「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

月収額面28万で昇給年5000円の人間関係微妙な職場と、
月収額面27万で昇給無しの人間関係良好な職場だったらどちらを選びますか?
私は前者に勤めている35才男で来年第一子が生まれるのですが、
メンタル的に後者の職場に行きたいです。今の職場で嫌なのはたった1人の女上司だけです。(1年前に揉めてしまいました。)
それ以外の事は正直神職場です。
しかし、その女上司の事が休日でさえ思い起こされ、人生の負担になってしまっております。
誰に相談しても「たった1人だけ嫌で他の事が問題ないなら今の職場でやるべき」と言われますし、
将来の事を考えお金が要り様になった時は今の職場にいるのが良いのはまちがいないのですが、
1人の女上司の事が憎くて仕方ありません。(もちろん、社長と女上司、私で話し合いの場は持ちましたが、私の心を満たすような回答は得られませんでした。)
よく、馬を湖に連れて行く事はできるが、湖の水をその馬が飲むかどうかは自由だという事を人間関係で聞きます。
今後の身の振り方、および私のメンタルコントロールについてご教授頂きたいです。

A 回答 (5件)

私が若いビジネスマンによくアドバイスしているのは、「会社や職場の問題は、社長の気持ちで考えろ」と伝えています。



その観点で言えば、まず「私の心を満たすような回答は得られませんでした」と言う部分に、違和感を持ちました。
そもそも会社は、社員全員の気持ちを満たすことなど不可能だし、そんな組織じゃないです。
なぜ社長や上司が、質問者さんの気持ちを満たす必要があるのかも疑問で、むしろ逆ですよ。

会社が労働者に与えられるものは、大雑把に言えば、仕事と賃金です。
すなわち、会社は労働者に仕事を与えて、その成果に対して賃金(や地位)を与える関係であって、それらが労働者にとって納得できる水準であれば、労働者の心が満たされるだけの関係だし。
どちらかと言えば、仕事の成果により、社長や上司の気持ちを満たすのが先でしょ?

従い、質問者さんが会社において、社長や上司の気持ちを充分に満たしている立場であれば、質問者さんの意見もかなり尊重されると思いますが、もし上司の方がそれを実現している立場であれば、社長としては、上司の肩を持つしかないですよ。

それと、上司と揉めて、それが社長まで巻き込む問題に発展したから転職ってもの、逆じゃないかと。
たとえ上司の指示などが間違っていても、ガバナンスの観点からは、法律にでも触れない限り、原則、逆らったり揉めたりするべきではありません。
それでも逆らったりするなら、その時点で、職を辞すくらいの覚悟が必要だったんじゃないですかね?
そんな覚悟もなく安易に揉めて、事が荒立った先は、会社が心を満たしてくれないから辞めるって・・順序が逆じゃないかな?

私は上司と揉めるなどもしょっちゅうでしたが、相手は、揉めても絶対に壊れない関係を構築した上司か?
嫌な上司が相手なら、絶対に勝算がある場合か、刺し違えるくらいの覚悟で揉めてました。
逆に言えば、それ以外の場合は、絶対につまらない揉め事など起こしませんよ。

質問者さんと上司のトラブルも判らないし、どちらが悪いのかは判断できませんが。
まあ質問者さんにとっての上司は、排除すべき「眼の上の瘤」「腐ったリンゴ」で、逆に上司にとっての質問者さんも、そんな感じの存在でしょう。
ただ、上司には人事権など、排除する権利があって、質問者さんにはそれはない。
そんな状況で、上司と揉め事を起こしても、まず勝ち目はありません。

少なくとも、問題の発端を作った部分には、大いに質問者さんに責任があると思うし、そこは反省すべきじゃないですか?
それにも関わらず、会社に「心を満たして欲しい」ってのは、少なくとも社長視点では、到底、応じられる要求じゃないと思います。
もし転職を選択するにしても、こういう部分は反省して、転職先に持ち込まない方が良いと思います。

もう一つ、社長の視点で言えば、質問者さんにとっての「眼の上の瘤」「腐ったリンゴ」は、会社や社長とか同僚、あるいは顧客や株主など、いわゆるステイクホルダーにとっても「腐ったリンゴ」で、排除すべき存在でしょうか?
もしそうなら、徹底的に戦っても良いと思いますし、いずれ社長とのコンセンサスも得られますよ。
ただ、いずれにせよ、今はまだ、質問者さんが実力不足なんじゃないですかね?
仮に上司が「腐ったリンゴ」でも、質問者さんの希望が通らないと言うことは、社長にとっての質問者さんは、残念ながら、「それ以下」の評価と言うことでしょうから。

私も二度ほど、腐ったリンゴの様な上司にお仕えしましたが。
一人目は私が新入社員の頃だったので、私に全く実力が無く、それこそ質問者さんと同様か、恐らくそれ以上に、辞意と殺意が交錯する様な毎日でしたが、「我慢」するしか術がありませんでした。
具体的に言うと、当時はパワハラとかブラック企業と言う言葉もない時代でしたから、人格否定などもしょっちゅうだし、徹夜のサビ残を命じられ、その成果を翌朝、上司に提出したら、ゴミ箱に捨てられたこともありましたよ。

でも、案の定と言うかラッキーと言うか、その上司が複数の不祥事を抱えた末に左遷され、そんな日々は解消。
一方、次の上司にお仕えした際には、もの凄く楽チンで、また自分でも驚いたことに、カス上司のもとで我慢していた結果、もの凄く鍛えられていた様で、二階級くらい上の仕事をこなす様にもなり、そこからは出世街道まっしぐら。
その街道の途上、私が中堅社員くらいの頃に、二人目の腐ったリンゴが登場したのですが、その際には、私も相当な実力を得ていましたので、ほぼ私が計画したシナリオ通りに、上司を左遷することが出来ました。

その上司に感謝の気持ちなどは微塵もないし、今でも軽い殺意を覚えるくらいだけど、その上司らを乗り越えた先に、私は色んな実力が得られたことや、その上司によって鍛えられたことは認めざるを得ません。
また、私にとっての復讐は、それらの「腐ったリンゴ」タイプの上司らと同じ年齢に達した頃には、もっと上の地位や所得を手にしたことで、完了したと思っています。
上司らが左遷された後も、猫なで声で、私に寄り添って来られたこともありますが。
私は笑顔で「お懐かしいですね。ゆっくりお話しでもしたいところですが、少々バタバタしておりまして・・」と、余裕であしらってます。

出来れば質問者さんにも「乗り越える」と言う経験もして戴きたいと思う次第で。
乗り越えれば、転職しても高確率で上手くいくし、乗り越えたら、転職する必要も消滅ですね。
    • good
    • 0

強迫観念の症状ですね、そのループをたちきるのは、考えないことです、どこ行っても嫌な上司必ずいますよ

    • good
    • 0

27万昇給無しの職場が、今後も人間関係良好である保障でもあるのでしょうか?


人間関係は変化します。
自分の職場はアットホームで全体的には良好な方ですが、それでも揉めた時期もありますし、個々の関係まで考えればいろいろあって当然でしょう。
馬が合わない相手でも仕事上は割り切って対応する、これもスキルの1つと思います。

揉めた理由、その上司が嫌な理由はなんでしょうか?
質問者様の書き方ですと一方的に相手が悪いようですが、質問者様ができること、するべきことはないのでしょうか?
馬が合わない上司なんてどこにでもいます。
現に自分も今年から変わった上司とは馬が合いません。
もちろん仕事上では、そんなことはおくびにも出しませんけどね。

もちろん辞めるのは自由です。
ただ、質問を読む限りでは、質問者様が熟考し、決断を下すとこまでは至っていないと思います。
質問者様の人生です。
赤の他人に肯定してもらい、安心を得ようとするのは浅はかです。
もう少し状況を客観的に見て考えてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1

人間関係良好と思っていたのに、嫌な上司が出来てしまうというパターンは想像しないの?


今は隣の芝生が青く見えてる状態だけど、あなたのメンタルだとどこへ行っても同様の結果しか生まない気がする。
まずは目の前の困難を克服することが大切では。
    • good
    • 0

人間関係良好な職場に行ったほうが良いと思います。

頑張って下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング