約内容
光スパーハイスーピド隼
国際電話発信規制
発信電話通知

光電話で使えないもの
ISDN専用電話機
ACR専用電話機
GEFAX
ISDN回線用CAT端末機
    • good
    • 0

個人的に、eo光の場合、相手も光電話で、長電話をするのなら、絶対に光電話。


四六時中、365日通して、通話していても電話代が発生しない。
取り敢えず、少なくともNTTから月々請求が来る固定費は無くなる。
光電話の+500円はアダプターのレンタル代金だったと思う。
    • good
    • 0

ADSLから光にした時、1000円程度上がると聞いています。


セットで固定電話(アナログ)も光(デジタル)にすると、例えば引越しなどのときに、インターネット回線のみを引っ越すことはできないので、光回線をアナログに変える工事費用が一万円以上かかるはず(実際は状況によりもっと安くなるかも)。

光電話は、NTTが提供するインターネット回線のフレッツ光(デジタル)を利用中の方が利用できる「サービス」で、光電話の固定電話サービス(デジタル)単体での利用はできません。

光ファイバーを利用している光電話の固定電話回線(IP電話もしくはインターネット電話と称すデジタル)の固定電話サービスは、音声がデジタルです(従来の固定電話はアナログ回線で月額基本料金が1600円程度)。

NTT東日本、NTT西日本は、「固定電話のIP網への移行後のサービス及び移行スケジュールについて」(2017年10月17日報道発表):電話を提供する両社の局内設備を2024年1月以降に切替をするが、固定電話(通話)の利用継続にあたっては、お客が利用中の電話機等は、設備切替後も利用できるし、切替にともなう手続き等は不要である、と公表。→PSTNの廃止によって、従来のアナログ電話やISDNも使えなくなってしまいますが、家庭用・ビジネス用(会社)の固定電話回線やFAXに関しては、IP化になってもそのまま継続利用ができるよう対策が進んでいます。(特に会社は電話番号が変わるのを嫌がるのです)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング